空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

あと何回?

fx30-100404-P1020702.jpg

 それにしても、桜の咲く時期ってどうしてこう短いのでしょうか。
 人の一生を、約八十年とすると。
「自分は、あと何回桜を見られるのだろうか?」と思うと、少し寂しい気持ちになります。

スポンサーサイト

PageTop

季節をまた無視します

fx30-100404-P1020701.jpg

 今の時期にこんな写真をアップしてしまって、ホントすみません。

 それにしても、今年は夏らしくない夏ですね。
 西日本の方ではどうかわかりませんが、私が住む所では曇りか雨の日が続いています。
 夏休みを楽しみたい若者たちはガッカリでしょう。
 けど暑いのが体にこたえる年頃になり、猛暑の長期予報に怯えていた私は、少しほっとしています。

PageTop

桜が綺麗なここは、実は…

fx30-100404-P1020699.jpg

 実はここ、火葬場の裏手なんですよ。
 けど桜がたくさん植えられていて、その時期にはとても綺麗です。

 桜だけではなく、竹もたくさんありまして、春にはタケノコも採れます。
 私の職場の先輩は、その火葬場裏の竹林に分け入り、そこで撮れたタケノコを「美味しい、美味しい」と言って食べる勇者さまです。
 その先輩は、採って来たタケノコを職場の皆にも分けようとするのですが、私を含めて誰一人受け取りません。

 桜はただ見るだけだから良いですが、降った火葬場の灰も養分にして育ったであろうタケノコを食べるなんて、私にはとても出来ません。

PageTop

本屋さんの花壇

fx30-100402-P1020694.jpg

 よく行く本屋さんは、チェーン展開している大型店なのですが。
 店の前によく手入れした花壇を造って、訪れたお客の目を楽しませてくれます。
 だから私は、本はアマゾンでなくこの書店に足を運んで買うことが多いです。

PageTop

今日の「敗戦」の日に言いたいこと

fx30-100402-P1020692.jpg

 これもまた、雨上がりのまだ曇っている時に撮りました。

 今日は、日本があの無謀な侵略戦争に負けた日です。
 それを「終戦」などと言い換えてはいけないと、私は思うのです。
 認めたくなくても認めなければならない真実は、確かにあるのです。

 そしてそれが出来ない人達が、「日本は大東亜戦争でアジア諸国を植民地支配から解放された、日本は感謝されている、日本人はもっと誇りを持つべきだ」などという、タワゴトに飛びつきたがるのです。
 その結果、日本は再び「いつか来た道」を辿ろうとしています。

 自分に不都合な事実を認めようとしない愚かな人達の言動には、本当にウンザリさせられます。
 しかし現実には、その種のタワゴトを満載した右翼系のオピニオン誌が、書店に平積みにされて大量に売られています。

 自分の非を認めない人間は他者から軽蔑されますし、それは国も同じです。
 本当の愛国者は、自国の非もきちんと認めます。
 そして非を認めた上で、自分の国を愛します。

 事実と現実をしっかり見て自国の非を認める者を「自虐史観の非国民!」と罵る者は、愛国者などではなくただの大馬鹿者です。
 それをこの8月15日に、声を大にして言いたいです。

PageTop

チューリップと雨粒

fx30-100328-P1020691.jpg

 雨は上がっていましたが、写真を撮った時にはまだ空一面に雲が広がっていました。
 でも、晴天の時より曇りの日の方が、花は柔らかに撮れるものなんです。

PageTop

チューリップ

fx30-100328-P1020688.jpg 

 山の日、だそうですが。
 今の私には、山に登る体力も気力も無いデス。

 それでも若い頃には、カメラを持って夜叉神峠とか、高見石とか、八ヶ岳の横岳とか、それなりに登ったりしました。
 たまには良いです、山に登ってみるのも。
 ただそれも、山に登りに行くだけの休みをくれる、ちゃんとした職場に勤めていることが前提ですが。
 政府は働き方改革とか何とか言っていますが、労働環境は厳しくなる一方のように思えてなりません。
 これも、国民が投票で政治と世の中を変えて行くしかないですね。
 今の政治家に任せたままでは、労働環境はブラック化するばかりです。

PageTop

何故か今、桜です

fx30-100327-P1020686.jpg

 私の住む県の、ある町では、夏休みを大幅に短縮して16日程度にするらしいです。
 私が生徒だったら、学校に文句を言いまくったでしょうね。

 まあ、保護者も子供の世話をするのは大変でしょうし。
 そして子供にも、勉強は必要なのでしょうが。
 けれど私自身の人生を振り返ってみて、長い夏休みも決して無駄ではなかったと思っています。
 夏休みに、思い出をたくさん、たくさん作りましたから。
 ただ勉強するだけでなく、それ以外の思い出も子供たちにたくさん作ってあげたいです。

PageTop

この時期に何故か桜の写真です

fx30-100321-P1020661.jpg

 全く季節感の無い写真でスミマセン。
 撮り溜めた写真を適当にストックから出しているので、こんな事になってしまうのです。

 それにしても暑いです。
 暮らしやすいのは、一年のうちの春と秋の一時期くらいしかないように、猛暑が続く今日この頃は思えてしまいます。

PageTop

富士山は撮るだけの私です

fx30-100310-P1020652.jpg

 こうして富士山の写真を撮っているくせに。
 そして富士山からそう遠くない場所に住んでいるくせに。
 実は私、富士山に登った事、一度も無いんですよ。

 だって富士登山って、頂上までずっと登り続けじゃないですか。
 そんな登山をやり遂げる気力も体力も、今の私にはありません。
 富士山頂に立つ人たちの中には子供やお年寄りもいるというのに、情けない話です。

PageTop