空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

ジムビームを改めて飲んでみた

 180~200ml入りのウイスキーの小瓶は、700~750ml入りの通常のものと比べるとかなり割高だ。
 だからあまり美味しくないだろうと最初から予想されるもの以外は、なるべく手を出さないようにしている。
 180~200mlなら不味くても何とか飲み切れるが、700~750mlで不味いと持て余して飲み残す事になり、結局は高くついてしまう。だから味に不安があるものだけ、小瓶で買うことにしている。

 すると先日、行きつけのスーパーのお酒売り場で、ジムビームの小瓶(200ml)が在庫入れ替えの処分ということで、三百円を切る値段で売られていた。
 これなら1ccあたりの値段は通常の瓶と大差なく、しかも不味くても飲み残す事なく試し飲みできる。
 で、迷わず買って、サントリーが巨費を投じて買収したビーム社の定番ウイスキーを味見してみた。

ジムビームP1110083

 キャップを開けると、いかにもバーボンらしい、キャラメルに似た濃厚な甘い香りが漂う。
 グラスに注いで飲んでみると、やはり甘く、そして滑らかだ。
 少なくとも、口に含んだ瞬間は。

 このバーボン、ラベルには“ストレート・バーボン・ウイスキー”と書いてあるが、スタンダード品だけに熟成年数はやや若いのではないか。
 味は甘いのだが、それ以上にアルコールの刺激がキツい。
 ジムビームを少量口に含んだその時には甘いのだが、舌の上で転がして味わおうとすると、アルコールの刺激がビリビリ来て、味も何もわからなくなる。
 飲んだ後のアフターフレーバーは甘さと香ばしさだが、あまり余韻は長くない。

 アルコールの刺激は気になるものの、このジムビームはバーボンとしてはライトで癖が無く飲みやすい方ではないだろうか。
 筆者が以前飲んだエヴァン・ウィリアムズ7年など、ねっとりするほど甘く、そして原料のコーンによる独特の匂いが強烈だった。
 そのエヴァン・ウィリアムズ7年はとてもまろやかで口当たりこそ非常に良いものの、その癖のある香りには辟易させられた。
 それに比べてこのジムビームは甘さもバーボン独特の匂いも控えめで、バーボンとしては飲みやすい方に属すると思う。
 ただ若いアルコールの刺激がキツく、ストレートで飲むと、いくらチビチビ飲んでも口の中が痺れるようにピリピリするのはいただけない。

 で、竹鶴政孝氏がハイニッカを普段飲む時にしていたように、1:2の水割りにして飲んでみたら、これがなかなかイケた。ストレートで飲んだ時のアルコールの刺激が嘘のように消え、それでいて甘さとウイスキーの味わいもしっかり残って、非常に飲みやすいものになった。

 ついでにハイボールにしてみたのだが、最初は「あまり美味しくはないな」と思った。
 不味くはないのだが、バーボン独特の癖のある甘さと匂いがくどい感じで爽やかでない印象が残ったのだ。
 しかしそれは、筆者のバーボンの作り方に問題があったのだ。

 ハイボールであれ水割りであれ、筆者はウイスキーを薄めに割ってゴクゴク飲むのを好まない。
 基本はストレートで、割る場合も濃いめにして、チビチビ飲んで濃く深い味と香りをゆっくり楽しみたいのだ。
 だから普段あまり飲まないハイボールを飲む時も、つい濃いめに作ってしまう。
 日本では、ハイボールは1:4くらいに割るよう勧められている場合が多いが、1:4では筆者には薄すぎる。
 1:2のハイボールでさえ、筆者には充分な濃さに思えてしまうくらいだ。
 だからハイボールも、1:3以上には決して薄めない。
 少なくともスコッチや日本のウイスキーのハイボールは、それで良かったのだ。

 それでも「ジムビームなどバーボンのハイボールは、本当に美味しくないのか?」と疑問に思い、もう一度ジムビームのハイボールを作って飲んでみた。
 そしてこの時、筆者はうっかり炭酸を多めにグラスに注いでしまったのだ。
 これは薄くて水っぽいものになってしまっただろう。
 そう悔やみはしたが、作ってしまった以上、諦めて飲んでみた。
 そうしたら案外悪くなかったのだ、この(筆者としては)薄めのハイボールが。
 と言うより、ジムビームのハイボールは濃いめのものより薄めの方が美味かった。

 スコッチや日本のウイスキーより、バーボンは甘さが強いし、香りにも癖があるから。
 だから炭酸の力で味と香りをかき立てるハイボールの場合、濃いめでなく1:4くらいの方がスッキリ飲めるようだ。

 低価格のバーボンの中では、ジムビームは基本的にライトで飲みやすい方に属すると思うが、初めから割って飲むように造られているように思う。
 筆者は出来の良いウイスキーならストレートで飲みたいが、これをストレートで飲むのはキツい。
 ただ1:2の水割りか、1:4のハイボールにすると、甘さとウイスキーの味と香りを保ったままスイスイ飲める。だから割ることを前提に、気軽に晩酌用の酒として飲むには悪くないバーボンだと思った。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する