空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

吉田蔵大吟醸と薫風の金鍔(筆者、二つの固定観念を改める)

 このブログを以前からご覧下さっている方なら、「そんな事よくわかってるよ!」とおっしゃるだろうが。
 筆者は酒については、かなりタチの悪い“原理主義者”である。

 まずビールについては、麦芽とホップだけで造ったものこそ“ビール”だと思っている。
 副原料にオレンジピールやコリアンダーシードを加えたものは美味いと思うし好きだが、日本の製品に多い、米やコーンやスターチなどの糖質副原料を使った、喉越し最優先の薄くて妙な味のするやつは嫌いだ。
 焼酎についても常圧蒸留で、さらに出来れば甕貯蔵したものこそ本物の本格焼酎だと思っている。
 だからテレビのCMや雑誌の広告で派手に宣伝されている、減圧蒸留でしかもイオン樹脂濾過までした有名メーカーの製品は、本格焼酎と名乗る資格は無いと考えている。
 こんな人間だから、日本酒についても純米こそが本当の日本酒だと思っていたりする。
 この通り、筆者は本当にイヤな酒の飲み手なのである。

 それでも一応は大人だから、宴会などで出された酒に文句をつけたり、「本物の酒とは……」などと要らぬ講釈をたれたりするような真似はしない。
 しかし職場などのごく当たり前の宴会で出される、大手メーカーのビールや日本酒を筆者がどんな目つきで眺めているかは、ご想像の通りだ。
 で、酒に弱い体質であることを口実に、形だけ口をつけて殆ど飲まずにいたりする。

 そんな筆者ではあるが、酒屋の主や酒に詳しい先輩などの言葉は、素直に聞いている。
 筆者は酒の専門家ではないし、酒について知らないことも沢山あるし、飲んだことの無い酒もたくさんある。
 だから自分の知識と経験の浅さもちゃんと自覚して、自分のそれまでの常識と違うことでも、先輩や専門家に勧められたものは頭から拒んだりせず、まずは自分の舌で味を確かめてみている。

 その筆者が「この人の言うことなら信用できる、まずは従ってみよう」と考えている先輩の一人が、オゴ-ログのogotchさんだ。
 ogotchさんに連れられて銀座のバーに行きバランタインの“縦飲み”をしたことについては、先週の記事に書いたが。
 実は当日、バーに行く前の昼間にも、ogotchさんに想像を超える体験をさせていただいた。

 皆さんの中で、和菓子などの甘いものを食べながら日本酒を飲む方が、どれだけいるだろうか。
 実は筆者も、「お菓子を食べながら酒を飲むなど、あり得ない」と思っていた。
 その筆者を、ogotchさんは東京都文京区千駄木の薫風という和菓子カフェに案内してくれた。
 何とその店ではお酒と和菓子マリアージュを提案していて、和菓子に日本酒を添えて出してくれるのだ。

吉田蔵IMG_0296

 店内の席に着いた筆者の目の前に、金鍔と、白山を源流とする手取川の水で醸した石川県の吉田酒造の銘酒、吉田蔵大吟醸が並ぶ。
 その時、「日本酒は純米であるべき」という純米原理主義者の筆者は、その吉田蔵が大吟醸であって、純米大吟醸では無いことを見逃さなかった。
 だから筆者は、飲んでみるのが逆に余計に楽しみになった。

 純米原理主義者の筆者でも、「良い酒に少量の醸造用アルコールを加えると、吟醸香がより華やかになる」ということは、話に聞いて知ってはいた。
 アル添はただ嵩増しの為にするのではない、という説もよく聞く。
 しかし残念ながら筆者は、純米大吟醸を越えるアル添の大吟醸酒を飲んだことが無かった。
 筆者は以前、同じ有名メーカーのアル添大吟醸と、純米吟醸酒(純米大吟醸ではなく)を飲み比べてみたが。
 確かに香りは、アル添大吟醸の方が華やかだった。しかし味の深みやコクは、純米吟醸の方が圧倒的に上回っていた。
 だから筆者は、「純米大吟醸を越えるアル添大吟醸は無い」と考えてきた。

 しかし千駄木の薫風はogotchさんお勧めの店で、お酒もオーナーのつくださちこさんが選んでくれたものだ。
 だから「今度こそコストダウンと嵩増しの為ではない、吟醸香をより引き出す為にアルコールを使った日本酒に出会えるかも」と、「いざ、勝負!」くらいの気持ちでワクワクしながら吉田蔵大吟醸を飲んでみた。

 ……凄い。
 とにかくフルーティーな吟醸香が凄い。
 青リンゴと梨のようなフルーティーな香りが、グラスを顔に近付けると鼻孔一杯に豊かに広がる。
 筆者がこれまで飲んだ日本酒の中で一番感動的だったのは、山梨銘醸の大中屋純米大吟醸だ。
 この大中屋純米大吟醸は四合で五千円を越える価格だが、味と香りは充分それに値する素晴らしい日本酒だ。
 吉田蔵大吟醸は、香りについて言えばその大中屋純米大吟醸を上回っていた。
 こんなに香りの素晴らしい日本酒を、筆者はこれまで飲んだことが無かった。
「なるほど、これが少量のアルコールで吟醸香をより引き出すということか」
 吉田蔵大吟醸を飲んで、その事を初めて体感した。

 しかし少量なりともアルコールと水を余計に加えることになるわけだから、アル添の吟醸酒や大吟醸酒は、純米の吟醸酒や大吟醸酒より薄く辛い味になりがちだ。
 だが吉田蔵の大吟醸は、「薄い」のではなく「スッキリした」という、とても良い感じに仕上がっていた。
 そして白山を源流としているという仕込み水の良さだけでなく、造りの良さがよくわかる雑味の全く無い澄んだ味で、まるで高山の源流水を飲んでいるかのような心地良さがあった。
 但し旨味はあるが辛口で、渋味も感じる。

吉田蔵ときんつばIMG_0297

 それがだ、薫風で出された金鍔を食べながら飲むと、金鍔の上品な甘さが、吉田蔵大吟醸のキリッとした辛さと渋味ととても良く合うのだ。
 吉田蔵大吟醸の辛さと渋味を、薫風の金鍔の品の良い甘さが癒してくれる。
 そして吉田蔵の澄んだ辛さと僅かな渋味が、金鍔の甘さを洗い流してくれる。
 で、吉田蔵を飲んでは金鍔を食べ、金鍔を食べては吉田蔵を飲み……と繰り返し、目の前のグラスと皿はたちまち空になってしまった。
 これはいけない、と筆者は思った。
 薫風の和菓子とお店にある日本酒があれば、酔い潰れるまで飲んで食ってしまう。
 酒に弱い筆者にそう思わせるくらい、薫風の和菓子と日本酒は相性が良く美味しかった。

 同調圧力が強く、空気を読んで周りの皆に合わせて生きている人が多い。
 そんな日本だからこそ、周囲や空気に流されない自己主張も必要だとは思う。
 だからこそ、筆者は偏屈を通して生きてきているのだが。
 しかし一人の人間の知識や体験には限りがある。
 周囲に流されてばかりで己というものが無いのも、自分の主義主張を盲信して人の言葉に耳を傾けないのも、同じくらい愚かだ。
 少なくとも筆者は、専門家や尊敬できる先輩の言葉には素直に耳を傾ける。

