空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

この同じ青空の下で

psa530-080814-033.jpg

 青い澄んだ空に、真っ白な雲が綿のように浮いていました。

 でもこの同じ冬の青い空の下を、七十数年前には日本軍機がハワイの真珠湾のアメリカの軍艦を襲っていたのですね。
 そしてそれから悲惨な戦争になるとも知らず、国民は大本営発表を信じて勝利のニュースに大喜びしていたんですよね。
 それを考えると、「平和って、良いなあ」とつくづくと思わされます。

 けれど安倍政権はこの日本を「戦争のできる、普通の国」にしてしまいましたし、安倍首相とその取り巻きや支持層は、かつてのように愛国心という言葉を強調し、自分たちに反対する者は「サヨクの売国奴の非国民」と決めつけます。
 いつかそのうち、この同じ空の下を日本の軍用機が飛び、戦車や兵士らが地を駆ける日が来るかも知れないと、ふと不安になって来るのは私だけでしょうか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する