空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

ティーチャーズについて改めて書き直す

 改めて言うまでの事も無いかも知れないが、筆者は頭がオカシイ。
 棚にお気に入りのウイスキーを並べ、それを眺めたり瓶を磨いたりして悦に入り、にやにやしている事がある。
 日本酒や黒糖焼酎やジンやビールなど、ウイスキー以外の酒も好きだ。しかし別に並べて眺めたりしたいとは思わない。
 だが琥珀色のウイスキーだけは、ただ飲むだけでなく眺めて愛でたくなってしまうのだ。

 だから財布にゆとりがあると、ついお気に入りのウイスキーをもう一本、買い足してしまったりする。
 で、お気に入りのウイスキーはいつも複数本、部屋に並んでいたりする。

 その為、先日失敗をしてしまった。
 少し前に、このブログでお気に入りのスタンダード・スコッチ、ティーチャーズについて書いたが。
 その際、新しく買って飲むのではなく、家に数本確保しておいたうちの一本を飲み、それについてコメントを書いてしまった。

 今年になって、ティーチャーズの瓶が少し変わった事は知っていた。
 しかし「変わったのは瓶だけで、味の方は同じだろう」と思っていたのだ。
 ところが当ブログを読んで下さったある方によると、ティーチャーズは瓶だけでなく中身もリニューアルされたとの事である。しかもティーチャーズの特徴の一つだったスモーキーさも、薄れてしまったという。

 考えてみれば、ティーチャーズは会社のオーナーも変わったのだ。
 サントリーがビーム社を買収したのに伴い、ビーム社の傘下であったティーチャーズもまたサントリーのものになったのだ。
 だから味が変わるかも知れないという事も、充分に考えておくべきだった。
 なのにサントリーに買収されリニューアルされた後のティーチャーズの味を見ずに、ストックしておいた古いものの味についてブログに書いてしまったのは、間違いなく著者の手落ちである。

 それで遅ればせながら、ビーム・サントリーによる新しいティーチャーズを買って飲んでみた。

ティーチャーズP1100207

 封を切ると、まず甘い香りが漂う。グラスに注ぐと、スモーキーさが僅かに出て来る。
 甘くなめらかで飲みやすいのは、以前のティーチャーズとあまり変わらない。
 しかし以前のものより、少しライトで軽めな味わいになったような気がする。
 ラベルには“HIGH IN PEATED MALT”とあるが、実際にはスモーキーさも軽く感じる。
 以前のティーチャーズと2本並べて同時に飲み比べてみたが、以前のものの方が明らかに香りも華やかで、味も深みがありよりなめらかだった。

 断言するが、以前のものの方が明らかに甘く深みがありスモーキーで美味しい。
 新しいティーチャーズも甘くなめらかで悪くはないが、特に良いとも思えない。

 以前のティーチャーズは、良くも悪くも個性があった。だからその個性を「苦手だ」という人もいたが、逆に「大好きだ!」という人もいた。
 だがリニューアルされたティーチャーズは、その個性がかなり薄らいだ感じだ。
 取り立てて言うべき特徴も無く、「スタンダード・スコッチとしては中の上の、悪くないが特に良くもない製品」という印象だ。
 新しいティーチャーズは「苦手だ」という人を減らした代わりに、「大好きだ!」という人も減らしたのではないかと思う。

 以前のティーチャーズには味に深みと個性があり、濃いめにしてチビチビゆっくり飲んで「じっくり美味い」と感じた。
 しかし新しいティーチャーズはじっくり味わってもあまり楽しめず、むしろ氷を入れ炭酸か水で薄く割ってグイグイ飲むのに向いているように思えた。
 実際、サントリーのホームページを見てみても、ティーチャーズはハイボールにして飲むように勧めている。

 個性を抑えて万人向けの味と香りにした「サントリーのティーチャーズ」だが。
 世界的な販売戦略としてはそれが正しいのかも知れないが、ハイボールは好きでなくウイスキーは濃いめでチビチビ味わって飲みたい筆者としては「残念至極なリニューアル」としか言えない。
 また、英国やスコットランドのパブでは、ハイボールは「頼まれれば作るが、注文する人は滅多にいない」という。
 現地ではあまり飲まれないハイボール向きの味にリニューアルされた新しいティーチャーズは、本場のスコットランドや英国ではどう評価されるだろうか。

 あと、リニューアル前の製品と後の製品を同時に飲み比べてはっきり言える事だが、リニューアル後のティーチャーズの方が明らかにアルコールの刺激が強く感じる。
 ライトな味にブレンドを変えたから、結果的にアルコールの刺激をより強く感じる結果になってしまったのか。
 それとも、若いグレーン・ウイスキーを以前より多くブレンドするように変えたのか。
 そのあたりの所は、専門家ではない筆者には判断しかねる。
 しかし新しいティーチャーズがよりライトな味になり、同時にアルコールの刺激を強く感じるようになったのは間違いのない事実だ。
 それだけに、新しいティーチャーズは「最初から割って飲むもの」としてブレンドされたように思えてならない。

 で、ハイボールは好きでない筆者だが、炭酸水を買って来て新しいティーチャーズをハイボールにして飲んでみた。
 すると意外なことに、炭酸のせいかピート香をはっきり感じた。味はドライで、濃いめで飲んだ時に舌で感じた甘さは殆ど感じない。
 筆者はハイボールは好まないから、美味しいとは思わなかったが。しかしハイボールが好きな人なら、スイスイ気持ち良く飲めるだろうと思った。
 濃いめでじっくり味わって飲むと何かと不満の出てくるリニューアル後のティーチャーズだが、ハイボールにすれば抵抗なくどんどん飲めるだろう。
 しかも店によっては千円前後で売っていて、あの角瓶より安く買える場合もあるし、そして味は角瓶より上等だ。

