FC2ブログ

空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

正雪上撰(神沢川酒造)・富士武者(富士正酒造)・本醸造富士山(牧野酒造)

 ふと思い立って、県内の地酒のカップ酒を飲んでみた。
 県内の地酒で、他県の地酒ファンに知名度が高いのは、まず磯自慢だが。
 これは人気で、かつよく売れているので、県内でもなかなか手に入らない。
 そこで由比正雪の名にちなんだ知る人ぞ知る銘酒、正雪上撰を買って飲んでみた。
 値段で言えば、この蔵元で下から二番目の、少しマシな普通酒であるが、アル添ではあるものの、糖類や酸味料などの妙なものは加えられていない。

正雪上撰①P1190390正雪上撰②P1190392

 キャップを開けると、穏やかな酒らしい良い香りが漂う。
 基本はやや辛口だが甘さもあり、苦さや渋さは控え目で飲みやすい。
 スッキリしているのに、コクと味わいがある。
 とてもバランスが取れていて、辛さも甘さもあり旨口に近く、サラリとしていつつも飲み応えもあり、嫌みが全く無くてどんどんたくさん飲めてしまう。
 純米とか吟醸とかいった上等なお酒とは比べられないが、本醸造ですらない普通酒としてはとても良い出来だ。
 晩酌に飲むなら、これで充分だ。

 安いのに、何とバランスの取れた良い酒だろう。
 筆者は「酒は純米が基本だろ」と思いがちだが、これはアル添でしかも普通酒なのに「美味しい」と思ってたくさん飲んでしまう。
 香りも穏やかで、味わいはあるのにスッキリ飲みやすいので、料理にもとても合う。
 これはコスパに優れた、とても良い酒だ。
 正雪は一番安い普通酒でも充分に美味しく飲めるが、少しだけ高い上撰の方が、値段の差よりも明らかに美味しくてお買い得だ。

 静岡県に来たら、名の知られた磯自慢だけでなく、ぜひ正雪も飲んでみてほしい。
 純米や純米大吟醸などの高価な酒も造っていて、これがまたものすごく美味しい!
 それだけでなく、普通の人が気軽に飲む安価な普通酒でも充分に旨いのが正雪の良いところだ。
 純米大吟醸から最も安い普通酒まで、正雪は全てお値段以上に美味しい。

 県内では富士山とその周辺が世界遺産になっているが、富士山の麓にある白糸の滝も世界遺産に認定された。
 筆者はかなり以前から、時折その白糸の滝に行っていたが。
 以前は「ただの滝」だったのに、世界遺産の一部となった今は、滝に行く道や階段も整備され、土産物屋や小洒落たカフェなど出来て、すっかり“観光地”に様変わりして、外国人など大勢の客が来ている。
 このコロナ禍の今も、日本人や外国人の観光客が少なからず来ている。
 そこで筆者は、土産にカップ酒の地酒を買って帰った。

富士正・富士武者

 その「富士山に最も近い蔵元」という、富士宮市の富士正酒合資会社の、富士の地酒富士武者を飲んでみる。
 普通酒でアル添だが、正雪と同じで糖類や酸味料は加えていない。
 酒は見てすぐにわかる黄色みを帯びており、活性炭による濾過を極力控え、米の旨味を生かしていることが飲む前からわかる。

 話は少しそれるが、ここで多くの日本酒にされている活性炭による濾過について書いておこう。
 日本酒を造る際に使う米は、削らないと雑味が残る。
 だから高価な良い酒ほど、研く(米の外側を削る)のに適した大粒の酒造好適米を使い、かなりの部分を削る。
 しかし精米歩合を高めれば高めるほど米は削られ、酒造りに使える米は少なくなる。
 つまり精米歩合を高めて雑味を取れば取るほど、お金がかかるということだ。
 しかも酒造好適米は作るのが難しく、粒が大きく重いので台風や強風などに弱く、普通の食用米より値段も高い。
 それで高く売れる純米吟醸酒などは別として、リーズナブルな価格のお酒は食用米を使うことになる。
 そして酒造好適米より粒の小さな食用米は研きにくいし、そして研けば使用しなければならない米の量も増える。
 だから安価なお酒は、食用米を、周辺をちょっとだけ研いて造ることになる。
 当然、雑味が出る。
 それでその雑味を取り除く為に、活性炭で濾過をする。
 お手頃価格の日本酒など、酒が真っ黒のドロドロの液になるまで大量に活性炭を投入し、それを濾過して“清酒”として売り出しているそうだ。
 だが活性炭は雑味だけを取り除いてくれるような便利で都合の良いものではなく、同時に酒の旨味も取り去ってしまうのだ。
 ゆえにコスト最優先で食用米を殆ど研かずに造り、大量の活性炭による濾過で雑味を(旨味と一緒に)取り去った酒は、見ただけですぐにわかる。
 水のように無色なのだ。
 そして飲むと、雑味が無い代わりに旨味もコクも無い。
 誰もが知るワンカップ大関など、まさにそれだ。

 日本酒は、冷蔵せずに暑い場所で夏を越させると、茶色く変色する。
 それを赤酒とも言うのだが、日本酒は本来無色ではなく、薄く黄色い色が付いているものだ。
 その本来の薄い黄色と、暑さで変質した赤酒の色を混同して、日本酒本来の色の付いたお酒を避けたりしないよう、くれぐれもお願いしたい。
 もしミネラルウォーターや水道水のように無色の日本酒があるとしたら、それは安い米を殆ど研かずに造り、それを大量の活性炭で濾過し、雑味と一緒に旨味まで取り去ったコスト最優先の駄目な酒だ。

 話は戻る。
 白糸の滝で土産物として売られていた富士正酒のこの富士武者は、一目で黄色いとわかる。
 筆者は「ああ、これは活性炭による濾過を極力抑えたな」と思ったが、飲んでみてまさにその通りだとわかった。
 キャップを開けると、香りは弱い。
 しかし飲むとしっかりした味わいで、飲み応えがある。
 味は濃いのに、嫌味なし!
 辛さと甘さのバランスもとても良い。
 やや辛口だが米の甘さも充分にあり、旨口に近い。
 アル添だが、醸造用アルコールを大量に使った安酒によくあるアルコールの刺々しい辛さを感じない。
 これは美味しい!
 真面目に造った良い酒である。
 米の旨味を存分に感じられる。
 純米とか吟醸といった高級な酒ではないが、毎日、晩酌に楽しんで飲める。
「酒は純米でないと」と思いがちな筆者の固定観念を改めさせた、本当に美味しい、真面目に造られた銘酒だ。
 これは世界遺産の白糸の滝で土産物用として売られているが、是非白糸の滝を訪れた全国の人に飲んでみてほしい酒だ。
 これは良い! 正雪上撰よりも間違いなく良い!!
 これを造った富士正酒合資会社(静岡県富士宮市根原)の他の酒も、是非飲んでみたいと思った。

富士山本醸造P1190393

 さて、「富士宮市の地酒、意外に良いではないか!」と思った筆者は、同じ富士宮市の地酒をもう一本買って飲んでみた。
 富士宮市の牧野酒造合資会社の、本醸造富士山である。
 アル添だが、正雪上撰や富士武者より格上の本醸造である!
 だから「正雪上撰や富士武者より旨い筈」と、期待して飲んだ。
 富士武者ほどではないが、酒に色もそこそこ付いている。
 香りは「ほんのり」だ。
 飲むとまず辛さを感じ、そして僅かな渋味も感じる。
 富士武者とは違って甘さが殆ど無く、かなりの辛口だ。
 あと、富士武者より薄味でコクも弱いのに、味にスッキリしない印象をどこか感じる。
 不味いとは言わないが、美味しくない。
 かなりの辛口と書いたが、その辛さに丸みが無く、醸造用アルコールによる辛さに似たピリピリした刺激を感じる。
 辛さが刺激的で不快な上に、コクもなく旨味が少ないのにスッキリしないと、富士武者や正雪上撰と比べ全ての面で劣る印象だ。
 普通酒より美味しくない本醸造酒があるのだから、日本酒は本当に飲んでみないとわからない。
 実際、純米酒でも美味しくないもの、吟醸を名乗っても香りがほのかでしかないのもある。
 だから純米とか吟醸とか本醸造とかいった日本酒の分類は、本当に「目安の一つ」に過ぎない。

 今回、県内の地酒のカップ酒を三つ飲んでみたが。
 ①富士武者
 ②正雪上撰
 ③本醸造富士山
 個人的な主観による判断だが、この順に美味しかった。
 純米を名乗る酒でも美味しくないものもある現実は、以前から知っていたが。
 今回、普通酒や普通酒上撰より劣る味の本醸造酒があるとわかったのは、一つの収穫だった。

スポンサーサイト



PageTop

北関酒造 生貯蔵酒米きち入魂の旨酒

 先週、北関酒造の北冠米の凛純米吟醸について書いた。
 筆者が北関酒造の名を知ったのは、コンビニなどで並んでいる紙パックの安酒の製造元としてである。
 決して安売りをしないコンビニで、一合たったの95円(本体)である。
 そして醸造用アルコールの他に糖類も加えられていて、アルコール分も13度以上14度未満である。
 それらを見ただけで恐ろしくなり、飲む気を無くすようなシロモノである。

 ところがその紙パックの安酒を造っている北関酒造が純米吟醸酒も造っていて、これもまた他の蔵元の純米吟醸酒より割安だった。
 だからその北関酒造の北冠米の凛純米吟醸を恐る恐る買って飲んでみたが、意外に良い出来だった。
 それで調子に乗って、「紙パックの安酒もお値段以上に仕上げているのではないか」と期待して、例の紙パックで一合95円也の安酒、北関酒造の生貯蔵酒米きち入魂の旨酒を買って飲んでみた。
 繰り返すが原材料には醸造用アルコールだけでなく糖類も加えられていて、アルコール分も13度以上14度未満でしかない。
 それで果たして「入魂の旨酒」の名に恥じないか、飲む前から期待と不安で半々である。

