FC2ブログ

空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

ティーチャーズに、今一度だけチャンスを与えて下さい!

 千円前後のウイスキーと二千円以上のウイスキーでは、味も香りもまるで違う。
 安心して飲めるウイスキーを飲みたければ、二千円以上のものを選んだ方が良い。
 その現実は、よくわかっているのだが。
 しかし日常に気軽に飲めるウイスキーを探して、つい千円前後のウイスキーばかり飲んでは、たいていガッカリするという繰り返しをしている筆者だ。

「千円前後のウイスキーは、すべて不味い」というのなら、スッパリ諦めて二千円以上のウイスキーを飲むが。
 しかし時々、千円前後で案外イケるウイスキーに出合ってしまうから、安いウイスキーも飲むのを止められずにいる。
 で、こだわりの酒ばかり置いてある酒屋の店主が、「良心的な製品」として自信を持って勧めていたスタンダード・スコッチが、次の三つだ。
 ホワイト&マッカイ、ベル、そしてティーチャーズ。
 確かにどれも、間違いなく美味かった。

「美味かった」
 そう過去形で書いたのは、その中のティーチャーズを製造していた会社が、あのサントリーに買収されてしまったからだ。
 ティーチャーズと言えば、他のスタンダード・スコッチより高い比率でモルト原酒を使用していることが売りだった。
 そしてティーチャーズはサントリーに買収された後リニューアルされ、悪い方に変わった。
 ストレートで美味しく飲めた名門スコッチが、割ってハイボールにでもしなければ飲めない、ただの安酒になってしまった。
 リニューアルされたティーチャーズについての悪評は、ウイスキー好きなら多くの者が知っている。

 ところが最近、サントリーがティーチャーズの販売に力を入れている。
 普通の酒屋だけでなく、コンビニのお酒コーナーでも「150年こだわった、スモーキースコッチ。」との宣伝文句を大書した紙をボトルの首からぶら下げたティーチャーズが売られているのを、よく見る。

「その150年こだわって造り続けてきた名門スコッチを台無しにしたのは、サントリー、お前だろうが!」と心の中で悪態をつきながら、ティーチャーズを眺めてきた筆者だが。
 しかしサントリーが扱うようになって、ティーチャーズは以前より安くなった。
 そして筆者は、スモーキーなスコッチが大好きである。
 だから安さにも釣られ、「もう一度だけ騙されてやろうじゃないか」という気持ちになって、自称「150年こだわった、スモーキースコッチ。」を買ってみた。
 買い値は、何と898円である。

ティーチャーズ・ポップP1120475

 キャップを開けた直後の香りは弱い。
 他の良いウイスキーのように、キャップを開けただけで良い香りが漂ってくるようなことは無い。
 グラスにワンショット注いで揺すると、穏やかながら甘いハニーな香り、続いてスモーキー香、さらにその底にアルコールの匂いを感じる。

 飲んでも若いアルコールのキツさはあるし、ウイスキーらしい甘さとコクとビターさもまだ広がりきらずに縮こまっている印象。
 だが、ホワイトホースの開封直後のような、痛いレベルのアルコールの刺激は無い。
 チェイサーさえあれば、開封直後でもストレートで充分飲める。
 これは意外だった。
 リニューアルされて間もない頃のティーチャーズより、間違いなくまろやかで、かつスモーキーになった。

 サントリーに買収されてリニューアルされた直後のティーチャーズは、以前より安くなったが不味くなった。
 文字通り、「安かろう、悪かろう」だった。
 サントリーに買収される前のティーチャーズよりスモーキーさとコクが弱まり、代わりにアルコールの刺激が強くなった。
 だからティーチャーズが好きだった筆者は、それを不味くしたサントリーを深く恨んだ。
 しかしリニューアル後のティーチャーズを「不味くなった」思ったのは筆者だけではなかったようで、同様に「味が落ちた」と言うウイスキー好きが大勢いた。
 その悪評が、サントリーをも動かしたのだろうか。
「150年こだわった、スモーキースコッチ。」の宣伝文句をボトルの首から下げて売られていた今のティーチャーズは、リニューアル直後の悪評高かったティーチャーズよりただスモーキーになっただけでなく、コクも増し、かつまろやかになった。
 サントリーはティーチャーズをリニューアルした後、さらにブレンドを変えて再リニューアルして「150年こだわった、スモーキースコッチ。」として売り出しているように思える。
 サントリーは「ハイボールなら、さらにスモーキーさが際立つ」とも宣伝しているが。
 ホワイトホースと違って、開封直後のまだ空気とろくに触れ合っていないうちから、ストレートで充分飲める。
 さらに数日間待って空気と触れさせるのが、とても楽しみになった。

