空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

純米白川郷にごり酒

 一部の酒造メーカーが、日本酒を“清酒”と呼び換えようと動いた。
 日本酒と言えば、日本で、日本の原材料を使って作らなければならないが。
 だから人件費の安い海外で、コストの安い中国産米や米国産米を使って安い酒を大量生産したいメーカーが、「日本酒でなく、清酒と呼ぶようにしよう!」と企んだのである。
 清酒ならば、別に海外産でも構わないからね。

 しかしこの一部の腹黒いメーカーの、「日本酒を清酒と呼び換えれば、日本酒を海外で安く作れる」という魂胆には無理がある。
 それはそもそも、清酒は日本酒の一種だからである。

 日本酒は、元は砂糖を入れないあまり甘くない甘酒のような、白濁した濁り酒だった。
 が、室町時代になってからそのもろみの状態の濁った酒を濾過して澄んだものも作られるようになり、それが清酒と呼ばれるようになったのである。
 だから濁り酒(どぶろく)と清酒を併せて日本酒と言うのであり、「清酒なら、海外産でも問題ないよね?」と言い張りたい一部メーカーの言い抜けは、とんでもない屁理屈なのだ。

 話は戻るが、日本酒は元は白濁した濁り酒だった。今のような透明な酒(清酒)が当たり前に飲まれるようになったのは、江戸時代になってからである。
 五世紀頃に大陸から醸造技術が伝わって以来、日本では酒と言えば古代から中世までずっと濁り酒のことであった。
 で、日本人はその濁り酒を愛飲してきて、奈良時代の歌人として有名な大伴旅人も、酒を讃むる歌を十三首も詠んでいる。
 ウイスキーも好きだが日本酒にも興味のある筆者としては、その日本酒の原点とも言える濁り酒を、是非飲んでみたいものだと以前から思っていた。

 濁り酒は、今も捜せば売っている。
 しかし店頭で見つかる“濁り酒”と称するものの多くは、いわゆるアル添で、さらに糖類や酸味料まで入れたまがいものばかりである。
 そうした醸造用アルコールと糖類と酸味料で嵩増しした“濁り酒”は、はっきり言って不味すぎて飲むに耐えない。添加されたアルコールの刺激がキツい上に、ベッチャリとした不自然な甘さと妙な酸味が何とも言えない作りモノっぽい嫌な味を生み出している。

純米白川郷にごり酒P1110276

 で、そうしたまがいものの不味い“濁り酒”にうんざりしている時に、ようやく見つけたのだ、混ぜモノの無い本物の濁り酒を。
 それが今回紹介する、純米白川郷にごり酒である。
 純米だから、醸造用アルコールはもちろん糖類も酸味料も全く入っておらず、原材料は米と米麹だけである。

 表示されているマイナス25という日本酒度の通り、飲んでみるととても甘い。どんな甘口の清酒より、かなり甘い。
 しかし米と米麹だけによる甘さだから、その甘みにしつこさやくどさは全く無い。まるで、甘さを抑えた良質な甘酒のようだ。
 そしてただ甘いだけでなく、甘さの中にほのかな酸味も感じる。
 その甘味も酸味もどちらも自然なサラリとした味で、糖類や酸味料を後から加えた作りモノの“濁り酒”のそれとは全くの別物だ。

 また、アル添の自称“濁り酒”と違い、純米だからアルコールのピリピリした刺激が無く、飲み口も優しく滑らかだ。
 そして醸造用アルコールと水で嵩増ししていない為、ただ飲みやすいだけでなくコクがあり味わい深い。
 さすがに純米の濁り酒だ。アル添で糖類と酸味料も加えている自称“濁り酒”と飲み比べれば、本物とまがい物の違いが明らかにわかる。
 アル添で糖類と酸味料も加えられている、市場によく出回っている“濁り酒”は、甘さも酸味も人工的な上に味も薄っぺらい。
 しかしこの純米の濁り酒には、自然な甘さと酸味に食えて奥深い酒の旨味がある。
 コレを飲んでしまうと、アル添で糖類&酸味料入りのニセモノの濁り酒はもちろん、下手な甘酒も飲めなくなってしまう。