北関酒造・生貯蔵酒米きちP1200007

 生貯蔵酒であるせいか、封を開けると価格の割には意外に好ましい酒の匂いを感じる。
 色は薄めで、濾過に活性炭をそれなりに使っていると思われる。
 だとすれば、雑味と同時に旨味も除去されていることになる。

 案の定、味はまず薄い!
 基本は辛口の酒で、飲んですぐに感じるのは辛さだが、純米酒の角の無いまろやかな辛さではなく、醸造用アルコールの棘のあるツンとした刺激のある辛さだ。
 甘さがそれを和らげているが、米の自然の甘さではなくて後から添加した糖類の甘さである。
 糖類を加えなければピリピリ辛すぎるほど醸造用アルコールを使い、米から造った原酒の使用比率を減らしているのだろう。
 原酒に大量の水と醸造用アルコールを加え、更に糖類で醸造用アルコールの刺激的な辛さをごまかす、典型的な“三増酒”だ。

 とは言うものの、かつての糖類と酸味料も使った三造酒とは違い、ベチャベチャしておらずスッキリした味で飲みやすい。
 以前の安酒は大量の水と醸造用アルコールで嵩増しした分を、これまた大量の糖類でごまかし、その糖類の不自然な甘さを更に酸味料でごまかしていた。
 だからベチャベチャした変な酒に仕上がったのだが、近年の淡麗辛口ブームに乗ったのか、これは糖類の使用量を抑え、酸味料は加えずに、薄味で辛口の酒に仕上げている。
 薄味で辛口だが、酒の色から見て濾過に活性炭を多く使っているのか旨味も無いが雑味も少なく、淡麗辛口と言えないことも無い。

 筆者はブログの記事にする為に分析しながら飲むから、自然に不満や文句が次々に出て来てしまうが、この酒、旨くはないものの嫌味も殆どないことも事実だ。
 だから酒を美味しく味わって飲むのではなく「酔っ払う為に飲む」、そして「酒は安いほど良い」という人には上の部類の酒だろう。

 この酒、名前は「入魂の旨酒」だが。
 まず出来る限りコストを切り詰め、そしてその中でいかに嫌味なく雑味の少ない酒を造るかに心血を注いだ“入魂”の酒だ。
 蔵元には悪いが“旨酒”とは、とても言えない。
 北冠米の凛純米吟醸を造ったような杜氏や蔵人としては、こんな価格最優先の美味しくない安酒を造るのは不本意ではなかったかと、勝手ながら思う。

 ただ一口飲んだだけで吐き出してしまうような酷い酒が多いこのクラスの紙パックの安酒の中では、北関酒造の生貯蔵酒米きち入魂の旨酒は「まあ何とか飲めるレベルに、よく造った」と褒めても良い。
 少なくとも筆者は、「旨くないなあ」とグチりつつだが、買った一合をとにかく最後まで飲み切ることができた。
 ただ個人的に、二度と飲みたくない酒でもある。
「酒は味わう為でなく酔う為に飲み、安ければ安いほど良い」という人にのみ、お勧めする。

PageTop

北関酒造 北冠 米の凛 純米吟醸

 栃木県栃木市の北関酒造と言うと、蔵元には申し訳ないし失礼だが、紙パックの安価な普通酒を造っているメーカーというイメージがある。
 その北関酒造の北冠米の凛純米吟醸を買ってみた。
 買ったのは、ズバリ純米吟醸酒にしては割安だったからだ。
 近年、手頃な価格で純米酒や純米吟醸酒が売られていて、味は「お値段なり」という感じで物足りないものが多いのだが、さて、この北冠米の凛はどうだろうか。

北関・北冠米の凛純米吟醸P1170462

 精米歩合はありがちな60%でなく58%まで上げているが、アルコール度数は14度以上15未満と、ほんの少しだけ低めだ。
 冷蔵庫で冷やしてグラスに注ぐと、程々に色が付いている。
 活性炭を使い過ぎていないようで好ましい。

 純米吟醸酒と言うが、香りは穏やかでフルーティーだ。
 香り立つという感じではなく、グラスに鼻を寄せて嗅ぐと感じられるという程度だ。

 基本的には辛口で、飲んで初めに感じるのは辛さだが、鋭い辛さではなく、穏やかな心地良い辛さだ。
 そして同時に甘さや僅かな渋さも感じる。
 ただ水のようにスッキリした淡麗辛口ではなく、甘さなど複雑な味もあり、ふくよかで豊かな味わいだ。
 冷蔵庫から出して間もないうちは、名前の通り凛とした辛口の酒という印象が強い。
 しかしぬるくなり常温に近付くにつれて甘さが出てきて、よりまろやかな味わいになる。
 冷やして飲んでも良し、常温でそのまま飲んでも良しだ。
 特に凄い酒ではないし感動的に美味いわけではないが、普段飲みにするにはかなり良い、お値段以上の酒だ。
 これを普段の晩酌に飲めたら、本当に満足だ。
 このメーカー、紙パックの酔う為だけの安酒を造る蔵元ではない。
 安くてしかも良い酒を造る実力がある。

 まろやかで優しく、口当たり良く滑らかで角が無く、それでいてコクと味わいが充分にある。
 名前は北冠米の凛だが、その名に恥じない、メーカーが誇って良い銘酒だ。
 吟醸香も嗅げばちゃんと堪能できるが、穏やかで控え目なので食事の邪魔にならないのも良い。
 食事しながら飲むのも、晩酌に気軽に飲むのも、味と香りを堪能しながらゆっくりじっくり飲むのも良し。
 紙パックの安い普通酒は経営の為に造っているのであって、北関酒造は本心ではこの北冠米の凛純米吟醸のような、美味しく、かつ背伸びせずに買える良い酒を売りたいのではないか。

 今、日本酒は酔えれば良いという人が飲む紙パックの激安の普通酒と、こだわる人が飲む純米だの吟醸だのという酒にはっきり二分されているが。
 紙パックの安い普通酒を造っているメーカーにも、美味しくてしかも安くて良い酒を造れる実力のある蔵元もあるのだと実感し、日本酒業界の底力に感心させられた。

PageTop

ビール類に少量のウイスキーを!

 筆者などのブログに目を留めて時々コメントを下さる、“ブロガー(志望)”というネット上の名と反して知性があふれた文を書く方から、とても面白いことを教わった。
 ビールに少量のウイスキーを垂らして飲むと、味はビールなのにウイスキーの風味が感じられて良いのだとのこと。
 それで早速、ビールにウイスキーを垂らして飲んでみた。

ダルグナー・ゴールドラガーP1190921

 ウイスキーを垂らしてみるビールには、無名だが正真正銘のドイツ産のビールである、ダルグナー・ゴールドラガーを選んだ。
 当然、ドイツのビール純粋令に従い、原材料は麦芽とホップだけである。
 アルコール度数は5.5%以上6.5%未満と少し高めだが、香りは香ばしく豊かでとても良く、クリアで澄んだ味で喉越しも良いが、決して重くないのに味わいとコクがしっかりあるという良いビールである。

 さてそのビール、ダルグナー・ゴールドラガーにウイスキーを垂らしてみる。
 麦芽とホップで造るビールと、麦芽から造るモルトウイスキーを原酒にするウイスキーだから、相性は良いだろうと飲む前から想定できる。
 そのウイスキーには、安いが本物のスコッチであるティーチャーズを使った。
 だが筆者はおバカなので、一缶のビール(330ml)にウイスキーをいきなりワンショット、30mlも混ぜてしまった。
 外国映画で見る、ただのビールでは物足りない荒くれ者が、ビールのジョッキの中にウイスキーを注いだショットグラスを落としてそのままグイと飲んで、周囲の紳士たちの眉をひそめさせるという、あのシーンと同じになってしまった。
 アルコール度数から言えば、計算上は約8%で、ストロング系の缶チューハイより軽いはずである。
 なのに飲むと、アルコールがキツいというのではなく、飲み応えがあり過ぎる濃い酒という印象だ。
 美味しいのだ。
 だがビールの苦さに加えて、冷えたウイスキーのビターさも強く感じられる。
 コクもあり過ぎるほどだ。
 とてもビールや缶チューハイのようにはゴクゴク飲めず、嫌でもゆっくり味わって飲むしかない。
 それにしても、旨いが強い!
 ストロング系の缶チューハイはもちろん、割った本格焼酎より強く感じる。
 日本酒の方が、まだ軽く飲めるくらいかも知れない。
 缶ビール一本に、ウイスキーをワンショット。
 これは効く!
 香り高く、味わいもとても深くコクもあり過ぎるほどで、飲む者に強いインパクトを与える。
 計算上のアルコール度数より、ずっと強烈な酒に化けるのが不思議だ。

 それで次に、同じダルグナー・ゴールドラガーに、ティーチャーズを計量スプーンに大匙一杯、15mlほど垂らしてみた。
 美味しいが、これでもまだウイスキーの味とアルコールが強く感じる。
 僅か15mlなのに、ウイスキーの味と香りの方が勝ってしまう印象なのだ。
 かと言って、ビールにウイスキーをワンショット垂らしたほど強烈な酒には化けない。
 強烈なインパクトは無いが、ウイスキーの要素がまだ強く出てビール本来の味が押され気味になってしまうという、何とも中途半端な印象だ。

 それでさらに、ダルグナー・ゴールドラガーに、ティーチャーズを計量スプーンに小匙一杯、5mlほど垂らしてみた。
 これは良い!
 ビールに、本来の味と香りのバランスを壊さぬ程度にほんのりとウイスキーの風味が加わり、やや香り高く、少し濃い味になって、ビールに高級感が出てきた。
 この飲み方を教えて下さったブロガー(志望)様は「ビールに少量のウイスキーを垂らして」とおっしゃったが、ビールに加えるウイスキーは本当に少量を、垂らす程度で良いのだ。
 それだけで、ビールの味がひとつグレードアップする。
 良い飲み方を教わったと、本当に感謝したい。

