空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

クラフトラベル柑橘香るペールエール

 缶に大きな字で[Craft Label]と書いてある、不思議なビールが店頭にあった。
 その文字の下に“柑橘香るペールエール”とは書いてあるものの、メーカー名は見当たらない。

クラフトラベルP1100592

 で、缶の裏面には、こう書いてある。

ビールのある日々に、
新鮮な驚きと楽しさを。
そんな思いを込めた、ちょっと前向きで
ハレやかな気分になれるビールです。
フレーバーホップが織りなす
柑橘の香りと、
個性的なのに親しみやすい
味わいをお楽しみください。


 ……なかなか旨そうじゃないか。

 で、缶の横をよく見てみると、小さな目立たない字で「販売者:ジャパンプレミアムブリュー株式会社、製造者:サッポロビール株式会社」と書いてある。
 奇妙な事に、この販売者のジャパンプレミアムブリューと製造者のサッポロビールは、どちらも会社の所在地が「東京都渋谷区恵比寿4-20-1」になっている。
 ついでに言えば、製品についてのお問い合わせ先は販売者のジャパンプレミアムブリューでなく、製造元のサッポロビールお客様センターになっている。

 会社の所在地は同じなのに、なぜ販売元と製造元を分けなければならないのか、なぜ堂々とサッポロビールと大きく書いて売り出さないのか、そのあたりの事情はよくわからない。
 だがとりあえず、クラフトラベルとして売られているこのビールは、サッポロビールの製品である事は間違いないようだ。

 実は筆者は、缶の裏面の宣伝文句を見て「買って飲んでみよう!」と思った。
 これがサッポロビールの製品だと気付いたのは、家に買って帰って、缶の横の細かい字までとっくりと見てからの事である。

 このクラフトラベル柑橘香るペールエールのプルタブを開けた途端に、柑橘の華やかな香りがあたりに広がる。
 グラスに注ぐと、色はウイスキーのような美しい琥珀色だ。
 口をつけると、しっかりとした、しかし心地良いホップの苦味と香りを感じる。しかしただそれだけでなく、麦の甘味も感じる。
 コクがあり、ホップがただ苦いだけでなく魅惑的な香りと深い味わいを楽しめる。そして後味もとても爽やかだ。

 実はこの製造者がサッポロビールで販売者がジャパンプレミアムブリューのCraft Labelには、他にHello! ヴァイツェンというビールもあって、これもなかなかに旨い。個人的には、サントリーのプレミアムモルツ・香るエールより好きなくらいだ。
 で、この同じCraft Labelの柑橘香るペールエールとHello! ヴァイツェンを比べてみると、Hello! ヴァイツェンは苦味がほのかで甘く軽やかで、かつ香りも華やかで飲みやすい。それに対し柑橘香るペールエールの方がホップが効いていて正統派のビールにより近く、飲みごたえもこちらの方がある。
 しかしどちらにしろ、Craft Labelの柑橘香るペールエールとHello! ヴァイツェンはどちらもかなり出来が良く、ビールはゆっくり、じっくり味わって飲みたい筆者などは、「同じサッポロのヱビスより間違いなくこちらの方が旨いし、好きだ!」と思ってしまう。

 誤解しないでほしいが、ヱビスは国産の大手メーカーのビールとしてはかなり好きだ。
 しかしそのヱビスより、このCraft Labelの柑橘香るペールエールとHello! ヴァイツェンの方が美味しくて出来が良いと、筆者は個人的に思う。

 日本は蒸し暑いから仕方のない事なのかも知れないが、日本には「ビールは暑さをしのぎ喉の渇きを癒す為に、キンキンに冷やして喉越しでゴクゴク、プハーッと飲むもの」と信じている人が多すぎる。
 確かに暑い時には、筆者も軽めで安い新ジャンル酒をゴクゴク飲む事もある。
 しかし日本も熱帯ではないのだから、キンキンに冷やしたビールを喉越しで飲んで美味しいのは、夏から秋の初めまでのせいぜい四ヶ月くらいではないだろうか。
 冬には、この日本だって氷点下になるし、雪も降る。そんな時期に凍えながらキンキンに冷やしたビールを喉越しで飲んで、本当に旨いのかと筆者は疑問に思う。

