空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

可愛げはないけれど威厳はあります

fx30-100207-298.jpg

 道端で見かけた白猫さんです。
 去勢していないところを見ると、野良なのでしょうか。
 でも近寄っても逃げるわけでもなく、実に堂々としていました。
 きっとかなり気の強い子なのでしょうね。

 ところで、今日は七夕です。
 私の住む市でも七夕祭りをやりますが、雨に遭うことが多いです。
 仙台を見習って、七夕は旧暦でやった方が良いのにと、いつも思います。
 そうすれば晴れる確率も高いし、帰省して地元に帰っている人も七夕を楽しめますから。

スポンサーサイト

PageTop

窓越しの白猫

fx30-100207-296.jpg

 窓越しに、猫がじっとこちらを見ていました。
 それにしても、白い猫は目立ちますね。
 この子は飼い猫だから良いですが、野良の白猫は生き延びるのにさぞ苦労をするのでしょうね。
 野良猫や保健所で保護されている猫たちに、里親さんが見つかってくれることを願ってやみません。

PageTop

とても性格の良い子でした

fx30-091128-171.jpg

 私が在住する県の県立図書館は、樹木の多い広い公園の中にあります。
 そこで出会った猫さんです。
 野良なのか、外出自由にされている飼い猫なのかはわかりませんが、とても人懐っこい子でした。
 呼ぶと寄って来て、撫でさせてくれました。

PageTop

警戒しつつ接近してきました

fx30-091110-101.jpg

 夕暮れ時に、野良猫が目を光らせて玄関先までやって来ました。

PageTop

闇に光る眼

fx30-091110-100.jpg

 茂みのようですが、我が家の庭の一部です。
 決して広くはないのですが、手入れが行き届かずに藪のようになっていたりします。
 で、隠れ場所になるらしく、野良猫たちが徘徊していたりします。
 住人も、決して猫を追い払ったりしませんしね。

 それで夕暮れには、こんな状態になっていたりします。

PageTop

庭先の猫たち・続

fx30-091110-099.jpg

 猫たちの力関係とは、どうなっているのでしょうか。
 前日は前にいた白猫が後ろに退き、今日は後ろにいた縞の猫が前にいました。 

PageTop

庭先の猫たち

fx30-091110-098.jpg

 餌付けはしないので、なつきはしませんが。
 私は野良猫は追い払わないし、雨露を防ぐ為に軒下を貸しても良いと思っています。
 だからか、野良猫や外出自由の飼い猫が、時折我が家の庭や玄関先で佇んでいたりします。

PageTop

野良猫にも春の日差しと愛を

fx30-090627-143.jpg

 我が家では、野良猫も決して苛めたりしないんですがねぇ……。
 よそで嫌な目にでも遭わされたのか、いつも警戒して逃げようとします。

 こんな痩せた野良猫にも、暖かい春の日差しが届くと良いのですが……。

 三月一日、今日から春です。
 少なくとも、暦の上では。

PageTop

痩せた白猫

fx30-090616-133.jpg

 我が家の庭は狭いですが、木や草がたくさんあって隠れ場所も多いです。
 そして餌付けはしていませんが、来た猫を追い払う事もしないので、野良猫が時々やって来ます。

「居場所は提供しても、餌付けはしない」と決めてはいるのですが、こういう痩せ猫が来てしまうと、つい何とかしてあげたい気持ちになってしまいます。
 と言っても、人間になつかない野良には、何もしてあげる事が出来ないのですが……。
 出来るのはただ「家の庭には好きなだけ居て良いから、頑張って生き延びてくれ」と祈る事だけです。

続きを読む

PageTop

この直後に逃げられました

fx30-090411-241.jpg

 近所のノラ猫さんですが、警戒心が強くて近寄るとすぐ逃げてしまいます。

 以前にも書きましたが、私の家の近くのノラ猫は茶トラがとても多いです。

PageTop