 ただ、垂らすウイスキーの入れ過ぎには要注意だ。
 筆者がしでかしたように、いきなりワンショット入れたりすると、ビールともウイスキーともつかない強烈な酒に化けるから要注意だ。
 こいつは計算上のアルコール度数以上に、かなり酔う。
 しかも味も香りもコクもものすごく強烈になり、飲み応えはあり過ぎるのだが、決して不味くなく、それどころが案外イケるから要注意だ。
 ウイスキーのビール割り、これは恐ろしく強烈でかなり効く。

金の稔りP1190358

 続けて筆者は、新ジャンル酒にウイスキーを垂らして遊んでもみた。
 まずは、ホームセンターで87円で売っていた、金の稔りという格安の新ジャンル酒に、ウイスキー(ティーチャーズ)を計量スプーンで大匙一杯、15ml加えてみた。
 凄い!
 格安新ジャンル酒が、本物のビールに化けた。
 香り、味、コク、すべてが明らかに濃く豊かになる。
 本物のビールにウイスキー30mlや15mlと違い、ビール感覚でスイスイ飲め、しかも充分な味と香りも堪能できるのだ。
 ただ、調子に乗ってグイグイ飲むと、早く良いが回る。
 本物のビールには、ウイスキーは本当に小匙一杯垂らすだけで充分だ。
 しかし元々の味と香りが薄い新ジャンル酒には、10~15ml程度加えた方が良い。
 そうすると、新ジャンル酒の味と香りが格段に向上して本物のビールに近くなる。
 本物のビールにウイスキーを加える場合は、量を控え目にしないと「旨いが飲み応えのあり過ぎる、味も香りも濃すぎる酒」に化けさせてしまう。
 しかし新ジャンル酒に大匙一杯のウイスキーを加えると、新ジャンル酒を味と香りの豊かな“ビール”に変身させる。

バーリアル三種P1160028

 筆者はイオン系列の店で税込み85円で売っている新ジャンル酒、トップバリュバーリアル・リッチテイストにもティーチャーズを15ml加えてみた。
 まず香りが一段と良くなる。
 味も濃く深くなり、コクもしっかり感じてよりビールに近くなる。
 アルコールのキツさを感じさせずに、新ジャンル酒を飲み応えある濃いビールに変えてくれた。
 ただ調子に乗ってグイグイ飲むと、酔いが早く回るから、その点だけは要注意だ。

 結論だが、少量のウイスキーは、確かにビール類を美味しくする。
 ただ本物のビールには、この飲み方をブロガー初心者様が教えて下さった通り、「少量を」、「垂らす程度に」入れるのがコツだ。
 入れ過ぎると強烈な別種の酒に化けるので、気をつけて(これはこれで美味しいのだが)。
 そして新ジャンル酒には、ビールより少し多めの15ml程が良い。
 これで新ジャンル酒が、ビールに化ける。
 15mlのウイスキーは、それくらい新ジャンル酒の味と香りを良くしてくれる。

 ビールに少量(小匙一杯程度)のウイスキーを垂らすと、ビールを一段と豊かな味と香りにしてくれるが、本物のビールは何も加えずにそのまま飲んでも美味しい。
 それよりも、新ジャンル酒に千円程度のスコッチを大匙一杯ほど混ぜた時の味と香りの激変の方が、より衝撃だった。
 ビールにウイスキーも合う。
 しかしウイスキーは、新ジャンル酒をもっと化けさせる。
 一本千円くらいのお手頃価格のウイスキーで良いから、ビールや新ジャンル酒に少し垂らして味の変化を是非試してみてほしい。

PageTop

ハイネッケンと一番搾り、そしてバドワイザー

 ハイネッケンと言うと、ビールを多少なりとも知っている人は、「ドイツのビール」と思うのではないだろうか。
 だが実は違う。
 日本で売られているハイネッケンの製造元は、実は麒麟麦酒だ。
 そのことは、小さい字でだがちゃんと缶に書いてある。

 もちろん麒麟麦酒が勝手に造っているのではなく、本家のハイネッケンの許可を得て、ハイネッケンの製法で造っているのだろう。
 だが驚くべき事に、原材料もアルコール度数も、共に麒麟麦酒の一番搾りと全く同じなのである。
 どちらも原材料は麦芽とホップのみで、アルコール度数は5%だ。
 で、同じ麒麟麦酒が同じ原材料で同じアルコール度数で造っているこのハイネッケンと一番搾り、どう味と香りが違うか、飲み比べてみた。

ハイネッケンvsP1190816

 まずは一番搾りから。
 適度に甘く苦く、喉越しも良く、美味しく飲みやすくて嫌味が全く無い。
 飛び切り美味しいわけではないが、欠点の無い間違いなく良いビールで、個人的にはアサヒのスーパードライなどより一万倍も美味しいと思う。
 コクも味わいも程々にある、優等生的な良いビールだ。
 突出した個性も無いが、不満も文句も全く無い「ビールの標準」とも「ビールの基本」とも言うべきビールである。

 さて、ハイネッケンを飲んでみる。
 筆者が購入した店では、一番搾りより10円だけ高かった。
 飲む前から、缶からグラスに注いでいる時から香りが明らかに一番搾りより華やかで好ましい。
 麦芽は甘味より旨味に働き、一番搾りより味の深みとコクを感じる。
 その分だけ、喉越しを最重視する人には少し重く感じられるかも知れない。
 ホップもこちらの方が効いていて、苦さもあるが、それよりもハーブの香味を感じる。
「ビールは喉越しで飲むもの!」と信じている人達には一番搾りの方が良い(究極的にはスーパードライが一番)だろうが、ビールもじっくり味わって飲みたい筆者は「ハイネッケンの方が好きだし美味しい!」と迷わず言える。
 ただビールを喉越しで飲み、味わって飲むことをしない多くの日本の自称“ビール飲み”には、ハイネッケンより一番搾りの方が合っているだろうし、一番搾りはそうした日本人のビールに対する思い込みに合わせた造りになっている。

バドワイザー①P1190837バドワイザー②P1190841バドワイザー③P1190840

 この機会に、ついでにバドワイザーも飲んでみた。
 この有名なアメリカのビールも、日本で売られている物は、実はハイネッケン同様に麒麟麦酒で製造されている
 ただバドワイザーは原材料が麦芽とホップだけでなく、米という糖質副原料も加えている。
 さて、その糖質副原料を加えたことが、吉と出るか凶と出るか。
 まず香りは悪くないが、飲んでみた三種(一番搾りとハイネッケンとバドワイザー)の中で最もおとなしく、特にハイネッケンとは大きな差がある。
 もちろん、ハイネッケンの方がずっと香り高い。
 グラスに注いでみると、色も淡い。
 味も悪くないし嫌味も全く無いのだが、三種の中で最も薄味で、味に深みやコクが無く、ズバリ「喉越しで飲むべき良いビール」だ。
 味そのものは良いのだが、ゆっくり味わうのでなく、喉越しでゴクゴク飲んでこそ美味しい。
 完全に“喉越し系”の、味わって飲むタイプではないビールだが、「スーパードライより1000倍は美味しい」と個人的に思う。
 あまり苦くないので、その嫌味の無さと喉越しの良さでビールが苦手な人でも美味しく飲めると思う。
 あえて難点を言えば、後味がやや酸っぱいこと。
 個人的な好みの関係で、積極的にまた買って飲もうとは思わないし、ハイネッケンの方がずっと良いと思うが、「ビールは嫌い」という人を除けば、バドワイザーを嫌う人はまずいないと思う。
 赤い缶と合わせた、赤いプルタブも可愛い。
 喉越し派のビール飲みには「スーパードライなんかでなく、バドワイザーを飲め!」と強く言いたい。
 ビールを嫌う人は、たいてい「苦いから」と言うが、バドワイザーは苦味も抑え気味で飲みやすい。

 それにしても、キリンは多彩な味と香りのビールをよく造り分けられるものだと感心する。
 個人的に一番好きなのは、ハイネッケンだ。
 ただ日本のビール飲みには、バドワイザーを勧めたい。
 程々に加えた糖質副原料(米)が、世界でも売れた軽く飲みやすいバドワイザーの味を生んだのだろう。
 だが筆者は、やはり麦芽とホップだけで造ったハイネッケンや一番搾りの方が好きだ。

アサヒ・ザ・リッチP1190195

 さらに試しに、筆者が最近「新ジャンル酒なのに出来が良い!」と感心した、アサヒのザ・リッチとも飲み比べてみた。
 香りは大したことはないが、何と、ザ・リッチの方がバドワイザーより味が濃く、コクもあるように感じる。
 ただバドワイザーの方が、明らかに繊細で上品な味だ。
 飲み比べないとわかりにくいが、ザ・リッチにはどこか味に荒さと言うか粗野な部分を感じる。
 飲み応えのザ・リッチ、品の良さのバドワイザーといった感じか。
 新ジャンル酒であるザ・リッチと「味と香りに価格ほどの差があるか?」と問われれば、ハイネッケンなら「ある!」と即答できるが、バドワイザーだと答えに迷う。
 一番搾りとも、価格を考えると「微妙」と言うしかない。
 ザ・リッチ、意外な健闘である。

バーリアル三種P1160028

 さらに麒麟麦酒が製造しているビール類のうちで最も安価な、本体78円の新ジャンル酒であるトップバリュのバーリアル・リッチテイストとも飲み比べてみた。
 このバーリアル・リッチテイスト、麦の甘さもホップの苦さもコクも程々にあり、それなりに飲めてしまう。
 間違いなく「お値段以上」で、下手なビールに匹敵する出来だ。
 筆者など、「価格が同じでも、スーパードライよりバーリアル・リッチテイストの方を迷わず選んで買う!」と言い切れる。
 だがザ・リッチと同様に、筆者の評価では「ハイネッケン>一番搾り>バドワイザー」なのだが、そのバドワイザーと比べると明らかな“品格の違い”を感じてしまうのだ。
 本体78円のバーリアル・リッチテイストと、軽く二百円するバドワイザーに、三倍近くあるその価格差に見合うだけの味や香りの違いは「無い!」と言い切れるのだが、とにかく“ビール”と良く出来た“新ジャンル酒”では品が違う。
 差は味や香りでなく、品格や繊細さだ。

