空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

インドの青鬼の虜になる

 まず初めにお断りしておくが、筆者は酒は味と香りを堪能しつつゆっくり飲みたい種類の人間である。
 だから酒をろくに味わいもせず、一気にゴクゴク飲む事は好かない。
 それゆえ、日本で人気のハイボールもどうも好きになれない。
 ビールも日本流の「キンキンに冷やして喉越しで、ゴクゴク、プハーッ!」という飲み方には馴染めず、コクのある濃いビールを、10~13℃の(日本の感覚からすれば)ややぬるいくらいの温度で、ゆっくり、じっくり飲む事を愛している。

 それは蒸し暑くて喉がカラカラに渇いている時には、ビール類を日本流に喉越しで一気に飲む事もありマス。
 しかしその場合にも、飲むならば軽くて嫌味の無い上に廉価な新ジャンル酒に限っている。
 筆者は貧乏性なのだろう。
 350mlで二百円以上もする本物のビールを、ろくに味わいもせず喉越しで一気飲みする気には、どうしてもなれないのだ。
 暑い時に、ただ喉の渇きを癒す為に飲むなら、よく冷えた麦茶か炭酸水で充分ではないか。
 そしてその方が、コスト的にもずっと安くつく。

 そういう嗜好を持っているせいか、筆者は日本の大手メーカーが大量生産している、喉越し重視のピルスナータイプのビール類が嫌いだ。
 繰り返し言うが、これは筆者個人の好みの問題だ。
 その独断であえて言わせて貰えば、日本の大手メーカーの糖質副原料入りのビールは、筆者にとっては「不味くてどうしようもないモノ」でしかない。
 だから先週も、日本ではよく売れているというキリンの淡麗についてけなすような文章を書いた。

 だが職場の宴会などでは、まず間違いなくその種の副原料をたっぷり入れた喉越し重視の不味いヤツが、最初の乾杯の為の一杯として出て来る。
 大勢で飲みに行った時の、例の「とりあえず、ビール」というアレだ。
 そんな時には、最初の一杯には我慢して形だけ口をつけるものの、それ以上飲む気にはどうしてもなれない。

 職場の付き合いでの宴会などで、大手メーカーの麦芽をあえて減らして米やらコーンやらスターチやらを混ぜ込んだ、旨味が薄くてただ苦いだけの喉越し系のものを“ビール”と信じ込んでいた筆者の目を覚まさせてくれたのは、麦芽とホップだけで造ったドイツの本物のビールや、日本の個性あるクラフトビールとの出合いだった。
 そうした薫り高くコクのあるビールを、キンキンに冷やすのでなく適度にぬるくして、喉越しでなくゆっくりじっくり味わいながら飲む事を覚えて、筆者はビールを心から「旨い!」と思えるようになった。

 で、日本のクラフトビールの中では、筆者は軽井沢のヤッホーブルーイングの製品をこよなく愛している。
 主力商品のよなよなエールはもちろん、水曜日のネコ東京ブラックも大好きだし、そして限定商品の“僕ビール、君ビール”もとても美味しかった。
 ただ筆者は、インドの青鬼という製品だけはずっと敬遠してきた。
 何しろ缶の裏面の説明に、「驚愕の苦味」と書いてある。
 さらに「アルコール度が高く、ホップをふんだんに使った」ともあるし、店のPOPにも「くせになる強烈な苦さ」とも書いてある。
 そこまで「苦い、苦い」と書いてあるのを見て、つい長いこと手を出さずに来た。

インドの青鬼P1110095

 が、その驚愕の苦味というのが、どれほどのものか知りたい気持ちが湧いてきて、怖いもの見たさに似た気持ちで、つい一本買ってみてしまった。

 缶のプルタブを開けると、まずホップの強い香りが漂う。
 しかしその香りは決して不快ではなく、むしろ爽やかさを感じるくらいだ。
 グラスに口をつけると、確かに苦い!
 しかし決して嫌な苦味ではなく、クセになりそうな心地良い苦味だ。

