空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

ストロング系のチューハイが人気と言うが…

 酒の量販店やスーパーの酒コーナーに行くと、缶チューハイがビール類を脅かすくらいたくさん売られている。
 その多彩にある缶チューハイのうちでも、アルコール度数7~9%のストロング系と、果汁たっぷり系が人気らしい。

 果汁たっぷり系が人気、という理由は筆者にもよくわかる。これまでの多くの缶チューハイと言うと、実際には果汁は数%程度で、ほぼ香料と糖類と酸味料で味と香りを作っているものが多かったからだ。
 そうした“まがいもの”の缶チューハイに比べて、本物の果汁をたっぷり入れたものは間違いなく美味しい。

 一方、アルコール度数の高いストロング系の缶チューハイの人気については、筆者は今ひとつ理由がわからないでいた。
 以前飲んだ大手スーパーの自社ブランドのレモン味のストロング系缶チューハイは、ただ安っぽいアルコール(甲類焼酎)のツンツンした辛い刺激が突出していて不味かった。

 だが今は、缶チューハイではストロング系が一番の人気だという。
 それで改めてストロング系缶チューハイの味見をしてみようと思い、サントリーSTRONG ZEROを飲んでみた。
 他の度数の缶チューハイには、桃だの葡萄だの様々の果物を使った物があるが、ストロング系と言うと何故かレモンとグレープフルーツと言った、甘くない系のものに限られているような気がする。
 そして以前に筆者が飲んだ某大手スーパーブランドのレモン味のソレも、変に苦くアルコールの刺激だけ強くて閉口したものである。
 で、今度飲んでみたSTRONG ZEROについては、その二つは避けてシークワーサーを選んでみた。

ストロングゼロP1100347

 プルタブを開けてみると、まずアルコール臭が漂う。
 グラスに注いで飲んでみても、シークワーサーの柑橘系の味よりもツンとしたアルコールの味を感じてしまう。

 断っておくが、筆者は決して強い度数のアルコールを飲めないわけではない。
 日本酒も普通に飲んでいるし、大好きなウイスキーはストレートで飲んでいる。
 しかしこのSTRONG ZEROも含めて、度数9%のストロング系缶チューハイには、アルコールの不快な刺激を感じてしまうものが少なくない。
 純米酒や長期熟成したウイスキーのアルコールは角が丸くなりまろやかに感じるのだが、廃糖密から作られたスピリッツや甲類焼酎などの安いアルコールを使ったチューハイは、アルコールの刺激がツンツンしてどうにも不快でならない。
 度数5%前後の普通の缶チューハイでも、果汁等を上手に加えないと安いアルコールの刺激が気になる。
 だからその倍近い量のアルコールを使った、度数9%のストロング系缶チューハイは、その安いアルコールの嫌な刺激がどうしても目立ってしまうわけだ。

 このSTRONG ZEROシークワーサーも、果実をマイナス196℃で瞬間凍結したものを粉砕してお酒に浸漬したり、割るお酒にウオッカと泡盛を使うなどの工夫を凝らしているのだが、シークワーサーの香りこそするものの、苦辛いアルコールの味の方が目立ってしまう。

 話は少しずれるが、今ハイボールがとても人気なのは、ビールほど苦くない上に、甘くないから食事にも合うからということだ。
 で、ハイボールはストレートやロックのようにきつくなく飲みやすいが、ビールよりは度数が高いから、ビールより早く酔えて良いとも聞く。
 それを考えれば、アルコールのツンとした刺激さえ気にしさえしなければ、甘くないストロング系の缶チューハイは食事にも合いビールより早く酔えてお手頃なのかも知れない。
 ちなみにこのシークワーサーも含め、STRONG ZEROのシリーズは甘味料(アセスルファムK、スクラロース)こそ使っているものの、糖類はゼロである。

 筆者はこの記事の初めの方で、ストロング系の缶チューハイはレモンやグレープフルーツのように僅かに苦みがあって甘さより酸味が目立つものが多いと書いた。
 実際、ストロング系の缶チューハイで酸っぱい柑橘以外のものは殆ど見ない。
 と思っていたら、サントリーがSTRONG ZEROに、桃ダブルを新しく発売した。

ストロングゼロP1100379

 桃の果汁と、例のマイナス196℃で瞬間凍結して粉砕しお酒に浸漬したものを合わせているから、桃ダブルと言うのだろうか。
 それはともかくとして、グラスに注いで飲んでみると、やはりまずアルコールの苦さを感じてしまう。甘味料こそ使っているものの、度数9%で、しかも糖類ゼロでは、やはりアルコールの刺激が表に出てしまうのだろう。
 が、桃の味と香りはしっかり感じるし、アルコールの刺激も慣れればそれほど気にならなくなってくる。

 このSTRONG ZEROの桃ダブル、個人的にはシークワーサーやレモンやグレープフルーツのストロング系缶チューハイよりも好きだ。
 しかし桃の味と甘さがあるから、食事をしながら飲むという人にはあまり合わないかも知れない。
 しかしそこはやはり度数9%のストロング系だ。
 桃の味につられてゴクゴク飲むと、胃が熱くなってきて早く酔う。
 だからお酒を飲み慣れていない若い女性などは、飲む時には気をつけた方が良い。

 さて、STRONG ZEROに桃ダブルを投入したサントリーだが、期間限定で凍結ライチも発売した。
 ただこれは、他のSTRONG ZEROと違って度数は8%である。

ストロングゼロP1100390

 このSTRONG ZERO凍結ライチは、グラスに注ぐ前の、プルタブを開けた瞬間からライチの香りが周囲に漂う。
 が、飲むとアルコールの刺激と苦みは微妙に感じる。
 これも糖類ゼロで甘さは控え目だが、食事に合うかどうかと言うと、これも微妙なところだろう。
 しかしライチの味はしっかりとあり、ライチが好きな人には喜ばれそうな味だ。
 期間限定と言うから、ライチがお好きな人は、早めにお店で探してみてほしい。

 しかし何故この凍結ライチだけ、STRONG ZEROのシリーズの中で度数が8%なのだろうか。
 ライチのコストの問題なのだろうか、それともアルコール度数を他と同じに9%まで上げると、アルコールの刺激が強くなり過ぎて味のバランスを壊してしまうのだろうか。
 そのあたりのところは、ちょっと謎だ。

 結論だが、ストロング系の缶チューハイは、ビール類や他の缶チューハイより早く酔えることは間違いない。
 そしてあまり甘くないものが多いし食事にも合い、甲類焼酎を思わせる安っぽいアルコールの刺激さえ気にならなければ、お買い得なお酒だと思う。
 しかし筆者は食事をしながら飲む事があまり無く、甲類焼酎のようなツンツンしたアルコールの刺激は苦手なので、個人的には缶チューハイを飲むならストロング系より、果汁たっぷり系を選びたい。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する