空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

筆者がツイッターを好まない理由

 唐突だが、筆者はツイッターというやつが、どうも性に合わない。
 だからツイッターは発信だけでなく、フォローも含めてしていない。
 あと、クイズというやつも、どうも好きになれない。だから見ていたテレビ番組でクイズを何度も出されると、ためらわずにテレビの電源を切る。
 その理由は何故か。
 筆者は短い答え(結論)より、それに至るまでの理由や思考の過程の方が、もっとずっと大事だと思っているからである。

 例えば筆者は、いわゆる“ら抜き言葉”が嫌いで、だから自分で使う事は全く無い。
 ただそれについても、筆者は「ら抜き言葉なんかキライだ!」と皆に発信するより、筆者が何故ら抜き言葉を使うのを避けているのか、その理由の方をじっくり聞いてほしいと思う。
 そしてその上で、ら抜き言葉の是非についてを、おのおの考えてほしいのだ。

 文化庁が発表した2015年度「国語に関する世論調査」で、ら抜き言葉を話す人がついに多数派になったという。
 それでも筆者が言葉に“ら”を入れて話し続けているのは、それは国語学的な正しさにこだわっているからではない。
 筆者が気にしているのは、言葉として発した音の響きについてだ。

 その文化庁が世論調査に利用した例文は、「今年は初日の出が見られた」だが。
 それを、試しに実際に声に出して言ってみてもらいたい。

 今年は初日の出が見られた。
 今年は初日の出が見れた。

 言葉の響きは、果たしてどちらも全く同じだっただろうか。
 少なくとも筆者には、後者の“ら抜き”の方がよく言えばくだけた、有り体に言えば雑な言い方に聞こえる。

 抜いた“ら”の後の、“れ”の音の響き方に注意して、もう一度口に出して言って比べてみてもらいたい。

 今年は初日の出が見らた。
 今年は初日の出が見た。

「見らた」と「見た」だけでなく、「食べらた」と「食べた」でも、「来らた」と「来た」でも同じだ。
 ら抜き言葉で話すと、抜いた“ら”の後の“れ”の音の響きが固くきつく強く、聞き苦しくなる。
 実際に言って聞き比べてみれば、“ら”を入れた方が言葉の響きが優しく耳障りが良くなるのは明らかだ。

 そもそも“ら”という言葉を発音するには、舌先を丸めて口蓋に近付け、そして歯茎を弾くようにして発音しなければならない。
 その舌を丸めて弾く動作が面倒だから、主に若者は“ら”を抜いて喋るのだろう。
 しかしその舌を丸める“ら”という言葉を挟むから、続く“れ”の音の発声が柔らかくなるのだ。
 嘘だと思うなら、「見れる」と「見られる」、「食べれる」と「食べられる」、「来れる」と「来られる」を、言葉の響きに注意して口に出してゆっくり言ってみてほしい。
“ら”は抜かない方が、間違いなく響きが柔らかな筈だ。
 だから“ら抜き言葉”は普段の会話では使われても、大勢の前での挨拶や面接などの公式な場面では使われない。

 個人的にだが、筆者は“ら抜き言葉”の固く雑な響きが大嫌いだ。
 だから公的な場面だけでなく、私的な場面でくだけたお喋りをする時にも絶対に“ら抜き言葉”は使わない。

 一方で、ただ“ら”と発音するのが面倒だというだけでなく、“ら”を抜けば「可能」と「尊敬」の区別が明確につき、言葉として便利だという説もある。
 それに言葉は時代と共に変化して行くものだから、“ら抜き言葉”が間違いだとは言えないという意見もわかる。

 だから筆者は個人的な好みで“ら抜き言葉”は絶対に使わない。
 だが“ら抜き言葉”を使う人を批判するつもりも全く無いし、「使いたければ、ご自由にどうぞ」といったところだ。

 この筆者の“ら抜き言葉”に対する考えを、140文字のツイッターで発信できるだろうか。
 ネットでも、長い文章を書くとよく「三行で」とコメントされるが。
 上の文を可能な限り要約すれば、「自分は“ら抜き言葉”は響きが嫌いで使わないが、使いたい人は好きにすればいい」というところになるだろうか。
 それで間違ってなくもないが、筆者の気持ちや考えは充分に伝わるだろうか。