 ただ従来のティーチャーズの味を知っていて、ウイスキーは濃いめでチビチビじっくり飲みたい派の筆者としては、ビーム・サントリーの新しいティーチャーズはもう二度と買うまいと思ってしまった。
 決して悪くはないのだが、「薄く割らずに濃いめでじっくり味わって飲むなら、もっと美味いスタンダード・スコッチが他にいろいろある」というのが筆者の感想だ。
 リニューアルされたティーチャーズを飲んでみて、「ストックしてある以前のティーチャーズを大切に飲もう」と心から思った。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

少し、にぎやかになった前記事から改まって、、、

新ティーチャーズのレポありがとうございます!
黒沢さんのペースにしては、だいぶ頑張ってくださり、ほとんど飲まれた後の写真でしたね 無理なさらないでくださいね だけど、旧先生はわずかですが正露丸風味も感じさせてくれて、スモーキーでよかったのに、、、

自分は新はまだ未飲ですが、やはり某大企業方の方針なのか、煙たさの主だったアードモアはだいぶ減らされたブレンドになったんでしょうか?自分も次はまたしても味落ちたと言われてます、ホワイトホースとともに味、確認してみたいと思います。

西友のASDA、、、すみません近くに西友なくて、、、どこかで見かけたときは買って飲もうと思っています!




ニッカネン | URL | 2016-08-10(Wed)23:06 [編集]


旧ボトル。

旧ボトル。

探した方が良いかもしれません。

まだジャパニーズウイスキーの
終売狂想曲より穏やかなのが、
旧ボトルファンの救いです。

旧ボトルのティーチャーズは個人的に
デイリーユースのウイスキーとして
なかなかだと思っているので。

ogotch | URL | 2016-08-14(Sun)02:05 [編集]


Re: 少し、にぎやかになった前記事から改まって、、、

> 新ティーチャーズのレポありがとうございます!
> 旧先生はわずかですが正露丸風味も感じさせてくれて、スモーキーでよかったのに、、、
>
> 自分は新はまだ未飲ですが、やはり某大企業方の方針なのか、煙たさの主だったアードモアはだいぶ減らされたブレンドになったんでしょうか?自分も次はまたしても味落ちたと言われてます、ホワイトホースとともに味、確認してみたいと思います。

 ホワイトホース、実は現在、新旧両方とも試し飲みしている最中です。
 酒に弱い人間なので、なかなか飲めずにいますが、再来週あたりにご報告させていただくつもりでいます。

 チラッと言ってしまいますと、スモーキーさは間違いなく薄くなりました。
 だからスモーキー香を愛する方はガッカリしてしまうでしょうね。
 ただよりマイルドになり、飲みやすくなったとも言えます。
 詳細は、再来週を気長に待っていて下さいませ。

黒沢一樹 | URL | 2016-08-18(Thu)14:33 [編集]


Re: 旧ボトル。

> 旧ボトル。
>
> 探した方が良いかもしれません。
>
> まだジャパニーズウイスキーの
> 終売狂想曲より穏やかなのが、
> 旧ボトルファンの救いです。
>
> 旧ボトルのティーチャーズは個人的に
> デイリーユースのウイスキーとして
> なかなかだと思っているので。

 ティーチャーズのリニューアルは本当に残念です。
 旧ボトル、探しているのですが近所の店では殆ど新しいものに入れ替わってしまっています。
 残念でなりません。

黒沢一樹 | URL | 2016-08-18(Thu)14:39 [編集]


ティーチャーズ旧ボトル
私の地元では、酒販ドラッグストア系ディスカウントショップなんかに大量に残っていました。客層の関係で、あんまりスコッチを買わない店舗の方が残っているのかもしれません。

KAZ | URL | 2016-08-19(Fri)14:20 [編集]


Re: タイトルなし

> ティーチャーズ旧ボトル
> 私の地元では、酒販ドラッグストア系ディスカウントショップなんかに大量に残っていました。客層の関係で、あんまりスコッチを買わない店舗の方が残っているのかもしれません。

 貴重な情報をありがとうございます。
 確かに近所のドラッグストアには、ホワイトホースの旧ボトルが大量に売れ残っていました。
 お酒の量販店では、ティーチャーズだけでなくホワイトホースもすべて新しいものに入れ替わっていたのに。
 これからは、お酒の専門店でないお店を探してみますね!

黒沢一樹 | URL | 2016-08-25(Thu)14:29 [編集]


で、黒澤氏。

で、黒澤氏。

いかほど ご購入されましたか?

私は三本に一票!(笑)

ogotch | URL | 2016-08-25(Thu)19:59 [編集]


Re: で、黒澤氏。

> で、黒澤氏。
>
> いかほど ご購入されましたか?
>
> 私は三本に一票!(笑)

 実は残念ながら、ティーチャーズの旧ボトルはまだ見つかっていません。
 ホワイトホースの旧ボトルなら、まだ各店に置いてあるのですが……。
 ホワイトホースに比べ、ティーチャーズは置いてあった店が元々少なかったのでしょうか。
 それともたまたま私の住む町ではティーチャーズを置いてある店が少なかったのでしょうか。
 そのあたりは不明ですが、今後も暇を見て探してみます。

黒沢一樹 | URL | 2016-09-01(Thu)14:21 [編集]