空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

あの独裁者も飲んでいる、シーバスリーガル12年。

 今はこのブログでも、酒に関する記事をいろいろ書いているが。
 しかし筆者は、長いこと酒が嫌いだった。
 正確に言えば、酒と言うより酒に飲まれる酔っ払いが大嫌いだった。
 特に酔って乱に及ぶ人間に対する感情は、今でも憎悪に近いものを持っている。

 筆者を“酒ギライ”にしたのは、まずは筆者の父親だった。
 筆者の父親は、いわゆる“アル中”と呼ばれる種類の人間だった。
 父は筆者が生まれる前から大酒飲みで、しかも飲んで暴れるタイプのタチの悪い酔っ払いだった。
 だから筆者は、幼い頃から酔って怒鳴って暴れる父親に怯えながら育った。
 それゆえ、酔って乱れる酒乱に対する嫌悪感は、生理的なレベルにまで達している。

 その酒ギライで酒乱の人間を憎悪している筆者が社会に出た頃には“アルハラ”などという言葉も無く、上司や先輩が勧める酒は拒まず、潰れるまで飲むのがむしろ協調性のある良い社会人のように思われていた。
 酒の付き合いが出来ない者は、社会人として失格。
 そのように世間では思われていた。
 そんな時代だから、あの“一気飲み”も盛んに行われていた。
 当然、酒はまず酔う為のものであり、質など二の次、三の次だった。
 日本酒はアル添どころか、糖類や酸味料まで入れたものが当たり前で。
 ビールも副原料入りの喉越しで一気に飲むタイプのものばかりで、ゆっくり味わって飲めるクラフトビールなどまず無かった。
 だから社会に出た筆者は、酒と酔っ払いがますます嫌いになった。

 その筆者が、まだ子供の頃に一度だけ、「このお酒はスゴい!」と思った事があった。
 筆者の父や、筆者自身は何も誇れるものの無い人間だが、母方の伯父の一人はただ人格者であるだけでなく、社会的にもそれなりの地位にある人だった。

 筆者の父は飲むと暴れる酷い酒乱だが、そんな家族内の恥を他人に言えるわけも無く、親戚にも内緒にしていた。
 だからその伯父は、父が酔うとどれだけ酷いかを知らず、「お酒が好きなら」と善意で高級酒を父に贈ってきたりした。
 父は酒があればすぐに飲み切ってしまうアル中だが、その伯父(父から見れば義兄)がくれた高級酒だけは、棚の奥に大切にしまってチビチビと飲んでいた。

 それだけに、そのお酒に子供心に強い興味を持ってしまったのだ。
 あの飲兵衛の親父が一気に飲まずに大切にするなんて、どんな凄いお酒なんだろう……と。
 で、未成年がお酒を口にするなど、本当にいけない事なのだが。
 しかし自制心に乏しい子供だっただけに、普段の酒ギライより好奇心の方が勝ってしまい、父が居ない時にほんの一口だけその酒を飲んでしまった。

 本当に、ほんの一嘗めだった。
 だがそのお酒は、本当に強烈だった。
 舌の上で何かが爆発したかのような強い刺激に襲われ、しかし同時に、ものすごく芳しい芳香にうっとりとさせられた。
 これは、子供の飲むものではない。
 そう痛いほど痛感すると同時に、香りの素晴らしさと、強烈なアルコールの刺激の下の重厚な味わいに感動させられた。
 だから筆者は、「大人になったら、お酒はウイスキーを飲んでみよう」と心に決めた。

 ちなみに、その伯父がくれたお酒とは、ジョニーウオーカーの黒である。
 ジョニ黒は今では高級酒と言う程のものでは無いが、当時は関税の関係で八千円以上した。

 さて、大人になった筆者は、同じ大学の仲間と何度かお酒を飲みに出掛けた。
 筆者は酒乱の人間や「オレの酒が飲めないのか!?」と凄む奴が大嫌いだから、自分の意志で酒を飲みに行く時には酒癖の悪くない気の合う少人数の仲間と乗みに行く事にしている。
 で、大学の仲間と飲みに行ったある時、ウイスキーが出された。
 子供の頃の体験で、「ウイスキーは素晴らしく美味しいもの」と思い込んでいた筆者は、ワクワクしながらその“ウイスキー”を飲んだ。

