空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

まだ売っているかな、ツル割れ林檎

psa620-080411-017.jpg

 林檎の産地の方々、特に林檎農家の方など、「林檎の花を写真に撮ろう!」と思う人間がいるなど、思いもしないのではないでしょうかね。
 でも黒沢のように雪の降らない暖かい地方に住む者にとっては、林檎の木の存在すら珍しいんですよ。
 だから林檎の木に花が咲きでもすると、こうしてカメラを持ち出して撮ってしまうのです。

 林檎と言えば、黒沢は“ツル割れ林檎”が大好きです。
 成熟し過ぎて実のツルの付近が割れた林檎は、「見かけが良くない」という事で安値で売られたり、加工用に回されてしまう事が多いそうですが、実はより甘くて美味しいものが多いので、農協系のスーパーなどで売っているのを見かけたら即座に買っています。
 人って、何で中身でなく見かけで判断して価値を決めてしまうんでしょうね。
 ツル割れ林檎に限らず、見かけは良くなくても中身は良いものは他にもいろいろあると思いますし、そういう部分を見抜ける目を持ちたいです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する