 はっきり言うが、筆者は下戸だ。
 本当の話だが、日本酒を杯に一杯飲んだだけで顔が赤くなってしまう。
 よく、「健康に良い酒の適量は、ビールなら500mlで日本酒は一合、ウイスキーはダブル(60ml)で焼酎は120ml」と言われるが。
 筆者はそれだけ飲めばもう顔が真っ赤になり、足元も怪しくなってくる。そしてそれ以上飲むと、すぐ頭が痛くなってくる。
 その適量を超えて飲めば二日酔いになるし、二日酔いはとても苦しい。
 酒飲みの中には、「酒は飲んで吐いて強くなるものだ」という馬鹿がいるが。
 ほろ酔いの気持ち良さは、筆者にもよくわかる。
 しかし吐いて酷い頭痛に苦しんでまで酔っぱらいたい酒飲みの気持ちが、筆者には全くわからない。
 二日酔いに苦しみつつまだ飲む人を見ると、「オマエはマゾか?」と言いたくなる。

 そのくらい酒に弱いせいか、筆者は酒をゴクゴク一気に飲むのを好まない。
 だから大好きなウイスキーもストレートなどの濃い状態でチビチビ飲む事が多く、日本で流行っているハイボールはどうしても好きになれない。

 そういう人間だから、筆者は付き合いの飲み会で喉越しで飲むように作られた国産の大手メーカーのビールばかり飲まされて、ビールがずっと好きになれずにきた。
 特に国産の大手メーカーの、米やらコーンやらスターチなどの糖質副原料を混ぜ込んだビールなど、暑くて喉が渇いている時にキンキンに冷やして一気飲みするのでなければ、とても飲めないシロモノだ。
 喉越しが売りの副原料入りのビールを、少しぬるくなった状態で飲んでみてごらん。本当に不味いから。

 それが海外や日本の小さな会社が造ったエールビールを飲んで、「ビールって、こんなに香り高く味わい深くて美味しいものなのか!」と驚かされた。
 本当に良いビールは、キンキンに冷やすのではなく程良く冷たい程度で飲むと本当に美味い。
 ビールも含めて酒というものは、冷やし過ぎると香りが薄くなってしまうのだ。だから不味いビールはキンキンに冷やさないと厭な臭いと変な味が出て来てしまうし、本当に旨いビールは10~13℃くらいで香りが豊かになり、キンキンに冷やし過ぎるとせっかくの香りが台無しになってしまうのだ。

 筆者は酒に弱いから、後で苦しむとわかっていながら酔っ払うまで酒を飲むのは嫌いだ。
 良い酒を、ゆっくり、じっくり味と香りを楽しみながら、ほろ酔い程度に飲むのが筆者の流儀だ。
 だから日本の大手メーカーが作る喉越し重視の、味も香りも薄いビールをガブガブ飲むのも大嫌いだ。
 それだけに、このCraft Labelのように香り高く味わい深い、ゆっくり、じっくり飲んでこそ美味しいビールが、サッポロビールのような大手メーカーからも出された事を、とても嬉しく思う。

 まだ飲んでいないが、サントリーもプレモル香るエールの他に、CRAFT SELECTペールエールというのを出している。
 サッポロビールのCraft Label柑橘香るペールエールと同じで、これも「柑橘を思わせる爽やかな香りと心地よい苦味」が売りだと言う。

 暑い夏に喉が渇いた時の為に、喉越しで飲む従来の日本のビールがあっても良いとは思う。
 しかし日本もいつも暑いわけではないし、飲む人もいつも喉が渇いているわけではない。
 日本ではスーパードライのようなビールが人気だが、ビールの通にスーパードライは「最初の一杯こそ美味いが、二杯、三杯と飲むにつれて不味くなる」とも言われているわけを、日本のビール飲みにも少し考えてもらいたいものだ。
 いくら暑い夏でも、キンキンに冷えていないと不味くなるスッキリ系の薄いビールを、そう何杯も美味しく喉越しで飲み続けられるものではない。
 日本人もそろそろ「ビールは喉越しで、ゴクゴク、プハーッ飲むもの」という思い込みは捨てて、適度に冷やしたビールを、ゆっくり、じっくり味わって飲むことも知ってほしいと思う。

