空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

ハイニッカを飲みながらウイスキー・ブームについて考える

 当然の事だが、お店の酒コーナーの売り場面積は限られている。
 それは酒の専門店でも同じ事で、いくら酒屋であっても、売り出されているウイスキーのすべてを店頭に並べることは不可能だ。
 だから当然、消費者が店頭で買える酒は、一部の売れ行きの良い商品のみに限られることになる。
 売れ筋ではない、店頭に置かれにくい商品が欲しい場合は、ネットなどの通販に頼らざるを得ない。

 筆者は酒ではウイスキーが一番好きで、ウイスキーの中ではスコッチが特に好きだ。
 日本人には「ウイスキー=サントリー=ハイボール」という人が多いが、筆者はサントリーもハイボールも嫌いだ。
 だから国産のウイスキーを飲む時には、ニッカの製品を常温で、ストレートかトワイスアップで飲む事が多い。

 だがニッカの製品には、「名前は聞くが店頭ではまず見ない」というものがあった。
 ハイニッカニッカG&Gなど実物を見た事など無かったし、ブラックニッカ・スペシャルも見る事はあってもそれは稀だった。

 ところがNHKの連続テレビ小説で『マッサン』が放送されると、筆者の住む市の酒の量販店の、国産ウイスキーコーナーの品揃えが明らかに変わった。
 それまで国産ウイスキーコーナーの大半を占めていたのはサントリー製品だったが、それを押しのけるようにしてニッカのウイスキーが並ぶようになった。
 ブラックニッカ・スペシャルだけでなく、それまで店頭では一度もお目にかかった事も無かったようなハイニッカやニッカG&Gも、目立つ所に並ぶようになった。
 で、筆者も初めてハイニッカとニッカG&Gを飲む事が出来た。

 それにしても、テレビの影響力とは恐ろしいものである。近年ではネットに押されて落ち目と言われつつ、人気のドラマに取り上げれば消費を拡大し、店頭の品揃えまで変えてしまうだけの力が現にあるのだから。
 もし『マッサン』が放送されなければ、ハイニッカやニッカG&Gまで地方の酒屋の店頭に並ぶ事はまず無かっただろう。
 そして『マッサン』のおかげで日本人のウイスキーに対する興味が増し、ウイスキーのブームのようなものまで起きた。

 だが残念ながら、ウイスキーは製品化するまでに何年もの樽熟成を必要とするものだから、ブームに対応した増産は出来ないものなのだ。
 何年も前に将来の消費量を計算して造ったもの以上には、いくら売りたくても売れないものなのだ。
 もしもブームに応じて増産できたウイスキーがあるとすれば、それは熟成年数の若いものをブレンドするなり、輸入した原酒をブレンドするなり、何らかの小細工をしているに違いないのだ。

 例えばスコッチの瓶には、小さな文字でこう書かれている。
 DISTILLED,BLENDED AND BOTTLED IN SCOTLAND
 つまり「蒸留もブレンドも瓶詰めも、すべてスコットランドで行われている」という事だ。
 しかし国産のウイスキーで、同様の表記をしたウイスキーを見る事は少ない。

 例えばニッカの多くのブレンデッド・ウイスキーにはこう書かれている。
 BLENDED AND BOTTLED BY THE NIKKA WHISKY

 さらに「日本で一番売れているウイスキー」であるあのサントリーの角瓶に至っては、ただこうとしか書かれていない。
 FROM THE HOUSE OF SUNTORY

 スコッチにはほぼ必ずあるDISTILLEDの言葉が抜けている意味が、おわかりだろうか。
 ニッカにしてもサントリーにしても、「国産のウイスキーには、自社や国内で生産していない輸入原酒が混ぜられている可能性が大いにある」という事だ。
 だからこそウイスキーのブームに対応して、数年前に予想して造っておいた以上に売れても、どこの店頭にもギッシリ並べられている国産ウイスキーが存在するのだ。

