空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

良い味なのだが、何故か違和感の残ったギネスDRAUGHT

 ビールと言えば、筆者はまずギネスが一番好きである。
 ただ最近、ヤッホーブルーイングのビールを何種類か飲んでみて、「国産のビールも案外イケるのではないか?」と思うようになった。
 それで今回、改めてギネスDRAUGHTを飲んでみた。

ギネスP1090566

 缶のプルタブを開けてグラスに注ぐと、コーヒーのように濃い色で泡も茶色である。その点ではキリン一番搾りスタウトや、ヤッホーブルーイング東京ブラックと同じだ。
 しかし味は、三種ともそれぞれ違う。
 三種の中でキリンのスタウトは最もローストされた麦芽の香ばしさがあり、そして最も軽やかで飲みやすい。
 そして東京ブラックとギネスは、苦味と酸味が程良く調和している所が似ている。ただ意外な事に、東京ブラックの方がより味に深みがあり、ギネスの方がスッキリしているように思えた。

 気候が蒸し暑いせいか、日本ではビールと言うと「喉越し勝負でゴクゴク一気に飲む」という印象が強い。しかしビールの本場のイギリスやアイルランドやドイツなどでは、ビールはあまり冷やし込まずに、ゆっくり、じっくり味わって飲むのが常識だ。

 で、東京ブラックだけでなくヤッホーブルーイングのエールビールはどれも、13℃くらいに少しぬるくしたくらいの方が間違いなく旨い。ヤッホーブルーイングの看板商品であるよなよなエールなど、ぬるくなればなるほど、味わいがより深く感じられた。
 はっきり言うがよなよなエールは、冷蔵庫から出して冷たいまますぐに飲む人にはその旨さは決してわからない。

 しかしギネスDRAUGHTは、まだ冷たい状態でも案外飲める。むしろぬるくなると苦味が強く出て来る感じがあって、やや冷たいくらいの方が飲みやすい。
 エールビールは、あまり冷やさずぬるめをゆっくり、じっくり飲むのが基本だが。
 しかしギネスDRAUGHTは、ぬるくしてちびちび飲むより、むしろ冷たいうちにスッと飲んだ方が心地良いくらいだ。

 この日本で売られているギネスDRAUGHTも、原産国はアイルランドとなっているが。
 不思議なことに、改めて飲み比べてみるとヤッホーブルーイングの東京ブラックやよなよなエールの方が深い味わいで、ゆっくり味わって飲むのにより適しているように思えた。
「どちらが好きか?」と問われたら、今の筆者なら「ヤッホーブルーイングの東京ブラックやよなよなエールや水曜日のネコの方が、ギネスDRAUGHTより好き」と答えてしまうかも知れない。

 以前飲んだギネスは、もっと力強く深い味わいだったような記憶があるのだが。もしかしたら今のDRAUGHTのギネスは、日本向けに飲みやすく冷たい状態でスッと飲めるように味を調整されているのではないかと思ってしまった。
 正直に言って、今のDRAUGHTのギネスは、筆者の記憶にあるギネスと少し違うような気がする。一般の日本人にとっては飲みやすいだろうが、少なくとも筆者は何とも言えない物足りなさを感じてしまった。

 改めてギネスDRAUGHTを飲んでみて、「ヤッホーブルーイングのビールは旨い!」と感じさせられてしまうという皮肉な結果になってしまった。
 しかしそのヤッホーブルーイングのビールを「旨い!」と感じられるのも、ぬるめの状態でゆっくり、じっくり飲んでこそであり、アサヒスーパーDRY(筆者の一番嫌いなビール)でも飲むように冷蔵庫で冷やし込んでゴクゴク飲んでしまったら、ただのお値段高めのビールとしか思えないのでご注意を。
 そしてギネスDRAUGHTは、その冷たくしてグイグイ飲む日本のビール好きの嗜好にどこか合わせているような気がするのが、筆者としては個人的に残念だ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

生の黒。

日本の生ビールを単純に黒くした。

「生の黒。」

そんな印象がギネス ドラフトです。

本格の黒ビールを基準としている
黒澤さんとは合いませんよ。

というか、合ったら おかしいです。(笑)

ogotch | URL | 2016-04-17(Sun)10:42 [編集]


Re: 生の黒。

> 日本の生ビールを単純に黒くした。
>
> 「生の黒。」
>
> そんな印象がギネス ドラフトです。

 いつもコメントを有難うございます。

 昔飲んだギネスはもっと濃く深い味わいだったような気がして、「おかしいなー、私の舌がおかしくなったのかなー」と不安に思っていました。
 日本の生ビールを黒くしただけと言われれば、納得が行きます。
 確かにそんな感じです。

黒沢一樹 | URL | 2016-04-21(Thu)15:08 [編集]