空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

アメリカ人に問いたい!(韓国人従軍慰安婦問題を考える)

 この6月2日の毎日新聞に、僅か二段のこんな小さな記事が載っていた。

 アメリカ南部ジョージア州のブルックヘブン市議会は、韓国系の市議の提案で、市内に日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像を設置することを全会一致で決定した。
 アーンスト市長は「現在も世界で続いている性や人身売買問題に対する意識を高める」と述べ、他の都市にもこうした取り組みを促す意向を示している
という。

 前提として断っておくが、筆者はあの日本が起こした戦争を「アジアを白人支配から解放する正義の戦いだった」などと美化したり、「日本を守る為のやむを得ない戦いだった」などと自己正当化したりするつもりはないし、「あれは日本の侵略戦争であった」と断言する。
 よく右翼が「デッチ上げだ!」とイチャモンをつける南京大虐殺についても、「中国が主張する犠牲者の数には疑問はあるが、虐殺そのものはあった」という立場だ。
 だから日本の右翼に言わせれば、筆者は「日本を貶める媚中で反日の自虐史観の持ち主」なのだろう。

 しかしその筆者でも、日本軍が韓国人の少女を含む女性を強制的に慰安婦にしたことは「ほぼ無かった」と思っている。
 事実、太平洋戦争で日本軍の兵士として戦いアメリカ軍の捕虜となった韓国人も、アメリカ兵に「日本軍が韓国の女性を無理矢理に従軍慰安婦にするような事は無かった。もしそんな事をしたら、韓国人は暴動を起こしただろう」と証言している
 その事実は、毎日新聞でも大きな記事としてきちんと報じられている。

 確かにオランダ領のインドネシアでは、日本軍は捕らえたオランダ人の少女を含む女性たちを将校らにあてがい、無理矢理に慰安婦にした。
 その事実は誰にも否定できないし、だから天皇陛下もかつてオランダを訪問した時に、その事について謝罪もなされた。

 しかしそのインドネシアで捕らえられたオランダ人女性の問題と、韓国人の従軍慰安婦の問題は事情が違う。
 オランダ人女性は占領地で捕らえられ、収容所に監禁された中から強制的に性奴隷にされたのだが。
 しかし当時の韓国人は、実態はどうあれ“日本国民”だったのだ。
 二等国民扱いされたという実態はあるが、建前としては韓国人も“日本人”だったのだ。
 だからこそ、戦前の日本の高等学校や大学には韓国出身の学生が居たし、より良い暮らしを求めて朝鮮半島から日本に移り住んできた韓国出身の労働者も大勢いた。
 日本軍が大陸から捕らえてきて日本で強制労働させた中国人の労働者と、自らの意志で半島から日本に仕事を求めてやって来た韓国人の労働者を一緒くたに見てはいけない。
 日本軍が韓国人の少女をかり集めて慰安婦として性奴隷にしたという確かな証拠はどこにも無いし、建前としては“日本人”であった韓国人の女性に、そんな事ができる筈も無かったのだ。
 それに米軍の捕虜になった韓国人の“日本兵”がアメリカ軍に証言しているように、日本軍がそんな真似をしたら韓国人は暴動を起こしただろう。

 筆者の母の知人に、大戦中に民間人として中国や韓国で暮らしていた人がいる。
 その方によると、中国人は少しも怖くなく、夜も平気で中国人街を歩けたそうだ。しかし韓国人はとても恐ろしく、韓国人街は一人ではとても歩けなかったと話してくれた。
 確かに今でも中国人は腹の内はどうあれ少なくとも表面的には愛想が良く、それに比べて韓国人には気性が激しく物言いもきつい人が多い。
 その韓国人が、同胞の少女達を外国軍(日本軍)に性奴隷として連行されて黙っているなど、とても考えられない話ではないか。

 こんな話がある。
 かつての日本軍は度々野外演習を行い、そして時には演習に出た先で、民家に分かれて泊まる事もあった。
 すると必ず、数ヶ月後に泊まった民家のお父さんのうちの誰かが、娘を連れて連隊に怒鳴り込みに来るのだそうだ。
「お宅の兵隊がウチの娘に夜這いをかけて、娘が妊娠してしまった、どうしてくれる!」
 その対応にあたる古参の下士官は、部下の兵にこうぼやいたそうだ。
「兵隊は、助平と決まっているからな」

 英国のBBCに右翼のナショナリストと断言される安倍政権のもと、時代が右傾化する中で、日本の右翼たちは「皇軍の軍紀は世界一だった」と自慢する。
 しかし実態は、野外演習に出て好意で泊めてくれた民家の、同胞の日本人の娘さんにまで夜這いをかけて孕ませ、古参の下士官に「兵隊は、助平と決まっている」とぼやかせるような有り様だったのだ。
 このような兵隊が国外に出たら、どうなるだろうか。
 それがわっていたから、軍は韓国や中国に慰安所を設けたのだ。
 ただそこで働く女性を集めるよう業者(女衒というやつ)に依頼はしたものの、日本軍が直接に韓国人の少女や女性を武力でかり集めたという確かな証拠は何も無い。

