空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

これぞギネスと言いたい、ギネスEXTRA STOUT

 ビール類と言えば、日本ではキンキンに冷やして喉越し勝負で飲むのが常識のようにされているが。
 しかしそれは蒸し暑く、かつ家庭に冷蔵庫が普及している国に限っての“常識”である。

 そもそも日本で主流の軽くスッキリしたピルスナータイプの下面発酵のビールが誕生したのは、大型の冷蔵設備が作られるようになってからで、本来はビールと言えば常温で上面発酵させるエールやスタウトなどの味や香りの濃いものであった。
 つまり現在主流になっている「下面発酵タイプのビールをキンキンに冷やし込んで喉越しで飲む」という習慣は、醸造所に冷蔵設備が備えられ、そして販売店だけでなく各家庭にも冷蔵庫が当たり前に置かれるようになってからである。

 確かに暑い時期、仕事帰りや風呂上がりによく冷えた軽めのビールをグイグイ飲めば「美味い!」と思う。
 しかしキンキンに冷やしたビールを喉越しで飲んで美味いと思えるのは、最初の一杯か二杯くらいまでではあるまいか。
 さらに上着やコートが必要な時期にも、キンキンに冷やしたビールを一気に飲み干したいと思えるだろうか。
 ビールをキンキンに冷やして喉越しで飲んで本当に美味いと思えるのは、少なくとも筆者は「暑い時期に、最初の一杯か二杯限定ではないか」と思っている。
 だから筆者は、日本の冷やし込んで喉越しで飲む用に造られたビールは、どうしても好きになれずにいた。

 そんな筆者が心から「美味い!」と感じたのが、欧州の昔ながらの上面発酵タイプのビールである。
 日本の一般的なビールよりずっと味も香りも濃いビールを、あまり冷やし込まずに、ゆっくり時間をかけて飲むと、ものすごく美味いのである。
 日本の喉越し重視のビールと違って、あまり冷やし込まない上面発酵タイプのビールは暑気払いの役に立たないのは認める。しかしこちらのタイプのビールは、続けて何杯飲んでも美味いし、寒い時期にも抵抗無く飲める。
 だから筆者は、ビールと言えば味わい深くコクのある上面発酵タイプのものを、あまり冷やし込まずにゆっくり味わって飲むのを愛する。

 キンキンに冷やした下面発酵タイプのビールなど、醸造所に大型の冷蔵設備と、店や家庭に冷蔵庫が普及するまで存在しなかったのだ。
 そもそもビールとは、常温で上面発酵で造られ、そしてそのまま冷やさずに飲むのが普通だったのだ。そしてそれを、人々は美味しく飲んでいたのだ。
 だから筆者は、「ビールはキンキンに冷やしてなければ駄目だ」と言う人の方がおかしいと思う。

 無論、そうした好みの人の存在を否定するつもりは無い。ビールをキンキンに冷やして飲もうが常温のまま飲もうが、それは個人の好みの問題だ。
 だからこそ筆者は、日本のビール好きの大半が「キンキンに冷やして飲む喉越し派」である現状に不満だし、「冷やし込まずに、じっくり時間をかけて味わって飲むべきビールもある!」という事も知ってほしいのだ。

 その「ビールは冷やし込まずに、ゆっくり味わう派」の筆者が、最も好きなビールはギネスだった。
 で、近所のスーパーにもギネスの缶ビールが並ぶようになった事を喜ばしく思っていたのだが。
 そしてそのギネスの缶ビール(ギネスDRAUGHT)を飲んでみたら案外物足りない味で、日本のエールビールの方が美味いくらいに感じた事を、少し以前このブログに書いた。
 缶のギネスのDRAUGHTは、筆者が以前飲んだギネスとはどうも違うように思えてならなかった。
 その事がずっと胸に引っかかっていた時、酒の専門店で瓶入りのギネスEXTRA STOUTを見つけてしまった。
 スーパーなどでも普通に売られている、缶入りのギネスDRAUGHTと。
 酒の専門店で売られていた、瓶入りのギネスEXTRA STOUTと。
 同じギネスでもどう違うのかと、瓶入りのEXTRA STOUTも買って比べてみようと思った。

ギネスextra stout P1090749

 王冠を開けてグラスに注ぐと、これもブラック・コーヒーのような濃い色で、泡も茶色である。そこまでは同じだったが、EXTRA STOUTを一口飲んだ瞬間に「そうだ、これこそギネスだ!」と思った。
 口の中に心地良い苦味が広がり、そして程良い酸味がキレの良さを感じさせてくれる。
 美味い、実に美味い!