 まともな“ビール”とザ・リッチやバーリアル・リッチテイストなどの良く出来た新ジャンル酒を何度も飲み比べて、その差の原因を筆者なりにようやく突き止めた。
 新ジャンル酒に感じる「味の荒さ」のもとは、ズバリ、スピリッツだ。
 新ジャンル酒は、発泡酒をスピリッツで希釈して造る。
 つまり醸造酒に、連続蒸留して間もないスピリッツを混ぜるわけだ。
 だからいくら麦芽やホップに良いものを使って、もとになる発泡酒を濃い味に造っても、希釈に使った樽貯蔵もしておらず味も香りも殆ど無いスピリッツのアルコールの刺激による“角”を、飲む者の舌が感じてしまうのだ。
 醸造酒に、アルコール度数は抑えても連続蒸留したスピリッツをまるで寝かせずに混ぜたら、それはそのアルコールの荒っぽさを舌が感じる筈だ。
 出来の良い新ジャンル酒とバドワイザーの“品格の差”を生んだのは、ズバリそこである。
 その新ジャンル酒に加えるスピリッツの原材料に麦を使おうが、原価が最も安い廃糖蜜を使おうが、「味の差は殆ど生まれない」と両者を飲み比べた上で断言する。

 それにしても、近年の新ジャンル酒はよく頑張っていると思う。
 出来の良いものは、殆ど「ビール」と思って飲めるレベルに達している。
 ただ飲み比べてしまうと、ビールと新ジャンル酒に明らかな差を感じるが。
 と言うか、差を感じられなければ、ビールの存在価値が無くなってしまう。

PageTop

アルパカ・シラー2109

 安いのに良いと評判のワイン、アルパカのうち、シラー2019を飲んでみた。
 アルパカは赤だけで数種類もあるが、あえて「ブラックベリーやダークチェーリーの香りと、しっかりとしたタンニンに豊かな果実味を持った味わい」と裏のラベルの説明に書かれているシラーを選んだ。

アルパカ・シラーP1190650

 白状する。
 筆者はワインについては無知に近い。
 かつては白の、ただ甘くて葡萄のフレッシュな味のするものを好んで飲んでいた。
 恥ずかしながら、「果実100%で良質な酔えるグレープジュースを飲む」という感覚だ。
 だから赤で渋味もあるワインは苦手だった。

 それを叩き直して下さったのが、ogotch様だ。
 ogotch様に良質なワインを何種類も飲ませていただき、「良いワインとは何か」が片鱗だけだがわかるようになった気がする。
 おかげで今は、渋味もあるフルボディの赤が大好きになった。
 以前は葡萄のフレッシュな味わいを好んでいたが、今はそれは熟成が足りないのであり、ベリー系の味を感じるよう変化したものが良いのだとわかった。

 だからシラーである。
 ラベルの説明ではフルボディで、しっかりとしたタンニンに豊かな果実味を持った味わいと、ブラックベリーやダークチェーリーの香りがあるという。
 まさに筆者の今の好みにピッタリのワインである。
 少なくとも、ラベルの説明文では。
 しかも値段は、税抜きでは五百円もしない。
 良いこと尽くしである。
 で、早速買って飲んでみた。

 確かに心地良いチェリーの香りと、タンニンの渋味を感じる。
 だがコクと味わいはもっと深くても良いと思う。
 これでフルボディだそうだが、筆者にはせいぜいミディアムに思えて全く物足りない。

 初めはタンニンばかり際立ち、「ただ渋いだけではないか」と思った。
 しかしグラスを回してよく空気と触れさせると、チェリーの香りとフルーティーさがグラスの底から沸き上がってくる。
 安い割に良いと評判のアルパカだが、このシラーも実に良いテーブルワインだ。
 良いワインだがあくまでもテーブルワインだから、期待し過ぎてはいけない。
 料理と一緒に、あるいは何かをつまみながら談笑しつつ皆で飲むと、とても美味しい。

 これは料理を美味しくするワインだ。
 肉料理にも合うし、つまみも美味しくする。
 強めのタンニンが、料理の後味をサッパリさせてくれる。
 何千円もするようなちゃんとしたワインのように、真剣に味と香りと向き合って飲むと、味も香りも軽いし熟成感も足りずに期待はずれだ。
 しかしテーブルワインとしては、最良の部類と言っても良い。

 冷蔵庫から出してすぐは、タンニンを強く感じすぎるので、ラベルの説明に「軽く冷やして、または常温で」と書いてある通りに、常温でそのままか、少しぬるいくらいに軽く冷やして飲むべきだ。
 白ワインのようにしっかり冷やしてしまうと、タンニンの渋味ばかりが際立って、ベリーの香りもフルーティーな味わいもわからなくなってしまう。
 くれぐれも冷やし過ぎないように。
 冷やし過ぎるくらいなら、常温でそのまま飲んだ方がずっと良い。
 適温は14~17℃という。
 だから晩秋から春までの、涼しい時期や寒い時期には冷やさず常温でそのまま飲み、春の半ば過ぎから秋の初め頃までは冷蔵庫から出して少し待ち、ぬるくなるのを意識して待ってから飲まなければ勿体ない。

 とは言うものの、このアルパカ・シラーは良いワインだが、あくまでもテーブルワインだ。
 このクラスの赤ワインなら、いっそミディアムでフレッシュさとジューシーさを売りにしたものを選んだ方が賢明かも知れない。
 そもそもテーブルワインにしっかりしたボディとか熟成感を求める方が、無理な注文なのだ。
 で、またそのうちアルパカの赤の、軽めでフレッシュなものを試してみるつもりでいる。

 それにしても、ogotch様には恐ろしく良いワインを飲ませていただいてしまったと、改めて痛感する。
 特に、20 BARRELS カベルネ・ソーヴィニヨン2015!
 おかげで今は、どんなワインを飲んでも、それらの飲ませていただいたワインとの格の違いを痛感してしまう。
「高くて美味しいのは当たり前で、安くて良いものを造れるのが本当に良いメーカー」というのが、筆者の信ずるところであるが。
 本当に良いものを飲まなければわからないことも多々あり、安いものを飲んでいるだけでは駄目だというのもまた事実であると痛感した。

PageTop

トリス・クラシック

 先週はブラックニッカ・クリアについて書いたが、今回はそれに対応する、サントリートリス・クラシックについて書く。

サントリー・トリスP1120725

 まずストレートで飲んでみたが、飲む前からとにかくアルコールの刺激臭がキツい。
 飲んでみても、原酒が若すぎるゆえのアルコールのツンツンした刺激がまず気になる。
 この自称“ウイスキー”は、ただ使われているモルトウイスキーの割合が少ないだけでなく、多く使われているグレーンが若すぎると言うより、「ちゃんと樽で熟成したグレーン・ウイスキーではなく、ただ穀物を連続蒸留しただけの、樽熟成ナシのグレーン・アルコールではないか?」と疑いたくなるレベルだ。
 アルコールの刺激がキツ過ぎて、ストレートではとても飲むに耐えないシロモノである。

 サントリーは、「良いウイスキーと悪いウイスキーの違いは何ですか?」という消費者の質問に、「悪いウイスキーはありません、若いウイスキーがあるだけです」と回答していたが。
 このトリス・クラシック、原酒が若すぎるにしても酷すぎる。
 ストレートでは飲むに耐えないのだから、筆者としては“ウイスキー”と呼びたくない。
“ウイスキーもどき”だ。

 アルコールがキツく苦く渋く、とにかくストレートでは信じられないほど不味い!
 筆者はアルコール度数46%のタリスカーや51.4%のフロム・ザ・バレル、それに50%の富士山麓などのウイスキーもストレートで飲んでいるが。
 このアルコール度数が僅か37%のトリス・クラシックは、それらのアルコール度数が高めのウイスキーよりアルコールの刺激が遙かにキツくて、飲んでいてとても不快だ。

 で、トワイスアップにしてみる。
 香りからアルコールの刺激臭が抜けて、ウイスキーらしいチョコに似た甘い香りになる。
 飲むと若すぎるアルコールのピリピリした刺激は大幅に減るが、味も薄くなり過ぎ、コクも無く物足りないし、美味しくない。
 穀物の甘さを味に感じない。

 竹鶴政孝氏が好んだという、1:2の水割りにしてみる。
 香りはトワイスアップよりかなり薄いし、飲んでも水に近い薄味だ。
 ただほのかに甘く飲みやすい。
 普通の日本酒や、お湯や水で割った本格焼酎より明らかに下だが、醸造用アルコールだけでなく糖類や酸味料まで加えた粗悪な日本酒よりはマシという程度の飲み物だ。
 味は薄いし美味しくないが、1:2に割るとほのな甘さが出てきて、イヤ味も無い。

 先々週にハイボールについて書いた時に触れたが、トリス・クラシックのハイボールはとにかくゴクゴク飲むのに向いている。
 ほのかにウイスキーの香りがするだけで、香りはあまり立たない。
 味も甘さは僅かでビターさが際立つ。
 良く言えばスッキリ飲みやすく、はっきり言えば薄味でコクもあまりない。
 ただ癖が無く「ほんのりウイスキーっぽい」ので、喉の渇きを癒すとか、料理を流し込むとかの用途でゴクゴク飲むのに向いている。
 ビールのように苦くないし、缶チューハイのように甘ったるくもない。
 だから需要はそれなりにあるだろうと思う。

 ただ同じハイボールなら、ほぼ同価格のブラックニッカ・クリアの方がずっとウイスキーらしくて良い味だ。
 ゆえにブラックニッカ・クリアがほぼ同価格であるのに、あえてトリス・クラシックを選んで買う人の気持ちが筆者には理解できない。
 ブラックニッカ・クリアの方が、ハイボールにしてトリス・クラシックより美味しいだけでなく、トワイスアップや1:2の水割りでもずっと良い味だし、チェイサーがあればストレートでも飲める。
 トリス・クラシックとブラックニッカ・クリアは、価格はほぼ同じだが、質はかなり異なる。
 ブラックニッカ・クリアは少なくとも“ウイスキー”だが、トリス・クラシックは“ウイスキーもどき”に過ぎない。
 ただブラックニッカ・クリアの方が明らかに「ウイスキーらしさ」がある分だけ、「ウイスキーではなくハイボールという飲み物が好き」という人には、ブラックニッカ・クリアよりトリス・クラシックのハイボールの方が好みに合うかも知れない。