 嵩増しの為ではない、吟醸香をより素晴らしく引き立てる為のアルコール添加は、本当にあった。
 日本酒、特に雑味の無いやや辛口で渋味もある酒は、和菓子にとても良く合う。
 それを知ることができたのも、ogotchさんという酒と人生の先輩がいてくれたおかげだ。

 薫風で吉田蔵大吟醸と金鍔を堪能した後、ほろ酔いでogotchさんと谷根千の街をそぞろ歩いた。
 休日の日の高いうちに良いお酒を飲み美味しいものを食べて東京の古い街を散策するのは、本当に良い気分だった。

PageTop

無粋な筆者が“天国”で考えたこと

 先月の休日に、天国を垣間見た。
 主に良酒とスイーツについてのブログを書かれている、オゴ-ログのogotchさんが銀座のバーに連れて行って下さり、そこで筆者はバランタインの“縦飲み”を体験した。

 静岡県の田舎で家飲みばかりしている筆者には、それはもう想像を絶する世界だった。
 静かで落ち着いたバーのカウンターに座ると、目の前にパランタインが5本、左からファイネスト、12年、17年、21年、30年とズラリと並ぶ
 それを若い方から、一杯ずつ順に飲み比べて行くわけだが。

バランタイン縦飲み①IMG_0352

 バーの長岡さんも心得たもので、今のグラスを飲み切る少し前に次の一杯を出してくれる。
 だから目の前の一杯を味わい、残り少なくなったら次の一杯と飲み比べ、そしてその一杯を堪能し……というのを、5回繰り返せたわけだ。
 いや、実はバランタイン30年は続けて2杯飲んだし、発売まだ間もないブラックニッカ・アロマティックの試し飲みなどもしたから、実際に飲んだ量は5杯よりも多い。
 もちろんその合間に、バランタインに合うつまみも出て来る。
 こんな贅沢な飲み方をしたのは、正直に言って生まれて初めてだ。

 で、ざっと感想を語ってみよう。
 バランタイン・ファイネストは普通に美味い。
 筆者など、平日の夜などにテレビを見たり家族と話したり膝の猫を撫でたりしながら晩酌として飲むなら、これで充分に楽しめる。
 しかし続いて12年を出され、その香りを嗅いだ瞬間に背筋が伸びた。
 これは明らかに違う。
 そう思った。
 香りの華やかさと優しさと言い、味のまろやかさと繊細さと言い、ファイネストとは段違いだった。

 ものの値段とは、なかなか面白いもので。
 値段に比例して美味しくなるのは当たり前なのだが、その味の差が値段に正比例しているかと言うと、そうではない。
 まあある程度までは、正比例に近い部分もあるのだが。
 あるレベルを越えると、ちょっと良いものを手に入れる為に、かなりの差額を払わなければならなくなる。

 その事は、例えばオーディオ・ファンの方ならよくご存知だろう。
 千円やそこらのお手頃価格のイヤホンと、三千円から五千円クラスのイヤホンは、音質の差が段違いだ。
 しかしそのクラスと一万円以上のものとの音質の差も、段違いだという。
 が、さらにまたその上があり、上を見たら値段に限界が無いらしい。
 そして価格の差と音質の差は正比例しているわけでなく、より良いものを求めたら本当にきりが無い。
 だから「このクラスのものでいい」という限度は、自分で決めるしかないのだが。

 そこで話はバランタインのファイネストと12年に戻るが、ファイネストは安い酒屋では税抜き千円未満で売っている。
 その価格としては、同価格帯の国産ウイスキーや凡百のスタンダード・スコッチやバーボンなどより美味い。
 しかし酒屋では2千円程度で売られている12年は、価格の差と品質の差が正比例していると言い切れる。
 バランタインの12年は、ファイネストより確かに“倍”美味いのだ。
 12年を飲んでしまうとね、「出来れば家でも、普段からこれを飲みたい」と思ってしまう。

 人の価値観は様々だが、ウイスキー一本で2千円は高いだろうか?
 いや、筆者はそうは思わない。
 ウイスキーは、たいてい1ショット30mlで飲まれている。
 そして通常のウイスキーは一瓶で700mlだから、ウイスキー一本で23杯は飲めることになる。
 だからバランタイン12年やジョニ黒やシーバスリーガル12年など、税込みで2千円を少し越えるウイスキーを買っても、家飲みならば1ショット百円にもならない計算になる。

 で、例えば新ジャンル酒だが、24本の1ケースで買えば、安い店でも税抜きで2380円くらいだ。
 つまりバランタイン12年の1ショットは、新ジャンル酒1缶と同じか少し安いくらいの計算になる。
 だとしたら貴方はバランタイン12年(あるいはジョニ黒やシーバスリーガル12年)と新ジャンル酒と、どちらを選ぶだろうか?
 好みや価値観は人さまざまだが、筆者なら間違いなく、躊躇なくバランタイン12年を選ぶ。
 新ジャンル酒をゴクゴク一気に飲み干すより、バランタイン12年をゆっくり味わう方が、筆者にとってははるかに満足感が大きい。

 ウイスキーは一瓶で値段を考えるから、割高に感じるのだ。
 一本買えば、23ショット飲める。
 そしてビール類の1ケース24缶と比較して考えれば、「ウイスキーは決して高くない」とわかるだろう。
 まあ、味と香りを堪能することなく、酒を酔う為に鯨飲する人にとっては、話はまた別だろうが。

 さて、話をまたバランタインの“縦飲み”に戻す。
 12年でも筆者には充分美味かったが、続いて出て来た17年は衝撃的だった。
 凄い。
 香りが12年より明らかに華やかで、しかも味も力強い。
 品の無いたとえ方をすれば、12年は華奢で繊細な美女で、17年は肉感的な美女という感じだ。
 12年には無いボディの強さと、12年より明らかに鮮烈な華やかさを、17年には感じる。
 日頃、気楽に飲んで良いような酒ではないことは、筆者にもよくわかる。
 しかし出来れば、時折で良いから家でも飲みたいものだ。
 そう思った筆者は、案内して下さったogotchさんに、無粋かつ失礼ながら17年の値段をそっと尋ねてしまった。

 5千円くらい、ということだが。
 正直、「気軽には手を出せないかな」と思ってしまった。
 ファイネストと12年の味と香りの差は、間違いなく値段の差と同じくらいあった。
 しかし12年と17年の味や香りの差が、値段と同じだけの2倍半あるとまでは、思えなかった。

 だがウイスキーは、一本買えば23ショット飲めるではないか。
 5千円のウイスキーでも、1ショットに換算すれば220円に過ぎない。
 220円と言えば、一番搾りやモルツやヱビスなどの、麦芽とホップだけで造ったビールとほぼ同じだ。
 その種のビールを24缶入りのケースで買えば、確かに五千円くらいする。
 ならばバランタイン17年と言ったって、一番搾りやモルツやヱビスをケースで買うのと同じようなものだ。
 そう思えば、バランタイン17年と言っても「手が届かないものではないし、高いものではない」と気付いた。
 少なくとも筆者には、同価格帯のビールよりバランタイン17年の方が美味いし、飲んだ後の満足感が間違いなくある。

