空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

意外に美味しい、ホワイトオークあかし

 兵庫県明石市に、江井ヶ嶋酒造という会社がある。
 この江井ヶ嶋酒造は従業員数も四十人ちょっとで、とても大手メーカーとは言えないが、日本酒だけでなくウイスキーや焼酎などいろいろな酒を造っている。
 そしてウイスキーは、その四十数人のうちの三人が造っているという。
 たった三人で造っているウイスキーと言われれば、ウイスキー好きとしては興味を引かれてしまう。

 だがその江井ヶ嶋酒造のウイスキーは、分類が少しばかりややこしい。
 まず一番の上級品はシングルモルトのあかしだ。これは緑の文字であかしと書いてあるが、限定品でいつも売られているとは限らない。
 で、実質的に主力商品と思われるのが、ブレンデッドのホワイトオークあかしだ。これはWhite Oakと金文字で、そして黒文字であかしと書いてある。
 それより少し安い値段で、赤い文字であかしとだけ書いてあるものがある。
 さらにもっと安い値段で、ホワイトオーク・ゴールドホワイトオーク・レッドがある。これはどちらもモルト原酒をスピリッツ(樽貯蔵ナシのただのアルコール)で希釈しただけという、ウイスキーとはとても言い難い恐ろしいシロモノだ。
 で、ホワイトオークのレッドの方は度数37%で、ゴールドの方はただ度数が40%であるだけでなく、モルト原酒の使用割合も少し多いように思われる。

 以前にもこのブログで書いたが、そのモルト原酒をスピリッツで希釈しただけの最も安いホワイトオーク・レッドが、アルコールの刺激がツンツンするのを我慢しさえすれば案外飲めたりするのだ。
 だから江井ヶ嶋酒造のウイスキーは、モルト原酒はなかなか悪くないと思われる。

 ただスピリッツでなくモルトとグレーンで造られたちゃんとしたウイスキーである筈の赤文字のあかしは、飲んで不味とまでは言わないが、全体的に薄味で物足りなく感じられた。
 で、今回はその赤文字のあかしよりさらに上の、ホワイトオークあかしを飲んでみた。

あかしブラックDSCN3644

 封を切ってグラスに注ぐと、甘い香りとアルコールの匂いが漂う。
 しかしアルコールの刺激は飲んでみると思ったより強くなく、特にトワイスアップにするとアルコールの刺激は殆ど無くなり、甘さがより際立って来る。
 スモーキーさやピート香は、全くと言ってよいほど無い。しかし甘く滑らかで、さらに味にも深みがある。

 封を切ってから一週間ほど置いておき、空気と触れ合いモルト原酒の香りが広がるのを待ってから再び味わってみると、甘さと樽の香りが華やかになり、封を切った直後に感じたアルコールの匂いは殆ど無くなっている。
 滑らかで、アルコールのツンツンした刺激は感じない。やはりスモーキー香は無いが、ただ甘いだけでなく味にコクと深みがあり、じっくり飲んで「うまい」と感じる。

 このホワイトオークあかしは500ml入りの瓶で売られていて、筆者の住む市の酒屋では1080円で売られていた。で、これを一般的な700mlの瓶に換算してみると千五百円を越える値段に相当する事になる。
 このホワイトオークあかしに、筆者はそれだけのお金を出す価値は充分にあると思った。
 二千円クラスのウイスキーの味と香りには、もちろんかなわない。
 しかし千円クラスの他の国産ウイスキーより間違いなくまろやかで味に厚みもある。
 お買い得とまでは言わないが、お値段相当の価値は充分にある。
 何しろ地方の酒蔵で、たった三人で造っているものだけに、店頭で見かける事は少ないだろう。しかしネット等で他のウイスキーを注文する機会があったら、よろしければこのホワイトオークあかしも、ぜひ味見してみていただければと思う。