 筆者として、自分の考えは丁寧に説明したいし、他者からの異論についても「なぜそう考えるか?」を詳しく聞きたい。
 当ブログにも、時々反論やお叱りのコメントが寄せられる。そしてそれに詳しい理由も書き添えられてあれば、「ああ、なるほどな」と思い、筆者も反省して考えを改めた事が何度かあった。
 物事は、「白か黒か」や「イエスかノーか」だけではないのだ。
 白や黒、イエスやノーにも理由や言い分はいろいろある。
 それを140字や三行で、誤解なく言い尽くせるだろうか。
 少なくとも、筆者には無理だ。
 だから結論だけを言い切るツイッターは、筆者には向かない。

 例えばあるレストランに夕食を食べに行ったら、期待していた以上に美味かった。
 ただその事を伝えるにしても、筆者は何がどう美味しかったかを、詳しく伝えねば気が済まない性格だ。
 だから140字や三行では、とても足りない。

 いや、一般人のツイッターなら、「○○亭で夜ごはんを食べた。チョー美味かった! お勧めだよ!」でも、何の問題もない。
 ただ政治家が政治的な発言を、論拠も示さず丁寧な説明も無しにツイッターで一方的に発信するのは、全く感心しない。
 そしてその一方的な発言を鵜呑みにして信じる、その政治家の支持者も愚かだ。

 世界最大の英語辞典オックスフォード・ディクショナリーを発行する、オックスフォード大学出版局が昨年の11月に、2016年を象徴する言葉として「ポスト・トゥルース(真実)」を選んだ。
 世論形成にあたり感情や個人的な信念が優先され、事実が二の次になっている状況を指す言葉だ。
 論拠を示して冷静かつ丁寧に事実を説明するのではなく、何でも敵と味方に二分して、感情を煽る刺激的な言葉を短文で投げつける煽動政治家とツイッターは極めて相性が良く、そして大衆にも広く支持されつつある。
 それはアメリカだけでなく、日本でも状況は似たようなものだ。

 記者の厳しい質問にも応じて辛抱強く説明するのでなく、ツイッターの短文で一方的に煽る事を好む政治家は、断言するがヒトラーの同類だ。
 ヒトラーの時代にツイッターは無かったが、ヒトラーは短い感情的な同じフレーズを繰り返すことで大衆を煽り、あの世界大戦を起こした。
 そしてヒトラーは、民主主義の中で普通選挙で大衆によって選ばれた。
 その過ちを二度と繰り返さない為にも、丁寧な説明をせず記者の厳しい質問を嫌い、何でも敵と味方に二分する手法を好み、わかりやすい決めつける言葉で仮想敵を叩く事で大衆の感情を煽る“ツイッター政治家”に、国民は注意すべきである。

PageTop

中に紫の花があります

fx30-090526-068.jpg

 白や青の花の中に、紫の花が咲いていました。
 紫は、かつては高貴な色だったと聞きますが、確かに目立ちますね。


 

PageTop

虫の目にも目立ちそうな花です

fx30-090526-067.jpg

 花畑の中で、大きな花がすくっと背を伸ばすようにして咲いていました。

PageTop

可憐な花

fx30-090526-066.jpg 

 真ん中の白い花、よく道端に無造作に咲いていたりしますが、じっくり見るとなかなか可愛いです。

 でも、地味だから目はつい画面右端の青い花の方に行ってしまいます。

PageTop

可愛い花たち

fx30-090526-064.jpg

 寒さが苦手なことは、昨日書きましたが。
 私、そのくせ厚着が嫌いなんです。
 コートは着ますが、長い下着とか下にたくさん着るのが苦手なんですね。
 だからいつも薄着しては、「寒い、寒い!」と震えています。

 バカですね。

PageTop

春よ来い

fx30-090526-062.jpg

 とにかく寒いです!
 このような花が咲き乱れてくれる春の訪れが、とても待ち遠しいです。

PageTop

濃姫の里隠し吟醸と清州桜酒造

 スーパーや量販店の酒コーナーに行くと、一合の紙パックで売られている安酒をよく見る。
 ある店で、その中に吟醸酒を見つけた。
 愛知県清須市の清洲桜酒造の、濃姫の里隠し吟醸というやつだ。

 アル添だが間違いなく精米歩合60%の吟醸酒で、なのに値段はワンカップより安い。
 安かったから、騙されたつもりで買って飲んでみたのだが、思ったより悪くなかった。
 で、今度は四合瓶のを買って、じっくり味わって飲んでみた。

