空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

雲を見るのは面白い

fx30-110811-LUMIX FX-30 108

 昔、白いTシャツに絵の具を滅茶苦茶にぶちまけたような服を好きで着ていましたが。
 青い空に白い絵の具をぶちまけたように雲が流れているのを見るのも好きです。


スポンサーサイト

PageTop

空を覆う雲

fx30-110721-LUMIX FX-30 101

 六月も半ばを過ぎました。
 もうそろそろ、2018年も半ばになろうとしているのですね。
 2018年になったばかりと思っていたのに、早いものです。
 年を取るほど一年が経つのが早く感じると言いますが、私も年を取った、ということでしょうか。

PageTop

健康状態は曇りです

fx30-110721-LUMIX FX-30 093

 昔から病院とは縁が切れずにいる私ですが、先日受けた健診の結果、通わねばならない病院がまた一つ増えてしまいました。
 明日がその新しい病院に通院する日なのです。
 なかなか面倒です、毎月、三つの病院に通うというのは。
 生きる為だから、仕方のない事なのですがね。

PageTop

雲が綺麗なのは

fx30-110721-LUMIX FX-30 090

 雲が空全体に広がっていると鬱陶しいですが。
 青い空の中に浮かぶと、見違えるように綺麗になります。

PageTop

殺人猛暑がやって来る?

fx30-110530-LUMIX FX-30 074

 とうとう私の住む地方にも梅雨が迫ってきました。
 青空の見られる日が少なくなると思うと、やはり寂しいです。

 とは言うものの、梅雨が明けたら暑い夏になるんですよね。
 統計によると、春が暑い年は、夏も猛暑になるのだとか。
 報道によれば、この夏は40℃を超える殺人猛暑になる可能性もあるのだとか。
 ……今から気が重いです。

PageTop

近所の小さな公園で撮りました

fx30-110530-LUMIX FX-30 073

 働くのが月曜から金曜という方は、一週間、お仕事お疲れ様でした。
 今月は祝祭日が無いので、疲れが溜まりやすいのではないかと思います。
 体調には、充分気を付けて下さい。

PageTop

この写真も28mm相当の広角で撮りました

fx30-110530-LUMIX FX-30 072

 スマホのカメラとの差別化の為にだと思いますが、現在まだ残っているコンデジは、ズーム域がやたらに広いのが多いです。
 望遠側が伸びるのは、まあ良いんです。
 ただ広角側も広げ過ぎるのは、少し問題だと思います。

 昔、まだレンズは単焦点が主流でズームは少なく、いろいろレンズを交換して写真を撮っていた頃。
 広角レンズの勉強をした時に、「28mmは35mmに近く使いやすいが、24mmは21mmなどの超広角に近く、使いこなすにはかなりの技術も要るし、被写体も選ぶ」と習いました。
 その通りだと、私も思います。
 24mmの画角の広さは確かに魅力的なのですが、遠近感が強すぎて使いこなすのが難しく、画像も歪むし、そのレンズで綺麗に撮れる被写体も意外に少ないです。
 28mmは普通に使いやすいんですが、24mmは本当に使いづらいし、それに向いた被写体も少ないです。

 なのに今のコンデジは、広角側が24mm相当だの、酷いものになると21mm相当というものもあります。
「これ、素人の一般ユーザーが使いこなせると思ってるの?」と、本気でメーカーの開発担当者に尋ねてみたいです。
 実際、私の従姉がコンデジを買って、でも「なかなか綺麗に撮れないんだよね」と言ってきて。
 見てみたら、やはり電源を入れると24mmにセットされてしまう、素人が使いこなしにくいコンデジでした。

 綺麗に撮るのがホント難しいんですよ、電源を入れると24mm相当だの、21mm相当だのにセットされてしまう、広角域の広すぎるコンデジは。
 まあ、ズームすれば良いだけなんですけど、素人はズームもあまりせずに、電源を入れたらたいていその画角で撮ってしまうものです。
 それで良い写真が撮れなくなって、ますますコンデジからユーザーが離れてしまうんですよね。
 レンズの広角域は28mmか35mmに抑えておかないと、ホント使いこなしにくいんですよ。
 私は空や雲だって、28mmの広角で撮っています。

PageTop

空はコンデジで撮っていますが、コンデジはオワコンでしょうか?

fx30-110530-LUMIX FX-30 069

 私、使うのはデジイチよりコンデジの方が多いですけれど。
 ズームだけでなく、ホワイトバランスの変更とか、露出補正とか、あれこれ変更して撮ることが多いので、スマホのカメラは使わないんです。
 レンズ性能も良いコンデジを使っていますしね。
 コンデジを今も、かなり愛用しています。
 それだけに皆がスマホのカメラで撮るようになり、その余波でコンデジそのものがなくなりつつある現状が寂しいです。

PageTop

屋根の上の雲

fx30-110530-LUMIX FX-30 063

 雲を撮る時には、大忙しです。
 面白い形の雲が出ている時には、たいてい風も強くて、あっと言う間に雲は位置と形を変えてしまいます。
 だから即座に撮れる態勢でいないと、撮り逃してしまいます。
 かと言って、一眼レフは大きく重くて常に持ち歩くには邪魔だし、それに何より人目につきますから。
 それで私は、空の青が綺麗に写るコンデジを、いつも持ち歩いています。

PageTop

実は私は昔、あの日大に行きたかった。

fx30-110530-LUMIX FX-30 061

 高校生の頃、私は写真家になりたいと本気で思っていた。
 それで高校の進路の希望調査では、志望校は常に「日大芸術学部写真学科」と書き続けた。

 合格するだけの学力は、ちゃんとあった。
 模試では常に、合格可能性75%以上のA判定だった。

 足りないのは、ずばりカネだった。
 芸術学部写真学科は、医学部に次ぐくらい学費が高かった。
 そして我が家には、その学費を出すだけのカネが無かった。
 だから日大芸術学部に進むのは泣く泣く諦めて、大学では写真の次に好きだった歴史を学ぶことにした。
 そして日大とは違う大学の、文学部史学科に進んだ。

 家の経済状態の事はわかっていたし、割り切って諦めたつもりでも、やはり時々こう考えてしまった。
「もし日大芸術学部写真学科に進めていたら、人生が変わっただろうか」

 だが今は違う。
 日大の例のアメフト部の事件が世間の話題になって、「日大に行かなくて良かった」と思うようになった。
 体育会系の人間が出世して日大全体のトップにも就任し、人事を握り「体育会なら半殺しだ」と恫喝するような、ヤクザのような者が肩で風を切って歩いているような大学に進学しなくて良かったと、私は心から思っている。

 今、日大の卒業生は肩身の狭い思いをしていて、そして就活をしている日大の学生は、面接官に「あの日大ですか」と言われて嫌な思いをしていると聞く。
 私ももし家にカネがあれば、今頃日大のOBになっているところだった。
 それだけに、内田前監督やコーチ達だけでなく、彼らを引き立ててきた日大理事長の罪は重いと考える。
 理事長は当然引責辞任し、日大は理事らをそっくり入れ替えて体質の正常化を図るべきである。
 このままでは、日大の卒業生や生徒たちが気の毒だ。

 ところで、例のアメフト部の前監督は、内田正人という名前なのだそうだ。
 正しい人と書いて正人とは、ジョークにするにしてもブラック過ぎて素直に笑えない。

PageTop