 ウイスキー好きの一人として、『マッサン』の放送でウイスキーに興味を保つ日本人が増えてくれた事は嬉しく思う。
 しかし普通の日本人には、ウイスキーはアルコール度が高過ぎるのだ。
 我々が昔から飲み慣れていた酒のアルコール度数は、日本酒なら15~16%くらいで、ビールに至っては5%くらいだ。本格焼酎だって、25%のものを5:5か6:4くらいに割って飲んでいる。
 それと同じ調子で度数40%はあるウイスキーをゴクリと飲んだ時には酷い目に遭う。

 だから多くの日本人は、サントリーが得意の宣伝の力で流行らせようとしたハイボールに飛びついた。
 今は日本でも、「苦いから」とビールを敬遠する人達が少なくない。そしてそうした人達が、「苦くないし、サッパリして美味しい」と、炭酸で薄く割ったウイスキーをまるでビールでも飲むようにゴクゴク飲んでいる。
 ウイスキーの本場とも言えるイギリスのパブでは、ハイボールは「頼まれれば出すが、注文する人はまず居ない」と言う。そして筆者もウイスキーは濃いのをチビチビ時間をかけて味わって飲むもので、薄く割ってゴクゴク飲むハイボールはウイスキー本来の美味しさを損なってしまっていると考えている。
 炭酸で薄く割って飲んで美味いのは、主に熟成年度の若い安いウイスキーだ。

 そういう意味で、サントリーが角瓶を「ハイボールで飲め」と勧めるのは、正しい事かも知れない。
 角瓶は濃いめで味わって飲もうとすると、若いアルコールの刺激がキツくてとても飲めたものではないが、冷やし込み炭酸で薄く割れば、そのアルコールのイヤな刺激が気にならなくなってゴクゴク飲める。
 だからウイスキーをじっくり味わうのではなく、炭酸で薄く割ってゴクゴク飲む事を選んだ日本人には、あの角瓶が最も売れているのだろう。

 話は戻る。
 ニッカの創業者である竹鶴政孝氏をモデルにした『マッサン』の影響で、店頭の国産ウイスキー売場にニッカ製品の占める割合が増えた。
 しかしサントリーがその宣伝力で仕掛けたハイボールのブームと『マッサン』人気の相乗効果でウイスキーの消費が伸びた結果、ウイスキーの古い原酒がたちまち底をついた。
 前にも触れたように、製品化されるまでに何年もかかるウイスキーは、販売量の急増に耐えられない。いくら「もっと売ってくれ」と言われても、数年前に計画して生産した以上には売り出せないものなのだ。

 まあ、某社お得意の「輸入モルトを使い若いグレーンを混ぜて売る」という手もあるが、それにも限度がある。
 それでサントリーもニッカも多くの製品を値上げを余儀なくされ、ニッカはさらに製品のラインナップを整理した。一部のファンには強く支持されていたニッカG&Gも、とうとう終売になってしまった。
 そしてハイニッカも4リットルなど大容量の製品の生産が中止されて720ml瓶のみになり、その残った720mlの製品も、990円から1200円に希望小売り価格が引き上げられた。

ハイニッカLUMIX FX9 393

 そのハイニッカを、久しぶりに飲んでみた。
 竹鶴政孝氏も愛飲していたと言うが、晩酌ウイスキーとして間違いなく「美味い」と思う。
 角瓶のような若いアルコールのツンツン来るイヤな刺激が無く、濃いめにして飲んでもマイルドでかつ充分にウイスキーらしい味わいがある。
 ほのかなスモーキー香があり、スッキリした中に甘さとコクがあり、談笑しながら、テレビを見ながら心地よく飲める。

 ブラックニッカ・クリアなどより何倍も美味いと思うし、個人的にはブラックニッカ・リッチブレンドより好きなくらいだ。
 ブラックニッカ・リッチブレンドには確かに華やかさはあるが、ウイスキーらしい味わいという点ではハイニッカの方が上回っているように筆者には思える。

