空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

評価に悩むスーパーニッカ

 スーパーニッカは、何年も前に一本だけ飲んだ。
 そしてそれ以来、ずっと飲まずにきた。

 と言って、飲んで不味かったわけではない。
 いや、むしろ「美味い!」と思った。
 しかしその一本しか飲まなかったのは、当時のニッカの製品のラインナップのせいである。

 その頃、スーパーニッカは実売価格で二千円を少し切る値段で売られていた。
 そして同時に、「とても美味い」竹鶴12年が二千円を少し上回る価格で売られていたのである。

 スーパーニッカを買うお金に百円玉を数枚足せば、ノンエイジではない本物の12年モノのピュアモルトが手に入れられるのである。
 となれば、「いっそ竹鶴12年の方を買おう」という気持ちになっても不思議はあるまい。
 だから筆者は、スーバーニッカもなかなか良い出来なのは知りつつ、竹鶴12年の方ばかり買うようになってしまった。

 さらにスーパーニッカは数年前にリニューアルされ、その味の評判があまり良くなかった。
 ニッカは「時代に合わせ、より現代的にリニューアルした」と説明していたが、ネットでは「より甘くし、スモーキーさを弱めて、サントリーの味に近づけた」との批判の声も少なくなかった。
 それで筆者は、ますますスーパーニッカを買う気になれなくなってしまった。

 が、昨今のウイスキーブームの影響で、今年の9月出荷分からスーパーニッカの希望小売り価格も上がると知った。
 それで値段が上がってしまう前に、もう一本だけ手に入れておこうという気持ちになった。
 同価格帯のサントリーのスペシャル・リザーブニッカG&G、それにジョニーウォーカーの黒ラベルなどと飲み比べて、果たして今後も買うべき価値があるものかどうか、じっくり味を見てやろうと思い、久しぶりにスーパーニッカを買った。

スーパーニッカP1080110

 まず封を切ってみると、甘くスモーキーな香りが広がる。その香りそのものは、スペシャル・リザーブより華やかである。
 口に含むと甘く力強く、そしてビターな深い味わいを感じる。
 飲み込んだ後のアフターテイストには確かなスモーキー香があり、余韻もかなり長く続く。

 封を切って数日経つと、甘くスモーキーで力強い印象がさらに際立ってくる。
 ネットの評判では「甘さがより強くなり、スモーキーさが弱まった」という声が多いが、果たしてそうだろうか。
 甘さも別にカラメルのようなベタつく甘さではなく心地よいし、スモーキーさも充分に感じられて、筆者にはかなり良いウイスキーに思えた。
 それはもちろん、「二千円で買えるウイスキーにしては」という話だが。

 味も香りもかなりスコッチに似ていて、甘くスモーキーで力強く、個人的にはスペシャル・リザーブよりこちらの方が間違いなく好きだ。
 しかし同時に、スペシャル・リザーブの優しさと繊細さの方を好む人も間違いなくいるだろうことも、よくわかる。

 ウイスキーの中では、間違いなくスモーキーで力強い部類に入ると思う。
 しかし惜しくもこの夏に終売になったニッカG&Gの方が明らかにスモーキーで、かつより力強くビターだ。
 比べてしまうと、同じニッカのG&Gよりスーパーニッカの方が間違いなく甘く穏やかな味わいだ。だから「リニューアルしてより甘くなり、スモーキーさが無くなった」と言われるのかも知れない。
 しかしスーパーニッカの方が、G&Gより熟成されていて滑らかな印象もある。
 個性はG&Gの方が間違いなく際立っているが、ウイスキーとしての質は僅かにスーパーニッカの方が上だろう。

 だがジョニ黒と比べてしまうと、スーパーニッカの方が少し味に荒さがあるような気がする。ジョニ黒の方がより滑らかで熟成感があり、スーパーニッカには僅かにアルコールが舌に刺さる印象がある。
 そこがノンエイジのスーパーニッカと、12年モノのジョニ黒との差かも知れない。
 但し香りはスーパーニッカの方が甘く華やかで、ジョニ黒はもっと落ち着いた渋味と樽香を感じる。

