空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

視野の狭い子供に罪はない

 筆者は未婚で子供がいない上に、病弱だったせいもあって、自らの子供時代にも親も認めるおとなしい子供だった。
 外で駆け回る事などまずした事が無く、屋内で本を読んだり一人遊びをする事が多かった。

 それでか、元気すぎて騒々しい多動な子供は、今も苦手だ。
 だからスーパーなどの店で大声を出して騒ぐ子供が居ると、つい顔をしかめてしまう。

 幼い頃から本が好きな筆者にとって、各種の本を取り揃えている大型書店は天国のような場所だ。
 しかしその書店にも、元気で多動な子供はやって来る。
 ただ大声を出されるだけでなく、店内を走り回られたりすると溜め息をつきたくなってしまう。

 書店やスーパーなどの店で、親から離れて走り回る子供に突き当たられかけ、こちらが危うく避けた事は数限りなくある。
 そしてその度に、その子供に鋭い目を向け、舌打ちの一つも打ちたくなってしまう。

 子供は、なぜ店内で“暴走”して人に体当たりしそうになるのか。
 その事が、筆者は不思議でならなかった。
 そしてその謎が、つい先日やっと解けた。
 大人と比べ、子供は視野がかなり狭いのだという。

 スウェーデンの児童心理学者の研究によると、大人は水平方向に150度見えているのに対し、6歳児は90度しか見えていないという。
 同様に、垂直方向に大人は120度見えているのに対し、6歳児が見えているのは70度なのだそうだ。

 端的に言えば、子供にはただ前しか見えておらず、右も左も上も下も視野の外という事だ。
 だから元々衝動を抑えにくい子供が、興味をひかれたものに向かって走り出すと、他の人やモノにぶつかるのだ。
 まるで体当たりするように駆けて来る子供に、悪意は決してない。
 視野の関係で、ただ見えていないだけなのだ。

 交通事故の原因に、「子供の飛び出し」というものがある。
 そしてそれは、子供の視野の狭さによるものである事が少なくない。
 客観的に見れば、走る車の前に子供が飛び出したのでも。
 視野が狭い故に近付く車が目に入っていなかったその子供の立場で言うと、「車がいきなり出て来てはねられた」という事になる。
 だから小学校の交通安全教室では、「右と左を見て、また右を見てから渡りましょう」と念を押す。

 しかしスーパーや書店などのお店が危険な場所とは、誰も思いはしないから。
 だから子供は「人が大勢いて商品もたくさんあるお店の中では、右や左をよく見て前に進みましょう」などと誰にも教えられる事も無く、興味を惹かれたモノに向かって真っしぐらに突進して行く事になる。
 そしてその結果、子供の狭い視野の外にある他人や商品にぶつかったり、ぶつかりそうになったりするのだ。

 前にも触れたが、筆者は親も認めるほど、男の子にしては手の掛からない大人しい子供だった。
 多動性は全く無く、一つの事にずっと夢中になり続ける子供だった。
 だから興味のあるモノに目と心を奪われ、その前でじっと動かなくなったりはした。
 しかし外で大声を出したり、暴れたり、勝手に駆け出したりした事は全く無い。
 その筆者でも、住んでいた地方都市の、大人になった今になれば田舎のダサいデパートもどきに連れて行って貰う時には、とても嬉しくて興奮した。

 女の子のように大人しい子供だった筆者でさえ、そうだったのだから。
 元気の塊のような、男の子らしい活発な子供が楽しいもので一杯のお店に行ったら、興奮してはしゃぎ回りたくなっても仕方ないだろう。

 無論、お店は子供の遊び場ではないし、店内を子供が駆け回るのは良くない事だ。
 しかし店内で興奮して駆け回る子供に体当たりをかまされても、悪いのはその子供ではない。
 責任は、ちゃんと手を繋ぐなりして注意せずに、我が子を好きに“放牧”していた保護者にある。

 だから筆者は、店内で騒いで走り回る子供が居ても、嫌な顔をするのは止めようと思った。
 その子供にぶつかられそうになっても、今後はただ苦笑いして避けようと思う。
 店内を突進する子供に体当たりされても、咎めるような目は、その子供ではなく親の方に向けるべきなのだ。