 が、ハイニッカがいくら「美味い」と言っても、それは「千円以下のウイスキーとしては」という意味でだ。
 今では、酒の量販店に行けばジョニ赤ホワイトホース、それにバランタイン・ファイネストなどが税抜きなら千円以下で買える。
 なのにハイニッカが千二百円というのは、どう考えても割に合わない。
 ハイニッカは千円以下の晩酌ウイスキーとしては優秀だが、定評ある定番のスタンダード・スコッチには味も香りも及ばない。
「ジョニ赤などが千円で買えるのに、わざわざ千二百円出してハイニッカを選ぶ人がどれだけいるだろうか?」と心から疑問に思った。

チラシP1090316

 ハイニッカは歴史はあるが、今では店頭で殆ど見る事の無い、言わば日陰の存在である。
 ハイニッカを飲めば、メーカーがどれだけ真面目に造っているかがよくわかる。晩酌ウイスキーながら、ブラックニッカ・クリアなどよりはるかにウイスキーらしい味わいがある。
 キャップひとつ見てみても、他の多く製品は文字をプリントしているが、ハイニッカは丁寧に浮き彫りにしてあった。
 正直に言って、ハイニッカは値段に比べてコストがかかり過ぎているのではないか。ニッカとしてその価格帯で売りたいのはブラックニッカ・クリアで、本音ではハイニッカはあまり売りたくないのではないかと疑いたくなってくる。
 で、値上げと共にラベル等もリニューアルされ、現在のハイニッカはキャップの文字の浮き彫りを止め、他の製品と同様にプリントに変更したようである。

 ハイニッカはそこまでコストダウンに努めた上に値上げもされ、徳用の大容量の製品は終売になった。それで売り上げが落ち、結局は残る720mlのハイニッカも終売にされてしまう事を筆者は恐れる。
 そう言えば『マッサン』の放送が終了して、ハイニッカもいつの間にか店頭に並ばなくなり、ニッカ製のウイスキーが売場に占める割合も以前と同じになった。

ハイニッカLUMIX FX9 022

 ウイスキーの魅力が広く知られるようになるのは、喜ばしい事ではある。
 しかしウイスキーは、ブームを巻き起こして大量に売る性質のものではない。
 売れなくて市場が縮小しても困るが、計画して生産した以上に売れてしまうのも困るのだ。
 サントリーが仕掛けたハイボールのブームと『マッサン』の人気が重なった結果、元からのウイスキーの愛好者に残されたのは、幾つかの製品の終売と多くの製品の値上げでしかなかった
 ウイスキーは決して一時的なブームで大量に売るものでは無いと、ハイニッカを飲みながらしみじみと思った。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

流行は、終わるもの。

流行は、終わるもの。

良く行くBARの店長、有名量販店の
洋酒担当部長の お二人は まるで、
打ち合わせたように言いました。

「日本のウイスキーブームは
保って後、2年。その後には
冬の時代が また来ます。」と。

私は、それで良いと思います。

そこで価格が元に戻ったジャパニーズの
ウイスキーが存在するなら呑めば良し。

消えてしまうなら、スコットランド、
アメリカ、カナダ、アイルランドの
「四大ウイスキー」を呑めば良し。

特段、困ることは有りませんよ。

ジョニーウォーカー。
バランタイン。
シーバスリーガル。

個人的には この三羽烏が居てくれれば
普段呑みに不自由は しませんから。(笑)

ogotch | URL | 2016-07-03(Sun)11:35 [編集]


Re: 流行は、終わるもの。

> 流行は、終わるもの。

> ジョニーウォーカー。
> バランタイン。
> シーバスリーガル。
>
> 個人的には この三羽烏が居てくれれば
> 普段呑みに不自由は しませんから。(笑)

 ウイスキー好きの私が言うのも妙な話かも知れませんが、この日本のウイスキー・ブーム、早く終わってほしいです。
 今のウイスキー人気を支えている大半の日本人は、ウイスキーをハイボールにしてビール代わりに飲んでいるようです。
「ビールは苦いから……」と。
 でも苦くない軽い炭酸系のお酒は、各メーカーが工夫していろいろ出していますしね。

