空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

コンデジで、背景にも気を付けて撮ってみました

fx30-090406-163.jpg

 前日と同じように川を背景にしたまま、寄って花を大きく写してみました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

素朴な質問。

素朴な質問です。

黒澤氏が実際にお使いになって
「一定レベル」以上の写真を
撮るツールとして。

デジタルとアナログ、どちらの
使い勝手が上なのでしょうか?

ogotch | URL | 2016-10-21(Fri)01:44 [編集]


Re: 素朴な質問。


> 黒澤氏が実際にお使いになって
> 「一定レベル」以上の写真を
> 撮るツールとして。
>
> デジタルとアナログ、どちらの
> 使い勝手が上なのでしょうか?

 はっきり言って、デジタルの方がずっと便利です。
 撮ってすぐ結果がわかるから撮り直しも出来ますし、何しろフィルム代や現像料等のお金もかかりませんしね。

 写真がフィルムだった時代、どれだけ失敗写真を撮って後で悔やんだことか……。
 また、お金の問題で撮れる枚数が限られてしまい、悔しい思いをしたこともあります。

 ただ、お金はかかるし失敗も取り返せないフィルムの写真でたくさん写真を撮ってきたから、デジタルで撮るのがすごく楽に感じるという事が間違いなくあると思います。

 いや、「フィルムで撮った方が上手くなる」という意味ではありません。
 デジタルで撮るなら試しに一度モニターをオフにして撮ってみて、後で「なぜ思い通りに撮れなかったか」を考えてみればよいのです。

 コストの面でも使い勝手の面でも間違いなくデジタルの方が良いですが、ある意味デジタルはフルオート化され過ぎ、便利になり過ぎているんですね。
 で、どうしてこんな写真が撮れたかを、あるいはなぜ思い通りに撮れない場合があるのかを理解できない人を増やしているようにも思えます。

 写真はデジタルで良いんです。
 ただ、カメラ任せにせず露出やらホワイトバランスやらコントラストやら、いろいろいじってみると写真がガラリと変わって面白くなってきますよ。
 いろいろ、生意気な事を言ってスミマセン。

黒沢一樹 | URL | 2016-10-27(Thu)15:39 [編集]