空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

僅かな日を求めて

f7-091227-LUMIX F7 186

 我が家の庭に時折来る、雄の大きな野良猫さんです。
 猫は周囲を見渡せるから高い所が好きと言いますが、ただそれだけでなくここは日の光も当たりやすいんですよ。
 でも、この日のように日差しの弱い時でも、僅かな日光を求めてこの台の上に蹲っている姿が、何とも哀れでした。
 野良猫暮らしは自由かも知れないけれど辛いですね、特に冬は。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する