空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

満開にはまだ少し早い感じでした

psa620-080401-173.jpg

 桜をちょうど良い時期に撮るのって、なかなか難しいです。
 満開の時期に天気が悪かったり、花散らしの雨や強い風に打たれてしまったり。
 かと思えば「満開です!」とのニュースを信じて出かけてみれば、まだ五分から七分咲き程度だったり。
 この日も、満開と言うには少し早すぎたようです。
「ちょうど満開で、しかも晴れていて」なんてコンディションで桜を撮れるのは、本当に数年に一度くらいのものです。

 と言うか、黒沢は“雨男”とまでは言わないけれど、それに近い感じで天候に恵まれないのです。
 天気予報では晴れると言い続けるから、それを信じて取りに行く予定を立てて準備もして、いざ当日になるとどーしよーもないような曇天だった……という事がとても多いです。
 日頃の行いも、そんなに悪いつもりは無い、のだけれどねえ……。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する