 日本の公娼制度は、GHQにより1946年に廃止されたが。
 しかし現実には売春防止法が施行される1957年まで、遊郭で買売春が公然と行われていた。
 問題とされる韓国人の従軍慰安婦がいた時代には、日本の国内でも、日本の貧しい家の少女がその意に反して借金のカタとして売られていた。
 二・二六事件そのものは暴挙だが、決起した青年将校たちには、そうした国内情勢に対する怒りもあった。

 当時の日本国内では、貧しい農村の娘たちがそれくらい当たり前に売られていた。
 それと同様に、韓国人の従軍慰安婦も、その親により業者に売られ、そして売られて行った先が日本軍の慰安所だったに過ぎない。
 その少女としては不本意であったろうし辛かったであろうとも思うが、「恨むならまず貴女を売った親にしてほしい」と思ってしまう筆者は、冷酷なのだろうか。

 無論、兵士が慰安婦、平たく言えば売春婦を買うことは誉められた事ではない。
 しかし慰安所を設けて買売春を行ったのは、決して日本軍だけではない。
 例えば今では「韓国人従軍慰安婦=日本軍の性奴隷」というイメージだが。
 しかしそのイメージと違って、韓国人の女性は韓国に駐屯した米軍にも、同国民である韓国軍に対しても従軍慰安婦として働いていた。
 韓国人の従軍慰安婦は、米軍もそして韓国軍も利用していたのだ。
 その事実を日本人も韓国人もそしてアメリカ人も、もっとよく知っておくべきである。
 にもかかわらず日本だけが悪者にされて責められ、謝らせられているのである。

 筆者も「韓国人女性を従軍慰安婦に使って何が悪い、米軍も韓国軍も使ってたじゃないか!」と、ただ居直るつもりは無い。
 しかし従軍慰安婦の問題は、韓国政府と既に解決済みである。
 非は詫び、お金も出している。
 にもかかわらず韓国人は従軍慰安婦の、ことさら幼い少女の像を各地に設置して日本を「ロリの性犯罪者」と貶めようとしている。
 それが実に腹立たしい。
 同じように慰安婦を使っていた韓国とそしてアメリカに、「その問題で日本を責める資格があるのか!」と問いたい。

 アメリカと言えば、米兵は戦後に日本に進駐した後、日本の女性をよく買っていたではないか。
 いや、買うどころではなく、権力をかさに着てその意に反した性的暴行もした。
 アメリカに占領された沖縄で、「アメリカ兵は昼には民主主義を説き、夜には女を求めて民家に押し入ってきた」と、当時を知る沖縄の人が証言している。
 また、沖縄で捕らえた民間人のうち若い女性だけを選んでトラックで連れて行き、性的暴行を加えたという話もある。
 占領地で日本人女性に性的暴行を加えた話については、まずソ連(ロシア)兵が問題にされるが。実はアメリカ兵も、決して誉められた行動をとっていたわけではないのだ。

 韓国の従軍慰安婦の問題について、日本が謝罪しお金も出して政府間で最終合意に至った筈だ。
 にもかかわらず、その後も各地に慰安婦像を設置しようとする韓国人の姿勢にも腹が立つが。
 筆者はそれ以上に、「自分達は正義の味方で清廉潔白」のような顔をしているアメリカ人の方が、より憎らしい。
 日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像の設置を決定し、「現在も世界で続いている性や人身売買問題に対する意識を高める」と言った、ジョージア州ブルックヘブン市のアーンスト市長に問いたい。
米軍も韓国では、韓国人女性の慰安婦を利用していた事実を知っていますか? 米兵は日本でもさかんに女性を金で買い、時には性的暴行もしているのに、アメリカ人に他国を責める資格があると思ってるのですか?