清州桜隠し吟醸P1100965

 冷やで飲む日本酒は、筆者はいつもワイングラスで飲んでいるのだが。
 グラスに注ぐと、華やかで甘い吟醸香が心地良い。四合入りの瓶で買って値段は七百円もしなかったが、これは間違いなく吟醸酒だ。
 味も悪くはない。
「薄い」と言うか「スッキリした」と言うか微妙な部分はあるが、とても飲みやすくイヤ味が無い。
 口に含み、舌の上で転がしていると、適度な辛味と苦味、そして僅かな甘味を感じる。

 これは吟醸酒だがアル添だから、アルコールを加え水を足している分だけ薄まり、純米酒のようなふくらみや奥深さが味に欠ける点はある。
 しかしそれも「良質な純米酒と比べれば」という話であって、比べなければ気にせずスイスイ飲めてしまう。
 ちびちびゆっくり飲んでも美味しいが、純米でない分だけ軽さもあるのでグイグイたくさん飲めてしまいそうだ。
 値段は安いのに香り高くイヤ味なく美味しく、どんどん飲めるコストパフォーマンスの良い美酒だ。

 日本酒としての出来と味は、もちろん以前このブログに書いた会津の寫楽の方がずっと良い。
 しかし寫楽の値段は、この濃姫の里隠し吟醸の倍以上だ。
 それを考えれば、濃姫の里隠し吟醸は本当に良く出来た酒だと思う。

 ただ、プラス1.0という日本酒度にしては、辛さが少し気になる。
 数値的にはやや辛口という程度なのだが、甘さもあるのに舌に残るのは辛さだ。
 それはやはり、添加しているアルコールのせいではないだろうか。

 純米酒を飲み慣れた筆者からすると、アル添のこの濃姫の里隠し吟醸は、「スッキリした辛口」とも「ふくらみに欠け、アルコールの辛さのある」とも言える微妙なところがある。
 しかし香りは良いし、辛口で酸味も甘さもあり後口もキレも良く、値段を考えれば文句など言えない。

 人によっては、甘辛両方の味をしっかり感じる旨口の純米酒を「重い」と感じる方もいる。
 そういうスッキリした酒を好む方には、むしろ純米酒より美味しく飲みやすく思えるかも知れない。
 この濃姫の里隠し吟醸の売り文句は「フルーティーな香りと淡麗でスッキリとした上品な味わい」だが、その看板に偽りはない。

 この濃姫の里隠し吟醸を造っている清洲桜酒造は、一合入りの紙パックで百円前後の安い酒を主に造っている会社だが。値段の安さも大事だが、酒の造り手としてはせめてこのレベルの酒も売り出せねば、酒を造っていて楽しくなかろうと思う。
 濃姫の里隠し吟醸を知る人は、そう多くないだろうが。筆者としては、安くて良い酒だと自信を持って言える。
 特別に美味い酒ではない、しかし値段を考えれば充分過ぎるほど良い酒だ。

 で、つい調子に乗って、この清洲桜酒造の主力商品であろうと思われる、清洲城信長鬼ころしも飲んでみた。
 一合で百円前後、そして3リットルの紙パックでも千二百円を切る値段で売られている、文字通りの安酒だ。
 もちろんアル添だが、醸造用アルコールに加えて糖類と酸味料まで入れてある。
 筆者は以前にも、その種の酒を飲んでみた事があるのだが、あまりの不味さに一口で吐き出してしまった。
 その最低クラスの日本酒を、濃姫の里隠し吟醸を出した清洲桜酒造はどう造るだろうか。
 恐る恐る、試し飲みしてみた。

清州城信長鬼ころしP1100936

 例によってワイングラスに注いでみると、香りは(良くもないが)このクラスの糖類&酸味料入りの安酒としては悪くない。
 味も同様で、決して美味しいとは言えないのだが、これはとりあえず飲めてしまう。
 口に含むとまず苦味を、そして酸味と辛味を感じる。その辛さも添加されたアルコールによるもので、飲み下した後で舌がピリピリする。
 しかしそれでも、飲もうと思えば普通に飲めてしまうのだ。
 美味しいとは思わない。
 だが吐き出してしまいたくなるほど不味いとも思わない。

 アル添で、しかも糖類と酸味料も加えられているから、甘さも辛さも酸味も後から加えられたものの味が大きく影響している筈だ。
 なのに案外不味くなく、ベタつくこともなく、日本酒らしい味をとりあえずは保っている。
 美味いとは決して言えないが、安さを最優先した中で限界いっぱい良い酒を造るべく、メーカーはよく努力したと思う。
 他社の同クラス一合で百円の紙パックの酒は、筆者には不味すぎてどうしても飲めず、一口で吐き出してしまった。
 しかし清洲桜のコレは、一合を最後まで飲めた。
 美味いとは決して思わないが、味の点ではワンカップなど大手の他社のもっと高い普通酒と変わらないと思った。

