空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

死刑に関するジレンマ

 国際的に見れば、死刑のない国は珍しくない。
 死刑は制度としてはあってもここ何年も執行せず、実質的に死刑廃止と同じ状態にある国も増えている。
 そのせいか、近年では日本でも死刑の是非が議論になっている。

 我が国でも、知識人には死刑廃止を主張する者も少なくない。
 しかし世論調査の結果を見れば、国民の多くは死刑の存続を支持している。

 感情としては、それも理解できる。
 人を、それも非の無い被害者を殺しておいて、加害者がのうのうと生きていられるというのは、やはり納得しかねるものがある。

 ただ警察官や裁判官も人間である以上、冤罪も間違いなく存在する。
 そして死刑を執行してしまったら、今度は取り返しのつかぬ罪を国家が犯すことになる。
 話は逆説的になるが、だから裁判所は、客観的に見れば冤罪であろうと思われる死刑判決の再審になかなか応じないのだろう。
 それに応じれば、自分たちが過ちを犯し無実の者を死刑にしたと認める事になる。
 だから裁判所は、死刑判決の見直しを特に認めようとしない。

 ただ「国家が人の命を奪うような事をすべきでない」という人道的な問題だけでなく、冤罪事件の存在もあるからこそ、死刑を終身懲役に代えたらどうかと主張する人達も少なくない。

 混同されやすいが、現在の日本の無期懲役はあくまでも刑期を定めない“無期”であって、服役態度や反省の度合いなどによっては罪を許され釈放される可能性がある。
 つまり無期懲役の判決を受けた犯罪者は、いつかまた世の中にひょっこり出て来る可能性があるわけだ。
 だから釈放される事が無く死ぬまで刑務所で服役する終身懲役を、死刑にかえようというわけだ。

 終身懲役であれば凶悪犯が二度と世の中に出て来ることも無く、後でもし冤罪と判明した場合にもその過ちを償うこともできる。
 だから死刑を廃止する代わりに終身懲役を導入しようという提案は、筆者にも説得力があるように思えた。

 ところがその死刑の廃止と終身懲役の導入に、実際に二人の人を殺し無期懲役刑を受けて服役中の囚人から反対の声があがった。
 その受刑者は美達大和氏というが、美達氏が服役しながら書いた著書によれば、本当に死刑を廃止して終身懲役にしたら、刑務所の中は大変な事態になるとのことだ。

 美達氏によれば、日本の刑務所は少数の刑務官で大勢の受刑者を管理している、世界でも珍しい刑務所なのだそうだ。そして無期懲役の受刑者は、いつか釈放される日を夢見て真面目に受刑している。
 しかしその釈放の希望が無い終身懲役の受刑者にはその希望が無いわけで、どうせ死ぬまで刑務所に居るのならと自暴自棄になり、好き放題に振る舞い刑務官にも反抗して、収拾のつかない事態になりかねないと美達氏は言う。
 で、もし死刑を廃止し、かわりに希望を失った多数の凶悪犯が刑務所内に収容されるような事になったら、武装した刑務官の増員が必要となるのが目に見えているとのことだ。

 実際、海外では時折刑務所で暴動が起き、囚人が大挙して刑務官を襲って脱獄するなどの事件が起きている。
 とすると、他の先進国のように「国家が人を殺すようなことはしてはならない」という人道主義を実践する為、死刑を廃止して終身懲役を導入するならば、国民は刑務所に対する税負担の増加も覚悟しなければならないようだ。

 冷酷な話をしてしまえば、死刑を執行すれば収容している死刑囚の数は減る。
 無期懲役の囚人の数も、受刑態度を良しとして釈放すれば減る。
 しかし終身懲役の囚人の数はどうだうか。
 増えることはあっても、減ることはまず無かろう。
 それだけでも、死刑廃止と終身懲役の導入による税負担の増加は目に見えている。

 ちなみに西欧や北欧の国では、終身懲役や無期懲役すら無いところがある。
 数年前、北欧でひどく偏った差別的な政治思想を持つ者が銃を乱射して、数十人もの人を殺したが。
 それでもその国の最高刑は懲役二十一年で、その凶悪犯も二十年ちょっとで許されまた社会に出て来られるのだそうだ。

 無差別に数十人もの人を殺して、二十年ちょっとの服役で許されるなど、日本ではとても考えられないことだが。
 ヨーロッパやアメリカの幾つもの州で死刑が無く、凶悪犯罪者に甘いように見える判決が下されるのは、ただ人道主義のせいだけでなくキリスト教の影響があるからだ。
 キリスト教には、「罪を裁くのは人ではなく神である」という思想がある。だから凶悪犯も人が裁いて死刑にするのでなく、「死後、神に裁かれて地獄に堕ちるがいい」というわけだ。

