空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

逆光でも綺麗な写真を撮るには

fx30-090726-267.jpg

 逆光や半逆光で写真を撮るのが好きな私ですが。
 以前の銀塩フィルムのカメラに比べて、昨今のデジカメは逆光に強いなあ……と感心しています。
 露出等を調整せずにただ撮るだけでも、それなりに綺麗な写真が撮れてしまうから驚きます。
 レンズのコーティングが良いだけでなく、処理プロセッサーもかなり優秀なんでしょうね。

 ただ、コンデジやスマホのカメラを見てみると、レンズを指紋等で汚したままで撮っている人たちの多い事に驚かされます。
 いくらレンズやプロセッサーが優秀でも、レンズが汚れていたら滲んでボケた写真しか撮れません。
 良い写真が撮りたかったら、まずレンズを汚さないように気をつけて下さいね!

スポンサーサイト

PageTop

逆光の空

fx30-090726-263.jpg

 逆光で写真を撮るのは難しいと言われます。
 でもへそ曲がりな私は、逆光で写真を撮るのが何故か好きです。

PageTop

木の実

fx30-090720-249.jpg

 見上げたら、今日は何か木の実が実っていました。

PageTop

白い雲があってこその青空

fx30-090719-234.jpg

 晴れた日は、いつも空を見上げています。
 青空に白い雲が綺麗に浮かんでいるのを見られると、心も晴れやかになります。

PageTop

意外に面白い味の、ジムビーム・アップル

 ジンやウォッカなどに比べ、ウイスキーを使ったカクテルはそう多くない。
 実際、筆者はサントリーの角ハイボール缶を飲んで、「何と不味いんだ!」と驚愕したものである。
 いや、同じ角ハイボール缶でも、ウイスキーをただ炭酸水で割っただけの“濃いめ”の方は、筆者の好みからすればまだ薄めだが、まあ普通に飲める。
 しかしレモンスピリッツと食物繊維と酸味料を加えたレギュラーの角ハイボール缶の方は、個人的にひどく不味いものとしか思えない。
 ハイボールにレモンを添える店も少なくないし、それを「サッパリして、美味しい!」と誉める人がいる事もまた、筆者は知っている。
 だが筆者には、ウイスキーにレモンの味は全く合わないように思えてならない。

 で、そのレモン味を加えた角ハイボール缶を飲んだ経験から、筆者は「ウイスキーに果物の味は、基本的に合わないのではないだろうか」と思うようになった。
 だから行きつけの酒屋で、ジムビームにアップル味のリキュールを混ぜたジムビーム・アップルを見た時も、「とんでもないゲテモノ」と思ってしまった。
 ちなみにメーカーも、ラベルにはBEAM SUNTORYと描いてある。

ジムビーム・アップルP1110157

 値段も通常のジムビームより高いくらいだし、長いこと買わずに放置してきた。
 しかしそのくせ、何故かその存在がずっと気になり続けていた。
 で、「そんなに気になるなら、どれほど不味いか一度試しに飲んでみようじゃないか」という気になってしまった。

 そのようやく買った、ジムビーム・アップルだが。正確にはウイスキーではなくリキュール扱いで、度数も35%と、ジムビームや他の標準的なウイスキーより僅かに度数が低くなっている。
 封を切った途端に、林檎の香りが広がる。
 が、残念ながらこれは無果汁で、林檎のフレーバーは香料によるものだ。そして香料の他に、酸味料とカラメル色素も加えられている。
 しかし恐ろしいもので、知らずに飲めば「林檎をたくさん使っている」と思ってしまうだろう。
 ただ香料入りなのだと知って飲めば、どこか作り物っぽい味だと後知恵で言いたくなってしまうかも知れない。
 まあ、よくある香料入りのアップル・ジュースに似た香りだということだ。
 ただストレートのままだと香りはかなり濃厚で、そしてその林檎の香りの底に、僅かながらバーボンの香りもある。