 清洲城信長鬼ころしは、美味しい酒を少しずつ味わって飲みたい人には、もちろん全然向かない。
 しかし値段の安さを最優先して飲む人達に、少しでも気持ち良く飲んでもらえるように、メーカーは努力して造っていると思った。

 この清洲桜酒造は、ええなもという焼酎も一合の紙パックを百円前後で売り出している。
 安い焼酎と言えば、たいてい廃糖密から作ったアルコールを薄めた甲類焼酎だ。
 しかしええなもは、本格焼酎もブレンドした甲乙混和焼酎だ。
 ただこの“甲乙混和焼酎”というのがくせ者で、よく見ると乙類の本格焼酎は香り付け程度に、全体の10~20%程度しか加えられておらず、殆どがただのアルコールというまがい物が少なくない。
 しかし清洲桜酒造のええなもは、甲類と乙類を50%ずつ混ぜている。
 他の安い甲乙混和焼酎の中では、かなり良心的に造っている。

 もちろん、このええなもより、本物の本格焼酎の方がずっと美味い。
 しかし百円で買える焼酎としては、よく努力して造っているように思う。

 今回、筆者が取り上げた濃姫の里隠し吟醸を造ったこの清洲桜酒造は、「同じ質ならより安く、同じ値段ならより良いものを」というポリシーで頑張っているように思えた。
 何しろ第一に考えているのが安さだから、美酒の蔵元として有名になる事は無いだろうが。
 しかし安さを優先しつつ、その中で最大限に品質も保つべく努力している清洲桜酒造のような会社もある事も、酒好きの人達に知ってほしいと思う。

PageTop

高齢ドライバーの運転免許と、米国の銃規制の問題

 今、日本では高齢者の運転による悲惨な事故が増えつつあり、高齢者に運転免許を自主返納してもらおうという動きがある。
 そしてアメリカでは銃による殺傷事件が問題になり、銃を規制して持たないようにしようという動きがある。
 この無関係のように思われる二つの動きに、筆者は似通った問題点を感じている。

 もし筆者がアメリカに住むとしたら、護身用のピストルを持つことを真剣に考えると思う。
 銃による悲惨な事件が頻発している事は、よくわかっている。
 できれば銃など、持たない方が良い。
 しかしそれ以前に、「アメリカには銃がたくさん出回っていて、凶悪事件も起きている」という現実がある。
 悪人が当たり前に銃を持ち歩いている以上、こちらも銃で自衛せざるを得ないだろう。
 事実、銃で武装した強盗に襲われたアメリカのある店の店主が、ピストルを撃ち返して反撃して強盗を追い払うという事件があり、少し前にテレビでも放送された。
 世の中に銃が無数にあり、悪者がもちろん銃を持っている以上、市民も銃を持たねば身は守れない。

 アメリカの銃規制派は、「だからこそ銃を手放させ、皆が銃を持たない社会にしなければ」と言う。
 銃による犯罪を減らすには、もちろんそれがベストだ。
 が、それは現実味の無い理想論だ。

 アメリカにはまず、数え切れないほど多くの銃が出回っているという現実がある。
 その状態で一般市民に銃の所持を禁止し、持っているライフルやピストルを警察に差し出して手放す事を命じたらどうなるか。
 答えは明白だ。良き市民だけが銃を手放して丸腰になる一方で、悪い奴は銃を手放さずに隠し込む。
 つまり強引で一律な銃規制は、銃を悪人の手にだけ残し、悪人をより有利に、そして良き市民をより無力にするだろう。

 また国土が広いアメリカには、「警察を呼んでも、来てくれるまでに何十分もかかる」という田舎が幾らでもある。
 そうした警察もあてに出来ないアメリカの田舎では、自分と家族の身は自分で守るしか無いのもまた現実だ。

 だから筆者は、アメリカでの銃規制は悪者をより有利にするだけで現実味が無いと思っている。
 そして日本でも、警察等は高齢者に運転免許の自主返納を呼びかけているが、それも同様に事故防止の現実的な効果が無いように思える。
 それは何故か。
 アメリカで「銃は危険なものだから手放せ!」と呼びかけたら、素直に応じて手放すのは良き市民であろうのと同様に、日本で警察の求めに応じて免許を返納している高齢者は、日頃から運転に気を配っている良きドライバーであろうからだ。

