空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

思っていた以上に「まとも」だった戦後70年の安倍談話

 国内外から注目されてきた、安倍首相の戦後70年談話がこの8月14日に発表された。
 そしてそれに対する評価も、国内外で二分されている。

 筆者は思想的には保守だが吉田茂元首相の系統を引く自民党の穏健派を支持してきて、同じ自民党でも岸信介元首相の系統の清和会に属する政治家は大嫌いである。
 ついでに言えば、日本会議や神社本庁も大嫌いである。
 従って小泉純一郎政権からの自民党は、どうしても支持する気になれずにいる。
 当然、今の安倍首相も大嫌いで、一日も早い退陣を願っている。だからこのブログでも、安倍政権については散々批判し続けてきた。

 が、14日に発表された安倍首相の戦後70年談話に関しては、概ね正しい事を言っていると肯定的に評価したいと思う。
 日本が進むべき進路を誤り侵略行為をし、アジア諸国にも苦難の道を歩ませた事を、談話の中できちんと述べている。
 安倍首相の本当の政治信条や歴史認識からすれば、本当によく我慢して欧米やアジア諸国に配慮して歩み寄った談話だろうと思う。

 ただ、安倍首相の支持層は保守層でも戦前の日本が大好きで、先の太平洋戦争についても「あれは自衛の戦争で、悪いのはブロック経済で日本を困らせた連合国側なのだ」と正当化したい歴史修正主義者たちだから。
 そして安倍首相自身の心情も、おそらくそれに近いだろうと思われる。
 だから全体的に正しい歴史を語りつつも、何となく言い訳がましい、「日本にだって仕方のない事情があったんだよ」と言いたげな論調になっている。

 例えば日本の引き起こした戦争についても「進むべき進路を誤り」と認めつつも、その日本が孤立感を深めて戦争へと走った理由として欧米のブロック経済を挙げ、談話の後の方でも「経済のブロック化が紛争の芽を育てた」と繰り返したりしていて、ただ素直に「日本が悪かった、ゴメンナサイ」と謝っているようには見えない事は否定できまい。

 また、戦後50年の村山談話と戦後60年の小泉談話では、「歴史の事実を謙虚に受け止め、改めて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明する」と、日本の首相が自ら反省とおわびの言葉を口にしているが、安倍首相の談話はまるで違う。
「我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明してきた」と、過去の話を持ち出して、首相自ら謝ろうとはしていないのだ。

 ちょっと想像してみてほしい。
 貴方が何かの事故や犯罪の被害者になったとして、その加害者が「痛切に反省して心からおわびする」ではなく、「これまで何度も反省しておわびしてきただろう」と言ったとしたら。
 それで心から反省して詫びていると、貴方は思えるだろうか。
 この加害者側としての安倍首相の言い方を見ても、「ああ、安倍首相は本当は謝りたくないんだな」とよく理解できる

 そういう意味で、筆者は安倍談話のこの部分が非常に気になった。

 日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を越えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

 この感覚、筆者も心情的には理解できないでもないのだ。
 筆者も完全にあの戦争とは何の関わりもない世代だが、韓国や中国の若者たちにかつての日本の戦争と植民地支配を激しい口調で責められると、正直に言ってムッとする。
 かつての戦争や植民地支配の時代を生き抜いてきた中国や韓国のお年寄りに日本に対する恨み言を言われるなら、謙虚な気持ちで聞く事ができる。
 しかし相手が日本の支配を体験した筈もない若者だと、ついこう言ってやりたくなってしまう。
「オレがアンタ個人に、いったい何をしたよ?」

