空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

久し振りの、新顔のお客さま

psa530-081222-162.jpg

 野良にしては丸々として毛づやも良い猫さんが、我が家の庭にやって来ました。
 でも警戒心なく人に寄って来るでもなく、栄養状態の良い野良さんか、放し飼いにされている飼い猫なのか、ちょっと微妙なところです。
 撫でられるほど近寄って来るでもなく、けど警戒心むき出しで逃げるわけでもなく、何とも判断に迷うところです。

 ただ、我が家の近所には大の猫嫌いの家があって、その家の主は庭に罠を設置して「捕まえた猫は、首輪があろうが無かろうがみな保健所に持って行く」と豪語していました。
 そして市の保健所の担当者も、その家の人に「野良猫の安全な捕まえ方」を教えているそうです。

 だから私は、自宅の猫は完全室内飼いにしています。
 猫嫌いの人もいるし、私の住む市の保健所の担当者は猫の殺処分に積極的なようですし、また交通事故や猫同士の喧嘩による猫エイズ等の感染の危険もありますし。
 我が家は野良猫に寛容ですが、野良猫や自由飼いの猫が、糞などをしたり庭を荒らしたり、車などの上に乗ったりして他所の家に迷惑をかけているのも、そしてそれに腹を立てている人たちがいるのも事実です。
 いろんな意味で、今は猫は室内飼いが望ましいと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する