 で、日に一度キャップを開けて軽く揺すりつつ一週間待ち、改めて飲んでみた。
 グラスに注ぐと、今度は甘いウイスキーらしい香りをしっかり感じる。
 飲む前はほのかだったスモーキー香が、飲むと口の中から鼻孔へと抜けて行く。
 口当たりも悪くなく、ストレートで意外に飲める。

 サントリーに買収される以前のティーチャーズは、モルト原酒を45%使っていて、「今もそれは変わっていない」と言う。
 リニューアル直後のものはともかくとして、少なくとも現在流通しているものは「そうかも知れない」と思わせる出来だ。
 バニラの甘さがありクリーミーでコクもあり、そしてスモーキーでなかなかイケる。
 余韻はスモーキー香が主体で、そして甘やか。
 確かにこれは、スモーキースコッチだ。

 この空気に触れさせた今のティーチャーズを、大切に取っておいてあるリニューアル以前のティーチャーズ(以後、旧ティーチャーズ)とまず飲み比べてみた。
 旧ティーチャーズの方が、少しだけまろやかな印象だ。
 しかし今の新しいティーチャーズの方が、よりスモーキーに思える。
 甘さもスモーキーさも香りも、今のティーチャーズの方が個性がはっきりしている。
 ある時、グラスに注ぐ際にうっかり少量、今のティーチャーズを手にこぼしてしまったが、するとその手からピート香が漂ってきた。
「150年こだわった、スモーキースコッチ。」と宣伝されている今のティーチャーズは、それくらいスモーキーだ。
 ストレートでは旧ティーチャーズの方が飲みやすいものの、今のティーチャーズもリニューアル直後のものより良い意味で「変わった!」と言い切れる。

 続いて、スタンダード・スコッチで筆者が「一番好き!」と言える、ジョニ赤と飲み比べてみた。
 もちろん、ストレートで。
 比べると、ジョニ赤の方がよりスモーキーで、ビターさがある。
 そしてジョニ赤の方が、よりまろやか。
 ただジョニ赤も甘く力強いが、ティーチャーズの方がよりコクがあり甘い。
 ジョニ赤はチェイサー無しで飲めるが、ティーチャーズはチェイサーを用意しておいた方が良い。
 余韻も、ジョニ赤の方が強いし長く続く。
 飲んでいる時にはティーチャーズによりコクと甘さを感じるが、余韻ではそれが逆になる。
 個人的にはジョニ赤の方が好きだし「より良い」と思うが、ティーチャーズも意外に健闘していてジョニ赤に迫る品質だ。

 ホワイトホースとも、飲み比べてみた。
 今のティーチャーズはとにかく甘くスパイシーで、そしてスタンダード・スコッチの中では際立ったスモーキーさがある。
 この価格帯では意外なほどまろやかで、かつウイスキーらしいコクと味わいがある。
 それに比べ、ホワイトホースは香りも穏やかで、甘くビターだが、コクや深みはティーチャーズよりややライトな印象。
 ホワイトホースも「スモーキー」と言われるが、スモーキー香はティーチャーズやジョニ赤より明らかに弱い。
 スモーキーさは、飲んだ後に余韻に感じる。
 ほぼ同じ価格なら、ホワイトホースよりティーチャーズが勝る。
 ホワイトホースの方がより若いアルコールの刺激を感じ、ストレートで飲むならチェイサーは絶対に欲しい。
 だがチェイサーで口の中をリフレッシュしつつほんの少しずつ口に含むと、ホワイトホースは花の蜜のように甘く、そして心地良いスモーキーさが余韻に残る。

