空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

妹と『初恋』⑤・恋って不可解

 そうそう、今回紹介している『初恋』のヒロインと言うか、主人公と恋愛関係にできる相手は一応五人なのだけれど。実はもう一人、攻略対象にできる隠しキャラがいるのだ。
 それはサバサバしていて友達感覚で付き合える西村陽子で、過去の恋愛で小悪魔タイプに散々苦渋を嘗めさせられてきた黒沢が、「いい子だし、長く付き合うなら絶対このコ!」って自信を持って言えるような子だよ。
 但し女度という面では、他のヒロイン達よりちょっと低めだけどね。

 以前は自覚が無かったのだけれど、黒沢は実は妹系が案外好きらしくて、実生活でも三人のコに「お兄ちゃん」と呼ばれて痛い目を見せられてさ。
 その可愛い小悪魔ちゃん達に散々翻弄された挙げ句に、「長く付き合うには、裏表のないサバサバした子が一番と悟る至ったのだけれど。
 でもこのゲームで黒沢が一番ハマってしまったのは、妹の杏でも小桃先輩でもサバサバ系の陽子でもなく、最初は「幽霊?」って感じで出没する椎名柚純(ゆすみ)という謎の女の子だったよ。

 この柚純ちゃんは実際は幽霊などではなくて、いろいろ話すうちに病気で入院中の子だとわかるんだ。けどお互いの気持ちを確かめ合えたと思う間も無く、その柚純ちゃんは消えてしまうんだよね。
 ところが主人公がそのショックから立ち直れずに悲しんでいると、主人公のクラスに転校生の女の子が編入されるんだ。
 ハイ、大方の人の予想通り、例の椎名柚純ちゃんなのでアリマス。安手のギャルゲーや恋愛マンガなら、普通はここでハッピーエンドだよね。
 でもそんなコトでは終わらせないのが、この『初恋』なのだ。って言うか、ここからが柚純ルートのお話の本番で、それまでは長めの前フリみたいなものでさ。

 転校してきた柚純ちゃんは、どう見てもどう考えても主人公の知る柚純ちゃんと同一人物としか思えないんだ。けどその柚純ちゃんは、主人公のことを全然知らない、一度も会ったことないって言い張るんだよね。それどころか親しげに話しかける主人公を警戒心いっぱいの目で見て、主人公はストーカー扱いまでされる有り様で……。
 この転校生の柚純ちゃんは、口が重くて頑なでクラスの人達とも馴染みたがらないしで、書いてみるとあまり良い所はないんだよね。あえて分類すれば、病弱キャラってカテゴリに属するのかも知れないけれど、人を拒む上に気も強いものだから、儚げな病弱少女というイメージも無いし。
 でも黒沢は、『初恋』の中ではその柚純ちゃんがダントツに好きだったよ。どうイイのかうまく説明できないけれど、ただもう「好きなものは好きなんだから、仕方ないよ」って感じで。

 前から思っていた好きなタイプと、実際に好きになってしまった女の子って、案外違っていたりするものではないかな? 例えば好みのタイプは大人っぽくて女度の高い子だった筈なのに、何故かボーイッシュな元気っ子を好きになって付き合うことになってしまったり、とか。
 芸能人などで、インタビューで好みのタイプの異性を聞かれて、「好きになった人が、好みのタイプです」なーんてワケのわからないコトを言う人がいるけれど。でもそれは煙に巻いて誤魔化しているのではなくて、案外あり得る事だったりするんだよね。

 出会った相手の中で誰を好きになるかなんて、ホント自分でも解らないんだよねえ。本来思ってた筈の好みのタイプとは違う子を好きになっていた……ってこと、黒沢は実際に何度も経験したよ。
 好きなタイプの筈の子でも、ほんのちょっとした事で「何か違うな」って思えて気持ちが醒めてしまったり。けどそれまで殆ど興味のなかった子でも、何かのきっかけで急に好きになってしまったり。
 恋は盲目と言う通り、実際に恋しちゃってる時はホント必死だし、目の前の事だけでいっぱいいっぱいだからね。「オレは何で、このコをこんなに好きになっちゃったんだ?」なんて、冷静に分析している余裕などとても無いけれど。
 でもギャルゲーならソレが出来るんだよ。自分の分身である主人公の行動を、プレイしながら一歩引いた所から観察して、自分の隠れたクセや行動パターンみたいなものを分析する事が