 スーパーニッカは、竹鶴政孝氏がリタ夫人を亡くした後、リタ夫人に捧げる為に造ったウイスキーだと聞くが。
 確かに良いウイスキーだ、とは思う。
 リニューアルされたスーパーニッカも、なかなか良く出来ていると思う。
 ただ「また買って愛飲するか?」と尋ねられると、筆者は答えに窮してしまうのである。

 はっきり言うが、筆者はウイスキーとしては、スペシャル・リザーブよりスーパーニッカの方が間違いなく好きだ。
 しかし二本並べられて「どちらか一本だけ買え!」と迫られたら、スペシャル・リザーブの方を選んでしまうかも知れない。

 と言うのは、スペシャル・リザーブは間違いなくサントリーの言う“ジャパニーズ・ウイスキー”だからだ。
 酒質はライトで、しかしその中にフルーティーな甘さや僅かなビターさやスモーキーさなどを兼ね備えた、いかにも日本的な繊細な味わいがある。
 量販店なら二千円で買えるウイスキーでこんな製品は、おそらく他に無いだろう。

 それに比べ、スーパーニッカは間違いなくスコッチ・タイプのウイスキーだ。
 となると、どうしても似た価格帯の、ジョニ黒やシーバス・リーガル12年やバランタイン12年などのスコッチと比べてしまう。
 で、そうした他のスコッチより決定的に優れている部分が見いだせないのだ。
 そうしたスコッチより「不味い」と言うわけではないが、優れている部分も感じられない。

 より繊細なスペシャル・リザーブや、ガツンと来る力強さやスモーキーさのあるG&Gは、そのはっきりとした個性が選ぶ理由になる。
 しかしスーパーニッカの場合、間違いなく良いウイスキーなのだが味や香りがスコッチに近いだけに、ジョニ黒やシーバス・リーガル12年やバランタイン12年などのスコッチを差し置いて選ぶ理由を感じにくいのだ。

 しかもスーパーニッカは、この9月出荷分から値上げされた。
 筆者の近所の酒の量販店でも、以前は税抜きでなら二千円を切っていたものが、今では税込みで二千五百円近くになっている。

 値上げ以前のスーパーニッカは、ジョニ黒やシーバス・リーガル12年やバランタイン12年などに負けぬ味で、そして値段はちょっぴり安かった。
 しかし今ではそれらのスコッチと同じか、下手をすれば高いくらいになっている。
「ジョニ黒よりも高いスーパーニッカなんて、ちょっと買う気になれない」と思うのは、筆者だけであろうか。

 1962年に発売された時、スーパーニッカは三千円だったという。
 その頃の三千円と言えば、よくわからないが今で言えば二万円くらいになるだろうか。何しろ喫茶店のコーヒー代が、1960年で60円、1965年で80円くらいだったというから。
 それに比べれば、スーパーニッカは「かなり安くなった」と言えるだろうし、スコッチやバーボンなどの輸入物を好む人も含めて、今はウイスキー好きにとって幸せな時代なのかも知れない。

 何しろハイニッカも1964年に発売された時、五百円という値段で「安い!」と評判だったというのだから。
 ちなみにあんパンは1960年に15円、1965年に20円くらいだったという。

 それを思えば、スーパーニッカの今回の僅かな値上げ程度でガタガタ言う方がおかしいのかも知れないが。
 だがスペシャル・リザーブが以前と同じ二千円を切る値段で出されているのに、スーパーニッカがジョニ黒やシーバス・リーガル12年やバランタイン12年などと同じかそれ以上の値段で出されているのを見ると、何か複雑な気持ちになってしまう。

 それはともあれ、熱心なニッカのファンにはあれこれ言われがちなリニューアル後のスーパーニッカだが、冷静に見れば甘く力強くスモーキーな、バランスの取れた良いスコッチ・タイプのウイスキーだと思う。
 ただそのバランスの良さは個性の弱さにも繋がり、以前から「通のニッカファンは、スーパーニッカよりG&Gの方を好んだ」と言われていた。
 また、この秋の値上げでジョニ黒やシーバス・リーガル12年やバランタイン12年などのスコッチと同等の価格になったことが、消費者にどういう印象を与えるかが今後の課題であろう。