 ティーチャーズやホワイトホースを飲んだ後でジョニ赤を飲むと、「ジョニ赤はまろやかだなー」と実感してしまう。
 だがジョニ赤には及ばないものの、このクラスとしては間違いなく「お値段以上」のウイスキーだ。
 ジョニ赤より原酒に少し若さを感じるものの、ホワイトホースよりまろやかで、普段飲みとしては充分な品質だ。

 ウイスキーはとにかくハイボールでゴクゴク飲ませたがるサントリーは、このティーチャーズも「ハイボールなら、さらにスモーキーさ際立つ」と宣伝している。
 実際にハイボールを作ってみると、確かにスモーキーだ!
 何かの薫製のような匂いが辺りに漂う。
 コクはそれなりにあるし、ウイスキーらしい味わいもそこそこある。
 しかしコクやウイスキーらしい味わいより、とにかく「スッキリ!」という印象が強い。
 喉越しを楽しむタイプのビールのように、ゴクゴク飲むのに向いている。

 同じハイボールなら、ホワイトホースの方がコクもあり濃い味で、余韻も楽しめる。
 そしてブラックニッカ・リッチブレンドのハイボールの華やかな香りと味わいにも、遠く及ばない。
 だが、ティーチャーズのハイボールはコクは程々で余韻は無くとも、スモーキーさを感じつつスイスイ飲めるから、料理にはとても合うかも。

 ウイスキー好きな筆者としては、ハイボールならホワイトホースやブラックニッカ・リッチブレンドの方が明らかに美味いと思う。
 だがとにかくスッキリしていて飲みやすいので、「ウイスキーでなく、ハイボールが好き」という人には、ティーチャーズのハイボールの方が好かれるかも。

 スーパードライのように、麦芽を減らし糖質副原料(米・コーン・スターチなど)を法律の限界まで減らした旨味の少ないビールをキンキンに冷やして、料理を流し込みつつ喉越しでガブガブ飲んでいる人達には、このティーチャーズのハイボール、きっと好かれるだろうと思う。
 スモーキー香こそあるものの、ウイスキーらしさとかをあまり感じさせず、とにかくスッキリ感が強いので。
 つまり「ウイスキー好きにはホワイトホースやブラックニッカ・リッチブレンドのハイボール、日本のハイボール好きにはティーチャーズのハイボール」と言ったところか。

 少なくとも筆者は、サントリーが推すティーチャーズのハイボールは、もう二度と飲む気はない。
 筆者はまずティーチャーズのハイボールを飲んでみて、その味と香りに満足できなかったので、直後に続けてストレートで飲んでみた。
 そして個人的にだが、味、香り、余韻、すべての面で「ティーチャーズは、ハイボールよりストレートで飲む方がずっと美味しい」と心から感じた。

 それにしても、サントリーに買収されてリニューアルされた後は、ウイスキー好きにとかく評判の悪かったティーチャーズだが。
 最近になり、サントリーが「150年こだわった、スモーキースコッチ。」と宣伝に力を入れるようになってあまり期待せずに飲み直してみたところ、良い意味で「変わった!」と間違いなく感じた。
 ジョニ赤にこそ及ばないまでも、それに匹敵する品質に今はなっている。
 サントリーの宣伝通り、今は間違いなく“スモーキースコッチ”になっている。

 リニューアルされたティーチャーズを飲み、ガッカリしてティーチャーズを見放したウイスキー好きの皆さん。
 サントリーに買収こそされたものの伝統あるティーチャーズに、今一度だけチャンスを与えてやってほしい。
 リニューアル直後のものはともかく、今のティーチャーズはスモーキーなスコッチを好きな人が、気楽に飲めるお安い上に良いスコッチになっている。

 それにしても、悪評に耳を傾け、ブレンドを変えてティーチャーズの質を良くしたサントリーの判断を誉めたい。
 このように品質をより良くする姿勢があるのなら、「あの角瓶を、何とかまともなウイスキーにしてもらいたい」と思うのは、筆者だけだろうか。
 消費者の反応に敏感なサントリーが、ティーチャーズは変えても角瓶は変えないということは、「角瓶を飲む人はみなハイボールなどにして割って飲んでいて、角瓶をストレートや濃いめで飲む人などまず存在しない」ということなのだろう、多分。