 ただね、我々日本の若い世代だって、「ある国に日本人が酷い目に遭わされた」と聞かされれば、その国に対して怒りや憎しみなどの悪い感情を持つだろう。まるで自分や身内が、その被害に遭ったかのように。
 例えば先の大戦で満州で、中立条約を一方的に破って攻めてきたソ連軍に、現地にいた日本人は一般人まで殺され、持ち物を奪われ、そして女の人達は強姦されたという話を聞けば、殆どの日本人はロシア人に怒りを感じるだろう。
 現に終戦前後の満州にいた日本人の悲劇を描くドラマでは、ソ連兵はいつも無慈悲な悪役だ。
 また、満州で捕虜になった日本兵はシベリアに送られ、極寒の中で何年も酷使されて多くの者が飢えと寒さで命を落とした。この話を聞いても、日本人ならロシアに怒りを感ずる筈だ。

 元寇と言うとかなり昔の話だが、元軍の実態はかなり酷いぞ。
 元軍が九州に上陸する前に、元軍に占領された対馬などでは、男はみな殺され、捕らえられた女は手の平に穴を開けられ縄を通され、船端にくくりつけられたという。
 幸いにも台風という“神風”が元軍を撃退してくれたから良いものの、もし元軍がそのまま上陸を果たして日本を占領していたらと想像するだけでゾッとする。
 だからと言って、日本にいる白鵬などのモンゴル人の関取たちに「過去の侵略と蛮行を謝れ!」と言うつもりはないが。
 それでも元寇の歴史を学べば、過去の事ながらモンゴルに対して腹立ちに似た感情を抱いてしまう。

 元寇は七百年以上も昔の事で、モンゴルと日本は今では友好関係にある。しかしだからと言って、元寇を無かった事にして、日本の歴史から削除するわけには行かないのだ。
 同様に、日本が国策を誤ってアジア諸国を侵略した史実を「無かった事」にして、その国や日本の歴史から削除するわけにも行かないのだ。


 例えば朝鮮(韓国)は、いわゆる36年間の日帝支配で、国そのものが一時期とは言え無くなってしまったのだ。
 それだけではない。日本は豊臣秀吉の時代にも、一方的に朝鮮(韓国)を侵略している。

 皆さんは、耳塚というものの存在を知っているだろうか。
 戦国時代には合戦で敵の首を取ったが、秀吉の朝鮮侵略の際にはいちいち首など取っておれず、戦功の証拠として朝鮮人戦死者の耳や鼻を切り取って持ち帰り、秀吉が確認した後に、京都の方広寺に塚を築き埋葬したものだ。
 しかし日本側の陣中日記などによると、我らが日本軍は朝鮮人の兵士も民間人も関係なく殺してその鼻を削ぎ取ったとされている。

 NHKと言えば、会長や経営委員に安倍首相のお仲間が送り込まれ、今や「皆様のNHK」ならぬ「アベ様のNHK」と化しているが。
 事実ニュース報道にしても、政治や国会に関する事柄では、政権に都合の悪い事は民放が報じてもNHKは報じないか、あるいは遅れて小さく伝えるなどして、現政権側に都合の良い大本営発表のようなものになっている。
 そのNHKがこの8月13日に放送した『NHKスペシャル・女たちの太平洋戦争』で、従軍看護婦として戦地へ赴いた日本の女性たちが、日本軍がアジア各地で何をしたかの一端をはっきり語っていた。
 撤退する際に、道案内をさせた現地の人を、目的地に到着して用済みになった途端に射殺した、とか。
 現地の人達が作った稲や芋などの食料を奪って食べてしまった、とか。

 この8月16日発行の毎日新聞でも、フィリピンの戦線から生きて帰った日本兵たちが、現地で略奪をし女性には乱暴(強姦)したと自ら語った事実が書かれている。

 このような事を、された側は「過去の事だから」と忘れられるものだろうか。
 それは無理だ、と筆者は確信する。
 七百年以上も前の元寇についてだって、元軍がした残虐行為を知れば、同じ日本人として腹が立つのだから。
 ましてや70年前の、被害に遭ったお年寄り達がまだ生きている戦争の事を、水に流して忘れられるわけがない。