 さて、ストレートのまま実際に飲んでみると、これが意外に悪くない味なのだ。
 角ハイボール缶はウイスキーらしさが薄い上に変な酸っぱさが加わって、この上もなく不味く感じられたが。
 しかしこのジムビーム・アップルは、バーボンのコクや濃い甘さと林檎の味と酸味が良い具合にマッチしている。
 度数は35%だから、オリジナルのジムビームとあまり変わらない筈なのだが。
 しかしこのジムビーム・アップルは、アルコールのツンとした刺激が少し気になったジムビームと違って、ストレートのまま気持ち良く、美味しく飲めてしまう。

 角ハイボール缶のレモン味はとても不味かったが、このジムビーム・アップルはなかなかイケる味だ。程良い甘さと林檎の味と香り、そしてその奥に感じられるバーボンの味わいとコクが非常によくマッチしている。
 思うに、これはバーボンがベースだからこそ良かったのではないだろうか。強い甘さと個性を持つバーボンだからこそ、アップル・リキュールの味と香りに負けずに良い味になったのだと、筆者は思う。
 もしこれがバーボンでなくスコッチやジャパニーズ・ウイスキーやカナディアン等だったら、アップル・リキュールの味と香りにウイスキーの風味が負けてしまっただろう。

 さて、このジムビーム・アップルの瓶には、トニックで割るかオン・ザ・ロックで飲むように書いてある。
 で、わざわざトニック・ウォーターを探すのが面倒だったので、近くのスーパーで炭酸水を買い、まずはハイボールにして飲んでみた。
 このジムビーム・アップル、ストレートでも意外に味わい深いが、ストレートではやや甘ったるく感じてしまう傾向もある。
 が、炭酸水で割るとその濃い甘さが無くなり、スッキリとした甘さになって美味しい。炭酸の力で香りも立つし、バーボンの味わいも残る。で、つい何杯もグイグイ飲んでしまう。

 この林檎味のジムビームのハイボールと、果物の味のチューハイとどう違うものか、試しに飲み比べてみた。
 はっきり言うが、果物味のチューハイは、ただ果物味のジュースにアルコールを加えただけだ。何しろアルコール分として加えられているスピリッツ(または焼酎)は無味無臭だから、酒としてのコクも味わいもない。
 しかしこのジムビーム・アップルのハイボールには、ウイスキーのコクと味わいがしっかりあり、チューハイとはまるで別物と断言できる。
 ジムビーム・アップルのハイボールは酒として美味いが、果物味のチューハイはただ「酔えるジュース」としか言いようがない。

 さらにこのジムビーム・アップルを、ロックでも飲んでみた。
 ロックにすると、氷で冷やされた分だけ香りが薄くなるが、それでもそれらしい香りは感じる。
 ストレートのままだと味も香りも濃厚なのが、氷が少し溶けてから飲むとちょうど良い感じになり、スッキリ爽やかだ。

 個人的には、ハイボールよりロックの方が好きだが。しかし日本人には、ハイボールが一番好まれるかも。
 断言するが、果物味のチューハイよりこのジムビーム・アップルのハイボールの方が、酒としてずっと美味しい。
 もちろん角ハイボール缶などより、こちらの方がずっと美味しいのも言うまでもない。

 ただ筆者個人は、このジムビーム・アップルをストレートのまま、嘗めるようにして濃い味と香りを少しずつ楽しむのが一番好きだ。
 しかしハイボールでもロックでも、人それぞれ好きなように楽しめば良いと思う。
 炭酸で割って良し、ロックで良し、ストレートで良しと、なかなか飲みやすいリキュール・ウイスキーだ。
 ウイスキーはキツいと敬遠している女性にも、是非お勧めしたい製品だ。

 しかし水割りだけは、あまりお勧めしたくない。
 甘く飲みやすい事に変わりはないが、香りもかなり薄まり、ウイスキーらしい味わいも殆ど無くなってしまうので。

 ウイスキーが大好きな筆者に言わせれば、この人工的に造った林檎味のウイスキーは毎日飲むようなウイスキーではないと思う。
 ただこのジムビーム・アップルは、普通のウイスキーを飲み続けた後で時折飲むと、味覚を良い意味で変えてくれるとても良い“変化球”になるのだ。
 正統派のウイスキーでは無いが、ちゃんとバーボンの風味も残っているし、それが林檎の味ととても良く合っている。
 いつも飲みたいとは思わないが、時々飲みたくなる面白いウイスキーもどきだと、筆者は思った。

PageTop