 考えてみれば、一番搾りやモルツやヱビスのようなビールを、私達は特に構えることなく案外普通に飲んでいないだろうか。
「一番搾りやモルツやヱビスのようなもの」
 そう思えば、バランタイン17年も普通の人でもそう構えずに、少し贅沢する程度の気持ちで飲めるのではないかと思った。

 続いて21年だが、熟成感は間違いなく17年より上だ。
 ウイスキーとしての質は、17年より上だと断言できる。
 しかし筆者は、個人的には香りに華やかさのある17年の方が、21年よりも好きだ。
 お手頃価格のお酒はたいてい値段と味が正比例しているが、あるレベルを超えた良い酒になると、こういう事もある。
 ただ華やかな香りより円熟した味を評価する方は、17年より21年の方を好きになるだろう。

「空気が読めない」のではなく「読めている空気もあえて無視する」筆者でも、バーで出されたお酒の、酒屋での小売価格をいちいち尋ねるほど無礼ではない。
 で、そのバランタイン21年の価格は、帰宅した翌日にネットで調べた。
 およそ8千円というところだった。
 例によって1ショットに換算すると、320円というところ。
 瓶で売っている、グランドキリンやサントリーのマスターズ・ドリームのような、ちょっと贅沢なビールを飲むようなものだろうか。
 そう思えば、普通の勤め人にも手が届きそうなウイスキーと言えそうだ。

 さて、いよいよバランタイン30年の登場だ。
 ……王様、デシタ。
 香りはただ華やかというのではなく17年より明らかに豊かで、味も21年より遙かに円熟味があって丸い。
 味に本当に角がなく、体に良くないことだが、チェイサー無しで平気で飲めてしまう。
 あまりに味がまろやかなので、「飲もう」と意識しないと、チェイサーを飲むことを忘れてしまう。
 もう、それまでの12年と17年と21年の比較など吹っ飛んでしまうほど、他のものが問題にならないほど30年は凄い。

 まあそれは、その分だけ一本のお値段もそれなりデスヨ。
 ネットで見た相場は、2万7千円からというところだった。
 例によって1ショットで換算すると、およそ1200円というところ。
 つまり「1ショットで、スタンダード・スコッチ1本分の値段」ということだ。
 当然、普通のサラリーマンが容易に手を出せるウイスキーではない。
 しかし「それなりのお金を出して、バーなどで試し飲みしてみる価値はあるか?」と問われたら、筆者は躊躇わずに「ある!」と答える。
 飲んでみれば、「本当に良いウイスキーがどんなものか?」が、心からよくわかる。
 こんな良いウイスキーに触れる機会を与えてくれたogotchさんに、心から感謝する。

 ところで、ogotchさんは飲んだ後のグラスを、バーテンダーさんに返していたが。
 筆者は一番隅の人目につきにくい席にいたのを良いことに、空になったグラスをすべて自分の前に残しておいた。
 良いウイスキーは、飲み干した後もグラスに香りが残る。
 それで筆者は、飲んだ後のグラスを五つも並べ、何度も嗅ぎ比べてみた。
 お店にとっては迷惑な客だったかも知れないが、これがまた楽しかった。
 ファイネストのグラスは、いつの間にか香りが消えていた。
 しかし他の12年と17年と21年、それに30年のグラスには、香りが長くしっかり残り続けた。
 その香りも、もちろん30年が別格に素晴らしかったが。
 しかし12年と17年と21年も、「やはり同じバランタインの兄弟だなあ」と思わせる香りが残っていて魅惑的だった。

 あと、おつまみにはまずナッツ、続いて椎茸の串焼き、そして燻製のチーズと豆腐が出た。
 ナッツもチーズも美味しかったが、豆腐の燻製がまた美味しかった。
 おつまみはogotchさんと分け合って食べたのだが、豆腐の燻製の最後の一切れをogotchさんに「どうぞ」と譲られた時、遠慮も何もなく、躊躇わずに箸を出していただいてしまった。

 あと、絶品だったのが、椎茸の串焼きだ。
 正しい名前は知らず、見た目から「椎茸の串焼き」と筆者が勝手に名付けてしまっているのだが、ただ香ばしく焼けているだけでなく、うまみの素がギュッと凝縮されたような素晴らしい味だった。
 また、切って捨ててしまう人も少なくないが、本当は美味しい石突きも無駄にせずに焼いて出してくれていたのが嬉しかった。

バランタイン縦飲み②IMG_0351

 実は筆者は、「良い椎茸を焼いて、醤油を垂らして食べると美味しい」と、ogotchさんに以前から教えられていた。
 幸いにも筆者が住んでいる市の山間部は椎茸の産地で、農協系のスーパーでは地元産の新鮮な椎茸を安く売っている。
 それで教えていただいた後すぐに試してみて、「うん、これは美味しい」と納得していた。
 しかし連れて行っていただいたバーの椎茸の串焼きの美味さは、本当に別次元だった。
 もちろん椎茸の質も違うのだろうし、プロの方の料理に筆者ごときの料理が近付ける筈も無いが。
 しかし焼き方や味付けをもっと工夫してみなければと、改めて思わされた。
 かなう筈もないのは重々承知しているが、それでも少しは近い味を自宅で再現してみたいと思わされる逸品だった。

 最後に、バーのまかないをいただいたが、これもまた美味すぎて、日頃は食事はゆっくりとっている筆者が、少しみっともないくらい早く完食してしまった。

バランタイン縦飲み③IMG_0357

 このように、ogotchさんには本当に素晴らしい体験をさせていただいたのだが。
 筆者の品性の問題で、この記事の話題がついウイスキーの価格の方に偏ってしまったことを、ogotchさんに本当に申し訳なく思う。
 ただ「ウイスキーは酔う為だけにガブ飲みするのではなく、少量を楽しんで飲むなら、決して値段も敷居も高いものではない」ということを、皆さんにも是非わかっていただきたいと、強く思った。
 バランタイン12年だけでなくジョニ黒もシーバスリーガル12年も、1ショットと1缶で比べれば、実は新ジャンル酒より安いくらいなのだ。

 酒を酔っぱらう為に量を飲みたいなら、話はまた別だが。
 しかし出来ればほろ酔い程度に抑えて、良い酒を少量、じっくり味わいながら楽しんで飲んで欲しいと、父が酒乱で家族みなが苦しんだ筆者は心から思う。

 それにしても、いかにウイスキーがブームとは言え、日本の良いウイスキーは高すぎはしないか。
 ネットで調べてみたら、バランタイン30年は2万7千円だが、響30年は30万円弱だ。
 同じ30年モノのブレンデッドなのに、響はバランタインの十倍も美味いのか?
 たとえバランタインより多少なりとも美味いにしても、その差に十倍のお金を出す価値があるのか?
 30万円と言えば、立派な中堅のサラリーマンの一ヶ月の給料に相当する。
 いや、安倍政権で増えている非正規雇用の人達の手取りで言えば、二ヶ月分に相当しないか。
 勝ち組でお金持ちなら話は別だが、とても普通の人が手を出して良いような酒ではない。