 成功しなかった侵略の元寇だって、歴史として教えられ、いくらその後モンゴルとの友好が進んでも史実から消す事はできない。
 だから日本が国策を誤り侵略戦争をした事実は未来永劫消す事は出来ないし、我ら日本人もその事を忘れてはいけないのだ。

 ゆえに安倍首相は談話で「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」という一文だけは、言うべきではなかったと筆者は考える。
 安倍首相はその一文に続いて、こうも言っている。

 それでもなお、私たち日本人は、世代を越えて、過去の歴史に真正面から向き合わねばなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。


 そうなのだ。
 筆者も安倍首相も含めて戦後に生まれた日本人は、先の大戦や侵略や植民地支配について何も関与していないし、個人的には何の責任もない。
 しかし日本という国が過去に侵略戦争をして植民地支配をし、現地の人々を苦しめたという事実は、消して歴史から消す事は出来ないのだ。
 だから戦後の世代も日本のその負の歴史を忘れず、侵略された国の痛みを思って謙虚にその国の人々と接しなければならないと筆者は考える。

 戦争などまるでした事もない戦後生まれの日本人が、同じ世代の若い中国人や韓国人や他のアジア諸国の人に、いちいち「過去に侵略戦争をしてスミマセン」と謝らねばならないとは思わない。
 ただ終戦前後にロシア兵が満州の日本人にどれだけ酷い事をしたか聞いた時の我々と同じ気持ちを、彼ら日本に支配された過去を持つアジア諸国の人々も持っているという事を決して忘れてはならないと思う。
 そう考えるのは、例の“自虐史観”というやつなのだろうか?

 実際、今の日本には過去の日本の負の歴史を認めたくないあまりに、あの戦争を「自衛の戦争」だの、「白人の植民地支配からアジアを解放する為の正義の戦い」だのと言い張る歴史修正主義者が多くいる。
 その事実は、書店に行けば『歴史通』だの『Will』だの『正論』だのと言った、日本の過去を美化して黒も白と言い張る論調の雑誌が、平積みで目立つ所に置かれてよく売れている事でもわかる。
 そしてその種の歴史修正主義者たちに強く支持されているのが安倍首相だ。

 その事を考えれば、この8月14日の安倍首相の戦後70年談話は、「あの安倍首相にしては」という条件付きで、曲がりなりにも国策の誤りや侵略や植民地支配にも触れ、思った以上に良い談話だったと評価したい。
 安倍首相にしては、欧米諸国に配慮して、言いたくもない心にもない事を談話に盛り込まざるを得ず、さぞ辛かっただろうと思う。
 欧米への謝罪や感謝に比べて、より多くの被害を与えたアジア諸国、特に中国や韓国に対する謝罪と感謝の言葉が少ないあたりを見ても、本当は謝りたくないのだな……という安倍首相の本心が何となく伝わって来る点も面白かった。
 そして支持基盤である歴史修正主義者の保守層への配慮から、侵略や植民地支配や誤った国策などの言葉も一応盛り込みつつも、欧米の植民地支配やブロック経済などにも触れ、「日本だけが一方的に悪いんじゃないんだよ」とそれとなく匂わせたせいで、村山談話に比べていやに長ったらしい、気持ちがストレートに伝わりにくい談話になっているあたりでも、安倍首相とその周辺の苦心の跡が窺えて面白かった。

 過去の負の歴史は決して消す事ができないものだし、心情的にはわかるが「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」という一文だけは、あの戦争の加害者側の日本として言うべきではなかったと思う。
 また、西洋の植民地支配やブロック経済についても、加害者側が言うには言い訳じみていて余計だったと思う。
 しかし全体としては(歴史修正主義者たちは残念だっただろうが)歴史の捉え方に誤りはなかったし、思っていた以上に「まとも」であった。安倍首相の本来の政治信条からすれば、かなり譲歩して苦心して発表した談話であろうと、アンチ安倍の保守派の一人として前向きに評価したい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する