空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

糖質オフのビール類を飲む意味はあるか(サントリー金麦糖質75%オフ)

 このブログにも何度か書いているが、筆者は日本人のビール飲みに多い、「喉越しでゴクゴク、プハーッ!」という飲み方は好まない。
 筆者は良いビールは、ゆっくりじっくり味わって飲みたいのだ。
 麦茶でも飲み干すように一気にゴクゴクやってしまうのでは、せっかくのビールが勿体ないと思ってしまう。

 但し例外があって、夏の暑い時に限り、喉の渇きを癒す為に軽めのビール類(あえて“ビール”とは言わない)をゴクゴク一気飲みするのは「アリ」だと思っている。
 ただじっくり味わうことなく一気に飲んでしまうのだから、一缶(350ml)で200円やそれ以上する本物の良いビールでは勿体な過ぎる。
 で、安価な新ジャンル酒や発泡酒を、去年からいろいろ飲んできたのだが。
 その結果、その種のビール類を普通に作ると香りも味も薄くコクも深みも無い軽いが物足りないものになり。
 そして糖質副原料を複数使って変に手を加えると、金属的な嫌な味がしたり、コクと深みの代わりに妙な渋みや苦みが出たりする。
 同じ価格帯の安い新ジャンル酒でも、意外にビールに近い(値段を考えれば)良く出来たものもあれば、もう二度と飲みたくない不味いものまで、いろいろあることがわかった。

 個人的には、24缶まとめてケースで購入すれば1缶百円程度で買える日本の大手メーカーの新ジャンル酒の中では、サッポロの麦とホップが一番出来が良いかなと思っている。
 だが新ジャンル酒のテレビCMでは、サントリーの金麦が突出して多いような気がする。
 そして最近では、糖質オフという商品が妙に多く出回っている。
 そんな時、たまたま金麦糖質75%オフという新ジャンル酒が目に留まった。

サントリー・金麦糖質オフP1110570

 筆者は元々、糖質やプリン体やカロリー等を気にしながら飲食するのは好きではない。
 例えばラーメンで考えてみよう。
 アレは塩分もカロリーも油分も多い、健康に良いとは思いにくい食べ物だ。
 しかしだからと言って塩分やカロリーを減らしたりしたら、せっかくのラーメンが美味しくなくなるに決まっている。
 ヘルシーだからと言って背脂も使わず塩分も薄く、チャーシューに脂も無いようなラーメンなど、少なくとも筆者は食べたくない。
 食べるなら塩分もカロリーも油分も気にせずより美味しいものを、もしそれらが気になるなら最初から食べなければ良いと思っている。

 酒やビールについても同じ考えで、糖質等をカットしたものが、していないそのままのものより美味い筈が無いと思うし、「糖質が気になるなら、そもそも最初から飲まない方がずっと体に良いに決まっているだろうが」と思っている。
 だが近年、糖質オフのビール類がとても増えている。
 それで糖質オフのビール類が、そうでないビール類よりどれだけ不味いか試してみるつもりで、今回あえて糖質75%オフの金麦を買って飲んでみた。

 筆者は糖質オフでない普通の金麦も、以前買って飲んでみたことがある。
 で、金麦は「香りは悪くないがほのかで、味も薄く発泡酒をさらに薄めた感じ」という印象を受けたが。
 しかし糖質75%オフの金麦は、香りは意外に悪くなかった。
 プルタブを開けると、あまり強くはないがビールらしい甘い麦の香りが漂う。
 だが飲んでみると、味はとても薄い。
 普通の金麦も味は薄めだったが、糖質75%オフの金麦はさらに薄く軽い味わいだ。当然、コクも深みもまるでない。
 ただ薄味な分だけ、嫌な味も殆ど感じない。
 普通の金麦にはどこか金属的な嫌な味を感じたが、糖質オフの方では味に嫌味を殆ど感じなかった。

 まとめて言えば、「香りは悪くないがかなり薄味で、嫌味もないがコクも旨みも深みも無い」という感じだ。
 ついでに言えば、苦味もさして強くないから「ビールは苦いからイヤだ」という人でも安心して飲めるが、その代わり麦の甘みも無い。
 あまりに薄味なので、飲んでいて水っぽい印象を受ける。
 サントリーのビール類にはよく「天然水仕込」と缶に書いてあるが、これまではその良さを感じることが出来ず、ただ「フーン」とだけ思っていた。
 ただこの金麦糖質75%オフはあまりに薄味で水っぽいせいか、「おっ、良い水を使っているねぇ」と初めて実感してしまった。
 本当に使っている水の良さがわかる製品だ。

 この金麦の糖質75%オフ、水っぽいがその使っている水が良くて味に嫌味が無いだけに、暑くて喉が渇いている時に、日本流に喉越しでゴクゴク一気に飲むと意外に悪くない。
 喉越しで一気に飲むなら、普通の金麦よりこの糖質75%オフの方が向いているかも。

