空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

大関ワンカップは、本当に若者や外国人向けの“入門酒”になりうるか?

 毎日新聞には、ロングセラー商品の誕生からの歴史を紹介する『もとをたどれば』という連載記事がある。
 そこで先日、コップ入りの日本酒の代名詞のような、大関ワンカップが取り上げられていた。

ワンカップ大関P1100685

 記事によると、大関ワンカップは東京五輪開幕に合わせて1964年10月10日に発売され、今も年間五千万本を売り上げているそうだ。
 ちなみに“ワンカップ”は登録商標で、大関のみが使える名前だということだ。
 筆者も他社のコップ入りの日本酒をつい「○○のワンカップ」などと言ってしまうが、それは正式には許されない事らしい。

 話がそれたが、その大関ワンカップについての記事で、少し気になる事が書いてあった。
 大関ワンカップは、ラベルに“SAKE One CUP OZEKI”と英語で表記されているが、「若年層や東京五輪で訪日する外国人も意識して」のことだという。
 また、大関はワンカップについて、「清酒を手軽に飲める『入門酒』としてもアピールしたい」とも話しているそうだ。

 正直に言えば、筆者は大関ワンカップを軽く見ていた。
「どうせ、酒を飲まずにいられない飲み助の為の安酒だろう」と。
 だが、大関がワンカップを、日本酒をあまり飲まない若年層や外国人にもアピールしたい入門酒と位置づけているのであれば、メーカーも品質に自信を持っていて、味もそれなりに良いのであろうと思い、初めて買って飲んでみることにした。

 コップ入りの清酒だが、筆者はあえてワイングラスで味わってみた。
 香りは殆ど無いと言っても良いくらい穏やかだ。
 そして透明で殆ど色が無く、活性炭で濾過のし過ぎではないかと思われるくらいだ。

 醸造用アルコールで嵩増ししている、いわゆるアル添酒だけに、飲むとアルコールのピリピリする刺激を少し感じる。
 殆ど水に近いくらいの無色透明になるまで濾過されているだけに、個性や味わいは弱いが飲みやすいこともまた確かだ。

 活性炭による濾過は、酒の雑味を消す為に行われる。
 しかし活性炭は酒の雑味だけを取り去ってくれるような都合の良いものではなく、「雑味だけでなく旨味も消してしまう」というのが実態だ。
 この大関ワンカップには、その活性炭による濾過の影響がはっきり出ている。
 不味いとまでは言わないが、旨いとも決して言えない。

 日本酒の味は、「甘・酸・辛・苦・渋」の五つで表現される。
 大関ワンカップはその五つの味のどれも突出しておらず、あえて言えばまず“辛”と“酸”を感じ、次に“渋”を感じ、次第に何とも言えない“甘”を感じる。
 濾過のし過ぎで旨味が薄く、色も水に近いほぼ無色透明なのに後味がスッキリせず、飲んだ後に質の良くない安酒を飲んだ時のような不快感が残る。
 筆者の個人的な感想をハッキリ言ってしまうと、「我慢すれば最後まで飲めるが、美味しいとはとても言えない」というところだ。

 筆者は、同じくらいの価格帯の、同じアル添の地酒も飲んだことがある。
 静岡県の芝川の富士錦金印と、岩手県二戸市の南部美人だ。
 どちらも活性炭による濾過をあまりしておらず、ワイングラスに注ぐと酒の色がもっと黄色みを帯びていて、大関ワンカップより間違いなく味にふくらみと酒としての旨味があった。

 筆者はこの大関ワンカップを、税込みで227円で買った。
 それだけの金を出せば、キリン一番搾りやサントリーのモルツなどの本物のビールが買える。
 それを考えれば、大関ワンカップは割高だ。

 メーカーはこの大関ワンカップを、「若年層や訪日外国人の入門酒としてもアピールしたい」と言うが、日本酒を飲み慣れていない若い人や外国人が飲んで「日本酒って美味しいね!」と思うとは、少なくとも筆者にはとても考えられない。
 大関ワンカップを美味しく飲める人は、2リットルや3リットルの紙パック入りで千円前後の日本酒を普段から大量に飲んでいるような、本物の飲兵衛ではないかと筆者は推察する。
 そしてそのようにいつもお手頃価格の日本酒を飲み慣れている人が、ちょっと一杯ひっかけたい時に手軽に買うのが、この大関ワンカップだろう。

 繰り返すが、日本酒を飲み慣れていない若者や外国人に、濾過のし過ぎで香りも立たず旨味も少ない上に後味も良くないこの大関ワンカップを飲ませたら、むしろ日本酒は旨くないものという偏見や固定観念を植え付けてしまうのではないかと危惧する。
 この大関ワンカップは決して入門用の酒ではなく、日本酒を、それもお手頃価格の日本酒を飲み慣れている人の為の酒だ。

 しかしワンカップの180mlという容量は、ちょっと味見の入門の為には適していると思う。
 それで同じ大メーカーの180ml入りの日本酒を探してみたところ、月桂冠大吟醸と、日本盛純米吟醸cheers bottleを見つけた。
 値段はどちらも税込みで月桂冠の大吟醸が268円、日本盛の純米大吟醸cheers bottleが270円と、大関ワンカップと50円も変わらず、プレミアム系のビールを買うようなものだ。

