空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

金原ひとみなるニコチン中毒患者の妄言

 受動喫煙を防ぐ為の禁煙や分煙に腹を立て、「いつでも何処でも煙草を吸わせろ!」とヒステリックに騒ぎ立てる喫煙者の言動を、ある医者が「まるでニコチンが言わせているかのようだ」と評した。

 無論、中には周囲の者に気遣いながら、遠慮しながら煙草を吸っている紳士たちもいる。
 しかし一方で他人の存在にまるで構わず、遠慮の欠片すら無く煙草を吸い、注意しようものなら狂ったように怒り出す喫煙者も間違いなく存在する。

 例えば酒を飲む者が「オレの酒が飲めねえ、って言うのか!」と凄み、周囲の者にも無理に酒を飲ませる行為がアルハラである事は、どこの誰にも否定できない事実だ。
 煙草を吸わない者にも受動喫煙を強いる喫煙者の存在は、非喫煙者にとっては間違いなく“ニコチン・ハラスメント”だ

 筆者はかなり以前に煙草を吸うのを止めた非喫煙者だが、煙草を吸う人に「貴方も禁煙しなよ!」と言うつもりは全くない。
 煙草が有害であるのは事実だが、酒、それに糖分や油を多く含んだ食品も多量に摂取すれば健康に害がある事は同じだ。
 煙草は麻薬と違って合法な嗜好品だし、喫煙者がリスクを承知の上で煙草を吸うのは全く構わないし、個人の自由だと思っている。

 ただ煙草が他の嗜好品と違うのは、有害成分を多量に含んだ煙が周囲に広がり、煙草を吸わない者まで巻き添えに受動喫煙させる事である。
 喫煙者の存在は、「オレの酒をオマエも飲め!」と強要するアルハラの酒乱と全く同じである。
 断言するが、煙草を吸わない者もいる公共の場での喫煙は迷惑だし有害だ。
 だから筆者は路上を含む公共の場での喫煙はすべて禁止し、煙草を吸いたければ自宅か喫煙者専用の店や場所のみで吸うべきだと考える。

煙草の吸い殻P1110323

 路上を含む公共の場所で喫煙する者の存在に、煙草を吸わない者は心から迷惑している。
 写真を見ていただきたい。
 これが煙草の吸い殻だが、フィルターがどれだけタールで茶色に汚れているか、一目でわかるだろう
 だから喫煙者の肺は、タールで真っ茶色に汚れている。
 そしてそのタールで汚れた有害な煙を、喫煙者はフィルターで漉して吸っているのに対し、煙草を吸わない者はフィルター無しにそのままダイレクトに吸わされているのである。
 このフィルターのヤニを見れば、喫煙者が周囲の煙草を吸わない者にどれだけの健康被害を与えているかがわかる筈だ。
 筆者の母の友人にも、煙草など全く吸わないのに夫が喫煙者だったせいで、肺癌になってしまった方がいる。

 喫煙者に説明していただきたい。
 煙草を吸わない者まで、なぜ喫煙者の煙草に肺を汚され、健康を損なわれなければいけないのだ?
 煙草を吸う自由は、無論ある。
 しかし「煙草を吸わない者にまで有害な煙を吸わせる権利」は、どの喫煙者にも無い筈だ。

 煙草を吸わない者は、喫煙者の健康を心配して「煙草は止めたら?」と言っているのではない。
 ただ「巻き添えに受動喫煙させられたくない」という、至極真っ当な主張をしているだけである。

貴方の吸う煙草の煙を、煙草を吸わない私に吸わせないで下さい
 煙草を吸わない者は、喫煙者にただそれだけを望んでいるのだ。
 にもかかわらず多くの喫煙者が、「肩身が狭い、煙草を吸わせてもらえない」と、まるで自分達が被害者であるかのように思っている。
 間違えないでもらいたい。
 喫煙者は、煙草を吸わない者に受動喫煙を強いる加害者なのである。

 この3月7日の毎日新聞の夕刊の『ナビゲート』というコラムに、その被害者意識丸出しで「自分達は煙草を吸わない人に迷惑と健康被害を与えている加害者なのだ」という認識がまるで無い、喫煙者の一方的な言い分が載せられていた。
 それを一読すれば、喫煙者がいかにニコチンに依存し、煙草を自由に吸えないとなるとどれだけ無茶苦茶で手前勝手なことを言うかがよくわかる。
 そのニコチン中毒患者は金原ひとみという作家だが、金原氏が書いた『最初の一服』というコラムの全文をここに引用してみよう。