 例えばもしキミが、妹タイプの年下のコが好みだとするよ。そしてギャルゲーの世界では、現実とは違ってどの“妹”もキミのことを好きになってくれたりするんだよね。
 けどいざ好かれてみると、「慕われても好きになれない妹」って、自分で思っている以上にいるものなんだ。
 黒沢自身、血の繋がらない妹を実際に三人も作ってしまうほど、妹タイプが好きなのだけど。そしてギャルゲーの世界には、どの作品にも必ずと言っても良いほど出てくるんだよね、妹的な存在の女の子が。
 でもいざプレイしてみると、何か好きになれなかった“妹”って、意外なくらい多かったよ。

D.C.I&II P.S.P. ~ダ・カーポI&II~プラスシチュエーションポータブル(通常版)D.C.I&II P.S.P. ~ダ・カーポI&II~プラスシチュエーションポータブル(通常版)
(2010/10/28)
Sony PSP

商品詳細を見る

Wind -a breath of heart-Wind -a breath of heart-
(2003/12/18)
PlayStation2

商品詳細を見る

_summer## アンダーバーサマーダブルシャープ ベスト版_summer## アンダーバーサマーダブルシャープ ベスト版
(2007/10/04)
PlayStation2

商品詳細を見る

 信者サマにフルボッコにされちゃいそうでコワいけど、話の行きがかり上白状するね。例えば『ダ・カーポ』の芳野さくら(従妹)は大好きだったけれど、妹の朝倉音夢の方は苦手と言うよりキライだった。
 あと、『Wind』や『_summer ##』のも、初めのうちは「イイかも」と思っていたのだけれど、話を進めるに従って「どーでもイイかな」あるいは「ちょっと面倒クサい」って感じの存在になってしまったよ。
 ココだよ。
女の子としては同じカテゴリの筈なのに、何故このコは大好きで、でもあのコの方はダメで苦手なんだろう
 恋愛ゲームをプレイしながら、そのあたりのコトをじっくり考えてみてごらん。するとそれまで気づかなかった自分の好みみたいなものが、ホントに見えてきたりするからね。

 女の子と付き合う(ヤる)事しか頭になくて、「オンナ百人斬りを目指してる」ってようなヤツでもない限り。実際に付き合った相手の数が十人を越えれば、「恋愛経験豊富な方」って言っても良いよね。
 実際、「五人以上の相手と本気で付き合って、それでもまだ結婚に至らずに独身でいる……ってのは、その人の人間性に何か問題がある証拠」とも言われているし。
 それにそもそも出逢い自体、実人生ではそんなにあるモノじゃないじゃん?
 男子と女子が自然に仲良くなれる環境なんて、共学の学校以外は、実際にはそう無いものだからねえ。職場に女の人が居たって、社内恋愛にフリーな所ばかりとは限らないし。
 進学先が男子校の人だったり、女子の少ない職場に就職してしまったら、それこそナンパでもするか、合コンの機会に頼るしかナイのが現実だよね。

 でもギャルゲーでは、一つの作品で少なくとも五人の女の子と「出逢えて付き合える」わけで。しかもヘマを打ってフラれても、リセットすれば同じ子と違うパターンでやり直す事も出来しね。
 だから「ギャルゲーだって、決してバカにしたものじゃないよ」って、黒沢は胸を張って言いたいね。
 既にる程度恋愛経験があって、現実と「お客サマの願望に沿ったサービス」の部分が見分けられる人にとっては、ギャルゲーって案外使える“恋愛シミュレーター”になり得るんだよ。

 ただ一度も女の子と付き合ったコトのない“実年齢=彼女いない歴”の人には、ギャルゲーはむしろ毒にしかならないかも。
 現実の女の子に触れないまま、男の願望通りのヒロインばっかり出て来るギャルゲーをやり込んでしまうと、「リアルなオンナは怖いし汚くてキライだ、女の子なんて二次の“オレの嫁”で充分」って底無し沼に落ち込んで抜け出せなくなっちゃうから、マジで。
 でも「仲良くしてくれる女の子は割とすぐできるのだけど、いつも長続きしないで結局フラれてしまう」というパターンを、両手の指の数以上に繰り返してきた黒沢のドロ沼に比べたら、「魔法使い上等、嫁は二次でOK」って最初から割り切っている人達の方が、日々を心穏やかに過ごせてむしろ幸せなのかも……なんて、チラっと思ったりもして。
 って、そんなコト言っちゃ、身も蓋もナイか。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する