 後日、トリス・クラシックのハイボールを作るのに使った強炭酸水の残りを、長く歩いて家に帰り着き、喉も渇き体も熱い時に一気に飲んだ。
 美味かった。
 スッキリ爽やかで激ウマだ!
 トリス・クラシックのハイボールより、ただの強炭酸水の方が美味しく感じたのだから笑える。
 トリス・クラシックのハイボールとは、正直、そんなレベルである。
 だがトリス・クラシックを何とか飲むには、ハイボールかコークハイしか無いのだ。

 筆者が最も勧めたいトリス・クラシックの飲み方は、コークハイ(ウイスキー・コーク)だ。
 矢沢永吉の名曲『ウイスキー・コーク』の、「俺たちの出逢いを見つめていたのは、甘く苦い、ウイスキー・コーク……」という歌詞の通りに甘く苦くて飲みやすいし、よくあるコーラ味の缶チューハイと違ってほんのりウイスキーの風味も感じる。
 そして何より、他のまともなウイスキーと違って、コーラで割ってコーラ味にしてしまっても惜しいと思わずに済む。
 コーラ味の缶チューハイとトリス・クラシックを使ったコークハイ、是非飲み比べてみて貰いたい。
 コーラ味の缶チューハイとコークハイの違いが、はっきりとわかる筈だ。
 ただ料理に合わせて飲むなら、コークハイでなくハイボールにするべきだろう。

 日本消費者連盟が書いた『ほんものの酒を!』
によれば、かつてのトリスは「アルコール度数59.3%のモルト原酒が7%、度数95.6%の原料アルコールが34.7%で、後はカラメルと水」という酷いシロモノであった。
 度数95.6%の原料アルコールという意味が、おわかりになるだろうか。
 かつてサントリーは、僅か7%のモルト原酒を、原材料が何かもわからぬ、樽貯蔵もしていない得体の知れないアルコールで希釈し水を加え、さらにカラメルで色を付けたものを、自社の“ウイスキー”として庶民に売っていたのだ。
 その20世紀末の、トリス・エクストラという粗悪な“ウイスキーもどき”の復刻版という意味で、サントリーはこの酒にトリス・クラシックと名付けたのだろうか。
 ズバリ、ハイボールやコークハイの割り材としてしか飲めないゲテモノである。

 サントリーとニッカの違いを知りたければ、トリス・クラシックとブラックニッカ・クリアを飲み比べてみればわかる。
 少なくともブラックニッカ・クリアは、ウイスキーとしてちゃんと飲める。
「最も安い製品で、そのメーカーの本質がわかる」というのが筆者の持論だが、ブラックニッカ・クリアは少なくとも「ウイスキー」であり、トリス・クラシックは「ハイボールにウイスキーの風味を付ける為の原液」に過ぎない。
 いくら山崎が美味しくても、ブラックニッカ・クリアとトリス・クラシックを飲み比べると、ウイスキーの造り手としてのサントリーに敬意を全く持てなくなる。

 繰り返すが、トリス・クラシックはハイボール用の原液であって、ウイスキーではないし、そう呼びたくもない。
 筆者個人としては、同じカネを出して、ブラックニッカ・クリアでなくあえてトリス・クラシックを買う人が少なからず存在する現実が理解出来ない。
 こんなに罵倒したら、またRERA様に叱られるだろうか?

PageTop

ブラックニッカ・クリアを改めてじっくり飲み直してみた

 筆者はウイスキーが好きだが、中でもピート香のあるスコッチを特に愛している。
 だからアイラ島のスコッチやスカイ島のタリスカーなど、本当に心から好きである。

 だがピート香は、日本人にはあまり好まれない。
 特にスコットランドでウイスキー(スコッチ)造りを学んだ竹鶴政孝が、帰国して日本初のスコッチ風のウイスキーを造った頃には、サントリーから出されたそのピート香あるウイスキーは「煙くさい」と日本人にはとても不評だった。
 だからそのピート香あるスコッチ風のウイスキー造りを貫く為に、竹鶴政孝はサントリーと袂を分かってニッカを創業した。
 故にジャパニーズ・ウイスキーを標榜するサントリーの製品と違い、ニッカのウイスキーには、ピート香あるスコッチ風のものが多い。
 筆者がサントリーのウイスキーを好まずニッカのウイスキーを愛飲するのも、それ故でもある。

 だからこそ筆者は、ブラックニッカ・クリアは「ニッカのウイスキーとしては邪道」と思っている。
 何しろブラックニッカ・クリアは、ビート香を「苦さやきつさにつながる」と言い切り、あえてピートを使わず、ノンピートモルトで造っているのを売りにしているからだ。
 これはピート香を愛する筆者ばかりでなく、ウイスキーのピート香にこだわった創業者竹鶴政孝氏への裏切りと侮辱ではないか。
 少なくとも筆者はそう受け取った。
 だから筆者はブラックニッカ・クリアを嫌い、このブログでも「ウイスキー風の麦焼酎」と酷評した。

 で、複数の方からお叱りをいただき、その中にはウイスキーに詳しいブロガーで、筆者も敬意を持ってそのブログを読ませて戴いていたRERA様もいた。
 そのRERA様のお叱りは、面の皮も厚ければ心臓には毛も生えている筆者の心にグサリと来た。
 ゆえにそれ以来、何度かブラックニッカ・クリアを飲み直している。
 今回も、先週ウイスキーのハイボールを比較するついでに、ブラックニッカ・クリアをまた飲み直してみた。

ブラックニッカ・クリアP1100907

 キャップを開けた直後は、ウイスキーらしい良い香りと共に、若いアルコールの刺激ある匂いをツンと感じる。
 まずストレートで飲むと、味は期待以上に「ウイスキー」で、まず麦の甘味、そしてウイスキーらしいコクと味わいを感じる。
 ただ原酒の若さによるアルコールの刺激も、しっかりと感じる。
 それでも酒の量販店で税込み745円とは思えない出来の良さではある。
 同価格帯の国産の“自称ウイスキー”とは違う、ひとクラス上の出来で、ウイスキー造りに賭けるニッカの良心が飲んでいて伝わって来る。
 なるほど“グレーン”も有名他社のような樽貯蔵ナシの「グレーン・アルコール」ではなく、メーカーの言う通り2年は樽貯蔵した「グレーン・ウイスキー」であるようだ。

 ところで、皆さんはご存知だろうか。
 ウイスキーの原材料に、よく「モルト、グレーン」と書いてあるが。
 そして少しウイスキーを知っている人は、つい「モルト・ウイスキーと、グレーン・ウイスキーのことだろう」と思ってしまうが、それは大間違いだ。
 少なくとも日本洋酒酒造組合の規定では、モルトとは麦芽、グレーンとは穀物を意味するのだそうである。
 だからサントリーなど、穀物(おそらくコーン)から造った樽貯蔵ナシのアルコールを“グレーン・アルコール”として、「グレーン」の表記でウイスキーの原酒の希釈に使っていたのだ。
 少しものを知っている人は、原材料に「モルト、グレーン、スピリッツ」と書かれた国産ウイスキーをつい馬鹿にして、表記がただ「モルト、グレーン」だけの製品を本物と思い安心してしまうが。
 国産ウイスキーの「グレーン」と「スピリッツ」の違いは、ただ原材料が穀物か廃糖蜜(サトウキビの絞り滓)であって、実はどちらも樽貯蔵ナシのただのアルコールであったりするから、要注意である。
 原材料に表記してある「グレーン」が、例の樽貯蔵ナシのサントリー流の“グレーン・アルコール”か、それともちゃんと樽貯蔵した“グレーン・ウイスキー”かは、それぞれ自らストレートで飲んで舌で確認してみるしか無いのだから、日本という国はウイスキーについてはまだまだ発展途上の後進国である。

 さて、ブラックニッカ・クリアをトワイスアップにすると、香りからアルコールの匂いが消え、甘さだけになる。
 飲んでもアルコールの刺激が消えて、穀物の甘さが前面に出てくる。
 ストレートと同じように飲むと、少し薄いし水っぽい。
 しかし「なめるように」でなく、ストレートで飲む時より意識して多めに口に含めば、水っぽくないしコクも味わいも感じる。
 トワイスアップでも、飲んだ後に余韻が心地良く残る。
 これは濃いめの水割りで飲むべきウイスキーかも。

 筆者は「高くて良いものを造れるのは当たり前で、安くて良いものを造ることこそ難しい」と考えている。
 高価なものが不味ければ、それはもはや詐欺である。
 それに対し、安価な製品にはまず価格やコストという制約がある。
 そのキツい縛りの中で、いかにして少しでも良いものを造るか。
 その方が、高くて良いものを造るより余程も難しいのだ。
 だから筆者は「そのメーカーの最も安い製品に、そのメーカーの本質が現れる」と考え、あえてそのメーカーの安いものも飲むようにしている。
 高くて良いものを造ってそれで賞を取りブランドイメージを上げる一方で、普通の人が普通に買うお手頃価格の製品は「安かろう、まずかろう」でしかないメーカーがウイスキー業界にもあるが、それはもはや詐欺師と同じ商法と商魂である。
 その意味で、ブラックニッカ・クリアを飲めばウイスキー造りに賭けるニッカの意地と良心がよくわかる。

 ブラックニッカ・クリアを飲んだ直後に、まだ大事に残してあったブラックニッカ・アロマティックを飲んでみた。
 アロマティックと比べてしまえば、味も香りも段違いである。
 もちろんアロマティックの方が素晴らしく良い!
 ストレートでじっくり飲むべきものと、割って気軽に飲むべきものの差を実感させられてしまう。
 しかしそれでも、価格差を考えれば「ブラックニッカ・クリアは立派」とも思えてしまう。

