空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

酒は良いものを味わって飲んでほしい

 前にも語ったが、筆者の父は酒乱で、そのせいで家庭も暗かった。
 だから筆者は、酒も酔っ払いもどちらも大嫌いだった。

 しかし社会に出れば、“付き合い”というやつで嫌でも酒を飲まざるを得なくなる。
 酒の付き合いを断ると、仲間外れにされたり、上司にイジメられたりする事さえある。
 そして筆者が社会に出た頃にはアルハラなどという言葉すら無く、「飲み会には必ず出て、先輩や上司の酒は必ず飲む」のが常識だった。
 そして飲み会で出される酒と言えば、大手メーカーの醸造用アルコールその他を添加したクソ不味い酒ばかりだった。
 それで筆者は、酒がますます嫌いになった。

 ところが青森県を旅した時に出合った、桃川株式会社ねぶた純米酒を飲んで、「日本酒とは、こんなに美味いものなのか!」と驚いた。
 地酒の純米酒すべてが美味い、というわけではないが。
 しかし本当に美味い日本酒は、大手メーカーが造る名の知れた酒には無く、品質重視で真面目に造っている地方の小さな酒蔵にこそ存在するのだ。

 日本酒は、筆者は純米酒を好む。
 本醸造酒にも、それなりに美味いものはある事はわかっている。しかしつい、「飲むならやはり純米酒!」と思ってしまう。
 日本酒をアルコールで増量する、いわゆるアル添を擁護する人達は、「アル添は昔からある柱焼酎の技法を使っているのだ」と主張するが。
 夏の暑さなどによる品質劣化を防ぐ為に、日本酒に本物の米焼酎を加える柱焼酎の技法と、主に嵩増しと味の調整の為に、サトウキビの絞りカスである廃糖密(コストがとても安い)から作ったアルコールを混ぜる今のアル添とは、似ているようだが意味はかなり異なる。

 ワインはほぼ、葡萄のみから造られる。
 ポートワインなど、一部の高級品にはブランデーを加えて発酵を停止させたものもある。
 しかし日本のアル添酒のように、廃糖蜜から作った粗悪なアルコールでワインの嵩増しをするなど、ワインの世界では全く考えられない事である。

 ウイスキーもまたモルトウイスキーのみか、それに更にグレーンウイスキーをブレンドする事で造られている。
 スピリッツやブレンド用アルコールなどと称する樽熟成もしていないものを混入したものまで“ウイスキー”と認めているのは、日本やインドなどのウイスキー後進国くらいのものである。
 我が日本には最低何年以上樽熟成すべきという規定も無く、全く樽熟成をしていない廃糖蜜から作られたアルコールで希釈したものまでウイスキーと称する事を国が許しながら「ウイスキーの世界五大産地」と名乗って恥じないのだから呆れる。

 漢字では麦酒と書かれるビールについても、筆者は麦とホップだけで造られたものが好きだ。
 コーンやスターチなどの副原料を使ったビールは、筆者個人は実際に飲んでみてどうしても美味いと思えないのだ。

 だから筆者は、日本酒についても米と米麹のみから造られるべきと思っている。
 あえてアルコールを加えるなら本格米焼酎にすべきで、それ以外の醸造用アルコールこと廃糖蜜から作った格安アルコールで嵩増しして「昔からの柱焼酎の技法云々」などと言うのは、とんでもない誤魔化しでしかない。

米だけの酒P1090582

米だけの酒P1090585

米だけの酒P1090588

 そう偉そうにゴタクを長々と述べてきた筆者の目の前に、沢の鶴米だけの酒という純米酒がある。
 一合の紙パックに入っていて、税抜きで158円と純米酒にしてはかなり安い。
 同じように一合の紙パックに入った普通酒(醸造用アルコール・糖類・酸味料入り)は百円前後だから、それに比べればかなり高い。しかし他のアル添のワンカップより安いくらいだ。

 で、その米だけで造ったことを謳い文句にする純米酒がどれだけ美味いか、実際に飲んで試してみよう。
 グラスに注ぐと、実に透明で黄色みが殆ど無い。香りは穏やかで柔らかで、吟醸香は全く無い。
 PR通りに、まろやかで味に嫌みは無い。
 しかし同時に、謳われているような旨味もあまり感じない。
 嫌な味だとか、不味いと感じる事は無いのだが。
 同時に良いと感じる部分も全く無い。
 驚くほど美味くも不味くも無い酒だ。
 あえて言えば、流行の辛口ではなく中口を謳うが、コクはそれなりにある。

 この酒は竹炭濾過をしていると言うが、思うに濾過のし過ぎではないだろうか。
 麹米の精米歩合65%というのはともかく、掛け米の方の75%というのはいささか物足りない。最低でもあと10%、掛け米も65%まで磨くべきだったと筆者は考える。
 で、精米歩合の足りない分を濾過で補ったのだろうが。
 本格焼酎でもそうだが、清酒の濾過は雑味だけ取ってくれるというような都合の良いものではないのだ。雑味や嫌味だけでなく、同時に旨味も取ってしまうというのが実態だ。

