空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

ザ・モルツとサントリーのビールについて

 ビールと発泡酒と新ジャンル酒に分かれていたビール類の税金が、将来的に統一されることになった。
 この事をアサヒとサッポロは歓迎し、新ジャンル酒などの売り上げが大きいサントリーとキリンは困惑していると聞いた。

 新ジャンル酒の売り上げに頼らねばならない程、サントリーのビールは不味いのだろうか。
 そんな疑問を持って、サントリーのビールの基本であろうザ・モルツを飲んでみた。

サントリー・ザ・P1100879

 プルタブを開けグラスに注ぐと、好ましい香りが漂うが、香り自体は比較的抑えめだ。
 味わいは軽いが、イヤ味は全く無い。程良い苦味だけでなく、よく味わえば麦の甘みもある。

 サントリーの二代目社長であった佐治敬三氏はすっきりしたビールを求め、そのため苦味とコクが求められた時代には、サントリーのビールは「水くさい」と言われたという。
 飲んでみて断言できるが、ザ・モルツは決して水くさくも水っぽくもない。
 香りは華やかではないものの、よく嗅げば甘い良い香りはするし、麦の甘さも程良い苦味もある。

 ただ気楽に喉越しでゴクゴク飲めてしまう軽さがあり、ビールにコクと飲みごたえを求める人は物足りなさを感じると思う。
 缶には「グッとくる‘うまみ’」とあるが、うまみとコクに関しては正直に言って物足りない。

 とは言うものの、ゆっくり、じっくり味わって飲んでも、やや薄く感じるものの‘うまみ’は間違いなくある。
 喉越しに飲んでも美味しいが、喉越しに一気に飲み干してしまうには勿体ない繊細で上質な味わいがこのビールにはある。

 じっくり味わうにはややもの足りず、一気飲みしてしまってはせっかくの‘うまみ’が充分に感じられない。
 じっくり味わうにも、喉越しで飲み干すにも、どちらにしてもやや中途半端に思える。
 ただこのビール、イヤ味というものが全く無いのだ。気持ち良くスイスイ飲めてしまうし、味わって飲めばそれなりに‘うまみ’も感じられる。
 このザ・モルツは「大好き!」と言う人と「嫌いだ」と言う人が分かれるタイプのビールではなく、ビールは喉越し派にも、じっくり味わいたい派にも嫌われない、万人向けの優等生的なビールに思える。
 実際、このビールを飲んで「不味い、嫌いだ!」と言う人は、まず居ないのではないかと思う。

 個人的に言えば、これより美味いビールは他にもっとあると思うし、数あるビールの中からあえて選んで買おうとするほどのものではないと思う。
 しかし宴席などで出されたら、喜んで飲みたいと思う。
 ザ・モルツとは、筆者にとってそんなビールだった。

 これが佐治敬三氏の求めた、すっきりしたビールなのだろうが。
 筆者個人の好みから言えば、ザ・モルツはやや薄味で、コクとうま味について物足りなく感じる。
 しかし同時に、驚くほど味に癖やイヤ味が無いのだ。
 これほど抵抗無くスイスイ飲めるビールは、そう多くない。

 ビールとしては、もちろんより高価なザ・プレミアム・モルツの方が、味も香りも強くて上等なのだと思う。
 しかし味わいが軽い分だけ、プレモルよりザ・モルツの方が飲みやすいという人もいるのではないかと思われる。

 また、同じビールでもアサヒのスーパードライなどの“日本人好みのビール”には、完全に「キンキンに冷やして喉越しで飲む専用」で、ぬるくなってきたり、ゆっくりじっくり飲んだりすると、途端に不味くなるものが少なくない。
 しかしこのザ・モルツは、少し薄味ではあるものの、ぬるくなっても、ゆっくりじっくり飲んでも嫌な味にならず‘うまみ’を感じられる。

 ビール類に関して、サントリーは新ジャンル酒の金麦に頼っている部分が大きいようだが。
 筆者も以前、金麦も飲んでみた。新ジャンル酒としては不味くは無かったが、非常に薄味な上に金属的な嫌な味もあり、決して好ましいものでは無かった。
 暑くて喉が渇いた時に、よく冷やして一気飲みするには良いが、とてもじっくり味わって飲めるようなシロモノではなかった。
 はっきり言うが、ザ・モルツと金麦の味(品質)の差は、値段の差よりも大きいと思った。

 だから筆者は、サントリーはもっと自信を持ってビールを造れば良いと思う。
 筆者はサントリーという会社に好意的でなく、このブログでもサントリーのウイスキーや赤玉ワイン等について批判ばかり書いてきたが。
 ただビールに関しては、サントリーの製品は決して悪くないと思う。
 今回取り上げたザ・モルツも、筆者の好みとは少し違うが良く出来た万人向けのビールだと思うし、ザ・プレミアム・モルツ香るエールは個人的にもかなり好きだ。

 麦芽とホップだけで造ったサントリーのビールは、製品については他の日本の大手メーカーに決して劣らない。
 だからサントリーのあの宣伝力を、金麦でなく本物のビールの方に向ければ、サントリーのビールはもっと売れるのではないかと思われる。
 少なくとも品質の点からみれば、数年後のビール類の税金の統一を、サントリーは決して不安に思うことは無いのではないかと筆者は考える。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

大丈夫でしょう。

サントリーさんは税制が変わっても
大丈夫でしょう。揺るぎませんよ。

なんだかんだ言っても味の調整を
飲料でさせたら技術ありますもの。

そこの部分は大したものです。

ogotch | URL | 2017-01-15(Sun)01:53 [編集]