月桂冠大吟醸P1100774

 さて月桂冠大吟醸だが、キャップを開けた瞬間に梨のようなフルーティーな香りが広がる。
 ワイングラスに注ぐと、色は大関ワンカップより黄色味を帯びているものの、かなり透明に近い。
 さすが精米歩合50%だけあって、税込み268円の酒とは思えないほど香り高い。
 味はスッキリしていて、酸味と苦みをまず感じる。
 よく「日本酒は甘くベチャベチャしているから嫌い」という人がいるが、一度この月桂冠の大吟醸を飲んでみてほしい。変に甘くなくサラサラしていて、昔の日本酒の厭なイメージを持っている人は、これを飲めば味の違いに驚くだろう。

 ただ残念ながら、大吟醸だがアル添なので、飲みやすいが味に深みとふくらみがやや足りないように思える。
 しかしその分だけ、軽くスイスイ飲めるという面もある。

 安酒の、嵩増しの為のアルコール添加は論外だが。
 ただ吟醸酒や大吟醸酒の場合、少量のアルコールを入れた方がよりフルーティーな香りを引き出せるとも言う。
 この月桂冠の大吟醸は、味の奥行きよりも香り高さを優先した酒と言えよう。

 筆者のようにある程度日本酒も飲んでいる者は、「香りは良いが、味が少し痩せている」と思ってしまう。飲んだ後に、舌に僅かに渋みと辛さが残るのもやや気になる。
 しかし税込みで268円という値段を考えれば、文句を言う方が贅沢というものだろう。
 それに若者など日本酒を飲み慣れていない者にとっては、その味の軽さを「飲みやすい」と感じるかも知れない。
 淡麗辛口がブームでもあるし、水のようにサラサラした酒を良しとする人には、きっと喜ばれるだろうと思う。
 フルーティーな香りが高く、サラリとして飲みやすく、これぞ日本酒の入門用として、若い人や外国人に勧めたい酒だ。

 ただ一言、瓶の上に付いている小さな杯だが、あれは可愛いが実際に使って飲んでは駄目だ。
 筆者も試しに付いている杯でも一杯飲んでみたが、杯の材質のせいか、プラスチックのような妙な臭いがして、せっかくの吟醸香を殺してしまう。
 こうした大吟醸酒は、ちゃんとした杯かワイングラスで飲むべきだ。
 もしどうしても付いている杯で飲むなら、そのまま飲まず、一度よく洗ってから飲んでみると良い。そうすれば、気になる臭いが取れる。

日本盛純米吟醸P1100769

 最後に日本盛純米吟醸cheers bottleだが、「フルーティーな香り 豊かな米の旨み」と謳っているものの、吟醸香は程々だ。
 開封すればすぐに周囲に漂う……という程ではなく、「グラスに注ぎ、そのグラスの縁に顔を近づけると、爽やかなフルーティーな香りが鼻孔をくすぐる」という感じだ。

 香りは、月桂冠の大吟醸の方が間違いなく華やかだ。
 しかし味は、日本盛の純米吟醸cheers bottleの方がずっとふくらみがある。
 比べてしまうと、月桂冠の大吟醸が薄っぺらく感じてしまう。
 甘く、かつ辛い。
 しかもその辛さも、アル添のピリピリする辛さではなく、角のない自然な辛さ。
 口に含み、じっくり舌の上で転がしていたくなる良い味わい。
 月桂冠の大吟醸は、香りをより華やかにする為にアル添にしているのだろうが、日本盛の純米吟醸の方が酒として旨いと筆者は思う。

 グラスに注いでみた酒の色も、この日本盛の純米吟醸cheers bottleが3本のうちで一番濃い。
 活性炭の濾過が少ない分だけ、旨味も残っている。
 精米歩合も55%で、月桂冠の大吟醸と5%しか違わない。その精米歩合だからこそ、活性炭による濾過を過度に行わずとも雑味が無く、酒に旨味がしっかり残る。

 この味と香りで税込み270円と、プレミアム系のビールとほぼ同じというのは安い。
 これよりも美味しい純米吟醸酒は、もちろん他に幾つもある。しかしどれも、この日本盛の純米吟醸cheers bottleより間違いなく高い。

 税込みで268円の月桂冠の大吟醸と、270円の日本盛の純米吟醸cheers bottleは同じ店で買った。
 ほぼ同価格の2本の日本酒だが、日本酒を飲み慣れていない若者や外国人の入門用のお酒として、どちらも甲乙つけがたい。
 違いは、日本盛の純米吟醸cheers bottleに書いてある「フルーティーな香り 豊かな米の旨み」の一文だろう。