 ぬるめのビールというと、不味そうだと思う日本人は多いだろう。
 で、そのぬるめのビールを喉越しでなくゆっくり飲むなど、想像するだけでゾッとするというビール飲みが、日本には少なからずいるのではないだろうか。
 だが実は、本当に旨いビールはややぬるいくらいでより香り高く味わい深くなるのだ。
 暑くてしかも喉が渇いていれば、キンキンに冷やしてありさえすれば新ジャンル酒だって美味しく感じる。
 そのビールが本当に旨いかどうかは、ややぬるくなった時点で、喉も渇いていない状態でじっくり味わって飲んで初めてわかるのだと、筆者は思う。

 これは好みの問題だろうが、筆者は日本の大手メーカーの副原料入りのビールは「本当に不味い!」と思っている。
 だからサッポロやサントリーが、副原料を使わない香り高くて味わい深いビールを出してくれようとしている事を、心から歓迎したい。

 日本の夏は蒸し暑いとは言え、秋の半ばから春の終わり頃まではそう暑くはない筈だ。
 何故そんな時期にもビールはキンキンに冷やして喉越しで飲まねばならないのか、皆さんは不思議に思ったことは無いだろうか。
 麦芽とホップだけで造ったクラフト系のビールの多くは、喉越しで飲むには確かにやや重い。
 しかし喉越しで飲むには苦くて重いビールも、キンキンに冷やすのでなく程良く冷やせば香りも立つし、ゆっくり、じっくり飲めばまた違う豊かな味わいが感じられる筈だ。

 暑い夏はともかく、せめて秋の半ばから春の終わり頃までは、ビールをキンキンに冷やして喉越しで一気に飲むのは控えたらどうだろうか。
 あまり冷やし込まずに、ゆっくり、じっくり飲んで美味しいビールの存在を知ると、「ビールは暑い時に喉越しで飲んでこそ美味しいよね」などと言えなくなる。
 筆者は香り高く味の濃いエールビールを、真冬にも楽しんで飲んでいる。
 と言うより、「暑い時に喉の渇きを癒す為に喉越しで飲むなら、麦茶で充分」と思っている。

 それはともかく、販売者がジャパンプレミアムブリューで製造者がサッポロビールのCraft Labelは、ヤッホーブルーイングのエールビールにも負けない、なかなか良いビールだ。
 出来ればこれをうっかりキンキンに冷やして喉越しで一気に飲んだりせず、ゆっくり、じっくり味わって飲んでみてほしいデス。

 繰り返すけれど、「ビールはみなキンキンに冷やすもの」というのは間違いだから。
 キンキンに冷やすべきビールは、大手メーカーのビールに多いラガー系で副原料入りの、味も香りもライトなやつだけだ。
 香りの良さが特徴のビールをキンキンに冷やすと、その香りの良さが半減してしまいマス。
 エールビールなど、程々に冷やしゆっくりじっくり飲んでこそ美味しいビールもあるのだという事を、もっと多くの日本の人に知ってもらいたいと、切に願う。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

最近飲んだ中では、ヱビスの華みやびが
その名のとおり香り華やかで、なかなかと思いました。
大手メーカーもビール需要の伸び悩みで
色々な味を試してるみたいですね
キリンみたいに通販専門みたいな所もありますが
ビールの味が広がるのは良い事だと思います。

KAZ | URL | 2017-03-27(Mon)09:43 [編集]


Re: タイトルなし

< ビールの味が広がるのは良い事だと思います。

 これまでの国産大手メーカーのビールは、喉越しで飲むタイプのものが多すぎたと思います。
 だから中には、「ビールなんて、どれもみな同じ味」と思っている人もいました。
 でも、実際にはビールの味と香りは本当にいろいろなんですよね。
 国産の大手メーカーが、もっといろいろな種類のビールを出してくれることに期待しています。

 エビスの華みやび、早速買って飲んでみますね!

黒沢一樹 | URL | 2017-03-30(Thu)14:58 [編集]