空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

うるま市の女性殺人事件に見る日本の右翼の正体

 強姦や殺人などの凶悪事件を起こすのは、外国人に限った事ではない。
 日本人だって、同じ日本人の女性を強姦して殺したりもする。
 しかし外国人に日本人女性を強姦され殺されると、ただ腹立たしいだけでなく、我が日本国がその外国人の国に侮辱されたかのように感じてしまうのは、筆者だけだろうか。

 先日、沖縄のうるま市の若い女性が、元アメリカ海兵隊員で軍属のシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者に性的暴行を加えられた上で殺害された
 被害者と容疑者には面識が無く、容疑者は数時間相手を物色した上で、被害者を後ろから棒で殴って襲ったのだという。
 しかも容疑者には妻も子もいたというのだから、呆れ果てた性獣と言うしかない。

 それにしても、この種の米軍関係者による凶悪事件が起きた時に、筆者はいつも不思議に思うことがある。
 はっきり言おう。
 この種の事件に、我が国の右翼と言われる人達はなぜ怒らないのか?

 日頃は、愛国心や民族の誇りとかいう言葉を口にしているくせに。
 在日韓国・朝鮮人や、サヨクで自虐史観の持ち主で反日と彼らが勝手に見なした団体に対しては、執拗にヘイトスピーチや抗議デモや街宣活動を繰り返し行っているくせに。
「我が国の女性を強姦した上に殺害する」という、日本人の誇りをこの上なく傷つけるような米軍関係者の凶悪犯罪には、我が国の右翼団体は不思議にもダンマリを決め込んでいるのである。
 怒り心頭で抗議している右翼の方もいらっしゃるのかも知れないが、右翼団体が米軍基地や米国大使館前で抗議デモを行ったという報道を、少なくとも筆者は知らない。

 この「性的暴行目的で日本人女性を物色し、いきなり襲って殺害する」という、我が日本民族の誇りを大いに傷つける事件に怒って真っ先に抗議しているのは、不思議にも右翼の方々が日頃から「サヨクで反日のプロ市民」と敵視している方々である。
 そして常日頃から愛国だの民族の誇りだのと口にしている右翼の方々は、この種の米軍関係者の凶悪犯罪には、決まってダンマリなのである。

 右翼と言えば、米軍関係者の日本人女性に対する性的暴行について、あの田母神俊雄氏がかつてツイッター上でこう述べていた。

田母神と婦女暴行と沖縄

 だから「アメリカ様に日本を守っていただくのだから、いくらかの日本女性が米軍関係者に性的暴行されても仕方ない」というのが、我が国の右翼の方々の本音なのだろうか。
 それで愛国だの民族の誇りだのと声高に叫ぶのだから、本当に笑わせてくれる。

 実はネット上で、この沖縄での事件に関して「米軍基地が無くなったら中国や北朝鮮が攻めて来て、彼らに日本女性が暴行されたらもっと困るし」という発言をする人がいた。
 馬鹿を言っては困る、性的暴行が女性の尊厳を傷つけるという事は、相手が誰であれ関係ないではないか。
「中国人や北朝鮮人に性的暴行されるより、黒人の元海兵隊員に襲われる方がまだマシだろう」とでも言うのだろうか。

 日頃から愛国だの民族の誇りだのと言う方々が、米軍関係者の凶悪犯罪に関しては何故か見て見ぬ振りを決め込み、「日本を守っていただく為には、我が国の女性を幾人か差し出すくらいは仕方ない」と言わんばかりの及び腰になるのが、傍で見ていてみっともないし、見苦しい。

 この沖縄での事件に対し、真っ先に抗議集会を計画したのは、皮肉にも右翼の方々が「反日でサヨクのプロ市民」と非難している、基地の存在に反対してきたグループである。
 もし日本の右翼に、日頃口にしている愛国心や民族の誇りが本当にあるならば。
 何の罪もない日本女性が性的暴行目的で襲われた上に殺害されるというこの凶悪事件に激怒し、米軍基地や米国大使館に真っ先に抗議デモをしていなければおかしい。


 いつものヘイトスピーチや街宣活動の勢いで、米軍関係者の居住地付近まで乗り込み抗議の声をあげてこそ、筋の通った愛国者で民族の誇りを持つ右翼と言えるのではないか。
 在日韓国・朝鮮人や、サヨクで反日と決めつけた同じ日本人に対してのみ執拗かつ攻撃的な抗議活動を行い、アメリカと米軍関係者の日本人を侮辱するかのような行為には見て見ぬ振りのダンマリでは、日本の右翼の言う「愛国心や民族の誇り」なども、嘘くさくインチキに見えてくるというものだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する