 この「ウイスキーと言えば、ハイボール」という日本だけの妙なブームは、一日も早く終わってほしいです。
 ウイスキーの飲み方の一つとしてハイボールが存在する事そのものを否定するつもりはありません。
 でも、「ウイスキー=ハイボール」というような今の日本の風潮には我慢がならないのです。

 それだけに、ogotchさんの「ウイスキーブームはもってあと二年」という情報に、ホッとしてしまいました。
 私も良質なスコッチ等があればそれで良し、と思います。
 このブームの反動で、日本のメーカーが衰退したら気分的には残念ですが、現実的には何も困らないですからね。

 そうそう、市内の酒屋では見かけなくなったハイニッカですが、妙な所で見つけてしまいました。
 ヤマダ電機の食品コーナーと、セブン・イレブンのお酒コーナーです。
 ニッカはニッカなりに売る努力はしているようですが、税込みで千三百円近くするハイニッカなど、到底買う気になどなれませんよ。

 ウイスキー好きが本当に信頼できるのは、ブームに頼ったり、ましてやたくさん売る為にブームを作り出そうとしたりする日本のメーカーではなく、他の世界四大産地の伝統あるメーカーのような気がします。

 愚痴に近いようなくだらない事を、長々と呟いてしまってスミマセン。


 

 

黒沢一樹 | URL | 2016-07-06(Wed)16:08 [編集]


トワイスアップw
いや失礼
以下は某バーテンダーさんの言葉ですが…

>私の記憶が確かならば、プロが選ぶ鵜呑みにされては困るけど、さもノンフィクションっぽく描かれているものだから事故があとを絶たない実害実績No.1の迷惑グルメ漫画第一位にして、その実ちょっとでも賢いかひねくれた人が冷静に見ればネタの宝庫であるがゆえに格好のオモチャでお馴染みの「美味しんぼ」は第70巻「スコッチウイスキーの真価」にて紹介された1999年以降、急速に普及していったように思います。
>なにしろ通っぽい、いかにも違いの分かる人のオーダー、素敵、カッケー、もう抱いてっ!
>などと持て囃されて、今だそれっぽい人がそれっぽく注文されることが絶えませんが、はっきりと断言しておきましょう。
>マジでダセーよ?
>広まりだした最初期からして識者の間では疑問視されていましたが、実際のところ私の身近の「ウイスキー知ってるな」と信用できる人物は皆一応に否定的でしたし、私自身も同感でした。
>が、「お前ウイスキー飲まないじゃん?」「全然わかってないよね?」って連中こそがやたらにゴリ推ししていた印象が強いんだよなぁ。
>だってそりゃもうなんたってまず不味いもん。
>で、そもそもがコレ、あくまでも「テイスティング」というか「味見」に特化した方法であり、決して「飲み方」ではありませんからね。
>プロのブレンダーが味見をする方法です。
>味を犠牲にしウイスキーとしてを破綻させても分析が必要なのは確認と、そしてその後に修正が必要だからこそ。
>テーブルに運ばれてきたスープに指を突っ込んで「シェフはこうやって味見するんだぜ?」なんてする必要はないし、
>テイスティング・ノートをつけたいからにしたって仕上がってきた完成形の感想でいいじゃん?
>完成像をわざわざ分解して構成素材を分析したって作り直しも利かないなら作品をぶっ壊してなんになるの?