 そもそも日本のウイスキーが世界で評価されるようになったのは、今世紀に入ってからだ。
 だから人気が出ても、そもそも古い原酒の絶対量が少ない。
 それだけ味が良いからと言うより、モノが少ないから高いというのが、ちょっと良いクラス以上の日本のウイスキーの現実だろう。
 だからすぐコストパフォーマンスを考える金コマwwwwの筆者は、ニッカの二千円台の良質なウイスキー(フロム・ザ・バレルや、ブラックニッカのブレンダーズスピリットやクロスオーバーやアロマティックなど)は除いて、国産の高すぎるウイスキーを買う気にはなれずにいる。

 ウイスキーがブームと言われ、雑誌でもよく特集記事にされている。
 しかし原酒不足で国産のウイスキーが高すぎる今、メーカーの宣伝や雑誌に踊らされることなく、海外の良質なウイスキーにもっと目を向けるべきだと強く言いたい。

 さて、最後に今回筆者に素晴らしい体験をさせてくださったオゴ-ログのogotchさんは、実は政治や社会問題にも高い見識を持つ、素晴らしい方である。
 しかし筆者のように浅学を恥じずに偉そうな事を上から目線で語るような真似は全くなさらず、ブログでも良酒や美味しいスイーツについて楽しく書いてらっしゃる。
 この記事に目を留めてどのような方かと関心を持たれたなら、是非検索してオゴ-ログもご覧下さい。

PageTop

グランドキリンIPA(インディア・ペールエール)

 日本では、ビールと言えばピルスナータイプのラガーが主流だ。
 しかし世界には、それ以外にもいろいろな種類のビールがある。
 そしてその一つに、IPAインディア・ペールエールビールというものがある。

 インドはかつて、イギリスの植民地だったが。
 イギリスからインドまでの長い過酷な航海の間に、ビールが変質してしまうことが多かった。
 で、イギリス人はその熱帯を通る航海に耐えるように、ホップの使用量を増やしアルコール度数も少し上げたビールを造った。
 それがIPA、インディア・ペールエールビールというやつだ。

 筆者は「とても苦い」と聞いて、IPAは敬遠していたのだが。
 しかし試しにヤッホーブルーイングの“インドの青鬼”というIPAを飲んでみたところ、その驚愕の、しかし爽快な苦みに魅了されてしまった。
 で、以来IPAも大好きになってしまった。
 だからグランドキリンIPAも、店頭で見つけて迷わず買った。

キリン・グランドキリンIPA-P1110385

 キャップを開けると、爽やかな柑橘系のホップの香りが漂う。
 グラスに注ぐと色は濃いめで、泡の色も白ではなく淡い茶色だ。

 飲むと苦い!
 しかし決して不快な苦さではなく、上質なホップの爽やかで心地良い苦さだ。
 しかもただ苦いだけでなく、フルーティーさと、さっぱりした酸味もある。
 後味も、爽やかに苦い。
 筆者はこの苦み、とても好きだ!

 苦いが、前に述べたインドの青鬼ほど苦くなく、ヴァイツェン・ビールに似たフルーティーさも感じる。
 ビールは苦いものと了解していて、日本の苦いビールを飲み慣れている方なら、問題なく飲める苦さだと思う。
 インドの青鬼は本格的なIPAだが、このグランドキリンIPAは、IPAであることを意識せずに日本のビール好きが普通に美味しく飲めるビールだと思う。

 とは言え、「苦いから」とビールを敬遠している人達には、おそらく苦すぎる。
 メーカーは「複数の稀少ホップを使った」と言っているが、その通り香り高い上質なホップを使用していることも、ただ苦いだけでなくフルーティーでさっぱりしていることも、よくわかるのだが。
 それでも苦いのが苦手な人には、やはり強烈に苦く感じるだろう。

 また、このグランドキリンIPAはボディがかなりしっかりしていてコクもあり、悪く言えば重い。
 だから喉越しで一気に飲むには、重くキツ過ぎるだろう。
 このビール、ゆっくり、じっくり味わってこそ美味しさがわかる。

 まだ喉が乾いている時に、最初の一杯として乾杯してゴクゴク飲むべきビールではないが。
 おそらく厳選したホップをふんだんに使用しているのだろう、じっくり味わって飲むとフルーティーで香り高く、ホップの素晴らしさがよくわかる。
 飲む人をある程度選ぶがとても美味しい、素晴らしいビールだ。
 個人的には、先週紹介したグランドキリンJPLより、こちらの方が好きだ。

PageTop

グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)

キリン・グランドキリンP1110377

 キャップを開けてグラスに注ぐと、爽やかなホップの香りが漂う。
 飲んでまず感じるのは苦味だが、それは決してイヤな苦味ではなく、上質なホップの心地良い苦味だ。
 コクも深みもあるが決して重くなく、喉越しでも心地良く飲める。

 基本的な味は苦味だが、その底に僅かな麦の甘味がある。
 後味は良質なホップの苦味が長く続く。
 筆者はこのビールの苦味を心地良いと感じるが、「苦すぎる」という人も少なからずいる。そのあたりは、好みが分かれるところだ。
 特に若い人には「苦いから」とビールを敬遠する人が増えているというが、そういう人には合わないかも。

 このビール、繊細な味わいもあるし安いものではないので、喉越しで一気に飲み干してしまっては少し勿体ない気がする。
 しかしあまりゆっくり、チビチビ飲むと苦味をとても強く感じる。
 適度にスイスイ、ゴクゴク飲むのが、一番美味しく飲めるようだ。
 また、このビールは肉料理や揚げ物など、食事と一緒に飲んでも美味しそうだ。

 メーカーは裏のラベルに、「ホップ由来の豊かな香りと、ラガーならではの上質なキレを両立させたIPL(インディア・ペールラガー)。日本の感性を注ぎ込み、洗練させたJPL(ジャパン・ペールラガー)スタイルです」と書いている。
 確かにこのビールはIPLほど苦くはなく、しかし心地良い苦さと繊細な味わいを実現していて美味しく飲める。
 香り良し、味良し、キレ良し、後味良しの、本当に良いビールだ。

PageTop

網走ビールのホワイトエール

 少し前に、網走市の網走ビールの流氷DRAFTという、真っ青なビールを飲んでみた。
 ただ物珍しさから飲んでみたのだが、思いの外に美味かった。
 それで今度は、同じ網走ビールホワイトエールを飲んでみた。

網走・ホワイトエールP1110450

 缶のプルタブを開けた途端に、甘く良い香りが広がる。
 飲んでみると、まず甘くフルーティーだ。
 そして爽やかな僅かな酸味と、程良く控えめなホップの苦味が後を追いかけてくる。
 飲み心地は軽やかなのだが決して薄味ではなく、コクと深みも確かにある。
 重すぎず軽すぎず、味のバランスがとても良い。