 で、この沢の鶴の米だけの酒は、水のように透明で黄色みを殆ど残していない。
 そこから見ても、まず間違いなく濾過のし過ぎだ。
 コストを抑える為に精米歩合も抑え、それを補う為に濾過を重ねた結果、「不味くはないが美味くもない」という酒に仕上がったのだろう。

 ただ繰り返し言うが、この酒は決して味わって飲むような美味い酒では無いが、特に気になる悪い点も無い。
 だから「美味しい酒を少しずつ味わって」というのでなく、たくさん飲んで酔っ払いたい人には向いていると思う。

富士錦・金印P1090712

 さて、筆者は富士山を写真に撮る際に、時折静岡県と山梨県の境の芝川という所に行く。
 そこに富士錦酒造という酒蔵があり、日本酒だけでなく本格焼酎も手がけ意欲的に良い酒を造っている。
 富士錦は純米酒や純米吟醸酒などを主に出荷していて、筆者も以前その純米酒を飲んでみて、「どっしりとした、力強い酒だな」という印象を受けた。

 で、思い立って今回、大メーカーである沢の鶴の米だけの酒純米酒と比較してみる為に、その富士錦の金印という普通酒のワンカップをあえて買ってみた。
 この金印は良質な酒を主に造る富士錦らしくなく、醸造用アルコールだけでなく糖類まで入れられている。
 原材料から見れば、絵に描いたようなダメダメの普通酒である。
 そのくせ一合で206円と、純米の沢の鶴や他の大手メーカーのワンカップより高いのである。

 グラスに注ぐと、沢の鶴米だけの酒や他の大手メーカーのワンカップと違って、かなり黄色みを帯びている。
 飲んでみると、アル添のくせにアルコールの刺激も少ない。そして糖類も添加されている筈なのに、昔の安酒のようにベタつく事も無い。
 アルコールの刺激を打ち消す程度に、糖類を上手に使っているのだろう。
 そしてその色を見れば過度な濾過はしていない事が一目瞭然で、酒としての旨味もそれなりにある。
 酒としての旨味は、純米の沢の鶴米だけの酒より間違いなくある。
 だから基本としての酒造りが、沢の鶴米だけの酒より富士錦の普通酒の方がしっかりしているのだろう。

 とは言うものの、富士錦金印は所詮は普通酒である。酔う為にグイグイ飲むには良いが、味わって飲むにはやはり物足りない。
 富士錦はやはり、純米以上の酒を飲むべきだろうと筆者は思う。

幻の瀧P1090873

 次に富山県黒部市の、皇国酒造幻の瀧純米吟醸を飲んでみた。
 グラスに注ぐ前に、キャップを開けただけで青リンゴや梨のようなフルーティーな香りが広がる。
 グラスに注ぐと、色は薄い黄色。
 口に含むと、味わいはスッキリしていて僅かに苦い。しかし決して薄かったり水っぽかったりせず、ベタつかずサラリとしているのに味に厚みと奥行きを感じる。
 辛口なのだが、辛すぎずに爽やか。
 ああ、これぞ美味しい日本の酒だと実感する。
 飲み比べてしまうと、沢の鶴米だけの酒や、富士錦金印などとは別物の香りと旨さを実感させられる。

 筆者は食事をしながら飲むタイプではなく、食事と酒は別に楽しむ人間だ。
 だから日本酒は純米吟醸酒が大好きだ。
 ただ食べながら飲む知人は、「吟醸香は好きでない」と言って、香りの穏やかな純米酒を好む。
 どちらが良い悪いではなく、飲むスタイルに合わせて好きな方を選べば良いと思う。

 で、結論だが濾過し過ぎて透明で水のような色の大手メーカーの“純米酒”は、不味くはないが美味くもない。
 地方の酒蔵の中には、アル添でもそれなりに旨い酒を出す所もあるが、やはり丁寧に造られた純米酒には到底かなわない。
 吟醸でなくても構わないが、美味い日本酒を飲みたければやはり純米で、精米歩合は麹米だけでなく掛け米も65%以下のものを選ぶと良いと思う。
 720mlの四合瓶で、千五百円以下で美味しいお酒が楽しめる日本酒は、下手なワインよりずっとお得ではないかと筆者は思う。

 筆者は酒は「味わって、少量だけ」しか飲まないから、日本酒が四合瓶で最低千円はする純米以上のものだけになったとしても、全然困らない。
 だが世の中には「たくさん飲んで、酔っ払いたい」という人達が少なからずいるから、メーカーも品質より安さ優先の美味しくない酒も出しているのだろう。