 さて、開封して一週間ほど空気に触れさせ、改めてストレートから飲んでみる。
 時間をおいたせいか、アルコールのツンとした匂いがかなり減り、穀物の甘い香りがはっきりしてきた。
 味は若いアルコールの刺激もあるが、甘くビターでコクもあり、チェイサーがあればストレートでも飲める。
 ウイスキーとしての最低条件は“クリア”しているが、チェイサー無しでのストレートはキツい。

 トワイスアップは香りもそこそこ残り、そして飲むと水っぽくならずに、甘さもコクも味わいもしっかりある。
 しかもアルコールのピリピリした刺激も無くなって、ちょうど良くなる。
 味と真剣に向き合って飲むには物足りないが、本を読んだりテレビを見たり談笑したり、何かしながら気軽に飲むのに良いウイスキーだ。

 竹鶴政孝氏が好んだという1:2の水割りにすると、香りは殆ど無くなる。
 ただ味は薄いものの、ウイスキーらしい甘さとコクは残る。
 とても飲みやすく、日本酒や割った本格焼酎のようにスイスイ飲める。

 最後に、1:1.5で割ってみた。
 ちょっと中途半端である。
 味やコクを求めるならトワイスアップだし、飲みやすさ優先なら竹鶴流の1:2だ。
 1:1.5にすると、不思議に甘さが消えてビターさとスパイシーさが前に出て来る。
 だからお勧めは、トワイスアップか1:2の水割りだ。
 あとはハイボールにも良し。
 ブラックニッカ・クリアのハイボールについては、先週、ハイボールについての記事にまとめて書いたので、それを参照していただきたい。
 少なくとも、ほぼ同価格のトリス・クラシックのハイボールより、遙かに美味しいと保証する。

 ピート香をあえて廃したということで、ピート香が大好きな筆者が「ウイスキー風味の麦焼酎」と罵倒してきたブラックニッカ・クリアだが、実はコストの厳しい制約の中で最大限に良く造った本物のウイスキーであった。
 ニッカの良心とも言える。
 正直に言えば「美味しい」とは思えないのだが、不思議に飲み飽きせず、時々ついまた買ってしまう。
 ビート香が無いのと、原酒が今一つ若いのと、日本の酒税法の関係でアルコール度数が40%でないのが不満だが、確かに本物のウイスキーである。
 ニッカとサントリーの違いを知りたければ、このブラックニッカ・クリアとトリス・クラシックを飲み比べれば充分によくわかる。
「山崎や響を飲まずにサントリーを語るな」、とおっしゃるか?
 いや、繰り返すが「高くて良いものを造れるのは当たり前のことで、高いのに美味しくなければ詐欺」である。
 コストや価格のキツい制約がある中で、いかにして少しでもマシなものを造るか、それこそが最も難しく、そこにメーカーの良心が現れる。
「安かろう、悪かろう」では、駄目なのだ。
 ニッカやサントリーの本質は、余市や山崎よりも、ブラックニッカ・クリアやトリス・クラシックにこそ現れるのだ。

PageTop

ハイボールとは(続ティーチャーズ)

 先週、ティーチャーズのハイボールについて語ると書いた。

 ハイボール! ハイボール! ハイボール! ハイボール! ハイボール!
 ウイスキー好きの一人として、「今の日本のウイスキーの消費され方は狂っている」と思う。
 ストレート、トワイスアップ、ロック、ハーフロック、水割り、ミスト等のいろいろな飲み方のうちの一つにハイボールがあるのなら良いし構わない。
 ところが今の日本はどうだ?
 ウイスキーと言えば、10人中9人がナントカの一つ覚えのように「ハイボール!」と言う。
 飲食店でもハイボールはビールや酎ハイと同じくらい当たり前に置いてあるが、ウイスキーをストレートで飲ませてくれる店は少ない。
 バーにでも行かなければ、まず飲めない。
 今の日本のウイスキー人気について取材に出掛けた毎日新聞の記者も、一流のバーに行き、いきなり高価なウイスキーでハイボールを作るように頼み、ゴキュゴキュ飲んで喉を湿らせようとして、バーテンダーさんに「ウイスキーにはいろいろな飲み方があるんですよ」と窘められる始末だ。
 酒屋に行っても、お手頃価格のウイスキーの多くに「ハイボールで!」と書かれた宣伝が、ボトルの首にぶら下げられている。
 ティーチャーズもまた、販売元のサントリーがハイボールで飲むよう強く勧めているウイスキーの一つである。

ハイボール洗脳・ホワイトホースP1190515

ハイボール洗脳・ジョニ赤②P1190525

ハイボール洗脳・ティーチャーズP1190521

 筆者は「ウイスキーの飲み方の一つとしてのハイボール」を否定はしない。
 しかし今の日本のように「ウイスキー≒ハイボール」という空気になり、ウイスキーはハイボールにしてゴクゴク飲むのが当たり前で、高価な年代物のウイスキーも容赦なくハイボールにしてガブ飲みしているのを見ると、本当にハイボールが憎く嫌いになってくる。
 筆者はハイボールが嫌いなのではない。
 今の日本の「ウイスキー≒ハイボール」という空気と、ウイスキーをハイボール以外で飲もうとしないでウイスキー好きを自称する人達を憎悪しているのだ。


 さて、本題のティーチャーズのハイボール、販売元のサントリーが大いに勧めるハイボールについて語ろう。
 確かに他のウイスキーよりスモーキーさが際立つ。
 そして冷やされたせいで甘さが消え、ビターさをより感じる。
 だから筆者は、ウイスキーを冷たく冷やすのが嫌いなのだ。飲み物は、冷やすと香りと甘味が引っ込んで感じにくくなるという特性がある。
 スッキリ飲みやすいが、その分だけストレートやトワイスアップなど濃い目で飲むのが好きな者にはコクや味の深みを感じにくく物足りない。
 筆者はウイスキーは濃い目で飲みたいし、冷やし過ぎて味と香りを損なうのも嫌なので氷はあえて使わずに、1:3で割ったのだが、それでも筆者には薄く感じる。
 癖が無いし飲みやすいし、「喉の渇きを癒す」とか「唐揚げなど料理を流し込む」という目的でガブガブ飲むには良いのだが、ウイスキー好きとして「美味しい」とはどうしても言えない。
 ただ「不味い」とも言わない。
 不味くはないのだが、ストレートならもう一杯お代わりしたくなるのだが、同じティーチャーズのハイボールは「もう一杯飲みたい」とか「また飲んでみたい」とは思わない。

 このティーチャーズのハイボールを飲んだ直後に、ジョニ黒をストレートで飲んでみたが。
「ジョニ黒は」と言うか、「良いウイスキーのストレートは本当に美味い!」と心から思った。

トップバリュウイスキー①P1140621

トップバリュウイスキー③P1140623

 ティーチャーズのハイボールが美味しく思えなかったので、思い切って、不味すぎて飲めずに残しておいた、筆者が知る限りで最も下等で不味い“自称ウイスキー”であるところのトップバリュ・ウイスキーをハイボールにして、ティーチャーズのハイボールと飲み比べてみた。
 トップバリュ・ウイスキーと言えば、「全体の9割がスピリッツで、使用しているウイスキー原酒はモルトとグレーン併せて1割だけ」という、恐ろしいシロモノである。
 平たく言えば、「水で割ったスピリッツに、原酒をちょっぴり垂らしたヤツ」である。

 意外だった。
 大差なしであった!!
 使用した強炭酸水の炭酸の力が、風味付けに僅か1割しか使っていないモルトとグレーンの味と香りを、意外なくらいに掻き立てたのだ!
 味も香りも弱いが、ストレートはもちろんトワイスアップでも水割りでもとても飲めたものではないが、ハイボールにするとこの粗悪すぎる最低な“ウイスキー”が、とりあえず飲めてしまうのであった。
 ウイスキーの風味も、それなりに感じる。
 失礼だが「喉の渇きを癒す」とか「料理を流し込む」という用途でガブガブ飲むなら、ティーチャーズのハイボールでもトップバリュ・ウイスキーのハイボールでも大して変わらない。

 筆者は以前からずっと不思議に思っていた。
「ウイスキーの世界五大産地の一角を名乗るくせに、日本にだけ何故スピリッツも混ぜた、樽貯蔵もろくにしていない恥ずかしい粗悪品がウイスキーとして出回っているのか?」と。
 その謎が解けた。
 ハイボールだ。
 ちゃんと何年も樽貯蔵してあるかどうか怪しい“自称ウイスキー”だろうが、スピリッツに原酒を垂らした程度のまがい物の粗悪品だろうが、美味しく飲めてしまうのだ、ハイボールにしてしまえば。
 日本人はウイスキーを主にハイボールで飲む。
 だから日本から、粗悪なウイスキーが消えてなくならないのだ。
 それにしても、ほんの僅かな原酒の味と香りを掻き立てて、スピリッツに原酒を垂らしただけのまがい物ウイスキーのハイボールを、ちゃんとしたスコッチのハイボールと大差ない味にしてしまうのだから、強炭酸水の、炭酸の力は凄い。

 これも前から感じていた事だが、ハイボールは良いウイスキーほど味と香りをスポイルして、粗悪なウイスキーほど飲める「まとも」なものにする。
 筆者は敬愛するogotch様のお陰で、年代物のとても高価なウイスキーのハイボールも飲むことができた。
 その結果も今回の印象と併せて、「ハイボールは安いものほどまともな味にして飲めるものに変え、良いウイスキーのハイボールは美味しいがストレートの方がより美味しく、良いウイスキーのハイボールは勿体ないとしか言いようがない」と改めて実感した。
 ちなみに今の日本にハイボールをこれだけ流行らせた、「ウイスキー=ハイボール!」と日本人を洗脳した元凶のサントリーですら、自社の高級ウイスキー山崎については広告で「まずはストレートで」と、ハイボールでなくストレートで飲むことを勧めている。
 ハイボールを飲みたいなら、あの角瓶を買うのさえ勿体ない。
 ハイボールならトリスやトップバリュ・ウイスキーで充分ではないかと思う。