 ボディが重たくなく飲みやすいので、喉越しでゴクゴク飲んでも美味しい。
 しかししっかり味わえば複雑な味わいがあり、それなりにコクと深みもあるので、ゆっくりじっくり味わって飲んだ方が良いと思う。
 爽やかで軽やかで気持ち良く飲めるが、ただ麦芽を減らして糖質副原料で薄味にしたような単純な味ではなく、主体となるフルーティーな甘さの他に程良い酸味や苦味などの奥深い味がある。
 酸味や苦味もあるが、飲んだ後にはフルーティーな甘さが口の中に心地良く長く残る。

 このビールは、麦芽とホップの他に網走産秋小麦「きたほなみ」とオレンジピールとコリアンダーシードを使っている。
 筆者はオレンジピールとコリアンダーシードを使ったベルギー産のホワイトエールビールを幾つか飲んだことがあるが、そのどれよりもこの網走ビールのホワイトエールの方が好きだ。
 オレンジピールとコリアンダーシードを使ったベルギー産のエールビールは、ホップの苦味もよく効いていてボディもしっかりしている傾向がある。
 しかし網走ビールのホワイトエールはホップの使用も程々にしていてボディも重くなく、苦味やコクよりフルーティーな甘さが前面に出ている印象だ。
 筆者はこれを飲んで、まず「ヴァイツェン・ビールか?」と思ってしまったくらいだ。
 それくらい、フルーティーで甘い。

 この網走ビールのホワイトエール、苦味やボディよりも麦とオレンジピールとコリアンダーシードによる甘さとフルーティーさが明らかに勝っている。
 だから食中酒として食事を流し込むようにゴクゴク飲むのには向かないと思う。
 食後に単独で、あるいは軽いおつまみと共にゆっくり味わって飲むのに適したビールだ。

 それにしても、これは本当に良いビールだ。
 筆者は網走産秋小麦「きたほなみ」がとどんなものかは知らないが、麦の甘さと、オレンジピールとコリアンダーシードのフルーティーさのハーモニーがても素敵だ。
 そして長く残る、ほのかな甘くフルーティーな後味がとても心地良い。
 マイナーな、無名なビールゆえ、なかなか手に入らないかも知れないが。
 もし見かけたら、是非とも買って飲んでみてほしい。
 筆者はIPAなどの、ホップの効いた苦いビールも大好きだが。
 これはそれとは対極の、良い意味で苦くない、女性にも好まれそうな甘くフルーティーで素敵なビールだ。

PageTop

ワンカップ大関静岡仕立て&サッポロ静岡麦酒

 全国すべての都道府県で発売されているわけではないと思うが。
 大手の酒造メーカーやビールメーカーが、各都道府県でオリジナルの商品を出している。
 その中で、ワンカップ大関静岡仕立てサッポロ静岡麦酒を、通常の商品とどれだけ違うのか試しに飲んでみた。

大関静岡仕立てP1110795

 まずは、ワンカップ大関静岡仕立てから。
 静岡の新鮮な魚介類に合わせて、通常のワンカップ大関よりスッキリ辛口にキレ良く仕上げていると言うが。
 蓋を開けてみると香りは薄く、僅かに甘い匂いはあるものの、それ以上にアルコール臭をしっかり感じてしまう。
 日本酒度+7で「すっきり辛口でキレが良い」とメーカーは言うが、冷蔵庫に入れておいて冷やで飲むと「薄味でキリキリ辛い」という印象。

 まず辛さを強く感じるが、味にふくらみや奥行きが乏しいので、その辛さが酒本来のものなのか、添加されている醸造用アルコールによるものか、判別しにくい。
 どちらにしろ、舌がビリビリするような刺激的な辛さで、決して心地の良い辛さではない。

 ぬるくなり常温に近くなると、甘さや渋みなどのいろいろな味が出てきて、問題の刺激的な辛さが薄まる。
 冷蔵庫から出した直後は薄味でキリキリ辛いだけだが、常温に近くなると味にふくらみが出てきて飲みやすくなる。
 それでもまだ、スッキリ薄味という印象は続く。

 筆者も含めて、日本酒は冷蔵庫で冷やしてグラスで飲む者も少なくないが。
 冷やよりも常温や、あるいは燗をつけた方が美味しい日本酒も明らかにあるのだ。
 そしてこのワンカップ大関静岡仕立ても、出来れば冷やし過ぎない方がいい。

 通常のワンカップ大関と同じで、酒の色は無色透明に近く水のようだ。
「純米か、せめて本醸造にしろ!」とは言わないが、精米歩合を上げ、さらに濾過に使う活性炭の使用量を抑えたら、もっと良い酒になった筈だ。
 ただこのワンカップ静岡仕立て、通常の製品よりイヤミが無く飲みやすいので、食事に合わせて飲むには良いと思う。
 筆者は食後にワイングラスでじっくり味わったが、「これはゆっくり味わって飲むのではなく、食中酒として気軽に飲むべきだ」と、つくづくと思った。

 精米歩合と言えば、純米酒など精米歩合の高い酒と違って、辛口でキレは良くても、後味はサッパリせずあまりよろしくない。
 少なくともこれは、外国人に「これが日本の酒だ!」と誇れるような酒ではない。
 通常のワンカップ大関よりはマシだが、やはり所詮はワンカップ大関でしかないといったところか。

 外国人と言えば、このワンカップ大関、ラベルには“One CUP OZEKI”と表記してある。
 いつも不思議に思うのだが、オオゼキのローマ字表記が“OZEKI”ならば、オゼキはどう表記するのだろうか?
 オオゼキは、やはり“OHZEKI”または“OOZEKI”と表記すべきであろう。

 余談だが、同じような疑問をニュースや警察24時などで、大阪府警の警官のジャンパー等の背に“OSAKA POLICE”と書いてあるのを見る度に感じる。
 大阪が“OSAKA”ならば、小坂(おさか)はどうローマ字で書くのだろうか?

 話を戻して、次はサッポロビールが静岡工場で生産した、静岡麦酒を飲んでみた。

サッポロ静岡麦酒P1110666

 これは麦芽とホップのみで造られたビールだが、飲んでみるとまず酸味を感じ、苦味の方は「ほどほど」と言った程度だ。
 麦芽100%でも決して重くなく、冷たいうちはコクも味の深みもまた「ほどほど」だが、喉越しでゴクゴク飲むととても美味い。
 ゆっくり飲むと酸味が少し気になるが、イヤ味は全くない。
 飲んでいる時はさほど苦いと思わないが、飲んだ後に口の中に残るのはホップの心地よい苦味だ。
 少しぬるくなってから飲むと、僅かに甘味も出てくる。

 最初の一杯は冷たいうちに喉越しでゴクゴクと、二杯目からは少しぬるめでゆっくり味わって飲むと良い感じだ。
 冷たいのを喉越しで飲んでも美味いが、少しぬるめになったものをゆっくり飲むと味も複雑で奥深くなり、コクも感じる。
 あらかじめ複数本を冷蔵庫で冷やしておき、同時に二本取り出し、一本をよく冷えた状態で喉越しで飲み、二本目はその後でゆっくり味わって飲むと、違った味わいを感じられて良いのではないか。

