空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

キリン淡麗

 数年後に、ビール類の税が統一される。
 で、ビールが売れているアサヒとサッポロはそれを歓迎し、新ジャンル酒の金麦が売れているサントリーと発泡酒の淡麗が売れているキリンはそうでもないらしい事は、以前にも書いた。

 実は筆者は、発泡酒というものに殆ど興味が持てず、飲もうとも思えなかった。
 味ならば麦芽の使用率が高い本物のビールの方が良いに決まっているし、安さなら新ジャンル酒の方に分があるからだ。
 が、キリンでコレが売れていると言うならば、一度飲んでみねばなるまいと思って買ってみた。

キリン淡麗P1110153

 グラスに注いでみたが、香りは取り立てて言うべきものは無い。良くも悪くもなく地味、と言ったところか。
 グラスに口をつけてみると、飲みやすくグイグイいける。
 しかし“淡麗”と言うより、味にコクと深みがないと言った感じだ。
 そのくせビールの苦味だけでなく、渋味とイヤ味がある。
 飲んだ後に舌に変な苦味も残って、後味がよろしくない。

 キンキンに冷やして、喉越しで一気にゴクゴク飲むなら、それなりに飲めてしまう。
 しかしぬるくなればなる程、イヤ味が強く前面に出て来て不味くなる。

 この発泡酒、単に苦いだけでなく、麦芽を減らして糖質副原料を多く使ったビール類にありがちな、何とも言えないイヤ味がある。
 最近少しずつ飲まれるようになってきた、筆者も好きなエール系のクラフトビールとは真逆で、キリンの淡麗は、ゆっくりじっくり味わって飲めば飲むほど、変な不味さとイヤ味を強く感じる
 かと言って、キンキンに冷やして喉越しで一気に飲むなら、幾つかの新ジャンル酒の方が安い上にイヤ味も無くて飲みやすいくらいだ。
 はっきり言うが、期間限定販売だったサッポロの麦とホップ赤など、新ジャンル酒だったがキリン淡麗より間違いなく旨かった。

 ビールは基本的にキンキンに冷やさず、ゆっくりじっくり味わって飲みたい筆者としては、このキリン淡麗は不味いとしか言いようのない発泡酒だった。
 で、何故こんなモノが日本で売れているのが、筆者なりに考えてみたのだが。
 思うに、ゆっくり味わって飲むエール系のビールの旨さを知らず、「ビールは苦いもので、キンキンに冷やして喉越しで飲むべき」と信じている、昔ながらの日本のビール好きが、このキリンの淡麗を好んで飲んでいるのではないだろうか。
 うん、「ビールはほろ苦く、それをキンキンに冷やして喉越しで飲むもの」と思っている人達には、コレが美味しいのだろう。

 だがただ苦いだけでなく、コクがあり、ほのかな甘味やフルーティーな香りのある豊かな味のビールを、ゆっくり味わいながら飲む事を覚えてしまうと、麦芽を減らして副原料で補った痩せた味のビール類を喉越しで一気飲みする行為が、何とも馬鹿らしく思えてくる。
 このキリン淡麗は、本物のビールより数十円安いかも知れないが。
 しかし他の新ジャンル酒より数十円高いのもまた事実だ。
 こんなモノをキンキンに冷やして喉越しで一気に飲むなら、新ジャンル酒で出来の良いものを飲んだ方がマシだし、お金も無駄に使わなくて済むと思うのだが、日本では何故かこのキリン淡麗が売れている。

 キンキンに冷やして喉越しで飲むには悪くないが、ただ「飲みやすい」というだけで旨味を感じない上に後味が良くない。
 そしてゆっくりじっくり味わって飲めば飲むほど、不味くなる。
 個人的には、味わって飲むビールとは、まさに対極にあると思うのだが。
 しかし昔ながらの日本のビールを飲み慣れた人達には、ほろ苦いが(コクが無いゆえに)軽めで、喉越しでゴクゴク飲めてしまうこれが「旨い」のだろう。

 筆者であれば、キリンのビール類を飲むならもう少しお金を出してでも一番搾りを飲む。
 この淡麗と違い、一番搾りの方がずっと旨い上にイヤ味も無い。値段の差以上に味の差があると、筆者個人は思う。
 だから数年後のビール類の税額の統一に向けて、キリンは一番搾りなど本物のビールの製造に力を注ぎ、淡麗のような発泡酒など造るのはもう止めても良いのではないかと思ってしまう。

 値段も新ジャンル酒より高く、そして味も感心できなかった、このキリン淡麗だが。
 飲み終えたグラスに鼻を寄せて残り香を嗅いでみると、麦の甘さとホップの香りを確かに感じて意外に悪くないのだ。
 残り香は悪くないのに、じっくり味わって飲むとなぜ不味く、そして舌に残る後味も良くないのか、それが本当に謎だ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する