FC2ブログ

空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

夕焼け空に迫力が出てきました

fx30-130923-LUMIX FX30 187

 反面、書くべきなのは犯罪行為や社会的に影響がある事ですね。
 例えば豊臣秀吉は、日本では人気が高いです。
 小なりとも元から大名だった織田信長や徳川家康と違って、足軽以下の農民から天下人に出世したのだから、「信長や家康より凄い」と言えるかも知れません。
 また「庶民から天下のトップに立った」という点からも、人々に夢と希望を与えました。
 そのせいで、日本では好意的に書かれ過ぎなんですよ、秀吉は。

 豊臣秀吉、あの人は天下を取ってからは信長や家康より酷いです。
 秀吉自身、天下人になった後で家来達に「自分は信長ほど甘くない」と言い放ってますしね。
 あの“魔王”と言われる信長を、「甘い」と言えるような人ですから。
 実子の秀頼が生まれれば、邪魔になった甥の秀次を切腹させ、秀次の家老らも切腹、そして妻と妾と子供はすべて死刑にしました。
 それ以外にも気に入らない家来は、大名から足軽に至るまで容赦なく殺したり処罰したりしました。
 そして大陸に侵略し、多くの人を殺しました。
 そんな面には殆ど触れずに、良い面だけ取り上げて「秀吉は偉い、人間的魅力がある」と書き立てている伝記には、歴史を知る者として心から腹が立ちます。

 それだから、秀吉を主人公にした歴史小説は書きにくいらしいです。
 史実を調べれば調べるほど、天下を取った後の秀吉の残忍さがわかってくるので、明智光秀に勝ち、柴田勝家に勝って天下を取ったあたりでほぼ話を終えて、後はざっと流して終わらせるしかないようです。
 小説ならそれで良いです。
 けれど事実を書く伝記は、それではまずいと思うのです。
「秀吉を伝記に書くなら、天下を取った後のこともちゃんと書け」
 私はそう言いたいですね。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

秀吉とヒトラーとスターリンと

お邪魔します。
 そういえば秀吉と同様農民から天下人になった漢の高祖劉邦も、なった後に猜疑心に取り付かれたと聞いた事があります。またスターリンはナチスドイツが早晩攻めてくる事が分かっていながら共産党の軍隊である赤軍の将校を大量粛清したが、ヒトラーは「兵長上がり」と見下すドイツ将校達(当時は代々将校という人が多かった)を殆ど粛清せずに掌握したとも。またナポレオンは皇帝になった頃「ナポレオン王朝の起源は」という質問(「この成り上り者め」という意味)に「起源はパリの街頭(国民が選んだのは俺)」と答えたとも聞いた事があります。ヒトラーは選挙で選ばれましたが、スターリンは共産党内の権力闘争で勝って権力を手にしました。そうやって得た権力は実は「脆弱」なので、それが粛清に走った原因の一つではないかとも思ったりもします。秀吉も信長亡き後信長家臣団内の権力闘争で勝って権力を手にしました。かつ身分や家柄といったものが絶対の前近代社会でそれらを持っていなかったので、面従腹背というか「内心では見下されているに違いない。いつ手のひらを返されるか分かったものではない。」というものがあったのではないかとも思え、それが残忍な行動に走らせた一因ではないかと思ったりもします。後「特定の人を持ち上げる、または引きずり落とす」には「持ち上げる、または引きずり落とす者の意図」というのもあります。ですから伝記の意義は「自分の見方や考え方、ひいては今の見方や考え方は必ずしも絶対ではない。」という事を感じさせる事ではないかとも思ったりもします(歴史上の人物の評価も時代によって変わっていますし)。
 余談ですが今の首相にとって母方の祖父岸信介は「誇り」であると共に「劣等感の源(岸信介の孫、安倍晋太郎の息子でなければ首相どころか国会議員にすらなれなかったかも)」ではないかと思ったりもします。それが今の首相を形成した一つではないかと。いつか単なる「母方の祖父」になる日が来るのかと。

ブロガー(志望) | URL | 2020-07-25(Sat)23:26 [編集]


Re: 秀吉とヒトラーとスターリンと

>  そういえば秀吉と同様農民から天下人になった漢の高祖劉邦も、なった後に猜疑心に取り付かれたと聞いた事があります。またスターリンはナチスドイツが早晩攻めてくる事が分かっていながら共産党の軍隊である赤軍の将校を大量粛清したが、ヒトラーは「兵長上がり」と見下すドイツ将校達(当時は代々将校という人が多かった)を殆ど粛清せずに掌握したとも。またナポレオンは皇帝になった頃「ナポレオン王朝の起源は」という質問(「この成り上り者め」という意味)に「起源はパリの街頭(国民が選んだのは俺)」と答えたとも聞いた事があります。ヒトラーは選挙で選ばれましたが、スターリンは共産党内の権力闘争で勝って権力を手にしました。そうやって得た権力は実は「脆弱」なので、それが粛清に走った原因の一つではないかとも思ったりもします。秀吉も信長亡き後信長家臣団内の権力闘争で勝って権力を手にしました。かつ身分や家柄といったものが絶対の前近代社会でそれらを持っていなかったので、面従腹背というか「内心では見下されているに違いない。いつ手のひらを返されるか分かったものではない。」というものがあったのではないかとも思え、それが残忍な行動に走らせた一因ではないかと思ったりもします。
>  余談ですが今の首相にとって母方の祖父岸信介は「誇り」であると共に「劣等感の源(岸信介の孫、安倍晋太郎の息子でなければ首相どころか国会議員にすらなれなかったかも)」ではないかと思ったりもします。それが今の首相を形成した一つではないかと。いつか単なる「母方の祖父」になる日が来るのかと。



 確かに信長も家康も、若い頃に「生母に嫌われ、多くの家来にも理解されなかった」とか「織田家や今川家の人質にされていた」とかの苦労はしつつも、生まれながらの大名ですからね。
 おっしゃる通り、自分の立場や身分に自信はあったと思います。
 それに比べて秀吉は、誰もが知る「百姓の息子」ですから。
「心の内では馬鹿にされているのではないか」という不安が、とてもあったでしょうね。
 そこまで思い及びませんでした、ブロガー(志望)様、流石です。
 以前から思っていたのですが、“志望”などと謙遜なさる必要は不要と思います。
 この世に幾多のブログがありますが、貴方は豊富な知識と確かな見識をお持ちの立派な、一級のブロガーです。

 ところで安倍首相ですが、私の母の知人が大学の教員で、大学生だった安倍晋三氏を教えたことがあるそうです。
 その方によると、「あんな馬鹿な男はいない」とか。
 まあ、首相にまで登り詰めたからそこまで酷評されるのでしょうが、特に秀でたところの無い平凡な学生だった事は確かなようです。
 おっしゃるように、岸元首相の孫で、安倍晋太郎の子でなければ、国会議員にすらなれなかったでしょうね。
 だから信頼できる“お友達”を身近に集め、彼らを贔屓して政治を進めているのでしょう。
 それに気付いたのも、ブロガー(志望)様のおかげです。

黒沢一樹 | URL | 2020-07-26(Sun)15:15 [編集]