 印象としては、同社で造っているヱビスより少し軽い味わいといったところか。
 ただよく冷やして喉越しで飲んでも、適度に冷えたのをゆっくり味わって飲んでも美味い、なかなか良いビールだと思った。
 あえて難点を言うならば、香りは他の麦芽100%のビールに比べてやや弱い。
 特にフルーティーさは全くと言ってよいほど無かった。

 このサッポロ静岡麦酒にしろ、ワンカップ大関静岡仕立てにしろ、どちらもイヤ味の無い軽い味という印象だった。
 静岡県と言えば海産物で有名で、魚の産地ではあっても肉はさほど有名ではない。
 遠州豚というものもあるが、他県でその存在を知っている人は少なかろう。
 だから日本酒もビールも、魚介類中心の食事に合わせたサッパリしたものが好まれるのだろうか。

 筆者は大関株式会社とサッポロビールが、静岡県限定の製品を出しているのを見つけたが。
 他の都道府県では、どのような各県限定の製品があるのだろうか。
 家族に病人と老猫がいる事を口実に出不精を決め込んでいる筆者は、北海道や九州どころか、東北や関西にどんな各県限定の製品があるか、殆ど知らない。
 もしご存知の方がおられたら、お教えいただければありがたい。

 大手メーカーがこうした地元の都道府県限定のお酒を生産するのは、なかなか面白い試みだと思う。
 恥ずかしながら筆者には限定品に弱い傾向があり、「○○限定!」という商品を見ると、つい買いたくなってしまう。
 だがいくら限定品でも、美味くなければ二本目を買う気にはなれない。
 こうした限定品が長く続くかどうかは、やはり物珍しさより「本当に美味しいか?」が決め手だろう。

PageTop

ただ珍しいだけでなく美味しい青いビール、網走ビール流氷DRAFT

 先日、網走市の網走ビール株式会社という醸造所の、流氷DRAFTというビールを手に入れた。
 正確には、ビールではなく発泡酒だが。

網走・流氷ドラフトP1110447

 筆者はビールは、基本的に麦芽とホップだけで造ったものが好きだ。
 ベルギーなどのオレンジピールやコリアンダーシードを副原料に使ったものは好きだが、日本に多い米やコーンやスターチなど糖質副原料を使ったビール類は、うま味が薄く嫌味だけ強く感じられてどうも好きになれないでいる。

 で、この流氷DRAFTも、よく見れば原材料に糖類やナガイモを使用していて、麦芽使用率は25%未満と書かれている。
 だから網走のあまり知られていない醸造所で、「オホーツク海流氷使用」で造られているという物珍しさに興味を引かれ、味にはあまり期待せずに買ってみた。
 何しろこれはビールではなくて、正確には発泡酒である。
 技術指導/東京農業大学生物産業学部とも書いてあったが、「何を大げさなwww」としか思わなかった。

 さて、缶のプルタブを開けてみると、何とも言いようのない独特な癖のある、しかし決して嫌ではない、爽やかな香りが漂ってきた。
 グラスに注ぐと、驚くなかれこのビール、缶のラベルの写真の海のように真っ青なのである。
 そしてその青いビールの上に浮かぶ細かな白い泡は、さながらオホーツク海に浮かぶ流氷だ。

 飲んでみると、まず感じるのは酸味だ。
 しかしそれは爽やかな酸味で、ホップの苦味も後から感じるが程良く抑えられている。
 軽やかで爽やかで、そしてあまり苦くないので、「ビールは苦いから」と敬遠している人も抵抗なく飲めるだろう。
 味にコクや深みはあまり感じられないが、とにかくスッキリ爽やかで飲みやすい。
 そして糖質やナガイモなどの副原料を使っていながら、嫌味が全くないのも特筆に値する。
 麦芽の使用料を抑えて米やコーンやスターチなどの副原料を使ったビール類には、金属的な嫌な味を感じるものが少なくない。しかしこの流氷DRAFTには、金属的な味を含めた嫌味が一切感じられず、軽やかで爽やかで美味しいとしか言いようがない。
 さすがは東京農業大学生物産業学部の技術指導と、飲んでみて感心した。

 ちなみにこの流氷DRAFTの綺麗な青い色は、クチナシ色素によるものだ。
 化学的な薬品で青く染めたわけではないから、体への害を心配することはない。

 ただ麦芽使用比率25%未満の発泡酒だけに、麦芽とホップだけで造られたビールに比べるとコクは薄い。
 しかしその分だけ「スッキリ軽やか」とも言え、気持ち良く美味しく飲める。
 ついでに言うが、味も決して薄すぎるわけではなく、飲んで美味しさもちゃんと感じる。
 後味も悪くなく、爽やかな酸味が口の中に長く残る。

 正統派のビールとは少し違った個性的な味わいの発泡酒だが、筆者はこの爽やかな酸味の流氷DRAFTを心から「美味しい!」と思った。
 本格派のビール好きには、やや物足りない点もあるかも知れない。
 しかし嫌味が全く無く、スッキリ爽やかで美味しく飲める。
 しかも苦味が抑え目なので、「苦いから」とビールを敬遠している人にも勧められる。

 製造は網走のブルワリーで、しかもオホーツク海の流氷を使った真っ青なビール(発泡酒)なのだ!
 一度飲んでみれば、話の種にもなるだろう。
 グラスに注ぐと白い流氷が浮かぶ青いオホーツク海のようになるこの網走ビールの流氷DRAFT、もし北海道の道東に行く機会があったら、是非飲んでみるかお土産に買って帰ることをお勧めする。

 筆者(日本の中部地方在住)は北海道ではなく、何故か近所のスーパーのビールのコーナーにこれがあるのを見つけて買ったのだが。
 もし貴方もお住まいの町の酒屋やスーパーのお酒コーナーでこれを見つけたら、まずは試しに一本買って味見してみてほしい。

PageTop

ザ・プレミアムモルツ・マスターズドリーム

 サントリーのザ・プレミアム・モルツのシリーズに、瓶入りのマスターズ・ドリームという製品がある。
 値段も決して安くはないし、容量も305mlと通常の缶よりも少し少ない。
 だから割高なのだが、「醸造家の夢」という売り文句にひかれて買ってみた。

サントリー・プレモル・醸造家の夢P1110493

 栓を開けると、甘い麦の香りが漂う。
 飲むとまず麦の甘みを感じ、続いてホップの適度な苦味が追いかけてくる。

 冷たいうちに喉越しでゴクゴク飲むと、味に深みがありながら軽やかに心地よく飲める。
 一般に糖質副原料を使ったビールは喉越しは良くても薄く痩せた味になりがちで、麦芽とホップだけで造ったビールは味わい深いが喉越しで飲むと重くなりがちだ。
 しかし麦芽とホップだけで造ったこのプレモルのマスターズ・ドリームは、軽やかで重くなく喉越しで気持ち良く飲める上に、しっかりした味わいがある。

 少しぬるくなってからゆっくり味わって飲むと、フルーティーな甘さが前面に出て来て、ホップの苦味が良い感じに減る。
 少しぬるくなると甘みが増して苦味をあまり感じなくなり、しかしホップの残る苦味が後味を爽やかに引き締めている感じだ。