 それで、サントリーが造るハイボール缶を2本ほど買って飲んでみた。
 まずは、New角ハイボール濃いめだ。
 筆者はサントリーの角ハイボール缶は、正直に言って大嫌いだ。
 レモンスピリッツとか食物繊維とか変なモノが加えられていて、その妙な酸っぱさがどうにも気に入らなかった。
 もっとも、筆者が感じたその「妙な酸っぱさ」を、「サッパリして美味しい!」と歓迎した消費者も少なからずいたのだが。
 とにかく後から加えられたレモン味が好きでない筆者は、ただ角瓶を炭酸水で割ってアルコール度数9%にしただけの以前の角ハイボール濃いめを、「悪くない」と思っていた。
 ところがNew角ハイボール濃いめは、よく見ると原材料にレモンピールスピリッツだの食物繊維だのと妙なモノが加えられている。
 そのレモンピールスピリッツ等が加えられている分だけ、ウイスキーの味が薄くなっていないかと、飲む前から心配である。
 事実、飲んでみると以前より薄味になり、そして変に酸っぱい。
 この酸っぱさを「サッパリする」と好む人もいるようだが、筆者は嫌いだ。
 断言するが、角瓶をただ炭酸水で割っただけの以前の角ハイボール濃いめの方がずっと良い。
 筆者の個人的な感想では、味も香りも薄くなった上に変に酸っぱくなった。
 言ってみれば、通常の角ハイボール缶の度数を9%に引き上げただけのストロング・バージョンだ。
 今、酎ハイで度数9%のストロング系のものが売れているから、角ハイボール缶もそうしてみようかと考えて作ったとしか思えない。
 繰り返すが、ウイスキー好きの筆者は嫌いだ。
 味と香りが物足りない上に、レモンの酸っぱさが邪魔でしかない。
 ただ、ビールのように苦くも、酎ハイのように甘ったるくもないので、ガブ飲みして喉の渇きを癒したり、料理を流し込んだりするには薄味になった分だけ向いている。
 ウイスキー好きとしては「不味くなった」と思うし二度と飲みたくないが、一般のハイボール好きには歓迎されるだろう。

 次は、サントリーが出しているハイボール缶の中で最も安い、トリスハイボールよりも安い、Newジムビーム ハイボールだ。
 アルコール度数は角ハイボール濃いめよりかなり低い5%で、さらにスピリッツやレモン、糖類、酸味料、香料も加えられているので、使われているウイスキー(ジムビーム)の量はかなり少ない筈である。
 実際、香りにウイスキーらしさは僅かで、レモンその他の方が強い。
 しかし飲むとウイスキーと言うかバーボンの風味を感じる。
 少しだがコクもある。
 他のハイボール缶では嫌いだったレモン風味が気にならず、むしろ味をスッキリさせているように感じてしまうのは、筆者がバーボンをあまり好きではないということなのか。
 筆者はワイルドターキーは大好きだし、エヴァン・ウィリアムズ7年もとても飲みやすく好ましく思っていたのだが……。
 ただ筆者は、比べれば間違いなくバーボンよりスコッチの方が好きである。
 スコッチは常に飲みたいが、バーボンは「時々飲んでみたい」という感じだ。
 とにかくNewジムビーム ハイボールは、サントリーのハイボール缶の中で最も安いのだが、最もマシに思えた。
 薄く割り、さらにいろいろ加えても、ウイスキーと言うかバーボンの風味がちゃんと残っている。
 バーボン独特の癖だけ消えて、ウイスキーの風味だけ割り負けないで残っている。
 飲んでみて、「バーボンは、ハイボールを含むウイスキーを使ったカクテルのベースに最適かも」と感じた。

 Newジムビーム ハイボールが意外に良かった。
 それでジムビームを一本買って、自分でハイボールを作ってみた。
 ジムビームについても、サントリーはハイボールで飲めと勧めている。
 他社や他の製品では1:3に割ることを勧める場合が多いが、サントリーはジムビームを1:4で割るよう勧めている。
 だからジムビームを、言われた通りに1:4で割ってみた。
 ただサントリーの指示と違い、筆者はハイボールに氷を入れない。
 冷やし過ぎて、味と香りが失せるのが嫌なので。
 爽やかなフルーツの香りが広がる。
 1:4なのに薄くなく、スッキリしていながらほのかな甘さを含んだウイスキーの味と、程々のコクを感じる。
 濃からず薄からず、ウイスキーの味とコクも残されていながらスイスイ飲めて、これは良い!
 レモンの酸味を好まずウイスキーらしい風味を楽しみたい筆者は、いろいろ加えられたサントリー製造のNewジムビーム ハイボールより自分で作ったものの方がずっと好きだ。
 サントリーは自分で作るジムビームのハイボールにもレモンを搾って入れるよう勧めるが、筆者は入れたくない!
 ただバーボンの個性と言うか癖を薄めたい人には、レモンと氷が必要だろう。
 しかしバーボンらしさを楽しむには、レモンも氷も要らない。

サントリートリスC-P1080993

 調子に乗って、今度はトリスクラシックを買って、自分でハイボールを作ってみた。
 香りはあまり立たない。
 ほのかにウイスキーの匂いだけ感じる。
 味も甘さは僅かでビターさが際立つ。
 良く言えばスッキリ飲みやすく、はっきり言えば薄味でコクも無い。
 ただ癖が無く「ほんのりウイスキーっぽい」ので、喉の渇きを癒すとか、料理を流し込むとかの用途でゴクゴク飲むのに最適。
 ビールのように苦くも酎ハイのように甘ったるくもなく、ほんのりウイスキー風味だ。
 1:3で割ったのだが、より薄く1:4で割ったジムビームのハイボールの方が遙かに良い。
 薄味だから飲みやすいが、ガブガブ飲むとしっかり酔うから要注意だ。
 はっきり言う。
 トリスのハイボールはトップバリュ・ウイスキーのハイボールとほぼ同じで、ほんの少しだけウイスキーらしさを増した程度でしかない。

ブラックニッカ・クリアP1100907

 トリスのライバルとも言えるブラックニッカ・クリアでも、ハイボールを試してみた。
 メーカーが勧める1:3で、強炭酸水で割ってみる。
 トリスと違って、香りからウイスキーらしさを感じる。
 甘くビターで味も濃く、コクも感じられる。
「ウイスキー」が好きな筆者はこれで良いと思うが、レモンを加えてもウイスキーらしさは失われないだろう。
 と言うか「ウイスキーではなくハイボールが好き」な、ウイスキーを濃いめで味わって飲む習慣がなく薄く割ってガブ飲みしている人はレモンも加えるべきだろう。
 炭酸が、ブラックニッカ・クリアのウイスキーらしさを意外なくらい掻き立てる。
 ぬるくなるに従い、ビターさが甘さに変わってゆく。

 結論。
 繰り返すが「ハイボールは20点のウイスキーを40点に、80点のウイスキーを60点にするもの」である。
 良いウイスキーほどハイボールも美味しいのは確かだが、本質が「良いウイスキーの味を引き下げ、粗悪なウイスキーを飲めるものに引き上げる方法」なので、良いウイスキーほどハイボールにしてしまうのは勿体ない。
 あの“ハイボール教”の総本山サントリーでさえ、山崎については「まずはストレートで」と宣伝していることを、どうかくれぐれも忘れないでほしい。
 ハイボールにして喉の渇きを癒したり料理を流し込んだりする為にゴクゴク飲むなら、角瓶どころかトリスやトップバリュ・ウイスキーで充分なのである。
 いろいろなウイスキーをハイボールで飲み比べて、「ハイボールはストレートではとても飲めない粗悪な安ウイスキーを消費する方法で、ストレートで美味しく飲めるものをハイボールにするのは勿体ない」と、改めて確信できた。
 本物のスコッチと、国産の「ほぼスピリッツでモルトとグレーンは香り付け程度」の“自称ウイスキー”が、ハイボールにすると大差ないものになってしまうのだ。
 これがハイボールの真実である。
 もしもハイボールが飲みたければ、貴方が知る限りで最も安い、ストレートではとても飲めない“ウイスキーもどき”を使えば充分である。

 良いウイスキーを使ったハイボールは、確かに美味しい。
 その事実は知っている。
 しかしハイボールにすると、良いウイスキーをストレートで飲んだ時に感じる濃く凝縮された深い旨味や、飲んだ後に長く残る心地良い余韻が消し飛んでまるで感じられなくなってしまい、とても不満だ。
 だから筆者は良いウイスキーをハイボールで飲む度に、「美味しい」と思いつつ、それより何倍も強烈に「勿体ない」と思ってしまう。

PageTop

ティーチャーズを再評価する

 筆者の住む市に、良い酒しか置かないこだわりの酒屋がある。
 何しろ置いてあるビールは“本物のビール”のみで、いくら売れようが、どれだけ客の要望があろうが発泡酒どころか新ジャンル酒も置かないという徹底ぶりである。
 だから本格焼酎は生産量の少ない珍しいものは多々あるが、いいちこや二階堂などは置いてない。
 当然、ウイスキーもトリスやブラックニッカ・クリアは勿論、日本で一番売れているウイスキーである角瓶も売ってない。
 店主に言わせれば、「良質な本物のスコッチが千円そこそこで買えるのに、何で変な国産の偽物を買って飲む必要があるのか」だそうである。

 その店主が勧める、「良心的なスタンダード・スコッチ」が三種あった。
 過去形である。
 その説明は後でする。
 店主が勧める、安くて美味しい良心的なスタンダード・スコッチは、ホワイト&マッカイ、ベル、そしてティーチャーズであった。
 それが何故「であった」と過去形で語らねばならなくなったかと言うと、ティーチャーズの質が落ちたからである。

 スコットランドの銘酒ティーチャーズを駄目にした犯人は、あのサントリーである。
 サントリーは海外の酒造メーカーの買収に積極的で、ティーチャーズの親会社も買収した。
 で、その後サントリーの手により、ティーチャーズがリニューアルされた。
 まず安くなった。
 そして不味くなった。
 千円以下で広く売られるようになったのは良いが、同時に質も落とされ、サントリーにありがちな「安かろう、悪かろう」の商品になってしまったのだ。

