空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

今日も空を見上げて

fx30-090911-035.jpg

 ゴールデン・ウイークは明後日までですが、私はこのまま県外にも出掛けず、外に出るにしても空でも見上げるくらいにしてダラダラ過ごすことになりそうです。

 今日は端午の節句の日ですが、我が家では特に何もしません。
 ただ、菖蒲湯には毎年浸かります。
 菖蒲湯に浸かると、夏を元気に過ごせると言いますので。

 以前は、夏が好きだったんですがねぇ。
 今では、夏は「ただ暑いだけ」の鬱陶しい季節になってしまいました。

 作家の池波正太郎氏が、作品の『鬼平犯科帳』の中で「年を取る毎に、冬の寒さより夏の暑さの方が体にこたえるようになってくる」というような事を書いていましたが。
 私もそれだけ「年を取った」という事なのでしょうか。
 ええ、今では冬の寒さより夏の暑さの方が辛いです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する