 ただこの金麦糖質75%オフだが、嫌味は無いし決して不味くはないものの、じっくり飲んで美味いものでは決してない。
 良い意味でも悪い意味でも、飲んだ後、口の中に味と香りが殆ど残らない。
 さらに少しぬるくなると僅かに麦の甘味が出てくると同時に、金属的な嫌な味も少し出てくる。
 だからこの金麦糖質75%オフは、断言するがキンキンに冷やして喉越しで一気に飲むべきものだ。
 そしてビール類をそうして飲む人達には、これで充分なのではないかと思われた。

 缶に「麦のうまみ かがやく」、「RICH MALT」と書いてあるが、ビールはゆっくりじっくり味わって飲む筆者には、金麦糖質75%オフのどこに「かがやく麦のうまみ」やモルトの豊かな味わいがあるのか、全くわからなかった。
 しかし値段を考えれば香りはそれなりに良いし、喉越しは悪くないしで、これからの暑い時期に喉が渇いている時の最初の一本として飲むものと限定して考えれば、それなりに良いのではないかと思った。
 でも筆者なら、「わざわざお金を出してコレを買って飲むくらいなら、家で麦茶を作り置きしておいた方がよいかな」と考えてしまう。

PageTop

アルパカ・シャルドネ・セミヨン

 このブログを読んで下さっている方は既にお気付きかも知れないが、筆者はウイスキーの事だけでなくビールや日本酒の事もよく記事に取り上げている。
 書いた回数は少ないが、ブランデーや本格焼酎も嫌いではないし、時々飲んでいる。
 そして夏には、ジンもよく飲む。
 しかしワインについては、殆ど記事にした事が無い。
 と言うのは、筆者は個人的にワインがあまり好きではないからだ。

 それは、良いワインは確かに美味かろう。
 良い葡萄畑の、更にその中から良い葡萄だけ選りすぐって造ったワインは、それこそ極上の味なのだろう。
 ただし良いワインは、値段もかなり高い。

 例えば、アルコール度数も近い同じ醸造酒の日本酒なら、四合瓶なら千五百円以下でかなり香り高く味の良い純米吟醸酒が買える。
 しかし千五百円以下のワインと言ったら、まず「気軽に飲むテーブルワイン」ではないか。
 良いワインを飲もうと思ったら、何千円、いや何万円も出さねばならない。
 同じ金を出せば、日本酒ならどれだけ凄い銘酒が飲めるだろうかと、筆者はいつも思う。
 日本酒と比べて高すぎるのだ、ワインは。

 筆者は以前から「高くて美味いのは当たり前で、誉めるべきなのは安くて良いものを提供できる店や企業である」と考えている。
 だから高くて美味いものを飲んだり食べたりしても、「美味いな」とは思っても別に感動はしない。
 そういう意味で、筆者は個人的に「同じ値段ならワインより日本酒の方がずっと良い」と思っている。

 それとあと、一部のワイン好きの“気取り”が気に入らない、というのもある。
 例えば他の酒については、いろいろ飲んであれこれ蘊蓄を語っても、「この酒飲みめ」としか思われないが。
 酒をたくさん飲んでその味を知っていても、ただ酒好きというだけで別に自慢にもならない。
 しかし“ワイン通”だけは違う。
 ワインが好きでワインの味をよく知っているというだけで、「自分はお洒落な文化人だ」という顔をする人達がいる。

 例えばかつて、「私の血はワインで出来ている」と語った女優がいる。
 それはワインだからこそ、何だかお洒落なつもりで自慢げに言えるのであって。
 もし「俺の血はウイスキーで出来ている」などと言ったりしたら、「アル中、乙」とあざ笑われるのがオチであろう。
 これが日本酒やビールであっても、決して自慢にはならない。
 さらに「俺の血は焼酎で出来ている」などと言った日には、廃人になる前に病院に行くべきだと本気で心配されるのではないだろうか。

 他の酒を飲む人達だけは、ただの酒飲みなのに。
 ワイン好きだけは、「お洒落で高尚で文化的」と思われるような空気や、自らそうアピールしたげなムードがあるように筆者には思える。
 だから筆者は、申し訳ないがワインが好きと公言する人達にあまり好感を持てずにいた。
 そしてワインそのものも、あまり好きになれずにいた。

 が、ある店で、『一個人』の極旨ワイングランプリの千五百円以下の部門で第1位を獲得したというワインが、何と税込みでたったの494円で売られているのを見て、つい買ってしまった。
 高いワインが美味いのは、当然の事である。
 では、安くて美味いワインとは、どんなものであろうか。
 それを味わってみるつもりで、珍しくワインを買ってみた。