 月桂冠の大吟醸は淡麗辛口で、とにかく華やかな香りを立てることを第一に考えて造られている。
 味もスッキリしていて飲みやすいのだが、「フルーティーな香り最優先」という感じだ。
 それに対し日本盛の純米吟醸cheers bottleの方は、甘みも辛さもある旨口の豊潤な酒だ。吟醸香だけでなく、米の旨みも充分に引き出している。
 だから筆者は個人的に「日本盛の純米吟醸cheers bottleの方が、ずっと旨い」と思うが、その旨口で豊かな味を「重くて濃くてキツい」と感じる人がいるのもまた事実だ。

 で、大手メーカーのワンカップとそれに匹敵するような酒を飲んでみた結果だが。
 昔ながらの酒飲みで、お手頃価格のお酒をたくさん飲んでいる人には大関ワンカップ。
 香り高くフルーティーで、淡麗辛口のサラサラしたお酒が好きな人には、月桂冠の大吟醸。
 程々にフルーティーで、かつ豊かな旨みのあるお酒を飲みたい人には、日本盛の純米吟醸cheers bottleといったところだ。

 メーカーと大関ワンカップの愛飲者には申し訳ないが、日本酒を飲み慣れていない若者や外国人が大関ワンカップを飲んで「日本酒って、本当に美味いものなんだな!」と感動するとは、とても思えない。
 大関ワンカップを美味しく飲めるのは、多分いつも質より量でたくさん飲んでいるお酒好きだ。
 若者や外国人など日本酒の初心者に入門酒として勧められるのは、ほんの数十円しか値段の違わない日本盛の純米吟醸cheers bottleや月桂冠の大吟醸と思う。

 しかしスーパーのお酒コーナーや酒屋に多く並んでいるのは、大関ワンカップやそれ以下の安酒ばかりで、同じ180mlで本当に入門酒に向いていると思われる日本盛の純米吟醸cheers bottleや月桂冠の大吟醸は、一部のコンビニくらいにしか置いて無いのが残念である。
 日本盛の純米吟醸cheers bottleや月桂冠の大吟醸のような、良質で割安な日本酒の小瓶がもっと広く売られるようになれば、女性を含めた若者も、もっと日本酒を好きになるだろうに。
 大関もワンカップに、月桂冠や日本盛のような純米吟醸酒や大吟醸酒をラインナップに加えて広く売り出してほしいものだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

入門。

入門。

私個人が「入門」を考えるのなら
最初こそ「本物」を経験させます。

そうしないと、第一印象で
「なんだ こんなもんか」と
思われてしまいますから。(笑)

ogotch | URL | 2016-11-27(Sun)16:49 [編集]


あまり日本酒は飲みつけていないのですが、
もしコンビニ置きのカップ酒をどうしても
選べと言われたら
私の場合は菊水のふなぐち、かな

KAZ | URL | 2016-11-29(Tue)16:04 [編集]


Re: 入門。


> 私個人が「入門」を考えるのなら
> 最初こそ「本物」を経験させます。

 
 全くその通りだと思います。
 この国で日本酒離れが進んだのも、新社会人など若い人たちに、宴会等でまずい酒を飲ませたせいではないかと思っています。

 吟醸酒だけでなく山廃でも生酛でも、本当に良いお酒を飲ませていたら、日本酒離れがこれほど進まなかったと思います。

 ワンカップをはじめ、よく売られている手に取りやすい酒が美味しくないものばかり……という現状を変えなければ、日本酒離れはもっと進んでしまうと思います。

黒沢一樹 | URL | 2016-12-01(Thu)15:20 [編集]


Re: タイトルなし

> 私の場合は菊水のふなぐち、かな

 菊水のふなぐち、良いお酒だと思います。

 その菊水のふなぐちを、お邪魔でしょうが、冷蔵庫の片隅に一本置いて、一年以上放置してから飲んでみて下さい。
 一味違う、いい感じの古酒になります。

 それを酒飲み(日本酒好き)の友人に飲ませたところ、とても喜ばれました。

 ただ、古酒の味が好みに合うかどうかは、人それぞれでもありますが……。

黒沢一樹 | URL | 2016-12-01(Thu)15:25 [編集]


ふなぐちの冷蔵庫熟成、これは良い事を教えていただきました。今日の帰りにでも早速仕入れて試してみます。
一年後が楽しみです、ありがとうございました。

KAZ | URL | 2016-12-02(Fri)15:43 [編集]


Re: タイトルなし

 今は年老いた家族と共に暮らしていますが。
 けれど以前は、一人暮らしをしておりまして。
 その時に使っていた小さな冷蔵庫が、今ではお酒用のクーラーとなり果てています。

 ……実は、その中に前世紀に買った、山梨県の銘酒“七賢”の純米大吟醸酒がまだ入っています。
 20年モノの古酒を飲んでみたい気持ちは山々なのですが、勿体なくてまだ飲めずにいます。

 けれど、去年くらいに買った適度な古酒の純米酒は、今度のお正月に飲んでみようと思っています。

 とは言え、古酒も好き嫌いがありますからねえ。
 もしお口に合わず、「新酒のフレッシュな方がずっと美味しかった!」という場合には、お許しくださいませ。

黒沢一樹 | URL | 2016-12-08(Thu)01:12 [編集]