 世界各国に今も駐留する米兵たちは、性犯罪も犯さず、女性も買わずに清廉潔白に過ごしているのだろうか?
 いや、在日米軍の兵士は今日もどこかで日本女性を買っているのではないかと思うが、それは筆者の勘違いだろうか。
 薄っぺらい正義感と「アメリカ・ファースト」の意識に駆られてか、正しい事をしていると信じてアメリカ国内に日本を責める韓国人従軍慰安婦の像を設置するアメリカ人の無神経さが、心の底から腹立たしくてならない。

 どこの国にも「自分の国は絶対悪くない!」と他国ばかり責めるナショナリストは存在する。
 靖国神社の遊就館の歴史観を見ればわかるように、事実を認めず「自分の信じたいものしか見ない」偏狭な国粋主義者は、この日本にも存在する。
 だから韓国国内に慰安婦の少女像を設置する人達の存在は、百歩譲ればまあわからないでもない。
 だが自国の兵士が日本を含めた占領地で女を買い、あるいは性的暴行もしているのに、己は性や人身売買問題に対する意識が高いつもりで、日本を貶める韓国人従軍慰安婦の少女像を設置するアーンスト市長とジョージア州ブルックヘブン市民とアメリカ人の「盗人猛々しい」としか言いようのない神経の図太さは、百万歩譲っても筆者には理解できない。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

他国の教育ですから。

他国の教育ですから。

自分の国を、自分の良いように
解釈して教えることは、固有の
「権利」です。

それが正しい、正しくないとは
全く別の話です。

なので、この件に関しては

・事実関係に関しては黒澤氏の意見が
非常に正しく反論の余地はない。

・しかし、自国民に対する教育内容を
他国民に言われて変える必要もない。

こうなるのではないでしょうか。

ogotch | URL | 2017-06-17(Sat)10:27 [編集]


Re: 他国の教育ですから。

> 自分の国を、自分の良いように
> 解釈して教えることは、固有の
> 「権利」です。
>
> それが正しい、正しくないとは
> 全く別の話です。

 言われてみれば、日本の歴史教科書もかなり日本に都合の良いように書いてあります。
 例えば元寇の時、モンゴル(元)はいきなり日本に攻め込んで来たのではなく、まず何度か国交を求める使者を送って来たのに、日本はその使者を問答無用で殺しているんですよね。
 そういう経緯があって元寇につながったのですが、それを歴史で教えられている日本人は殆どいないと思います。
 そして元寇については被害者のように大袈裟に取り上げている反面、倭寇についてはあまり教えていません。

 おっしゃる通り、日本の教える歴史も公平公正ではないです。
 外国人から見れば、腹の立つ部分もあろうかと思います。

 いつもながら、ogotch様の冷静で公平なお言葉には教えられることが多いです。

黒沢一樹 | URL | 2017-06-21(Wed)15:21 [編集]


「天に守られている大蒙古国の皇帝から日本国王にこの手紙を送る.昔から国境が接している隣国同士は,たとえ小国であっても貿易や人の行きなど,互いに仲良くすることに努めてきた.まして,大蒙古皇帝は天からの命によって大領土を支配してきたものであり,はるか遠方の国々も,代々の皇帝を恐れうやまって家来になっている.

例えば私が皇帝になってからも,高麗(こうらい=朝鮮)が蒙古に降伏して家来の国となり,私と王は父子の関係のようになり,喜ばしいこととなった.高麗は私の東の領土である.しかし,日本は昔から高麗と仲良くし,中国とも貿易していたにもかかわらず,一通の手紙を大蒙古皇帝に出すでもなく,国交をもとうとしないのはどういうわけか?日本が我々のことを知らないとすると,困ったことなので,特に使いを送りこの国書を通じて私の気持ちを伝えよう.

これから日本と大蒙古国とは,国と国の交わりをして仲良くしていこうではないか.我々は全ての国を一つの家と考えている,日本も我々を父と思うことである.このことが分からないと軍を送ることになるが,それは我々の好むところではない.日本国王はこの気持ちを良く良く考えて返事をしてほしい.不宣

至元三年八月(1266年・文永三年)

使者は使者でもこんなのじゃ、当時の外務省も頭を痛めたでしょうね。

Ozzy | URL | 2017-07-18(Tue)22:10 [編集]


Re: タイトルなし

> 使者は使者でもこんなのじゃ、当時の外務省も頭を痛めたでしょうね。

 Ozzyさま、詳しい引用をありがとうございます。
 確かにただ国交を求めるのではなく「属国になれ」と言っているのだから、うかつに話には応じられませんよね。
 ただキッパリ断って使者を返すのではなく、殺してしまったのはすこし拙かったのでは……。
 そうなれば、元としては日本を攻めるしか選択肢は無くなるわけですから。

 平安時代の遣唐使は、あれは実質は朝貢貿易でした。
 日本は唐に従う姿勢を見せて唐の皇帝の面子を立て、その代わり唐は日本に宝物を下賜して日本を攻めることをせず……と。

 元がそのような柔軟な姿勢を取る可能性があったかどうかはわかりません。
 しかし試してみる価値はあったと思います。

 でも元は、唐よりかなり攻撃的で侵略的ですから、使者を斬っても斬らなくても、結果は変わらなかったかも知れませんが……。

黒沢一樹 | URL | 2017-07-20(Thu)03:06 [編集]