 それにしても、ハイボールで飲むにしろ、ストレートで飲むにしろ、「千円以下でティーチャーズが買える今、あえて千三百円前後も出して角瓶を買う」という感覚と味覚と嗅覚が、少なくとも筆者には理解できない。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

角ハイボール。

角ハイボール。

その圧倒的な完成度がありますから
ハイボールということなら、角瓶は
ティーチャーズよりも上を行くなと
私は考えています。

ウイスキー=ハイボール、という
物凄く多い客層から見てる光景は
「ウイスキーはハイボールの原液」。

カルピスと同じ様に見えるでしょう。

「角」をテイスティングしていた
サントリーの元マスターブレンダー
輿水さんのNHK番組のコメントを
是非、一度ご覧ください。

「あ、そういうコンセプトで
角の味は作っているのか」と
とても良く分かります。

部下に作らせた試作品の「角」に
輿水さんは何とコメントしたか。

……面白いですよ?(笑)

ogotch | URL | 2019-02-20(Wed)08:24 [編集]


サントリーのマスターブレンダーと言えば

マスターかは失念したけど、某ブレンダーは昼飯は毎日天ぷら蕎麦を食べると見聞きしたことがあります。
なんでも、メニューを変えると舌や鼻がぶれてテイスティングに影響するからだそうな。
だったらいっそのこと、塩握りでも食ってりゃいいのにと思いました!
出汁の旨味や衣の油は問題ないのかと?

公式サイトかファンのブログかは不明でしたが、某ブレンダーを持ち上げる恣意的な印象を受け、釈然としなかった次第。

つぺゅ | URL | 2019-02-21(Thu)12:41 [編集]


角そのものがもうハイボールの原液みたいな感じになりつつあるような気もしますね笑笑
まあ角ハイボールはとても美味しいしそういう意味ではとても納得ですし自分自身角ハイボールは好きです
ストレートでのむとなると同じサントリーの角瓶よりも安いホワイトが案外悪くなかったですよ
あれはストレートで飲むように作ってるような気がします
というのも割っても全く美味しくなかったところが
お湯割りにするとアルコール感は強すぎてとてもだめでした
ハイボールにすると味が感じられる濃さにするとごくごく行けないし度数がきつくごくごくいけるような一般的なハイボールの度数にすると物凄く中途半端に味が残る程度ではっきりいって失敗でした
でもストレートなら少なくとも角以上じゃないかと思います
あの値段なのに単調じゃないはっきりとした特徴とスモーキーさがあります
個人的には常飲の1本に入りますね

ウイスキー初心者 | URL | 2019-02-21(Thu)20:02 [編集]


Re: サントリーのマスターブレンダーと言えば

> マスターかは失念したけど、某ブレンダーは昼飯は毎日天ぷら蕎麦を食べると見聞きしたことがあります。
> だったらいっそのこと、塩握りでも食ってりゃいいのにと思いました!

 塩握り、美味しいですよねー、お米と塩が良ければ。
 私、青ヶ島の“ひんぎゃの塩”が大好きでして、料理に使うだけでなく、時々塩だけで舐めています。
 ミネラル分が多いせいか、甘味や旨味をとても感じます。

 それはともかく、蕎麦の汁って饂飩以上に濃いような気がします。
 それに天麩羅の衣の問題も、おっしゃる通りです。
 サントリーのマスターブレンダーさんは、本もよく出版していますが。
 アレもサントリーの宣伝戦略の一環でしょうか。

黒沢一樹 | URL | 2019-02-25(Mon)00:48 [編集]


Re: タイトルなし

> 角そのものがもうハイボールの原液みたいな感じになりつつあるような気もしますね笑笑
> ストレートでのむとなると同じサントリーの角瓶よりも安いホワイトが案外悪くなかったですよ
> あれはストレートで飲むように作ってるような気がします

 いつも貴重な情報、ありがとうございます!
 ホワイト、そのうち飲んでみます!!
 私はやはり、ウイスキーはまずストレートで飲みたいので、安くてストレートで飲めるとあれば大歓迎です。
 レッドやトリスと角瓶の間に挟まれてしまって、つい飲まずにいました。