アルパカP1110665

 買ったのは、チリのサンタ・ヘレナ社のアルパカ・シャルドネ・セミヨンである。
 安価なワインらしく、栓はコルクでなくスクリュー・キャップである。
 筆者はワインをあまり好きではないが、全く飲んだ事が無いわけではない。山梨県に親戚がいて時折ワインを送ってくれる事もあり、それなりに飲んではいる。
 そしていつも、コルクを抜くのに手間取る。
 中には異常と言えるほど固くて、こめかみの血管が切れるのではないかと思うほど抜くのに苦労するものもある。
 まあワインクーラーで何年も寝かせるような上等なワインにはコルクの栓は必要に違いないが、すぐ飲むべきお手頃価格の若いワインにコルクの栓は不要だと思う。
 そういう意味で、アルパカがスクリュー・キャップである事には好感が持てた。

 で、グラスに注ぐと香りはほのかだ。
 しかしグラスをクルクル回すと、五百円でお釣りが来るお酒とは思えないほどフルーティーな香りが広がる。
 辛口と言うが、飲んでみると「軽やかで酸味が強い」という感じだ。僅かに渋みもあるが、とても飲みやすい。飲みやすいが、しかし酸味が強い。
 香りは確かにフルーティーだが、味もフルーティーと言えるかどうか。
 裏のラベルには「コクのある味わい」とあるが、個人的には軽快さは感じたが、コクは感じなかった。
 しかし軽やかでイヤミが全く無く飲みやすく、味わってじっくり飲むというより、食事に合わせて気軽に飲むのに良い感じだ。
 魚料理や鶏肉などに、よく合いそうだ。

 筆者は「同じ値段なら、ワインより日本酒の方が間違いなく美味い」と、ずっと思っていたが。
 このアルパカは、750mlの瓶が店頭で税込み494円だった。
 それを一升に換算すると、同じく税込みで1200円を切る。
 一升で1200円の日本酒と言ったら、まず間違いなくアル添のただ酔っぱらう為の安酒だ。下手をすれば、糖類や酸味料まで加えられているかも知れない。
 同じ値段の日本酒より、間違いなくこのワインの方が美味い。

 ただ、『一個人』の極旨ワイングランプリで、このアルパカが1500円以下の白の部門で第1位と言われてしまうと、改めて「安いワインに良いものは少ないのだな」と思ってしまう。
 アルパカが500円以下の部門で第1位と言うならば、充分に納得がゆく。しかし1500円以下のワインの第一位がこの程度と言われると、やはり納得がいかない。
 1500円も出せば、ほぼ同じ量で純米吟醸の、このアルパカよりもっと美味くて香り高い日本酒がいくらでも買える。

 とは言うものの、サントリーがかつて売っていた赤玉ポートワインなる“まがいものの果実酒”は別として、ワインはどんな安いものでも葡萄から造られている。
 安い日本酒と違って醸造用アルコールだの、果ては糖類だの酸味料だのといった妙なものは添加されていない。
 本物のポートワインなどの強化ワインと言われるやつも、加えられているのはアルコールではなくブランデーだ。
 そういう意味で、安い日本酒より安いワインの方が「まだマシ」であろうか。

 最後に、アルパカ・シャルドネ・セミヨンは飲んでいる間こそ強い酸味を感じたが、後に口の中に残ったのは酸っぱさではなくフルーティーな甘さだった。
 飲んでいる間の酸味が、後でほのかな甘みに変わるということか。
 五百円でお釣りが来るお酒としては、なかなか良いワインだった。
 アルパカは「安いワインに、良いものはない」と思っていた筆者の考えを改めさせてくれた、安くて良いワインだった。

PageTop

ブラックニッカ・クロスオーバーを味わう

 昨年秋のブラックニッカ・ブレンダーズスピリットに続いてまた出ました、ニッカの限定品ウイスキー、ブラックニッカ・クロスオーバー
 限定品は「今しか買えないから、さあ急いで買いなさい!」と急かされているようであまり好きではないが、ブラックニッカは好きなウイスキーなので、あえてニッカの商売に釣られて買ってみた。
 ボトル正面に“RICH&SMOKY”とあり、裏面の説明にもヘビーピートならではのスモーキーな味わいと、シェリー樽原酒の芳醇な味わいとある。
 どちらも筆者は大好きだ。
 だから「試しに一本」ではなく、まず試しに二本買ってみた。

ブラックニッカ・クロスオーバーP1110547

 さて、キャップを開けるとまず穏やかな甘い香りが漂い、続いて強いスモーキー香が追いかけて来て、さらにしばらく経つとスモーキー香と甘さが混じり合う。
 グラスに注ぐと、甘さとスモーキー香が程良い感じに漂う。
 口に含むと、まず感じるのは甘さだ。ハニーでもフルーティーでもない、しっかりとした甘さ。
 と言ってチョコやキャラメルのような強い甘さではなく、メーカーが言う通りのバニラの甘さだ。
 その甘さに、心地良いビターさとスパイシーさも加わって来る。
 度数43%とは思えない滑らかさで、ストレートでチェイサー無しに美味しく飲める。
 それでいながら味わいは力強くコクも充分にあり、余韻も長く続く。
 余韻はスモーキーさが主体だが、その中にも甘さが残る。