 今年一月、フランスで全ての煙草が黒いパッケージに統一された。プレーンパッケージ法という、パッケージにつられての購入をなくすためのものらしい。ジタンやゴロワーズなど、フランス人の慣れ親しんできたデザインもこれで見納めだが、今後は日本でジタンやゴロワーズを買って行けばフランス人は羨ましく思うかもしれない。煙草屋のカウンターの向こうは一面真っ黒で、小さい字で書かれた銘柄のみで区別する他なく、煙草屋も苦労しているようだ。
 一方日本では飲食店での全面禁煙が検討されているらしい。つまり日本の数少ない美点の一つが、今消えつつあるのだが、多くの人が歩きながら煙草を吸っているフランスに対して、路上喫煙が嫌がられる日本はどこで煙草を吸えばいいのか。
 こうした煙草に対する一連の流れは不可解、かつ不愉快にも感じているのだが、喫煙者の権利を訴える気には到底なれず、さらに健康への影響を問いただす必要もない。誰も煙草が体にいいと思って吸っているわけではないからである。
 だが人はパンのみで生きられるわけではない。では霞を食って生きているのか。いや私は煙草を吸って生きてきた。どんな状況、それも悲惨な状況であるほどに煙草の味は引き立つ。何故なら全ての一服は過去へと、その最初の一服へと回帰していくからである。それは誰もが初めて煙草を吸った時、傍にあったであろう世界を否定する力が、世界が自分を否定する力を凌駕したあの一瞬への繰り返される回帰なのだ。


 ……これが喫煙者である女性作家の言い分であるが、突っ込み所が多過ぎて、どこから反論したら良いか困るくらいだ。
 喫煙者は、本当に頭がオカシイ。
 金原氏を全ての喫煙者と同一視してはいけないだろうが、コラムを読んで正直にまずそう思ってしまった。

 まず「日本では飲食店での全面禁煙が検討されているらしい。つまり日本の数少ない美点の一つが、今消えつつある」とあるが、飲食店、お酒を出す店だけでなくレストランや喫茶店でも煙草の煙が流れて来て否応なしに受動喫煙させられている現状を、どこの誰が“日本の美点”などと思っているだろうか。
 飲食店で遠慮なく煙草を吸え、煙草を吸わない者が我慢しているような状況を“美点”だなどと思えるのは、金原氏などごく一部のニコチン依存症のヘビースモーカーだけだろう。
 喫煙者でも紳士淑女なら、少なくとも煙草を吸わない者がいる場所での喫煙は遠慮する。

「多くの人が歩きながら煙草を吸っているフランスに対して、路上喫煙が嫌がられる日本はどこで煙草を吸えばいいのか」と言うが、路上は幼い子供も含めて多くの非喫煙者がいる場所だ。
 路上喫煙は、その煙草を吸わない弱者に我慢と受動喫煙を強いる事になる。
 だから路上喫煙は嫌がられるのだ。
「どこで煙草を吸えばいいのか」って、自宅や喫煙者だけが集まる場所で吸えば良いだけではないか。
 世の中に酒を飲む者は大勢いるが、殆どは家か飲み屋で酒を飲んでいる。我慢できずに道を歩きながら酒を飲んでいる者がいたとしたら、ひどいアル中と後ろ指を指されるだろう。
 酒飲みは酒を飲むべき場所を心得ているのに、喫煙者はなぜ煙草が我慢できず、仕事中にも食事の前後にも路上でも、つまりいつでも吸いたがるのか、それが筆者には理解できない。
 少なくとも筆者は金原氏のように、路上喫煙して周囲の煙草を吸わぬ人達にも受動喫煙させても平気でいられるような人にはなりたくない。

「多くの人が歩きながら煙草を吸っているフランス」と、金原氏はまるで「おフランスでそうなのに、日本は遅れているしおかしい」とでも言いたげだが。
 実はフランスは喫煙率が24.1%で世界第9位の、言わば喫煙大国なのだ。
 ちなみに日本の喫煙率は19.3%で世界第23位だ。
 よくフランス大好きで、文化的にも進んだ素晴らしい国だとフランスを崇拝する人がいるが。
 しかし金原氏が大好きな“おフランス”は、少なくとも喫煙率に関しては日本より遅れているのだ。
 だからこそ金原氏の言う“プレーンパッケージ法”なるものを施行してまで、喫煙率を下げようとしているのではないか。
 繰り返し言うが、煙草を吸わない者や幼い子供も多くいる公共の路上での喫煙は「嫌がられて当然」であって、多くの人が歩きながら煙草を吸っているフランスの方がオカシイし遅れているのだ。