 チーフブレンダーの輿水精一氏も、角瓶をハイボールで飲んでいると著書に書いていました。
 アレは「ハイボール限定酒」と断り書きを印刷しておくべきだと思いますよ、ストレート等で飲むと酷い目に遭いますから。
 ハイボールがこれだけ人気なのだから、ハイボール用のウイスキーがあっても良いと思います、但し例の断り書きを入れるという条件で。

 サントリーの角ハイボール、私は「濃いめに限る」と思っています。
 普通の角ハイボール缶を飲んだら、薄い上に変に酸っぱくて、とても飲めませんでした。
 角ハイボール缶に限らず、私はハイボールにレモンは入れたくないです。
 けれどその角ハイボール缶の、レモンの酸っぱい味を「サッパリして美味しい!」と褒める人達も、現にいるわけで……。
 味覚は人それぞれで、難しいですね。

 サントリーは白角を水割り専用酒と位置付けていますが、缶入りの水割りの白角、私には薄すぎます。
 白角、私はストレートで案外楽しんで飲んでマス。

黒沢一樹 | URL | 2019-02-25(Mon)01:06 [編集]


たくさん読ませて頂きました

面白くて止まらず、この土日で貴ブログのウイスキー記事をたくさん読ませて頂きました。新書一冊分以上の内容で、しかも無料とは申し訳無いほど楽しませて頂きました。好みをハッキリ打ち出して、しかも説得力があるので読んでいてスッキリします。大トロと角煮のたとえなど実に腑に落ちました。高級なウイスキーの薀蓄の列挙がないところも好感が持てます。しかしながらウイスキーを愛しておられる熱が伝わってきます。影響を受けて今日は入門として近所のスーパーでティーチャーズを買いました。私は体質的にストレートは合わないのですが、それなりにスモーキーな香りを楽しむ事ができました。やはり自分も日本人なのでハイボールで飲むのが合うようです。もともと炭酸が好きなのもあり、これから夏なのでそれでもいいかなと思っています。サントリーの角瓶は買いませんが。ホワイトホース、ジョニ赤などこれから次々と飲んでみようと思っています。おかげさまで人生の喜びが増えました。ありがとうございました。これからも適量を守ってウイスキー道を極めて下さい。

不粋人 | URL | 2020-05-17(Sun)20:03 [編集]


Re: たくさん読ませて頂きました

> 影響を受けて今日は入門として近所のスーパーでティーチャーズを買いました。私は体質的にストレートは合わないのですが、それなりにスモーキーな香りを楽しむ事ができました。やはり自分も日本人なのでハイボールで飲むのが合うようです。もともと炭酸が好きなのもあり、これから夏なのでそれでもいいかなと思っています。サントリーの角瓶は買いませんが。ホワイトホース、ジョニ赤などこれから次々と飲んでみようと思っています。



 心のこもったコメントを、ありがとうございます!

 戦国時代後期に日本に来たポルトガル人によると、日本人は「軽い酒が好きな、陽気な民族」だそうです。
 ですからウイスキーをストレートで飲むのは、日本人にはやはりキツいかも知れません。
 少なくともウイスキーをストレートや濃いめで飲むには、コツの習得と慣れが必要です。
 その点、ハイボールはそんなコツや慣れなど必要なく気軽に飲める上、炭酸の力で(同じ割合で割った水割りよりもずっと)香りをかき立てますし、それに何より、「ビールのように苦くなく、缶チューハイのように甘ったるくない」という点が良いです。
 ただ喉の渇きを癒すのに良いだけでなく、食事にも合いますしね。
 ハイボールもですね、良いウイスキーを使ったものほど美味しいのですよ。
 使うウイスキーによって、味と香りの差が確かにあります。
 ただ、高価なウイスキーをハイボールにして、しかも喉の渇きを癒す為や、食事を流し込む為に味も香りも堪能せずにガブガブ飲まれてしまうと、「勿体ないなあ」と思いますが……。
 その点、千円前後で売られている気軽に飲むのに適したスコッチは、ハイボールにもお勧めできます。
 例えばホワイトホース。
 これは、キリンが扱うようになってから大量輸入をして価格を下げているのか、量販店では本体898円くらいで売っていたりします。
 出来は悪くないのですが、原酒が若いのか、ストレートで飲むとアルコールの刺激が少しキツいです。
 同様に、千円前後のスタンダード・スコッチには、「原酒の若さがあるなあ」と思うものが幾つもあります。
 ですから角瓶より安いくらいのスコッチ、どんどんハイボールにして味と香りの差を楽しんで下さい!
 角瓶、税込みでは当たり前に千五百円以上で売られていますものね。
 それより安くて、しかもより美味しいスコッチが、今はたくさんあります。
 ティーチャーズは、サントリーの傘下になってリニューアルされ、安くなったものの「安かろう、悪かろう」になり、一時とても評判を落としました。
 私もそれを実感しました。
 ただ、近年になって「スモーキー・スコッチ」として宣伝されるようになり、安かったし騙されてみるつもりで買って飲んでみました。
 驚きました。
 美味しくなっていました!
 サントリーはリニューアル後の評判の悪さをきちんと受け止めて、味を間違いなく改善しました。
 で、今のティーチャーズは間違いなく「安くて良いスコッチ」と言えます。
 千円前後で買え、しかも味と香りはジョニ赤に負けないレベルです。
 今のティーチャーズを評価なされた★付箋文★様の感覚は確かです!