 このビール、よく冷やして喉越しで飲めば甘く苦く味わい深くてコクがあるのに軽やかで美味しく、少しぬるくなってからゆっくり飲むとフルーティーな甘さが主体になり、コクも深みもある上に香りもさらに良くなり、後から来るホップの苦味が後味を良くしてとても美味しい。
 メーカーはこのビールについて「多重奏で、濃密」と言うが、それはキンキンに冷やさずに少しぬるめでゆっくり味わうと良くわかる。
 しかしよく冷やして喉越しで飲んでも、スーパードライなどより何倍も美味しい。

 このビール、嫌味が全く無くて本当に「美味しい」という言葉以外が見つからない。
 IPAとかスタウトのような個性の強いビールでは無いが、香りや甘みや苦味のバランスの取れた本当に良いビールだと思った。
 通常のザ・モルツやザ・プレミアム・モルツより明らかに良い出来で、「醸造家の夢」という売り文句は伊達ではない。
 麦芽とホップだけで造ったプレミアム・ビールの中でも、これは上の部類だ。
 文句の付け所が見つからない。心地良い甘さとそれを引き締めるホップの程良い苦味が後まで口の中に残る。

 筆者はビールは、日本の大手メーカーではサッポロが一番好きだ。
 そのヱビスと飲み比べてみたのだが、ヱビスの方が香りも味も苦味も強い。
 筆者はヱビスも良いと思うのだが、「ビールは苦いから苦手」と言う人が増えている今日では、間違いなくマスターズ・ドリームの方が皆に好かれやすいだろうと思う。
 マスターズ・ドリームを嫌いとか不味いとか言う人は少ないと思うが、ヱビスはビールらしい濃い味としっかりした苦味ゆえに、好き嫌いが分かれそうだ。
 その点、マスターズ・ドリームは誰にでも自信をもって勧められる。
 喉越しで飲んでも決して重くないのにしっかりした味わいがある。
 そして少しぬるくしてゆっくり飲めば、甘さが主体となるので「ビールは苦いから」と敬遠している人にも勧められる。
 欠点の無い、お酒が飲めない人以外には誰にも勧められそうな本当に良いビールだ。

PageTop

ロード・パーキンス

 今回紹介するロード・パーキンスというスコッチは、価格帯で言えば安価なスタンダード・スコッチの部類に属するが、日本で見ることはそう多くないと聞く。

ロード・パーキンスP1080646

 さて、キャップを開けてグラスに注いでみると、甘い花のような香りと、アルコールのツンと来る刺激臭が同時に漂う。
 色は、淡い黄金色。
 味わいとしてはライトな部類で、コクや深みはあまり感じない。
 原酒の貯蔵にバーボン樽を使用しているのか、それとも作り方によるものか、スコッチなのにバーボンにも似たキャラメルの甘さを感じる。
 しかし後味は辛く、余韻もあまり長くない上に、痛いくらいのアルコールの刺激だけが残る。

 開封して一週間ほど置き空気と馴染ませて再び飲んでみると、甘い花の香りが増してアルコールの刺激的な匂いはやや減った。
 しかし飲んでみると若いアルコールのキツい刺激は相変わらずで、キャラメルの甘さ以外の味やコクは薄い印象は変わらない。
 余韻も続かず、アルコールの刺激が残るだけという印象。
 鋭いアルコールの刺激とキャラメルの甘さが特徴で、コレをストレートで飲むには頻繁にチェイサーも飲まねばならない。
 心して、本当に少しずつゆっくり舐めるように飲まねば、とてもストレートでは飲めない。

 で、トワイスアップにしてみたが、これが意外に良く合った。
 水で割ると、ただトワイスアップにするだけで水っぽく物足りなくなってしまうウイスキーが少なくないが、このロード・パーキンスは意外に腰が強く、水で割ってもキャラメルの甘い味がしっかり残る。
 ストレートではコクや深みが足りない印象があったのに、トワイスアップにしても薄い印象にはならなかった。
 そしてストレートではキツ過ぎたアルコールの刺激が殆ど減り、とても飲みやすくなる。

 試しに、ニッカの創業者の竹鶴政孝氏が晩酌時に飲んでいたという、1:2の水割りも試してみたが、これは流石に少し水っぽかった。
 それでもウイスキーらしい味わいはちゃんと残り、そしてとても飲みやすかった。

 筆者はウイスキーも含め、お酒は基本的にゆっくり味わって飲みたい種類の人間だ。
 だからウイスキーも、ハイボールにしてゴクゴク飲むのはあまり好まない。
 が、そのハイボール嫌いの筆者が断言するが、このロード・パーキンスはハイボールに合う。
 氷を入れ3~4倍のソーダを入れても、花の香りとキャラメルの適度な甘い味がしっかり残る。

 このロード・パーキンス、ウイスキーをストレートで味わって飲みたい人にはお勧めしない。
 しかし不思議なことに、ストレートではただキャラメルの甘さがあるだけで、コクも深みも余韻も無くアルコールの刺激がひどくキツいのに、水や炭酸で割っても決して薄味にならず、アルコールの刺激だけ消えてウイスキーらしい味わいはしっかり残る。
 ストレートで飲むととにかく強いアルコールの刺激に閉口させられるが、ハイボールなどにして割って飲むにはとても適した、飲み方を選べばそれなりに良いスコッチだ。

PageTop

二杯目に美味いビール

 毎日新聞の川柳コーナー、『仲畑流万能川柳』の7月29日に、こんな句が選ばれていた。

 二杯目が 美味いビールは ないものか


 作者は熊本のピロリ金太さんだが、この句が選ばれて全国紙に掲載されたということは、選者の仲畑貴志氏や毎日新聞の担当者も、この句に共感しているということだろう。

 また、漫画家の伊藤理佐さんの『あさって朝子さん』という作品のある回に、こんな話が掲載されていたので、ご一読願いたい。

伊藤理佐・朝子さん①P1110476

伊藤理佐・朝子さん②P1110478

 暑い日に忙しく働き、その後でビールを飲み膝を叩いて「うまーい!」と思わず叫び。
 そして飲み過ぎた翌朝、這いずるようにベッドから出て水道の水を飲んで、またシンクを叩いて「うまーい!」と叫ぶ。
 その後出社した朝子さんは、同僚に「ビールと水って、どっちがおいしいと思います?」と問い、「言うな!」と制されるわけだが。

 さて皆さんは、毎日新聞に掲載された川柳や朝子さんの発言に共感するだろうか。
 いや、共感する日本人が多いから、全国紙や単行本として出版されたコミックスに掲載されたのだろうが。
 しかし日本人としてはかなり変わり者の少数派である筆者は、そのどちらにも全く共感できなかった。
 二杯目が美味いビールなど「たくさんある!」と言い切れるし、「良質な本物のビールなら、水より間違いなく美味いわ!」と断言する。

 二杯目のビールを「あまり美味しくない」と感じたり、「ビールと水と、どちらが美味しいか?」と疑問に思ったりするのは、日本人が「ビールはキンキンに冷やして、喉越しで飲むもの」と盲信しているせいだ。
 そしてその喉越し最優先派の日本人に最も合うように作られたビールが、日本で最も売れているビールであるアサヒのスーパードライである。