 元々性格に問題のある筆者ゆえ、このブログでも毒ばかり吐き、少なからぬ人達を不快にさせてきたことと思う。
 だから2016年最後の日の今日くらい、少しは他者に優しい気持ちを持とうと思い、この駄文を書いた次第だ。

スポンサーサイト

PageTop

また赤い花です

fx30-090526-053.jpg

 今年も、今日を含めて残すところあと二日となりました。

 年を取ると一年が短くなる、って本当ですね。
 振り返ってみれば、今年もやり残した事、思い残す事がいっぱいです。
 せめて来年は、後悔の少ない年を過ごしたいです。


PageTop

赤い花

fx30-090526-051.jpg

 青い花たちの前に、赤い大きな花が咲いてました。

 仕事納めも終わり、もう皆さん正月を迎える準備や帰省の準備に追われているでしょうか。

 え? 「ウチの職場は、年末年始も休みなしだよっ!」って?
 それは失礼しました。

 でも、多少不便であろうと、年末年始くらいみな休めると良いですのにね。

PageTop

ある土木事務所のお花畑

fx30-090526-050.jpg

 これだけの花が咲いているお花畑を、地方のお役所が河原に造って無料で自由に楽しませてくれるなんて、なかなか洒落た事をしてくれるものだと感心しました。

PageTop

罌粟(?)の花

fx30-090526-049.jpg

 罌粟の仲間の花のようですが。
 個人的には、青い罌粟の花が大好きです。
 本当は我が家の庭にも植えたいのですが、下手に植えてあらぬ疑惑を招き、麻薬取締官に踏み込まれでもしたら大変なので我慢しています。

PageTop

あるお役所が造ったお花畑

fx30-090526-047.jpg

 春に、ある川の河原でいろいろな花が咲き乱れていました。

 自然に生えたものではなく、ある役所が種を捲いたようですが、こういう試みは良いですね。

PageTop

ブラックニッカ・クリアを再び飲んでみた

 ニッカで一番売れているウイスキーは、ブラックニッカ・クリアであるらしい。
 筆者はこのウイスキーには、物足りなさを感じ、否定的な印象を持っていた。それで「ブラックニッカ・クリアはウイスキーではない」というような事を以前このブログに書いた。
 その事で、ブラックニッカ・クリアをお好きな方からお叱りも受けた。
 それらのお叱りよりも、「働いて初めて貰った給料で買ったウイスキーがブラックニッカ・クリアだったので、複雑な気持ちになった」というコメントは、筆者の胸にズシリと残り続けた。

 で、今年はブラックニッカ発売60周年でもあるし、ブラックニッカの基本とも言えるブラックニッカ・クリアを、改めて一本じっくり飲んでみることにした。

ブラックニッカ・クリアP1100907

 キャップを開けると、香りは穏やかだ。
 飲むとまず甘さを感じるが、度数は37%なのにアルコールのピリピリする刺激がかなり強い。
 ストレートで飲むとただアルコールがキツいだけでなく、余韻も短い。しかしクリアな味で、サントリーのレッドトリス・クラシックよりクセや濁りのないスッキリした味だ。

 開封した直後は味も香りも薄く、トワイスアップでも水っぽく感じられて物足りない。にもかかわらず、アルコールの刺激だけはまだしっかり残る。
 竹鶴政孝氏は、日頃はハイニッカを1:2の水割りにして飲んでいたと言うが。
 ブラックニッカ・クリアもそのようにして飲んでみたところ、トワイスアップよりさらに薄く水っぽく物足りなくなった。ただアルコールの刺激は無くなり、気軽にグイグイ飲める。

 キャップを開けて味見をした後、一週間ほど放置してまた改めて飲んでみた。
 すると今度は、チョコレートに似た甘い香りがはっきり出てきた。
 そのせいかアルコールのツンツンした刺激も減り、味も甘さを増したように思えた。

