FC2ブログ

空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

雲の迫力

fx30-140305-LUMIX FX30 191

 と言うわけで、今も独身の私は、恋愛は避けるわけではありませんが「どーでもいいかな」と思っています。
 女性も好きではありますが(特にただ眺めているのは)、今は自分から積極的にはかかわらず、愛は他のものに向けて生きています。

 私の生き甲斐と言えば、まず写真ですかね。
 もっともこの写真も、女の子がらみで始めたのですけれど……。
 私はチビだし、顔も良くないし、女性にモテるタイプでないことは、よく自覚しています。
 だからせめて、「写真で好きな子の姿を手元に残しておこう」と。
 本当にそんな不純な動機で写真を始めたんです、私は。
 ただそう思う以前に、家族で旅行に行った際に記念写真や風景を撮ると、私が撮ったものは一番に良く撮れていて、それで「写真を撮るのって、面白いかも」とも思ってはいました。

 そして高校に入ってから一眼レフのカメラを手に入れて、本格的に写真を撮り始めました。
 部活はもちろん写真部で、用が無くてもカメラを学校に持って行き、文化祭や体育祭や遠足などの学校行事にはそれこそ撮りまくりでした。
 学校の長い休みにはバイトをして、撮影目的に合った交換レンズを少しずつ増やし、スペアのボディも買い足して。

 何しろ学校行事の際にはクラスの写真係を買って出て、可愛い子だけでなくブスだろうが野郎だろうが、誰の写真も撮ってあげていましたからね。
 だから私は「みんなの写真係」というポジションにいて、殆どの人が気持ちよく写真を撮らせてくれました。
 ええ、クラスで一番の可愛い子とかも、良い笑顔で写真に写ってくれましたよ。

 で、高校時代の後には目当ての女の子にモデルをお願いして、一対一の撮影をさせていただくのが常になっていました。
 ハイ、楽しかったです。
 フィルム代や現像料、それにモデルになってくれた女の子のご機嫌を取り接待する為のお金を工面するのが大変ではありましたが、それ以上に楽しかったです。

 まあ、今や私もカメラを持って女の子を追い回すような年ではなくなり、花や空や風景、それに猫などを撮っていますが。
 だから主に使うレンズも、女の子を綺麗に撮る用の中望遠レンズから、花を撮る為のマクロレンズや風景を撮る為の広角レンズに変わりました。

 私はカメラやレンズはただ道具として使い潰すのではなく、本当に大切に使います。
 私はカメラの収集マニアではなく、あくまでも写真を撮る人ですから、手に入れたカメラはしっかり使いました。
 カメラはガンガン使う、けれど乱暴には扱わず、撮影の後は必ずきちんと手入れと清掃を欠かしませんでした。
 まあ剣術使いが刀を粗末に扱わず、手入れは欠かさないようなものですね。

 その私の扱いと手入れのせいか、私のカメラとレンズたちは本当に長持ちしてくれます。
 実際、私が高校時代に買ったカメラとレンズ、手に入れてからかなりの年月が経ちましたが、今も現役で全く問題なく使えます。
 撮影の最中に機材が壊れて困った、などということも、本当に一度も無いですね。
 私のカメラとレンズたちは、信頼に応え続けてくれています。

 アニミズムと言って、全てのものには魂が宿っているという考え方があります。
 私、「自分のカメラには魂が宿っている」と言うつもりはありませんが、私のカメラ、本当に元気に頑張ってくれています。
 カメラだけではありません、車とか時計とかオーディオ機器とかパソコンとか、私が使う機械は壊れず長持ちしてくれるものが多いです。

 だから思うのですが、モノは粗末にせず大切にした方が良いですよ。
 モノも大切に使うと、期待にしっかり応えてくれます。
 こう言っては、私がいかに悪い女にばかり惚れてしまっていたかを白状するようなものですが。
 彼女より機械の方がずっと人を裏切らないと、つい思ってしまいます。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 私は、小柄です。背の順に並ぶと、前から1割を出はいりしていました。成長期には辛うじてチビと言われませんでしたが、今ではチビでしょう。
 しかし、その私よりも5cmくらいは短身の友人達が、今にもエネルギッシュです。問題は、先天的に何かの不利を得ていた事なのでしょうね。

 しかし今には、ウイスキーを楽しめています。それは良い事です。
 60前後には、多くの人々が死去しています。手塚・大川・藤山・美空・石原などと言えば分かるでしょう。どれほどな人物も、死んでしまえば終わりで、消えて行きます。

 写真は素敵ですが、写すのは外観だけです。それに向く女性だけに目を向けて、いや、心を向けて来たなら、人生の失策です。間に合って改心してください。
 私、学生時代に多くの女性と話しませんでした。大学時代には、東大と御茶ノ水女子大の学生としか話していません。電車で隣に座って、たまたま言葉をかわした東京女子大の学生が、忘れられません。私には、どれより素敵でした。ずっと隣りにいたかったです。生涯に幸せを祈りますね。

 姉上と比較されたにせよ、先天性の不利を抱えては仕方ないです。そもそも、その時代には男の子の方が、女より大きな期待を受けたのです。その分、余計に不足を責められたのでしょう。
 東大や御茶ノ水女子大の女性が魅力がない訳もありません。しかし私には、東京女子大の女性に大きな可能性があったのです。これは私が知性面で劣った証拠でしょうか。分かりません、それを判断する高等カップルに、付き合いができませんでした。しかし、単身赴任で定年まで同居を許されない優秀者カップルにも、憧れられませんよね。

 かなりギリギリですが、良いのを見付けましょう。今では、年代的に初婚ではないかも知れませんが、離婚天国の日本ですから、1度懲りた女性の方が安心かも知れません。恐らくは、きっと。
 そういう相手を失望させたら、駄目です。そこではカメラは置いときましょう。きれいに撮影してくれる者は、初めから特に本命でないです。誰か別人に見せる物です。

 私、横着でメモなどしたくなく、予備校の教員室のスケジュール表を撮影しました。
 そいつを借りて行った奴が焼き増しして、売っていましたよ。写真て一般に、そういう物なのですよ。個人的価値を離れたなら。

| URL | 2020-10-30(Fri)11:19 [編集]