 これまでは、僅かだけれど12年モノのスコッチより安かったから良かったのだ。
 しかし今ではジョニ黒やシーバス・リーガル12年やバランタイン12年などの名の通った名門ブランドのスコッチと同等の値段になってしまった以上、それらを越える味と個性を出さなければ、スーパーニッカはジョニ黒などに勝てないと思う。
 スーパーニッカが今後、同価格帯の有名ブランドの12年モノのスコッチなどとどう勝負して行くか、ウイスキー好きでスコッチのファンの一人として、興味深く眺めて行こうと思っている。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

スーパーニッカ。

スーパーニッカ。どうやって、ジョニ黒や他の強敵12年物の海外ウイスキーに対抗するのか?

面白いですよねー。

そもそも品質ではジョニ黒より劣ると個人的には判断しています。

スコッチみたいなウイスキーと、
スコッチであるウイスキーとでは
同じ金なら「本物」を買うのが普通。

ですから貴兄の「消費者が同予算で選ぶのならジョニ黒ではないか?」というのは極めて常識的な思考だと思います。

何かを買うときの思考というのは
1、価格の割に品質が高い。
(価格を先に見る顧客の思考)
2、品質の割に価格が安い。
(品質を先に見る顧客の思考)

スーパーニッカの場合は、
どちらも他社製品に劣ると
判断されるケースが多い。

では、
1、品質で上回ることが出来るか?
→【予測】スーパーニッカの性質上、そもそも開発にそこまで力は入れないだろう。

2、価格で下回ることが出来るか?
→【予測】他社製品と そもそも同等品質で無いのに同等の価格で買うことは固定客以外には考えにくい。よって不良在庫化した場合に値崩れ(在庫処分)の可能性が有。

このように私は考えております。

ogotch | URL | 2015-12-20(Sun)09:41 [編集]


Re: スーパーニッカ。

> スーパーニッカ。どうやって、ジョニ黒や他の強敵12年物の海外ウイスキーに対抗するのか?
>
> 面白いですよねー。
>
> そもそも品質ではジョニ黒より劣ると個人的には判断しています。
>
> スコッチみたいなウイスキーと、
> スコッチであるウイスキーとでは
> 同じ金なら「本物」を買うのが普通。
>
> ですから貴兄の「消費者が同予算で選ぶのならジョニ黒ではないか?」というのは極めて常識的な思考だと思います。
>
> 何かを買うときの思考というのは
> 1、価格の割に品質が高い。
> (価格を先に見る顧客の思考)
> 2、品質の割に価格が安い。
> (品質を先に見る顧客の思考)
>
> スーパーニッカの場合は、
> どちらも他社製品に劣ると
> 判断されるケースが多い。
>
> では、
> 1、品質で上回ることが出来るか?
> →【予測】スーパーニッカの性質上、そもそも開発にそこまで力は入れないだろう。
>
> 2、価格で下回ることが出来るか?
> →【予測】他社製品と そもそも同等品質で無いのに同等の価格で買うことは固定客以外には考えにくい。よって不良在庫化した場合に値崩れ(在庫処分)の可能性が有。
>
> このように私は考えております。

 スーパーニッカも、単独で飲めば決して悪いウイスキーではないのですが。
 けれどジョニ黒と同時に飲んで比べてみると、間違いなくスーパーニッカの方が荒いんですよね、飲み心地が。
 それが今では、ジョニ黒やシーバス・リーガルやバランタインなどの12年より高くなってしまいました。
 こうなってはスーパーニッカをあえて買う理由など、まるで無いように思われます。
 竹鶴なども大幅に値上げしてしまったし、ニッカ自体の未来さえ明るくないように思えてきました。

 それにしても、ogotch様の非常に論理的で説得力のある分析には深く感服いたしました。

黒沢一樹 | URL | 2015-12-24(Thu)17:37 [編集]