あかしDSCN3640

 ただ同じ瓶で売られていて割安に見えても、赤文字のあかしの方はお勧めできない。
 筆者は今回、ホワイトオークあかしと、赤文字のただのあかしを実際に飲み比べてみた。
 赤文字のあかしは、このホワイトオークあかしと比べて明らかに味も香りも薄く、味に奥行きや厚みが無く薄っぺらいのだ。
 それだけではなく、赤文字のあかしは同じ度数なのにアルコールの刺激が明らかにキツい。ホワイトオークあかしは滑らかでまろやかだったのに、赤文字のあかしは若いアルコールの刺激がツンツン来る。
 おそらく赤文字のあかしはホワイトオークあかしよりモルトが少なくグレーンの割合が高く、そしてそのグレーンの酒齢が若いのだろう。

 その赤文字のあかしは、ホワイトオークあかしと同じ瓶(500ml)に入れられ似たようなラベルを付けられて、筆者の住む市の酒屋で780円で売られていた。
 これを700mlに換算すると、千百円弱といったところになる。
 はっきり言うがこの赤文字のあかし、そこまでお金を出してまで買う価値はない。少なくとも筆者なら、赤文字のあかしを買うくらいなら、同じくらいの値段で売られているスタンダード・スコッチを買う。その方が余程もマシだ。

あかしDSCN3642

 写真で見比べてみてほしい。
 ホワイトオークあかしと赤文字のあかしは、正面から見ればよく似ていて双子のようだ。
 しかしラベルの裏の方を見ると、かなり違う。
 ホワイトオークあかしの方には「瀬戸内海を望む、兵庫県明石市の小さなウイスキー蒸留所で造ったモルト原酒をオーク樽で貯蔵しブレンドしました」という説明文や、ポットスチルの絵が入れられている。
 だが赤文字のあかしの方にはその絵も説明文も無く、ただ社名と所在地と飲酒上の注意と品名と原材料が買かれているだけだ。
 ホワイトオークあかしと比べて、随分と素っ気ない印象を受ける。

 これは筆者の勝手な解釈だが。
 ホワイトオークあかしと赤文字のあかしの品質の差は、江井ヶ嶋酒造のウイスキーの造り手もわかっているのではないか。
 で、江井ヶ嶋酒造が本当に自信を持って売りたいのはこのホワイトオークあかしで、赤文字のあかしの方は少しでも安いものを求める人達の為に割り切って売り出しているような気がする。

 実際、ホワイトオークあかしを飲んで「美味い!」と思うのは、濃いめにしてじっくり飲んだ場合だけだ。
 ハイボールなどにして薄く割りゴクゴク飲む人には、このホワイトオークあかしと赤文字のあかしの味の差など、まずわからないだろう。
 そして今の日本は、ウイスキーがブームと言いつつハイボールにして飲む人が多数を占めている。

 はっきり言って、筆者は「赤文字のあかしなど要らない」と思う。
 赤文字のあかしを飲むくらいなら、他のスコッチを飲むか、もう少しお金を出してホワイトオークあかしの方を飲む。
 しかし今の日本は「ウイスキー=ハイボール」と思いこんでいる人が多いから、薄く割って飲む為に赤文字のあかしも現実的に必要だったのだろう。

 ただウイスキーとして美味いのは、間違いなくホワイトオークあかしの方だ。
 そしてその商品に対する造り手の自信と自負が、赤文字のあかしのラベルには無い説明文とポットスチルの絵に込められているように感じる。

 筆者は、飲んだウイスキーを大まかに三通りに評価し分けている。
 まずは、またお金を出して買って飲みたいと思うものと。
 お客として行った先で出されたり、店にそれしか無ければ飲むが、進んで飲もうとは思わないものと。
 そしてもう二度と飲みたくないと思うものと。
 今回飲んでみたホワイトオークあかしは、個人的には迷わず「またお金を出して買って飲みたいと思うウイスキー」に分類する。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

危険ですねぇ。(笑)