 ちなみに筆者は、ビールも含めてお酒は食後に、ゆっくり、じっくり味わって飲む人間である。
 食前や食事中にお酒を飲むことは、それほど多くない。
 だから筆者は、スーパードライが大嫌いだ。
 正直、あんな不味いビールは滅多にない、と思っている。

 日本人は、ビールと言えば暑く喉が渇いている時に、暑さと喉の渇きを癒す為にキンキンに冷やしたものを喉越しで飲むものと信じている。
 だから二杯目のビールが美味くなく、「ビールと水と、どちらが美味しいか?」などと思ってしまうのだ。

 暑くて喉が渇いている時には、確かに軽くてドライな味わいで炭酸の刺激も強めなビールを美味く感じる。
 逆に濃いしっかりした味わいのビールを、暑さをしのぎ喉の渇きを癒す為に喉越しで一気に飲んだりすると、重く感じてあまり美味く思えなかったりする。
 だから蒸し暑い国に住む日本人は、スーパードライのようなビールをキンキンに冷やして飲みたがるのだろうが。
 ただ暑さも喉の渇きも、一杯飲めば大体癒える。
 だから二杯目以降にこそ、そのビールの本当の味と美味さがわかる

 例えばスーパードライだが、これは最初の一杯として喉越しで一気に飲めば、意外にスッキリ美味しく飲める。
 しかしこのスーパードライは、「二杯目以降は急に不味くなる」と特に言われる。
 試しにスーパードライを、喉越しで一気にでなく、じっくりゆっくり、少しずつ味わいながら飲んでみてほしい。
 その不味さに、貴方はきっと驚く筈だ。
 じっくりゆっくり味わって飲むスーパードライは、旨味が薄く、そして金属的な嫌な味を強く感じる。そして後味も変に苦く辛くて不快だ。
 喉が渇いている時に一気に飲まなければ、これほど不味いビールは無いと言いたいくらいだ。
 喉越しで一気に飲むか、ゆっくりじっくり味わって飲むかで、スーパードライの味は本当に驚くほど激変する。

 考えてもみてほしい。
 確かに日本は蒸し暑い国だ。
 だから喉越しで飲むタイプの、糖質副原料を使った軽いドライな味わいのビールがウケるのだろうが。
 しかしその日本も熱帯ではないのだから、一年中蒸し暑いわけではない。
 キンキンによく冷やし込んだビールを「美味しい」と感じるのは、せいぜい一年の半分くらいだ。
 また、喉の渇きも最初の一杯をグイッと飲めばまず癒える。
 だから糖質副原料を使用した、軽いタイプの喉越し優先のビールは最初の一杯目は美味くても、二杯目以降は妙に美味くなく感じるのだ。

 喉越し優先のビールをキンキンに冷やして飲んで美味しいと感じられるのは、まだ暑く喉の渇いている最初の一杯目だけだ。
 喉の渇きも癒え暑さも引いた二杯目以降には、同じように喉越しでゴクゴク飲める筈もなくなる。
 そして飲むペースが遅くなる為、結果的にゆっくり味わって飲むことになってしまい、喉越し優先のビールの味の軽さや物足りなさ、さらに嫌味などを感じるようになってしまう。
 付け加えて言うと、飲食物をキンキンに冷やすと香りが弱まり、甘味を感じにくくなる。
 だからキンキンに冷やしたビールは香りが弱く麦の甘さも無く、ただ苦いだけの味気ないものになってしまう。
 それで暑さが引き喉の渇きが癒えた後の二杯目以降に、日本で好かれる喉越し最優先のビールは不味く感じるのだ。

 ちなみに気候が冷涼なドイツやイギリスやベルギーなど欧州のビール産地では、ビールは大きなジョッキに注いでゆっくりじっくり飲む。
 日本のように、味と香りを感じにくくなるくらいキンキンに冷やして喉越しで一気に飲んだりしない。
 だからドイツやイギリスやベルギーなどのビールは、日本流に喉越しで飲むには重いが、香り高く味わい深く、ゆっくりじっくり味わって飲むととても美味い。

 それで筆者は、暑い時期にはビールを飲み分けている。
 最初の一杯は日本人好みの喉越し優先のビールを飲んで喉の渇きを癒し、そして二杯目以降には糖質副原料を使わない、香り高くしっかりした味わいのビールを、ゆっくりじっくりと飲む。
 この飲み分けをすれば、二杯目以降も充分に美味しくビールを飲めるし、「水よりビールの方が間違いなく美味い」と断言できる。

 エールビールやスタウトビールなど、世界にはいろいろなビールがある。
 多くの日本人が「これがビール」と信じ込んでいる、糖質副原料入りの喉越し最優先のものだけがビールではないのだ。
 筆者は「ビールが好き」という日本人には、スーパードライのような喉越し最優先のものだけでなく、いろいろな味と香りのビールがあることと、喉越しだけがビールの飲み方ではないことを知って欲しいと思う。
 キンキンに冷やして喉越しで飲むスーパードライ以外にも、いろいろなビールがこの世界にはあることを知れば、「二杯目が美味いビールはないものか」とか、「ビールと水って、どっちがおいしいと思います?」とか、そんな戯言は言えなくなる筈だ。

 ベルギーのホワイト・エールビールや、インディア・ペールエールビールや、スタウト・ビールや、ヴァイツェン・ビールなど、筆者には好きなビールがいろいろある。
 しかし輸入物やクラフト系の少しお高いビールでなくても、二杯目に飲むのに適したビールは国産の大メーカーにもある。
 筆者は先日、一杯目にまずスーパードライを、二杯目にキリンの一番搾りを飲んでみた。
 前述したように、スーパードライはゆっくり味わって飲んでしまうと、とても不味い。
 しかし暑い時に喉の渇きを癒す為に、よく冷やして喉越しで一気に飲むには向いている。
 その後の二杯目に一番搾りを飲んでみたところ、最初は刺激が少なくおとなしいように感じた。
 しかし嫌味が全く無く、適度なホップの苦味だけでなく麦の甘味もほのかに感じ、そしてフルーティーな心地良い香りもあった。
 一番搾りはキンキンに冷やして喉越しで飲んでも悪くはないが、刺激が少なくやや物足りない。しかしキンキンでなく味や香りを損なわないくらいに適度に冷やし、二杯目以降にゆっくり味わって飲んで「美味い」と言える良いビールだった。

 キンキンに冷やして喉越しで一気に飲むのも、蒸し暑い日本に向いたビールの飲み方の一つだとは思うが。
 しかしそれだけがビールの飲み方だと信じ込んでいると、これからの涼しい時期や二杯目以降に美味しいビールを飲めなくなってしまう。
 ビールには喉越し以外にも飲み方があり、二杯目以降にゆっくりじっくり味わって飲んで美味しいビールが数多くある事を、「ビールはキンキンに冷やして喉越しで飲むもの」と盲信している多くの日本の人に、是非知ってもらいたいと思う。

PageTop