 それをリニューアル前のホワイトホースと飲み比べてみたが、ホワイトホースの方が明らかに香り高く味も深い。しかしブラックニッカ・クリアには味に苦みもクセも無く、味と香りが薄い分だけ、ウイスキーを飲み慣れない人には親しみやすいかも知れない。
 ただストレートで飲むには、若いアルコールの刺激がどうにも強すぎる。

 で、開封して何日も経ったブラックニッカ・クリアをまたトワイスアップにしたが、かなり飲みやすくはなるが、アルコールの刺激はまだ残る。

 そのキャップを開けて一週間後のものを、再び竹鶴氏流の1:2の水割りにしてみたところ、今度は意外に悪くなかった。確かに香りはほのかだが、日本酒や1:1に割った焼酎を飲む用に多めに口に含んでスイスイ飲めば、穀物の味と甘さを確かに感じ、これは間違いなくウイスキーだと思った。そして飲んだ後にアフターフレーバーも残った。
 ブラックニッカ・クリアで最も気になる若いアルコールのピリピリした刺激も、この1:2の水割りでは殆ど気にならなくなる。

 さらにハイボールにもしてみたが、やはり味と香りは薄いものの、イヤ味なく飲みやすく、それでいてウイスキーの味は間違いなくある。

 このブラックニッカ・クリアは、ストレートやトワイスアップで少しずつチビチビ味わって飲むのには全く向いていない。
 しかし竹鶴氏流の1:2の水割りや、今の日本人に好まれるハイボールにして気軽に飲むと、値段の割になかなか悪くないのだ。
 そしてノンピートだから、ピート香やビターさが苦手な人にも好まれるだろう。

 このブラックニッカ・クリアは、キャップを開けた直後には色付きで度数の高い麦焼酎のようなものだが。
 開封して一週間も経てば、ちゃんとウイスキーらしい香りと味も出てくる。
 あくまでも割って飲むべき製品で、ストレート等の濃いめでチビチビ味わって飲むには向かない。
 濃いめでは若いアルコールの刺激が強すぎて美味しくないが、水割りやハイボールにすれば気軽に飲め、そしてウイスキーらしい味と香りも間違いなくある。
 だからこれは色付き麦焼酎ではなく、間違いなくウイスキーだ。

 濃いめでじっくり飲みたい本格派には、かなり物足りないだろうが。
 しかし「まがいもの」というわけでもなく、水や炭酸で割って気軽に飲むには悪くないウイスキーだと、改めて飲んでみて思った。

PageTop

一人のクリスマス・イブも悪くない

 もしこのブログを、アップした今日12月24日の夜に見て下さっている方がいるとしたら。
 貴方はクリスマス・イブの夜を、恋人もなく一人寂しく過ごしているのだね?
 安心してほしい、筆者も今年は彼女なしで一人で過ごすつもりだ。
 クリスマスを彼女なしで過ごすのは、決して貴方だけではない

 筆者も以前には、彼女がいる時もあった。
 そしてクリスマスを彼女と共に過ごした事もあった。
 その経験から言うが、彼女という存在は、恋人がいた事のない人達が想像するほど素晴らしいものではないぞ。

 それは確かに、大好きな可愛い彼女と共に過ごす時間は楽しい。
 しかし楽しいのと同時に、異性と交際するのはかなり面倒でもある。

 まず女性は、男性とは思考も発想も感情も違う。
 自分と同じ人間だと思って交際すると、まず間違いなく痛い目に遭う。
 女性と交際するなら、「自分たち男とは違う生き物なのだ」と、初めから肝に銘じておいた方が良い

 例えば何か問題が起きた時、男は当然のように対処の方法を考える。
 しかし女性は違う。
 女性はとにかく、自分の話をただ聞いてほしいのである。

 その“女性の話”というのは、一方的な愚痴である事が少なくないのだが、いくら非生産的なくだらない話だと思っても、すべて肯定的に受け入れなければならない。
「こうしたら良いのでは?」とか、「違う見方をすれば、こうだったのでは?」などと言った問題解決の為の前向きなアドバイスは厳禁だ。「あたしの気持ちをわかってくれない!」と、ただ女性をキレさせるだけである。