 さらに金原氏は喫煙について「健康への影響を問いただす必要もない。誰も煙草が体にいいと思って吸っているわけではないからである」と言うが、煙草を吸わない者は、少なくとも筆者は喫煙者の健康など心配していない
 金原氏も「煙草が体にいいと思って吸っているわけではない」そうだし、金原氏を含めた喫煙者は肺癌なり、喫煙が引き起こす動脈硬化による数々の病気なりで勝手に死ねば良いと思っている。
 心配しているのは、煙草を吸わない者達まで受動喫煙させられる事に対してだ。
 受動喫煙の害は、今では医学的に異論の余地なく証明されている。
 煙草のフィルターにべったりと付着したヤニでわかるように、煙草の煙が体に良い筈が無い。そして筆者ら煙草を吸わない者は、喫煙者のせいで受動喫煙させられ、有毒な煙をフィルター無しにそのまま吸わされているのだ。
 金原氏を含む「煙草が体に良くなくても、わかって吸っているんだから放っておいて!」と言う喫煙者には、「ふざけるな!」と怒鳴りつけてやりたい。
 貴方が煙草で自分の健康を損なうのは勝手だが、周囲の他人の健康まで受動喫煙で巻き添えにするのは、本当に絶対に止めてもらいたい
 繰り返すが、煙草を吸うのが許されるのは、周囲に煙草を吸わない者がいない場所だけだ。

 喫煙者の健康を心配しているのではない、「受動喫煙で煙草を吸わない者の健康まで損なわないでくれ」というのが、今の日本の禁煙や分煙に対する動きなのだ。
 金原氏などの喫煙者は、くれぐれもそこを誤解しないでもらいたい。
 喫煙者が煙草を吸って自分の健康を損なうのは個人の勝手だが、煙草を吸わない他人にまで受動喫煙させる権利は、どの喫煙者にも無い筈だ。

 それにしても、「誰もが初めて煙草を吸った時、傍にあったであろう世界を否定する力が、世界が自分を否定する力を凌駕したあの一瞬への繰り返される回帰なのだ」とは、あまりにも“トンデモ”な理論に恐れ入った。
 たかが煙草を吸うだけで、「自分を否定するセカイの力を凌駕」とか、少なくとも筆者は思いもしなかった。

 以前にも書いたが、筆者はかつて煙草を吸っていた。そして大学生のうちに、キッパリと禁煙して今に至る。
 その筆者が煙草を初めて吸った動機は、まず好奇心だ。それと「大人に見られたい」という背伸びだ。この二つ以外に、煙草を吸い始めた理由は全く無い。
 そして初めて煙草を吸った時には、ただ煙くて気持ち悪かった。
 セカイが自分を否定する力がどうのこうのなどと、全く頭を過ぎりもしなかった。
 また「全ての一服は過去へと、その最初の一服へと回帰していく」とも金原氏は言うが、筆者は煙草を吸っていた時に過去や最初の一服の事など、まるで思いもしなかった。

 だが金原氏は今もなお、煙草を吸うと過去に、「世界を否定する力が、世界が自分を否定する力を凌駕したあの一瞬」に回帰すると言う。
 さらに金原氏は「初めて煙草を吸った時、傍にあったであろう世界を否定する力が、世界が自分を否定する力を凌駕した」のを、“私は”ではなく“誰もが”と言う。
 本当に煙草を吸えば“誰もが”「自分を否定するセカイ」だの「それを凌駕するセカイを否定する力」だのと、セカイ系の中二病のちょっとヤバい感覚にとらわれてしまうのだろうか。
 少なくとも筆者の知る限り、煙草を吸う動機はたいてい好奇心と背伸びとカッコつけで、「セカイが自分を否定する」とか、「そのセカイを否定する力を得た!」とか言う者は誰もいなかった。

 それにしても、たかが煙草を吸っただけで「自分を否定するセカイを凌駕する力」を得たとか、安っぽいファンタジー系のライトノベル小説にも無いような発想と感性には恐れ入る
 そしてその中二病的な感性のお方が、日本では有名な人気作家として生きていられるのだから驚きだ。

 煙草を吸い、そして日常をニコチンに依存するまでに至ると。
 いつでも、どこでも煙草を吸わずにいられなくなり、そんな自分を正当化する為にありもしない日本の美点をデッチ上げたり、フランスの悪い点をさも良い所のように言ったり、他人に対する受動喫煙の害は無視して「健康への影響を問いただす必要もない。煙草が体にいいと思って吸っているわけではない」と居直ったり、果ては「セカイが自分を否定して、喫煙でそのセカイを凌駕する力を得た!」などと中二病そのものの妄想話を持ち出してきたり。
 有名な人気作家ですら、ニコチン中毒になるとこうなるのだという事が、3月7日の毎日新聞夕刊のコラムでよくわかった。
 喫煙とは、本当に恐ろしいものである。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する