 ……不味かった。
 反吐が出るほど不味かった。
 香りは貧弱だし、それに何よりアルコールの刺激が余りにもキツい。
 味もヘッタクレも無く、ただアルコールの刺激が舌にビリビリ来るのだ。
 ストレートだけでなく、水で薄く割ってもまだアルコールの刺激がキツくて不味い。
 甲類の焼酎に、色とほんの少しの味と香りを付けただけ。
 その“ウイスキー”とは、まさにそんな感じだった。
 それがサントリーの、あの角瓶であった。

 日本で最も大きな洋酒メーカーの、そして最も売れている“ウイスキー”がクソ不味いのだから、「ウイスキーとは、実は不味いものだったのだ」と思い、筆者は子供の頃の記憶は間違いだったのかと悲しくなった。

 日本には「長いものには巻かれろ」という言葉があるが、筆者は(ガキとも言うが)かなりのへそ曲がりで、筋や理屈の通らない事は断固拒否するのをモットーにしている。
 例えば理屈抜きで「皆がそうしているのだから、お前も従え」と強制されると、意地でも逆らいたくなる性格だ。
 その変に意地っ張りな性格のせいで、生き辛い事も多いし損もかなりしている。
 だが今もってガキでへそ曲がりな筆者は、損をし敵を作ってでも意地と筋を通す方をあえて選ぶ。

 だから筆者は、「オレの酒を飲めないのか!?」とか「さあ、イッキ!」とか「酒の付き合いが出来ない者は社会人失格だよ?」とか言う奴の酒は、意地でも絶対に飲まない。
 で、酒飲みに対してトラウマがある筆者の気持ちをわかってくれて、「無理しなくていいんだよ」と言ってくれる人の酒は、頑張ってでも飲む。
 ガキだよね? 大人じゃないよね?
 だが、それが黒沢一樹という人間なのだ。

 で、その筆者の気持ちを理解してくれて、アルハラなどという言葉もまだ無かった時代に酒を無理強いしなかった良い上司が、ある時に新年会に筆者も招いてくれた。
 場所はその上司の自宅で、料理は奥様の手作りでとても美味しかった。
 そして出された酒はまずビールだったが、次に筆者はウイスキーを勧められた。
 大学時代に同級生と飲んだ時の記憶で、ウイスキーは不味いものと思っていたから。
 だが尊敬する良い上司が勧めてくれるだからと、我慢して飲んでみた。
 ……美味しかった。
 香り高くて飲みやすく、メチャメチャ美味しかった。
 それはシーバスリーガルの12年で、上司がニコニコしながらこう言った。
「黒沢が来るから、こいつを用意しておいたんだ」

 そのシーバスリーガル12年は、子供の頃の筆者を感動させたジョニ黒とはまた違う味と香りだったが。
 しかしサントリーの角瓶を飲んで「ウイスキーは不味いもの」と思い込んでいた筆者の偏見を打ち破って、ウイスキーを筆者の最も好きな酒にしてくれた。

 と言うと、「サントリーの角瓶だって、充分美味いぞ!」と怒られてしまいそうだが。
 今の角瓶は違うのかも知れない。
 しかし筆者が大学生だった頃の、以前の角瓶は本当に酷かった。
 何しろまず、当時の角瓶は“リキュール・ウイスキー”だったのだから。
 僅か22%のモルト原酒を樽貯蔵ナシの“グレーン・アルコール”なるもので希釈して、それにリキュールで香りと味を付けたものを、特級のウイスキーとして売っていたのだ、大サントリーは。
 焼け跡闇市の終戦直後の混乱期にではなく、高度経済成長を遂げ日本が立派に先進国入りした後にもなって、だぞ。
 筆者がサントリーの社風を嫌い、このブログで度々サントリーのウイスキーを悪く言うのは、そういうわけだ。
 特級の角瓶ですらそうだったのだから、貧乏な大学生や若い社会人が“ウイスキー”として飲んでいたそれ以下の製品(ホワイトやレッド)の中身はもっと酷かった。

 今の角瓶の原材料表示を見ると「モルト、グレーン」となっているから、リキュールで味と香りを付けるのは流石に止めたのだろう。
 しかし日本洋酒業界の規定によると、「モルトは麦芽を、グレーンは穀物を意味する」のだそうだ。
 だから角瓶の原材料の“グレーン”が「ちゃんとしたグレーン・ウイスキー」か、それとも「樽貯蔵ナシのただの穀物アルコール」かは、今もって謎なのである。

シーバスリーガル年P1110044

 さて、話は戻るが、今回記事に取り上げたいシーバスリーガル12年は、サントリーの角瓶のせいでウイスキー嫌いになっていた筆者を、再びウイスキーの魅力にとりつかせてくれた思い出深いウイスキーだ。