 ただ日本の普通のビールを飲むように、喉越しでゴクゴクやったら駄目だ。そうしたら、ただ「苦ッ」と感じるだけである。
 こいつを一気に飲むと、強い苦味が口の中に広がって、「これが“EXTRA STOUT”ってやつか」と思ってしまう。
 しかしワインや日本酒などを飲むように、ゆっくり、じっくり少しずつ味わうと、苦味が心地良いほろ苦さに変わり、酸味などの色々な味や深いコクもわかるようになってくる。

 缶入りのギネスDRAUGHTの方は、冷たいうちの方が飲みやすく、ぬるくなればなるほど苦味と酸味を強く感じた。
 しかし瓶入りのEXTRA STOUTは逆で、ぬるくなるにつれて苦味が和らぎ、僅かにだが麦の甘さすら感じられるようになってくる。
 もちろん味の主体は苦味だ。しかしワインを思わせるような爽やかな酸味と僅かな甘味が深い味わいを生む。

 同じスタウトを名乗るビールでも、キリン一番搾りスタウトはローストされた麦芽の香ばしさをはっきり感じた。しかしギネスEXTRA STOUTの方にはそうした焦げくささは無く、ワインのようなフルーティーさを感じる。
 筆者に言わせれば「これぞギネス!」という感じで、あまり冷やし込まずに、良質なワインや日本酒のようにゆっくり、じっくりと味わいたい。

 とは言うものの、日本には「ビールは冷やしてゴクゴク飲む」という人が多いのが現実だし、そうして飲むには缶入りのギネスDRAUGHTの方が間違いなく向いている。
 EXTRA STOUTは美味いが癖が強いし、冷やしてゴクゴク飲んだら猛烈に苦いだけだ。それに対して缶入りのDRAUGHTの方は癖が少ないし、冷たくしてゴクゴク飲んでも飲みやすい。
 それは重々わかってはいるのだが、ギネス好きとしては是非EXTRA STOUTの方も味わって欲しいと思う。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ギネスの本流。

私自身、これこそが「ギネスの本流」と
思っています。

ギネスというビールが他の味へ挑戦を
したり出来るのもギネス自身がギネスは
どうあるべきかを理解しているから。

ビールメーカーたるもの、己の本筋を
理解していれば本物は必ず出てくるし、
本流のファンを裏切らない。

どこぞのメーカーも、この姿勢を見習って
己の本流を認識してほしいものです。

ogotch | URL | 2016-05-19(Thu)16:53 [編集]


Re: ギネスの本流。

> 私自身、これこそが「ギネスの本流」と
> 思っています。
>
> ギネスというビールが他の味へ挑戦を
> したり出来るのもギネス自身がギネスは
> どうあるべきかを理解しているから。
>
> ビールメーカーたるもの、己の本筋を
> 理解していれば本物は必ず出てくるし、
> 本流のファンを裏切らない。
>
> どこぞのメーカーも、この姿勢を見習って
> 己の本流を認識してほしいものです。

 私も瓶入りのエクストラ・スタウトこそ「本物のギネスだ!」と思います。
 けれど一般の日本人は飲みにくく感じ、缶入りのDRAUGHTの方が好まれるのだろうなとも思います。
 いくら本物の良い味のビールを造っていても、消費者に受け入れられなければ企業として存続できませんし、日本でDRAUGHTの方が多く売られるのも仕方のない事でしょうね。

 でも、瓶入りのエクストラ・スタウトを残してくれる限り、私はギネスを愛し続けます。
 確かにギネスは、本流のファンを裏切っていませんね。

黒沢一樹 | URL | 2016-05-26(Thu)14:56 [編集]