 ティーチャーズと言えば、他のスタンダード・スコッチより高い割合でモルトウイスキーを使用していることで知られていた。
 それがとてもそうとは思えない、ただ安いだけのスコッチになってしまった。

 ウイスキーと言えば脊髄反射的に「ハイボール!」と連想する人達は、その事に気付きもしなかっただろう。
 そしてそれを、サントリーも計算していたのだろう。
「質を落としても、割ってハイボールで飲めばどうせ気付きもしないし、客も安けりゃ喜ぶ」と。
 しかし「ウイスキー=ハイボールで飲むもの」という人が目立つこの日本にも、まともなウイスキー(スコッチ)のファンも少なからずいた。
 サントリーが行った“リニューアル”によって不味くなったことを嘆く声が、従来のファンの間から強く上がった。

 以前のティーチャーズを愛していたファンは多くいたが、ハイボールを好む人はウイスキーの銘柄にあまりこだわらない。
 ストレートや濃いめで飲む人には、ティーチャーズを評価していた人が少なからずいた。
 しかしハイボールが好きな人は、別にティーチャーズでなくても良いのだ。
 で、サントリーがティーチャーズを“リニューアル”したことによって、多くの昔からのファンがティーチャーズから離れた。

 しかしサントリーも馬鹿ではなかった。
 筆者もリニューアルされたティーチャーズの不味さに閉口して、好きだった長い歴史をもつティーチャーズをブチ壊して粗悪品にしたサントリーに対する憎しみを、更につのらせた。
 ところがある日、たまたま立ち寄った店で、炎の絵に「スモーキー・スコッチ」と宣伝されたウイスキーを見つけた。
 ティーチャーズであった。
 筆者はスコッチが好きで、それもスモーキーなやつが大好きである。
 サントリーに対する不信感は強くあったが、「一度くらい騙されてやろう」という気になって、つい買ってしまった。
 ……良い出来だった、本当に。
 サントリーは、最初の“リニューアル”から明らかに味を変え、ただスモーキーなだけでなく良い味に仕上がっていた。
 どうやらサントリーは、消費者の悪評に耳を傾ける心を持っているようである。
 で、嫌いなサントリーの傘下であるティーチャーズだが、「また買って飲んでもいい」という気持ちになって、改めて買って飲んでみた。

ティーチャーズ新旧P1120543

 ちなみに、買った時の価格は税抜きで899円である。
 安い! 同じ店で売られていた角瓶より、300円もだ。

 封を切りグラスに注いだ直後から、花と蜜を感じる甘く良い香りが漂う。
 香りにメープルシロップも感じる。
 原酒がこのクラスにしては良く熟成しているようで、匂いにアルコールの刺激を殆ど感じない。

 飲んでみてもまろやかでコクがあり、ストレートで美味しく飲める。
 スモーキー・スコッチとは言うものの、元々スモーキーなスコッチが好きな筆者には、ただ嗅いだだけではそれほどスモーキーとは感じない。
 しかし飲んでみると、スモーキー香が口腔内から鼻へと抜けて行くのがわかる。
 フルーツの甘さと心地良いビターさのバランスが良い。
 アフターフレーバーはスモーキー香で、これがスコッチ好き、特にアイラのスコッチ好きにはたまらない。
 ついもう一杯飲みたくなる、ジョニ赤にも負けない逸品だ。
 これより300円も高く、しかもより刺々しくて不味い角瓶をあえて買う人の気が知れないと、失礼ながら思ってしまう。

 さて、一週間ほど空気に触れさせておいた後で、また飲んでみる。
 花の甘さとスモーキー香が合わさった、とても良い香りだ。
 若いアルコールの匂いは、やはり殆ど感じない。
 飲むと甘くビターでコクがある。
 このクラスの価格帯のウイスキーにありがちな、原酒の若さによるアルコールの刺々しさはかなり少なく、まろやかである。
 ストレートで、しかもチェイサー無しで美味しく飲める!
 ついもう一杯飲みたい誘惑に駆られる、上等なスタンダード・スコッチである。

 筆者は最近買ったティーチャーズを、ジョニ赤と飲み比べてみた。
 意外に似ている。
 そして甲乙つけ難い出来であった。
 あえて言えばジョニ赤の方が甘さもビターさもスモーキーさも力強さも強く、個性がハッキリしている。
 端的に言えば、ジョニ赤は力強く、ティーチャーズはまろやかである。
 いずれにせよ、最近のティーチャーズはジョニ赤に負けない良い出来だ。
 店によっては本体のみならば千円しないし、これはお買い得だ。
 筆者はジョニ赤の個性と力強さを愛すが、ティーチャーズのまろやかさの方を好む人もいる筈だ。
 スモーキーで力強いジョニ赤には弱いフルーティーさが、ティーチャーズにはある。

 敬愛するogotch様からいただき、大切にとっておいてある、サントリーに買収される前の、評判が高かった頃のティーチャーズと、サントリー扱いで千円前後で買える今のティーチャーズと飲み比べてみた。
 はっきり言うが、ほぼ同レベルに戻っている!
 ただ昔のティーチャーズの方がよりなめらかでまろやか、そして今のティーチャーズの方がビターさとスモーキーさを感じる。
 しかしその差は僅かで、「殆ど同じ」と言っても良い。
 あえて言えば昔の方がよりまろやかで原酒の熟成年数も長く感じるが、今のでも充分にまろやかだし、よりピーティーな個性も感じる。
 これで昔より実勢価格が明らかに安くなっているのだから、文句などある筈もない。

 必要無いと思ったが、あえて水で割ってトワイスアップにしてみた。
 ストレートと同じように舐めるように飲むと薄い!
 だが度数の近い日本酒や本格焼酎のように意識して多めに口に含んでゴクリと飲むと、飲み応えも味も充分にあってなかなか良い。
 普段は日本酒や本格焼酎を飲んでいる人や、ストレートを飲み慣れていない人に是非勧めたい。
 ただ、ストレートで飲んだ時に感じる余韻は、かなり無くなってしまう。

 サントリーは買収でティーチャーズも傘下におさめ、一度はこの歴史あるスコッチを「安かろう、悪かろう」に堕落させたが、反省も早かった。
 少し前に「スモーキー・スコッチ」として売り出し始めた頃より、今は更に良くなっている。
 サントリーによる最初の“リニューアル”にガッカリしてティーチャーズから離れた人、そして安くて良いウイスキーを探している人に、「是非、飲んでみて!」と勧めたく思う。

 ただ、サントリーは「ピート香を抑えて日本人向きに、日本人のブレンダーが造った」というティーチャーズ・セレクトを、同時に売り出している。
 それもオリジナルのティーチャーズより少し高い値段で、少し上のグレードとして。
 言い換えれば、「日本の寿司屋をアメリカのファストフード店が買収して、アメリカ人の料理人が来日してアメリカ人向けに、一味上のSUSHIを作りました」ということか。

 買収してティーチャーズをまず“日本人好み”に変えさせて。
 それが日本人のファンにも不評で元に戻したものの、自社が信じる“日本人好み”のティーチャーズもあえて別に造った……と。
 スコットランドでスコッチ造りを修行し、ピート香ある本格的なスコッチ造りを目指した竹鶴政孝氏が退社してニッカを創業せざるを得なかったように。
 このサントリーという会社、消費者の声は聞くものの、スモーキーなウイスキーが昔からよほどお嫌い(スモーキー香は日本人に合わないという信念がある)らしい。

 サントリーというメーカーは、節操も無いが反省も出来、消費者の声も聞ける。
 それは今もリニューアルされ続け、一時は不味くなったものの今ではジョニ赤にも迫る出来になっているティーチャーズを飲めばわかる。
 と言うことは。
 ハイボールではまあ飲めるがストレートではアルコールの刺激がキツい上に不味くてとても飲めたものではない角瓶が、ティーチャーズやホワイトホースなどのまともなスコッチより300円も高く売られ続けているというのは、「日本の消費者がその程度だから」ということだ。

 例えば筆者は、トリス・クラシックの味と品質に文句を言うつもりはない。
 アレは元々ストレートで飲むものではなく、炭酸水やコーラで割って飲む為の原液であり、価格設定もそれに似合っているからだ。
 同じようにストレートではとても飲めず、ハイボールの原液にするしかない角瓶が“あの味”で“あの値段”というのは、「消費者をナメている」としか思えない。
 どうかメーカーにナメられて儲けの為に利用されないように、角瓶を同じかそれ以下の値段のスコッチやバーボン等(国産ウイスキーならブラックニッカ・スペシャル)と、是非飲み比べて賢い消費者になってほしいと願う。
 近所の酒屋ではジョニ赤が税込み1089円で、角瓶が同じく税込みだと1400円を越えるんデスよ?
 馬鹿馬鹿しいと言うより、「狂ってる」と思いませんか?
 繰り返すが、炭酸で割ってハイボールにして飲むならトリスで充分だし、その為にわざわざ角瓶を買うなどお金の無駄で損だ。

 ティーチャーズの“リニューアル”には非難の声を上げ、ティーチャーズを元の「まとも」なスコッチに戻した消費者と。
 ハイボールの“もと”として以外の用途では不味いのに、もっと美味しい他のウイスキーより高く売られている角瓶を“日本で一番売れているウイスキー”にさせたままでいる消費者と。
 消費者が賢いかどうか、筆者にはどうもワカリマセン。

 ともかく、サントリーが“リニューアル”して評判を暴落させたティーチャーズは、今はお勧めできる良いウイスキーに戻ってマス。
 筆者はこれを、チェイサー無しのストレートで楽しんでいるのだが、そこはやはりサントリーだ。
 このティーチャーズについても「ハイボールで飲め」と勧めている。
 で、試しにティーチャーズだけでなく、何種類かのウイスキーをハイボールにして味見してみた。
 その結果については、長くなるのでまた来週、報告させていただくことにする。

PageTop