 何かトラブルが起きた時、男はまず問題の解決を最優先する。
 しかし女性が最優先するのは、“あたしの気持ち”なのだ。
 その“あたしの気持ち”を受け入れ肯定してもらう事が第一で、「こうすれば良い」などという理性的なアドバイスなど、女性は欲しくないのだ。

 女性が「白」と言ったら、どう見ても真っ黒なものでも「ハイ、ソウデスネ、真っ白ダネ」と受け入れる。
 それが女性と上手く付き合う秘訣だ。

 そうすれば女性は、「気持ちをわかってくれる、良い人!」と喜んでくれる。
 そのコツさえ覚えれば、女性とうまく付き合うのはとても簡単だ。
 簡単だが、心を殺し女性に合わせて黒も白と言うストレスは、男性、少なくとも理知的な男性にとってはかなりのものになる。
 そして「真実や現実より、とにかく気持ち最優先」という女性達と付き合えば付き合うほど、「女は馬鹿だなあ」という思いも心の中に澱のように溜まってくる。

 これは筆者が物事を理詰めで考えたがる、かなりの男性脳の持ち主だからかも知れないが。
 女性と付き合えば付き合うほど、「男と女は共感し合えない、違う生き物だなあ」という思いが深まってくる。
 感情最優先で、女が白と言えば黒も白というポイントさえ理解してしまえば、女性と付き合うのはそう難しい事ではないが。
 しかし自分を殺して本音を隠し、相手に合わせて女性と付き合えば付き合うほど、ストレスが溜まり女性と付き合うのが面倒になってくる。

 気持ちの問題だけではなく、男性が女性と付き合うには金銭的な負担も大きい。
 筆者は「デート代は男が出すのが当たり前」という時代に育ったから、何日もの旅行も含めて、デート代はほぼ全額筆者が負担してきた。
 今はデート代は割り勘というカップルも増えてきたとはいえ、それでも女性側の本音は「奢られると嬉しい」という。

 例えば、今日この日のクリスマス・イブのデートを考えてみよう。
 素敵なレストランやホテルを探して事前に予約しておくのは、まず男の義務のように思われているのではないだろうか。むろん、それなりのプレゼントも用意した上でだ。
 今日この日に、男が「レストランとホテルの費用は割り勘ね」と言ったら、「ムード台無し、サイテー!」と、女性にまずドン引きされるだろう。

 バレンタイン・デーにチョコレートを配らなければならないのは、女性にとって負担だと言うが。
 しかしホワイト・デーには、男性側は三倍返しをすべきだとも言われている。
 このように、女性と付き合うには気を使う上にお金もかかるものなのである。

 女性と付き合うのは、本当に難しい。
 例えば食事ひとつにしても、安いお店に連れて行けば機嫌を損ねられてしまうし。
 かと言って、立派なレストランに連れて行けば喜ばれるというわけでもない。
 それなりのテーブル・マナーを求められるような店に連れて行くと、それはそれで女性は機嫌を損ねるのだ。「恥をかかせた、窮屈だ」と。

 女性とのデートって、プランを立てるのもお金を出すのもほぼ男性側だからね。
 で、女性がするのは、その男性が無い知恵を絞りお金を出してセッティングしたデートを採点して、ただダメ出しするだけだから。
 今の男性が女性と付き合うのが面倒だと思う気持ち、筆者にも本当によくわかる。

 一握りのイケメンを除いて、筆者も含めた大半の男性は女性に気も金も使ってご機嫌を取って、ようやくお付き合いしていただけているようなものだから。
 で、ふと正気に戻ると、つい考えてしまうわけデスよ。
女性って、そこまでして付き合っていただくほど価値のある生き物なの?」と。

 コレを言ってはおしまいだが、今日のこの日も、可愛いキャラの出てくる萌え系のアニメでも見ながら一人でケーキとチキンを食っていた方が、余程も気楽で楽しい上に安上がりなのではないかと、ふと思ってしまったりするのでありマス。