危険ですねぇ。(笑)
こういうイイ記事を読むとドンドン貴兄と良いウイスキーを少量ずつ。

イイ肴と呑りたくなりますねぇ。

関東に来る際にはご一報ください。

あ、私が富士宮へ行くときに
こちらから声をかけようかな?(笑)

ogotch | URL | 2016-06-25(Sat)11:06 [編集]


さすがですね。

だいぶ前に、マッサンでの12月24日放送の記事にコメントしたバー テンダーです。
的確な分析と表現に、本当にウィスキーを愛しておられると感じます。

バーテンダー | URL | 2016-06-25(Sat)13:50 [編集]


恋愛ゲームはみんなやるべきとか女の子の写真を撮るのが趣味とか直接言わずにブログで嫌いな人物や企業に対してグチグチ書くとか貴方みたいな気持ち悪い人間が薀蓄好きなウイスキーマニアになるんですね

くりりん | URL | 2016-06-27(Mon)14:11 [編集]


Re: 危険ですねぇ。(笑)

 私はアルコールには弱くてあまり飲めないくせに、お酒を出すお店の肴はかなり好きなんですよ。
 飲み屋であまり酒を飲まずに料理ばかり頼んでしまう、お店にとっては困った客なのでもあります。

 ただ出不精なので、外に飲みに行くよりつい家で飲んでしまう事が多いです。
 いつか本当に機会があったら、お供させていただければと思います。
 その際には、外での飲み方等を私にご指導下さい。

黒沢一樹 | URL | 2016-06-30(Thu)11:22 [編集]


Re: さすがですね。


> 的確な分析と表現に、本当にウィスキーを愛しておられると感じます。

 恐縮です。
 私など、偏屈でまだ知識も足りないただのウイスキー好きの一人でしかありません。
 なのに本職のバーテンダー様にこんなブログに目を留め、そしてコメントまでいただけてとても嬉しく思います。

黒沢一樹 | URL | 2016-06-30(Thu)11:27 [編集]


Re: タイトルなし

> 恋愛ゲームはみんなやるべきとか女の子の写真を撮るのが趣味とか直接言わずにブログで嫌いな人物や企業に対してグチグチ書くとか貴方みたいな気持ち悪い人間が薀蓄好きなウイスキーマニアになるんですね

 私が偏屈で性格の悪い人間なのは事実です。
 ただ人間性に問題があるのは私個人であって、ウイスキー好きすべてが性格が悪いわけでは無いので、お間違いなく。

黒沢一樹 | URL | 2016-06-30(Thu)11:30 [編集]


気軽に、呑りましょう!(笑)

気軽に、呑りましょう!(笑)

黒沢氏、ウイスキーに限らずお酒は
適量を楽しく呑み、美味い肴と共に
人生を豊かにするものと私個人は
思っております。

ウイスキーは基本的に単体で味わいますが
良く行く店では「食べ合わせ」を色々と
試して盛り上がってます。

料亭で出汁(だし)を取れるレベルの
椎茸(しいたけ)は焼いて、軽ーく
タレを付けるだけで抜群の肴。

それも、ウイスキーの肴になります。

ぜひ「あかし」でお試しあれ。

……あっ!黒ラベルの方ですよ?

ogotch | URL | 2016-06-30(Thu)20:45 [編集]


Re: 気軽に、呑りましょう!(笑)


> 料亭で出汁(だし)を取れるレベルの
> 椎茸(しいたけ)は焼いて、軽ーく
> タレを付けるだけで抜群の肴。
>
> それも、ウイスキーの肴になります。

 良い事を教えていただきました。
 私の住む市には広い山間部があって、椎茸もけっこう採れるんですよ。
 良さそうな椎茸を見つけたら、早速試してみます!

 私は椎茸は結構好きで、出汁としてもよく使っているのですが。
 隣県に住むある伯母は、椎茸が大嫌いなのですよ。
 切った椎茸を「ナメクジみたい!」と罵倒するほど嫌いらしいです。
 ……人の味覚と言うものは、本当に様々ですね。

黒沢一樹 | URL | 2016-07-06(Wed)15:01 [編集]