 封を切りキャップを開けると、それだけで果実にも似た、甘く豊かな香りが辺りに広がる。
 ただ果実の香りだけでなく、ハニーな香りやら、樽の香りやら、スモーキー・フレーバーやら、いろいろな香りが複雑に混ざり合う。
 味はまず甘く、そしてビター。軽過ぎず、しかし重過ぎもせず、滑らかでストレートで抵抗なくスッと飲めてしまう。
 そして余韻は長く、心地良い。

 それはもちろん、日本酒や焼酎などを飲むようにゴクリと飲んでは駄目だが。
 唇を湿らすように、少しずつゆっくり味わえば、良い芳香に満ちていて、安いウイスキーにありがちなアルコールの刺激は殆ど感じない。チェイサーもあまり必要としないくらいだ。
 グラスに口をつけ、少しだけ口に含み舌の上で転がしてから飲むと、鼻孔いっぱいに良い香りが広がる。
 飲み干した後のグラスにも、甘さと樽の香りとスモーキーさがたっぷり残り、その香りさえ愛おしく感じるくらいだ。

 筆者はこれを、ジョニ黒、そしてブラックニッカ・ブレンダーズスピリットと飲み比べてみたが。
 香りの複雑さと豊かさの点では、間違いなくこのシーバスリーガル12年が一番だ。
 これに比べると、ジョニ黒の香りはややシンプルで、そして甘さとスモーキー香が突出しているように思える。
 味わいは、ジョニ黒の方が重厚で力強い。
 しかしシーバスリーガル12年が劣るというわけでなく、こちらの方がバランスが取れていて味も香りも複雑で、一般的にはより好まれるかも知れない。
 ただ、筆者個人としては、ジョニ黒の個性ある味の方が少しだけ余計に好きだが。
 ブラックニッカ・ブレンダーズスピリットの香りは、シーバスリーガル12年の華やかさには僅かに及ばない。しかしブラックニッカ・ブレンダーズスピリットには濃く甘いチョコに似た強い香りとスモーキーさがあり、これはこれで捨てがたい。
 味も、ブラックニッカ・ブレンダーズスピリットの方が濃く甘く滑らかだ。

 ジョニ黒とブラックニッカ・ブレンダーズスピリットは、良い出来だが味と香りに個性がある。甘さやスモーキーさがはっきりしているから、飲む人を少しばかり選ぶかも知れない。
 好きな人は大好きだろうが、中には苦手な人もいるかも知れない……という感じだ。
 その点、シーバスリーガル12年は香りはとても華やかな上、ハニーな甘さやら樽香やら果実香やらスモーキー香やらいろんな要素が、突出する事なくバランス良く複雑に絡み合っている。
 味と香りのバランスの取り方が本当に見事で、「ウイスキーは好きだが、これは嫌い」と言う人はまず居ないだろうと思われる。

 最近、韓国に亡命した北朝鮮の政府高官によると、金第一書記らの特権階級は中国の貿易会社を利用して贅沢品を手に入れていて、その中にシーバスリーガルも含まれているという。
 あの国の、悪評高い独裁者と同じ酒を飲んでいるのかと思うと、何か妙な気分になるが。
 まあ、金第一書記に好かれようと、シーバスリーガルに罪は無いし、ある意味「あの独裁者すら認めた銘酒」と言えるかも知れない。
 さあ、貴方も豊かな味と香りのシーバスリーガルを飲んで、独裁者の気分を味わってみたらいかがかな?

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そして。

そして。

今度は、ワタシと自由人の喜びを
共に堪能するのはいかがでしょう。

関東へお越しの際は、是非
ワタシめに お声掛け下さい。(笑)

シーバスリーガル12年などの
ウイスキー談義に花を咲かせ
楽しい夜を過ごしましょう!
(シーバスの記事はURL参照下さい)

ogotch | URL | 2017-01-29(Sun)15:33 [編集]


Re: そして。


> 関東へお越しの際は、是非
> ワタシめに お声掛け下さい。(笑)

 病身の家族がいる為、出不精にますます拍車がかかってしまっている私ですが、いつか東京に行きたい気持ちはあるんですよ。
 その際には、ぜひお目にかかりたいです!

 バランタイン12年、買って眺めて楽しんでいます。
 飲みたい気持ちは山々なのですが、ついその前にと、安いヘンなものばかり飲んでしまっています。

黒沢一樹 | URL | 2017-02-02(Thu)16:18 [編集]