 考えてみて貰いたい。
 高齢とはいえ、能力の衰えを意識して己の運転によく気を配っているドライバーが、そうそう事故を起こすだろうか。
 側面や後ろを擦るとかの小さな物損事故は起こすかも知れないが、暴走して大事故を起こすような事はまず無いだろう。
 逆走したり、暴走したりした挙げ句にニュースにもなる人身事故を起こすような高齢者は、たいてい衰えの自覚の無い自信過剰なドライバーだ。そしてその中には、認知症の疑いのある人も少なくない。

 テレビのニュースや新聞の投書欄などで、自ら運転免許を返納したお年寄りの姿を見たり声を聞いたりしていると、頭のしっかりした意識の高い人ばかりだ。己の衰えた部分を意識し、気を付けてゆっくりと車を走らせれば、まだ運転を続けられそうに見える。
 そして「おじいさん、もう運転は止めたら?」と言いたくなるような危なっかしいドライバーに限って、自信満々で「いや、ワシはまだ大丈夫だ!」と聞かないのが現実だ。

 だから高齢者に自主的な免許の返納を促すのでは、良心的なドライバーだけが運転をやめ、衰えの自覚の無い危険な高齢ドライバーばかり残りかねないように思える。
 ちょうどアメリカで銃規制をすれば、良き市民だけが銃を手放し、悪者ばかりが銃を持つ結果になりかねないように。

 筆者は高齢者の免許は自主的な返納を促すのではなく、更新時に運転シミュレーターなどでの試験が必要だと考える。そこで危険と判定された者には再講習と再試験を課し、それでも駄目な者は容赦なく免許を取り上げるべきだ。
 本人の自覚に頼るだけでは、自覚のある善良な人だけが損をする結果になる。

 同じくアメリカでも、殺人や傷害や強盗などの凶悪事件を起こした前歴者には、生涯にわたり銃の所持を禁ずればよいと考える。
 現に無数の銃が社会に出回っているアメリカでは、一律に銃の所持を禁止するのではなく、犯罪傾向のある者に銃は持たせない。そうすれば銃による犯罪が無くならないにしても、少なくとも減る事は確かだろう。
 日本の高齢者の免許も、それと同じだ。良識と自覚のある人に返納を呼びかけるより、免許の更新時に高齢ドライバーは皆テストして、危険な運転をする者は免許を取り上げてしまった方がより効果的だ。

 例えばアメリカの田舎では警察は呼んでもすぐ来てくれず、だから田舎の住人には自衛の必要があり、一律の銃規制は無意味だ。
 それと同様に、日本にもバスさえ通らず、どれだけ年を取っても車が無ければ生きて行けないような過疎地も多くある事もまた事実だ。
 だから過疎地の高齢者に対しては、「部落から近くの町の店や病院に通うだけ許可する」というような限定免許を考える事も必要だろう。

 高齢者の事故が増える中、警察等は高齢者に免許の自主的な返納を呼びかけているが。
 その呼びかけを聞く度に、筆者は「それで自分の運転は大丈夫かと真剣に考えるようなお年寄りは、よく気を付けさえすれば返納しなくてもまだちゃんと運転できるんだよ。その呼びかけに耳を傾ける気の無い、自信満々の高齢ドライバーこそ問題なのに」と、いつも考える。

 アメリカでは、善良な市民ばかりが「銃の無い社会を!」と訴えているが。
 日本の高齢ドライバーも、自分の運転の衰えを自覚できる注意深くて良心的な人ばかりが免許を返納していて、本当に危険な高齢ドライバーを減らす結果にはなっていないように思えてならない。

 筆者の伯母も、八十代の前半で免許を返納した。
 筆者から見れば少しスピードは遅いものの、充分安全に運転できていた。しかしそれでも、衰えを自覚して自主的に免許を返納した。
 そして車を運転する機会の多い筆者は、その伯母よりずっと危なっかしい運転をしている高齢ドライバーのマークを貼った車に、いくらでも出遭う。

PageTop

青い花を、もう少し大きく撮ってみた

fx30-090526-060.jpg

 青い花でも、これだけ近寄って撮れば、少しは見栄えがしますね。

 この冬は一月の初めまで、私の住む地方では例年より暖かかったです。
 そのせいで、体が寒いのにすっかり弱くなってしまいました。
 気温が氷点下になどなったら、それこそ凍え死んでしまいそうです。


 

PageTop

青と白だけでは…

fx30-090526-059.jpg

 青い花と白い花を中心に撮ってみましたが、少し地味ですね。
 赤や黄色の花も多く混ざれば、もう少し華やかな写真になったでしょうね。

PageTop