 萌え系アニメはどうあれ、女性と付き合うには金も気も消費され過ぎる、女性にそれだけの金と気を使う価値はないと考える男性が増えている事もまた、厳然たる事実である。

 面白いデータがある。
 国立社会保障・人口問題研究所が2015年に実施した『第15回出生動向基本調査』によると、恋人がいる男性は19.7%で、それに対し恋人がいる女性は27.3%なのだそうである。
 この7.6%にもなる男女差は、一体どういう事であろうか。
 日本の未婚の男女の人口差に、それほどもの差があると聞いた事もない。
 つまりコレは、「少なからぬ男が“フタマタ”をかけ、一人で複数の女性と交際している」という事であろう。

 不倫はもちろんいけないが、結婚前のフタマタ交際も当然けしからぬ事である。
 とは言うものの、女性という気も金も使うメンドクサイ生き物と、よく複数相手に交際できるものだと感心もしてしまう。

 女性が相手を恋人と認識しているという事は、女性も公認で複数の相手と交際しているわけではなく、その男性はそれぞれの女性にはバレないよう内緒でフタマタ交際をしているのであろう。
 例えばこのクリスマス・イブやバレンタイン・デーなどには、その複数の相手にどう言い繕っているのだろうか。
 本命の女性とは逢い、浮気相手には「ごめん、急な仕事が入っちゃって……」とか嘘をついて誤魔化しているのだろうか。
 浮気など一度もした事がなく、たった一人の恋人と付き合うのでさえ時には「女性と付き合うのって、面倒だな」と思ってしまうような筆者には、複数の女性と付き合うような苦労をあえて背負い込もうとする一部の男性の気持ちが、どうにも理解できない。

 現状を見るに、女性の交際を「気とお金を使って大変」と感じる適齢期の未婚男性の草食化が進み、その一方で「一部の肉食男性が、複数の女性を食い荒らしている」というのが、日本の恋愛事情の実態ではあるまいか。

 筆者は、桂明日香さんという漫画家が好きで、桂明日香さんの作品はほぼ新刊で買っている。
 その最新作の『レディ・ハニカム』に、祖父から譲られたビルや土地などの不労所得で遊び暮らしている、ロクデナシのオッサン(顔だけはイケメン)が出て来るのだが。
 そのエロいオッサンが言うのだ、「俺おっぱいの重さと脳(オツム)の重さが反比例してる子が好きだからさ~」と。
 その巨乳好きで、しかも飽きたら捨てるというオッサンは、こうも言う。
他人より自分の下半身に誠実に生きたいから

 ……ふうむ。
 女をマタがけして、浮気や不倫をする男性の感覚とは、そういうものらしいデス。
 だが凡人でちゃんと他人にも誠実に生きたい上に、たった一人の彼女も持て余してきた筆者としては、あちこちに嘘をつき、それがバレないように冷や冷やしながら複数の女性と付き合う気になど、とてもなれない。

 そのたった一人の彼女を喜ばせる為に、プレゼントやレストランなど事前にいろいろ考えて苦労した事もある筆者に言わせて貰えば。
 一人で気楽に過ごすクリスマス・イブも、そう悪いものでもないよ。

 この日のプレゼントとデートの為に、何ヶ月も一生懸命バイトしたり節約したお金をつぎ込んだ彼氏。
 複数の女性をマタがけして、演技力を駆使して片方の女性には「仕事が忙しくて……」と嘘をついたり、時間を遣り繰りして一夜で二人の女性と逢ったりしている、桂明日香さんの言うところの“下半身に誠実な方”。
 どちらもホントにご苦労様デス。

PageTop

湧き上がる雲

fx30-090518-045.jpg

 屋根から湧いて出てくるような雲が面白かったです。

 今日は天皇誕生日ですね。
 今の天皇陛下は立派な方だと、心から尊敬しています。

 ただ私は大学で日本史を専攻してきただけに、歴代の天皇すべてが立派な方だというわけではないという、厳しい現実も知ってしまっています。

 これを言うと日本会議や右翼の方に怒られてしまいそうですが、天皇も人間ですから。
 能力に欠ける方も、野心の強すぎる方も、歴代天皇の中に間違いなく存在しました。

 だからこそ、今の天皇陛下にはご健康で、一日も長くこの国を見守っていただきたく思っています。

PageTop

空の青と白

fx30-090518-044.jpg

 空の青さと雲の白さに胸を打たれました。

PageTop