個人的に全く同感ですw

| URL | 2016-08-24(Wed)22:03 [編集]


Re: タイトルなし

> トワイスアップw
> いや失礼
> 以下は某バーテンダーさんの言葉ですが…
>
> >私の記憶が確かならば、プロが選ぶ鵜呑みにされては困るけど、さもノンフィクションっぽく描かれているものだから事故があとを絶たない実害実績No.1の迷惑グルメ漫画第一位にして、その実ちょっとでも賢いかひねくれた人が冷静に見ればネタの宝庫であるがゆえに格好のオモチャでお馴染みの「美味しんぼ」は第70巻「スコッチウイスキーの真価」にて紹介された1999年以降、急速に普及していったように思います。
> >なにしろ通っぽい、いかにも違いの分かる人のオーダー、素敵、カッケー、もう抱いてっ!
> >などと持て囃されて、今だそれっぽい人がそれっぽく注文されることが絶えませんが、はっきりと断言しておきましょう。
> >マジでダセーよ?
> >広まりだした最初期からして識者の間では疑問視されていましたが、実際のところ私の身近の「ウイスキー知ってるな」と信用できる人物は皆一応に否定的でしたし、私自身も同感でした。
> >が、「お前ウイスキー飲まないじゃん?」「全然わかってないよね?」って連中こそがやたらにゴリ推ししていた印象が強いんだよなぁ。
> >だってそりゃもうなんたってまず不味いもん。
> >で、そもそもがコレ、あくまでも「テイスティング」というか「味見」に特化した方法であり、決して「飲み方」ではありませんからね。
> >プロのブレンダーが味見をする方法です。
> >味を犠牲にしウイスキーとしてを破綻させても分析が必要なのは確認と、そしてその後に修正が必要だからこそ。
> >テーブルに運ばれてきたスープに指を突っ込んで「シェフはこうやって味見するんだぜ?」なんてする必要はないし、
> >テイスティング・ノートをつけたいからにしたって仕上がってきた完成形の感想でいいじゃん?
> >完成像をわざわざ分解して構成素材を分析したって作り直しも利かないなら作品をぶっ壊してなんになるの?
>
> 個人的に全く同感ですw

 確かにウイスキーは度数60%のものを40%に加水して売り出しています。
 その度数40~46%のものが完成品で、ストレートでそのまま飲むのがベストかも知れません。
 上質な、シングルモルト等に限っては。
 ただ普段気軽に飲むようなお手頃価格のブレンデッドの場合、ストレートだとアルコールの刺激がちょっとキツいんです。
 で、1:1程度に割ると薄くなりすぎず、アルコールの刺激が薄れて飲みやすいんですよ。
 それで私は良い物はストレートで、そうでないものは1:1程度に割って飲んでます。
 これもダサいでしょうか?

黒沢一樹 | URL | 2016-08-25(Thu)16:25 [編集]


>で、1:1程度に割ると薄くなりすぎず、アルコールの刺激が薄れて飲みやすいんですよ。
>それで私は良い物はストレートで、そうでないものは1:1程度に割って飲んでます。
なるほど、これは失礼しました。
正直な処、トワイスアップはわざわざ酒を不味くする飲み方だと思いますし、単に飲み易さを追求するならハイボールでもコーラ割りでも、なんだって良さそうな気はしますが飲み方はその人の自由です。
ご無礼の段ひらにご容赦下さい。

| URL | 2016-08-25(Thu)22:52 [編集]


Re: タイトルなし

> 正直な処、トワイスアップはわざわざ酒を不味くする飲み方だと思いますし、単に飲み易さを追求するならハイボールでもコーラ割りでも、なんだって良さそうな気はしますが飲み方はその人の自由です。
> ご無礼の段ひらにご容赦下さい。

 本当は、割らずに美味しく飲めるウイスキーをいつも飲めれば良いのですが……。
 懐具合の関係もあって、良い物は週末のみ飲み、普段はリーズナブルな価格でまあマシなものを気軽に飲んでいます。
 で、十年以上熟成させた良い物と、お手軽価格の物の飲み方を区別せずに一緒に書いてしまって、こちらこそ申し訳ありませんでした。
 確かにしっかり熟成させた良い物を安易に割って飲むのは、大変勿体ないことですよね。

黒沢一樹 | URL | 2016-09-01(Thu)14:45 [編集]