 敬虔なキリスト教徒ならそれで納得して死刑を廃止できるのだろうが。
 本気で「死んだら閻魔さまに地獄行きにされるのだから」と信じ、凶悪事件の犯人に厳罰を求めずにいられる日本人が、さてどれだけいるだろうか。
 特に自分の身内が事件の被害者となり命を落としたら、加害者に極刑を求めるのは当然の感情と筆者も思う。
 ただ司法が加害者として捕らえ、被害者の身内として死刑を望んでいた相手が、実は冤罪で、本当の犯人は他にいたりする事もあるから、人を裁いて死刑にするという事は難しい。

 日本人の大多数は、敬虔なキリスト教徒ではない。だから「裁くのは神だから」と、凶悪犯に寛大な判決を受け入れるのは難しい。
 かと言って、人には、警察や裁判には過ちもあり、冤罪も間違いなくある。
 事実、冤罪は死刑判決が一度は確定した事件の中にもあった。
 それを考えれば、「死刑は廃止し、代わりに釈放の無い終身懲役にする」という意見にも一理あるように思える。

 しかし美達氏の言うように、死刑を終身懲役に置き換えれば、刑務所に将来に希望の無い自棄になった凶悪な終身懲役の囚人が増えるだろう。
 そして刑務所の治安が悪くなり、刑務官の増員と重武装化も必要とされ、税負担も当然増える。
 福祉に一円でも多くの税金が必要となるこれから、終身懲役の受刑者と刑務所に対する税負担増に、国民は納得するだろうか。

 かと言って受刑者にも人権があるから、受刑者の衣食住にかかる費用を削ったりもしにくいし、受刑者の労働力で利益をあげる事は民業の圧迫になるため禁じられている。
 何しろ刑務所は罰を与える所ではなく、あくまでも矯正施設だ。
 刑務所をナチスの強制収容所のように経費を極限まで切り詰めて過酷な労働をさせ、収益を得て黒字化させる事は、文明国として出来ないのだ。

 現行制度を出来るだけ生かしつつ冤罪の問題にも対応するとすれば、死刑は存続させつつ、刑の執行は証拠が明白で当人も罪を認めている者のみにするという方法もあるだろう。
 で、証拠に疑問点があり、かつ無実を訴え続けている死刑囚の再審にはきちんと応じ、刑の執行を後回しにすれば冤罪の者を国家が殺してしまうリスクは減るだろう。

 しかし、だ。
 自分がやりましたと罪を認め、「死んで罪を償います」と観念している者を死刑にして、本当に罰になるのだろうかと筆者は疑問に思う。

 今の日本で死刑判決を受ける者は、人を殺した凶悪犯ばかりだ。
 その殺された被害者の身になれば、加害者にも自分と同じように恐怖と苦痛の中で死んでもらわなければ、死刑でも割が合わないのではないか。
 極論を言えば、死刑は加害者が犯したのと同じ方法で執行しても良いくらいだ。
 例えば人を殴り殺した者は、同じように殴り殺すとか。
 少なくとも江戸時代には、ただの打ち首だけでなく磔や火炙りや鋸引きなど、死罪にもいろいろな方法があった。

 しかし今は「目には目を」の時代ではないから、そのような応報刑を実行したら、「野蛮だ!」と国際的に非難を浴びてしまう。
 いや、ただの死刑ですら人道的にどうかと言われるくらいだ。
 だから冤罪の無いよう今後も死刑を執行するなら、疑う余地無く罪を犯していて本人も認めている者に限らざるを得ない。
 しかし繰り返すが、観念して覚悟を決めている者に死刑を執行して、どれだけ意味があるのだろうか。

 被害者の無念や遺族の悔しさはわかるが、死刑にも冤罪があるという現実、しかし死刑を無くして終身懲役にすると、凶悪犯の囚人が手に負えなくなり刑務所の維持が大変になるという美達氏の指摘にも一理あり、かと言って罪を認め腹を括っている者を死刑にする意味はあるのかと、筆者の考えは無限ループに陥ってしまっている。

 死刑は廃止すべきか、存続すべきか。
 無神論者で宗教心のない筆者には、いくら考えてもどうにもわからない。
 何かの宗教やリベラルな思想を盲信しているというのでなく、現実論として、あるいは当事者として何かご意見をお持ちの方がおられるなら、是非ともお考えを聞かせていただきたい。

 当事者といえば、相手は人殺しの犯罪者とは言え、死刑を執行する役目の方はさぞつらい気持ちを抱えておられるだろうと思う。
 それを考えると、死刑はやはり廃止した方が良いのだろうか。
 死刑にすると言っても、今は「目には目を」の時代ではないし、被害者が殺された時と同じだけの恐怖と苦痛を与えて死なせる事ができるわけではないのだから……。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する