 古代には酒を造るのに麹は使わず、米を人が口で噛み、そして米も今のような白米でなく玄米を使っていた。
 だからこの純米白川郷にごり酒も、大伴旅人らが古代に飲んだ濁り酒とは、全く同じものというわけではないのだが。
 それでも純米白川郷にごり酒を味わいながらゆっくり飲むと、酒を愛した古代の歌人の気持ちも伝わってくるような気がする。

 ここで、大伴旅人が詠んだ「酒を讃むる歌」を幾つか紹介しよう。

 験なき 物を思はずは 一坏の 濁れる酒を 飲むべくあるらし


「思っても甲斐の無いことをくよくよ悩むより、一杯の酒を飲んだ方が良さそうだ」って、共感する方は現代も多くいるのではないだろうか。

 その「酒を讃むる歌」には、他にもこんなものがある。

 賢しみと 物いふよりは 酒飲みて 酔ひ泣きするし まさりたるらし


「偉そうな事を言うより酒を飲み、酔って泣く方がましだ」って、大伴旅人さんがいかに酒が好きだったか、よく伝わって来る。
 酔ひ泣きする……という事は、大伴旅人さんは泣き上戸だったのだろうか。
 相手をするのも面倒だろうが、まあ良いデスよ、酔っても絡んだり暴れたりしさえしなければ。

 あな醜 賢しらをすと 酒飲まぬ 人をよく見れば 猿にかも似る


 この酒好きの大伴旅人さんに言わせれば、「酒を飲まずに偉そうなことを言う人は醜くて、よく見れば猿に似ている」のだとか。
 猿に似ているのは、むしろ真っ赤な顔をして酔っぱらっている酒飲みの方ではないかと、言いたくなるのは、筆者だけだろうか。

 この酒飲み歌人の大伴旅人さんは、実は宮廷貴族で中務卿、中納言と歴任し、そして太宰帥にまで昇進するのだが。
 で、赴任した先の九州の太宰府に着くと、何かと理由をつけて酒宴を開いた。
 今で言えば、困ったアルハラ上司といったところだろうか。

 で、度々招かれた歌人で筑前守の山上憶良などは、こんな歌を詠んで大伴旅人の宴席から逃げている。

 憶良らは 今は罷らむ 子泣くらむ 其を負ふ母も 吾を待つらむそ


 こんな酒にまつわる古歌に思いを馳せながら、純米白川郷にごり酒を筆者は心から堪能した。
 アル添で糖類と酸味料を加えたまがいものの濁り酒は全くダメでカスとしか言いようが無いが、米と米麹だけで造った本物の濁り酒は本当に美味しい。

 そのまがいものの濁り酒と本物の濁り酒の見分け方について、最後にふれておこう。
 まがいものの自称“濁り酒”は、アルコールと水で嵩増ししているから薄く、店頭に置いておくと酒と酒粕がすぐに分離してしまう。
 だからまがいものの濁り酒は、瓶の中で殆ど清酒に近い状態になっていて、酒粕は瓶の底に薄く積もった状態になっている。
 で、ラベルにも「よく振ってお飲みください」と注意書きがされている。

桃川にごり酒P1100046

 しかし薄めて嵩増ししていない本物の濁り酒は、酒粕がいっぱい入っているので、わざわざ振らなくても瓶の上までしっかり白濁している。
 自家製の甘酒のように濃いから、もちろん「よく振ってお飲みください」などという注意書きも無い。
 もし本当の濁り酒に関心があるのなら、是非そのような見た目が甘酒に近い、瓶の上まで白濁した濃いものを選んでいただきたい。
 くれぐれも、瓶の中で酒と酒粕が分離して、酒粕が底に溜まってしまっているようなニセモノは買わないでいただきたい。
 濁り酒を称しながら、瓶の中で既に「清酒と酒粕」に分かれてしまっているのは、アルコールと水で嵩増し、味も糖類と酸味料で人工的に付けてある証拠だ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する