 一つ言わせていただければ、日本ではハイボールに氷は付き物のように思われていますが、私は氷を入れずにハイボールを飲みます。
 何故なら氷で冷やすとウイスキーの甘味が消え、ビターさが際立ってしまうからです。
 そして冷やし過ぎない方が、香りも立ちます。
 だから私は、オン・ザ・ロックやハーフロックも飲まないんです。

 よろしければ一度、氷を使わないハイボールも試してみて下さい。
 キーンと冷えたのを好む方には、冷え方が物足りないかも知れませんが……。
 今の日本では、角瓶より安く売られているスコッチがたくさんあります。
 ストレートがキツければ水割りでもハイボールでも、ウイスキーを気軽にお楽しみ下さい!

黒沢一樹 | URL | 2020-05-24(Sun)18:06 [編集]


コメント返しありがとうございました

拙いコメントにもかかわらずご丁寧な返信ありがとうございました。
その後も試行錯誤しながら今日はトワイスアップまで試して、これは美味しいと思いました。だんだんウイスキーの良さがわかって参りました。毎日ささやかながらも楽しませていただいてます。ありがとうございます。
明日はジョニ赤を買ってストックし更にスコッチ道を究めたいと思います。来週はホワイトホースもコレクションに加えたいと思います。
アマゾンで炭酸水を注文したので氷抜きのハイボールも試してみます。
サントリーの健康食品の広告と価格を見ればサントリーがどういう性質の企業なのかよくわかります。間違っても角瓶には決して手を出したくないですね。
今後もいろいろ勉強させていただきます。よろしくお願いします。

不粋人 | URL | 2020-05-24(Sun)22:08 [編集]


Re: コメント返しありがとうございました


> その後も試行錯誤しながら今日はトワイスアップまで試して、これは美味しいと思いました。

 実は私、トワイスアップでウイスキーの味を覚えたんです。
 トワイスアップ、飲みやすく、かつ薄からずで良いです!
 サントリーが流行らせた日本のいわゆる水割りは、いささか薄すぎますから……。
 トワイスアップが少し薄めに感じたら、ウイスキー2に水が1の割り方も試してみて下さい。
 また、ストレートに少しずつ水を足していって、味と香りの変化を楽しむのも悪くないです。
 今は「ウイスキー=ハイボール」の世の中ですし、確かにハイボールは飲みやすいです。
 けれどそれ以外にも美味しい飲み方はいろいろあり、貴方のようにハイボール以外の飲み方にも興味を持って下さるかたがいらして、とても嬉しいです!

黒沢一樹 | URL | 2020-05-31(Sun)16:00 [編集]


試しに、もう一度だけ飲んでみた。確かに少し前のものにあった、添加用の安っぽいねちねちしたアルコールの味はしなくなった。しかし、おそらく、安物のグレンウィスキーをかなりの割合で混ぜていると感じる。これならば、庶民が日常的に飲めるウィスキーになっていると思うが、いつまた味が変化するかわからないという危惧はぬぐえない。

Yarn | URL | 2020-10-31(Sat)18:13 [編集]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2021-01-16(Sat)16:03 [編集]