 しかしそれが、「とにかく量を飲んで酔っ払いたい人達がいる→メーカーが安い酒を出す→泥酔するアル中がもっと増える」という悪循環を生んでいるのではないか。
 冒頭にも書いたように、筆者の父は酔って家族や周囲の人に絡んで暴れる、タチの悪いアル中だった。そして外に飲みに行けば、警察に“保護”される事も何度もあった。
 だから筆者は、『警察24時』で酔っ払いが警官に絡んで暴れるシーンがテレビで放送されるのを見るだけで胸が苦しくなって気分が悪くなってくる。

 その父は、深酒が過ぎて既に亡くなってしまったが。
 今、酒の量販店や大手スーパーのお酒コーナーなどでは、清酒など安いものは3リットルの紙パック入りで1200円くらいで売っている。
「これではまるで、大量飲酒してアル中になれと勧めているようではないか」
 そう思うのは、筆者だけだろうか。

 だから筆者は、お金も無いくせに四合で千数百円の純米酒か純米吟醸酒しか飲まないし、「アル中を産む安酒など無くなってしまえ!」と思っている。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本酒。

日本酒。ワタシは日本酒に関して、というか
基本姿勢は どの飲み物も食べ物も同じ。

「いいもの」が、いい。

なのでアルコール添加という技術で
安全で美味しくなるのなら大歓迎。

そういうスタンスです。

なんの因果か わかりませんが日本酒、
ワイン、ウイスキーなどの味見会に
なぜか「相当」呼ばれるのですが。

日本酒の味見会でアルコール添加の
ものを評価した記憶が殆ど無いです。

理由は単に他と比べて、明らかに
「おいしくない」から。

ただねぇ、黒澤氏。

人間は普段から「慣れている味」を
どうしても評価してしまうのです。

アルコール添加の お酒で育った方は
それが「思い出の味」になるんです。

「思い出の味」を分かりやすく言えば
「おふくろの味」のポジションです。

だから 低レベルウイスキーについて
記事を書いた時に、逆上した人。

居ましたよね?

アレは その人が「おふくろの味」を
けなされた感覚を覚えたからだと。

そう、思ってます。

ogotch | URL | 2016-07-17(Sun)11:20 [編集]


Re: 日本酒。

 味覚は、本当に人それぞれですからねぇ。
 実は私の義兄など、本物の喜多方ラーメンよりインスタント・ラーメンの方が絶対おいしいし好きと言います。

 食べなれた味を評価してしまうというお言葉、本当にその通りだと思います。
 そして「喜多方ラーメンよりインスタント・ラーメンの方が美味しいなんて、絶対間違ってる!」と言い切れないのも、わかってはいるんです。

 だから最近では、ブログにも「違う好みの人がいるのだ」という事を意識して文章をかくよう心掛けているんですが、自主規制で言論統制と検閲をしているようで、ものを言うのにも何か息苦しい感じがします。

黒沢一樹 | URL | 2016-07-21(Thu)16:00 [編集]


場合、場合ですよ。

モノを美味しく感じる状況も
場合、場合ですよ。(笑)

富士山のテッペンでカップ酒。
銀座料亭の接待の場で大吟醸。

どっちが うまく「感じる」か。

やはり、考えますもんネ。(笑)

日本酒もアルコール添加で美味い例も
おそらく有ると思うんですよ。

ウイスキーのブレンデッドで
僅かに熟成期間の短いものを
意図的に入れることで。

味に勢いとキレを出すのは
普通に技術でありますから。

個人的に日本酒の分野で気にしているのは
一升が2,000円未満のリーズナブル商品。

高い方に目を向けると、どの店の品揃えも
「どこも似たり寄ったりになってしまう」
(量販店 酒販部長 談)わけですから。

リーズナブルな価格でかつ高品質の
日本酒を探す旅に お互い出ますか?

面白そうですよ、黒澤氏。(笑)

ogotch | URL | 2016-07-22(Fri)10:22 [編集]


Re: 場合、場合ですよ。


> 日本酒もアルコール添加で美味い例も
> おそらく有ると思うんですよ。
>
> 個人的に日本酒の分野で気にしているのは
> 一升が2,000円未満のリーズナブル商品。

 確かにありました。
 山梨県に行った時、たまたま目についた酒屋に立ち寄り、「何か手頃で美味い酒をくれ」と頼んだところ、店主に勧められたのが春鶯囀という地酒の本醸造酒でした。
 内心、「何だ、アル添酒かよ」とも思いましたが、プロの店主が勧めるのだからと黙って買い、帰宅して飲んでみたところ、とても美味しくて驚きました。
 しかも値段も五合瓶で千円以下でした。
 やはり、純米酒ばかりにこだわっているのは利口な事ではないのですね。


黒沢一樹 | URL | 2016-07-27(Wed)15:49 [編集]