空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

昭和の写真少年⑪・例え彼女でも、ヌードを撮らせて貰うのは大変

 もしキミが、誰か身近な女の子にヌードのモデルを頼んだとして。そしてその相手が、性別を越えた大親友と言えるレベルの女友達なり、現在進行形で付き合っているラブラブの彼女なりの、ちゃんと信頼関係も成立している人だったとしても。
「あのさ、オレの写真の為に脱いでくれない?」
「うんイイよ、スタイルにはちょっと自信あるし、一番キレイなカラダをしてる今のうちにヌードを撮っておきたいな……って、ちょうど思ってたの」
 みたいに、ヌードのモデルを頼んで二つ返事でOKして貰えるコトなんて、現実にはまず殆ど無いからね。

 黒沢はこれまでに、まあ両手の指で数える以上の女の子に脱いで貰って撮ってきたよ。けどその一人一人に少なくとも数ヶ月単位で時間をかけて、いろいろ説得して納得して貰った上でようやく撮影にこぎ着けたわけデス。
 口説き始めてから本当に脱いで貰えるまでに、中には二年もかかった子もいたよ。と言うよりむしろ、「どんなに口説いてもダメだった」って子の方が、脱いで貰えた子よりずっと多いのが現実でさ。
 例の篠山センセイなんか、ちょっとイイ子を見れば挨拶代わりのように「脱いでみない?」って口説いてるんだって。あれだけ多くの女性のヌードを撮れているのはその結果であって、センセイだってその何倍もの女優さんやアイドルに、脱ぐのを断られている筈なんだ。

 キミとしてはさ、「彼氏彼女の仲でもうエッチだってしてる仲なのに、何でダメなの?」みたいに、つい言ってしまいたくなると思う。あるいは相手が幼なじみで腹の底まで判り合えてる大親友の女の子なら、「ちっちゃい頃には一緒に風呂にも入ったし、裸ならもう全部見てるじゃん」とかね。
 けどそれでも「裸を見られる」のと「裸を写真に撮られる」のでは、意味合いがかなり違うんだよ。

 黒沢と仲良くしてくれたレアな女の子の中に、チホさんって高校2年の子がいて。で、その子がこんなコトを言ってたんだ。
写真に撮られるのでなければ、脱ぐのはじゅーぶんガマンできると思う。けど撮られると言われたら、恥ずかしさは倍くらいになるよ
 そしてまた別のシズカさんって子も、こう言ってたよ。
ヌードのモデルになるのは、別に悪いこととは思わないよ。けど写真は後に残るから、やるか断るかすごく迷う

 ズバリそこなんだよ。
 モデルを頼まれた女の子が脱ぐのを躊躇う大きな理由には、
「キミに裸を見られる恥ずかしい」
 ってのも、勿論あるのだけれど。
 でも断られる最大の理由って、まず間違いなくコレなんだ。
写真を他の人に見られて、ヌードになったことを知られたら困る

 キミに裸の写真を撮られる時と、その撮られたヌードの写真が雑誌に載るなり展覧会に出されるなりして皆に見られる時とで、「どっちが恥ずかしい?」って聞いたら、10人の女の子がいたら9人は「雑誌や展覧会で見られる方」って答えるよ。
 例えば同じ高校の子でヌードになるギリギリまで撮らせてくれたチハルさんも、その件について「撮られる時は相手がカメラマンだけだから諦めがつくよ。けど雑誌や展覧会で大勢に見られるとなると、気持ちはかなり違う」って言ってたけど、女の子の気持ちってそんなものだと思う。

 なら、「雑誌に載せるとか写真展に出したりしないし、他の人には絶対見せない」って約束すればいい、って?
 たとえ「他の誰にも見せないから」と固く誓って撮ったとしても、その約束が永遠に守られる保証はどこにもナイよね。親にも見せたことのないような姿の写真を預けて、ただその相手のことを信じるしかないワケで。
 そしてまた人間関係に永遠など無く、時によって移ろい行くものだからね。

 特に恋愛関係ってやつには別れがつきものだし、お互い納得した上でキレイに二人の交際にピリオドを打てるとは限らないよね? と言うよりむしろ、どちらかが心変わりして、フタマタだの浮気だのと泥沼の修羅場を見た揚げ句に、喧嘩別れすることの方が多いくらいなのが現実でさ。
 そうして別れた時、元彼の手元には「可愛さ余って憎さ百倍」の元カノの裸の写真が残される事になるワケで。
 ……これって、女の子の側にとってはかなり大きなリスクなのは間違いないコトでさ。だから冷静で先の事まで考える女の子ほど、本音では「脱いでも減るもんじゃないし、撮られてもいいかナ」と思ってはいても、実際に脱ぐことは躊躇っちゃうんだよね。

 躊躇う女の子に例の「雑誌にも載せないし、他の人には絶対見せないから」って約束するの、実は黒沢も何度かやっているんだ。
 そしたらその中のレイさんって子に、こう切り返されたよ。
一樹くんのコトは信用してるよ、けどもし一樹くんが死んじゃった後、その写真はどうなるの?
 もしもの話にしても、黒沢の死後みたいな遠い先のコトまでよく考えるもんだ……って、その時はかなり呆れてしまったよ。けど撮られた写真がその後どう使われるかを、女の子ってそれくらい心配するものなんだ。

 そのレイさんって子は美術学生で、彼女自身も何度か裸婦を描いてもいてさ。だから女の子の裸体をモデルとして扱うことにも、けっこう理解があったんだよね。
 ただレイさんがずっと気にしていたのが、「写真は絵と違ってそのまま写るし、モデルがワタシだってわかっちゃうから」ってコト。

 ま、そのレイさんにも一年以上説得を続けて、何とかモデルになって貰えたよ。レイさんは学校で裸婦も描いていただけあって、一度モデルをOKしてくれた後は話のわかりが早くて撮りやすくてさ。
 例えば撮る前に、「モデルになる時は、下まで全部脱いでくれられる? それとも、脱ぐのは上半身までにした方がいい?」って聞いてみたんだ。モデルを頼まれてもなかなかOKを出せなかったレイさんのことを考えて、黒沢なりに気を使ったつもりだったんだよね。
 そしたらレイさんは、「何をバカなこと言ってるの?」みたいな顔で、即座にこう答えたよ。
もちろん全部脱ぎますよ。だって脱いでもパンツとかつけてたらヌードにならないし、逆にイヤらしい感じになっちゃうでしょ?
 そしてレイさんは、こうも言ってたな。
もし一樹くんが絵を描く人で、絵のモデルに……って頼まれてたら、脱ぐのもすぐOKしたんだけど」 
 女の子の気持ちって、そのくらい複雑で微妙なものなんだよね。

 レイさんの場合と違って、時間をかけて口説いたものの結局断られちゃった女の子に、顔は可愛いしプロポーションも良いアサミちゃんって子がいてさ。そのアサミちゃんが迷った揚げ句に出した結論がコレなんだ。
本音を言っちゃえば、自分の裸の写真を見てみたいって気持ちは、確かにあります。でもそれを他の男の人に撮ってもらうというまでは気持ちが動かないよ。ただ秘かに撮って、秘かに見たい……というだけ
 このアサミちゃんって、当時は銀行勤務のOLさんでさ。
 自分は可愛いってよくわかってて、自信はあるのだけれど冷静で慎重な女の子って、まあこう考えるものだろうね。「一番キレイな時の自分の姿を写真に残しておきたい気持ちもある、けどそれより撮られた写真が“流出”とかして、職場にバレる事のほうが怖い」って感じで。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する