 注意しておくが、このビール、日本流にキンキンに冷やして喉越しでゴクゴク飲むと、ただ強烈に苦いだけだ。
 コレを日本流に喉越しで一缶を一気に飲ませると、殆ど罰ゲーム用のシロモノになる。
 しかし冷蔵庫から出して缶のまま常温で10分ほど放置し、程良くぬるく(10~13℃)なってからグラスに注ぎ、ゆっくり、じっくり味わいながら飲むと、苦さと共にホップの香りとハーブ感ある爽やかさを、長く続く余韻と共に充分に味わうことができる

 このインドの青鬼は、缶の裏面に「驚愕の苦味と深いコク」と書いてあるが、確かにただ苦いだけでなくコクがあり飲みごたえ充分だ。
 そして苦さは強烈だが、その底にほのかな甘さすらある。
 驚愕の苦味と言うが、苦さに驚くのは最初だけで、慣れてしまえばただ心地良いだけになる。
 缶の裏面に「飲む者を虜にします」とあるが、確かにこれはクセになる味と香りだ。
 ホップの味と香りがとても心地良く美味しく、後味もとても良い。良質な苦味で、口の中がサッパリする。
 確かに苦いが、これは本当に心地良い苦味だ。

 苦いという宣伝にビビっていた筆者だが。
 しかし考えてみれば筆者はギネスのビールも好きで、それもギネスのただの生ビールより、エクストラスタウトのギネスの方がずっと好きだった。
 そのかなり苦い筈のギネス・エクストラスタウトが好きなのだから、インドの青鬼も好きになれて当然だったのだ。
 そのギネス・エクストラスタウト以上に、筆者はこのインドの青鬼の方が好きかも知れない。

 ギネスのようなスタウトビールの苦さは、主にローストされた麦芽の香ばしい苦味だが。
 しかしこのインドの青鬼の苦さは、ホップによるハープ感のある爽やかな苦味だ。
 このインドの青鬼は、インドへの長い過酷な輸送に耐えられるようホップを多く使い、アルコール度数も高めて造られたインディア・ペールエール(IPA)という種類のビールだ。
 このスタウトビールの苦さとは全く違う、強いが爽やかでサッパリした苦味と余韻は、ビールをゆっくりじっくり味わって飲むことを知っているビール好きをまさに虜にして、2本、3本と続けて飲みたくさせてしまう。
 インドの青鬼は、ホップの味と香りの素晴らしさを堪能し尽くせる逸品と言える。

 度数は7%と、普通のビールよりやや高い。
 しかし飲んでいる時にはそのアルコールの強さやキツさは殆ど感じず、飲み終えてから良いが回ってくる感じだから、そこは要注意だ。
 ホップの爽やかな味と香りの虜になって、つい飲み過ぎてしまわないように気をつけたい。

 ホップの味や質を売り文句にしているビールは、日本の大手メーカーのビールにも幾つもある。
 ただそのすべてが旨いわけではなく、「ただちょっと苦いだけかな」という程度で、味に深みやコクが欠けるものもある。
 いくらホップを売りにしていても、日本の大手メーカーのピルスナータイプのビールは、「やはり喉越しで飲む人達の為のものだな」と思わされるものばかりだ。
 そんな中でインドの青鬼は、ホップも間違いなく上等な物を使っている上に、エールビールの味わい深さも兼ね備えた本当に旨いヒールだと断言できる。

“魔の味”を知ってしまった
熱狂的ビールファンの為のビールです。


 缶の裏面には、そう書いてあるが。
 筆者もその“魔の味”の虜になってしまい、すぐにまた追加のインドの青鬼を買いに酒屋に走ってしまった。
 苦めのビールが苦手でなく、ホップの魅力をとことん味わいたい方は、是非このインドの青鬼を飲んでみてほしい。
 驚愕の苦味という売り文句に尻込みして飲まずにいると、このビールの旨さとホップの真の魅力を知らずに後悔することになりマスよ!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する