空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

ソメイヨシノが減ってゆきそうです

psa620-090403-102.jpg

 日本の桜と言えばまずソメイヨシノですが、60年ほど経つと樹勢が弱り始めるので、戦後に大量に植えられた各地の桜にも寿命が迫りつつあるようです。
 さらに、ソメイヨシノは伝染性の“てんぐ巣病”にかかりやすいため、似た花を咲かせる“ジンダイアケボノ”という種類への植え替えが進められているそうです。

 ただこの“ジンダイアケボノ”は、ソメイヨシノより早く咲く傾向があるのだとか。
 近年の地球温暖化で、ただでさえ桜の開花時期が早まっているのに。
 ソメイヨシノがこのジンダイアケボノに代わり、そして温暖化がさらに進めば、「桜の花びらが舞う下で入学式」という風物詩も、すっかり過去のものになってしまいそうです。
 そのうち桜は、卒業式の頃の花になってしまうのでしょうか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する