 甘くスモーキーで力強いウイスキーが好きな筆者の好みからすれば、このブラックニッカ・クロスオーバーはど真ん中のストライクだ。
 試し飲みした翌日にまた酒屋に走り、更に二本追加して買い置きしておいた。
 個人的には、本当に本当に大好きだ。
 筆者は同じようにシェリー樽の原酒を使いスモーキーさもあるブラックニッカ・スペシャルを普段飲むウイスキーとしていつも傍らに置いてあるが、甘さもスモーキーさも滑らかさも味わい深さも、全ての面でブラックニッカ・クロスオーバーが明らかに上回っている。
 これで本体価格2000円は、間違いなく安いと思った。

 ただ、ブラックニッカ・クロスオーバーはシェリー樽原酒の華やかな甘さも、ヘビーピートならではのスモーキー香も、どちらも強烈だ。
 だから筆者は大好きだが、嫌いだと言う人も間違いなくいるだろうと思う。
 特に開封したその日に感じるスモーキー香はアイラ島のスコッチにも負けない程で、強いピート香だけでなくヨード香も感じる。
 筆者は好きだが、「クレオソートのような匂い」と嫌う人もいるだろう。
 筆者は去年の秋に限定発売されたブラックニッカ・ブレンダーズスピリットよりこちらの方が好きだ。
 しかしブラックニッカ・クロスオーバーは個性がかなり強く、いろんな面でバランスの取れたブラックニッカ・ブレンダーズスピリットの方を好む人も少なくないと思う。

 ウイスキーの原酒は、何年も樽の中で眠っている。そのため開封して数日経つと、空気と触れ合うことで縮こまっていた香りがより豊かに広がる事が少なくない。
 だから筆者は開封して一杯味見をし、それから一週間ほど放置してからまたじっくり飲み直すことにしている。
 で、ニッカのウイスキーには開封直後と数日後で香りと味が変わるものが少なくない。
 そしてこのブラックニッカ・クロスオーバーも、開封してから一週間置いておくことで香りと味がかなり変わった。

 開封直後のブラックニッカ・クロスオーバーは、強烈なスモーキーさと華やかな甘さが、それぞれ別個に強い個性を主張し合っているように思えた。
 しかし一週間後に再び飲んでみた時には、スモーキーさより甘さが前面に出て、よりまろやかな感じになっていた。
 口に含んだ時のインパクトは甘く、バニラの甘さからナッツの味に変わり、スパイシーさも出て来るが、アルコールの刺激は決して強くなくまろやかだ。
 そして飲み下すと、アフターフレーバーに強いスモーキーさが長く残る。
 開封直後はシェリー樽の甘さとピート香とヨード香が別個に存在を主張し合っていたが、数日経つとそれが混じり合い、華やかな甘さが次第にスモーキーな味わいに変わって行くようになる。

 だから筆者は、「ウイスキーは何日もかけ、少しずつ味わって飲むもの」と思う。
 ウイスキーのボトル一本を、一人で一日で飲み切ってしまう人は殆どいるまいが。
 飲み会などで数人で一度に一本空けてしまうような飲み方をしたら、そのウイスキーの本当の味と香りはわからないままだろう。
 ウイスキーの真価は、封を開けた数日後に本当にわかると筆者は思っている。

 不思議なのは、サントリーの安価なウイスキーだ。
 ニッカのウイスキーは、安価なものでも開封した数日後には確実に良い方に味と香りが変わる。
 しかしサントリーの安価なウイスキーはその逆なのだ。開封した直後にはウイスキーらしい甘い香りがそれなりに立つのだが、数日経つとその香りが何故か薄らいで痩せた味わいになるのだ。
 その理由が、筆者にはどうにもわからない。
 まさか香料を使っているのではあるまいが、「サントリーの安いウイスキーは、ハイボールにでもして皆でガブガブ飲むもの」ということなのだろう。

 話はブラックニッカ・クロスオーバーに戻るが、アルコール度数は昨秋に本体2500円で限定発売されたブラックニッカ・ブレンダーズスピリットと同じ43%だ。
 なのに飲み比べてみたが間違いなくブラックニッカ・クロスオーバーの方がアルコールの刺激が少なく滑らかで飲みやすい。
 ウイスキーをストレートで飲む時には、筆者はチェイサーも用意する。
 しかしブラックニッカ・クロスオーバーはチェイサーを飲む必要を感じなかった。
 そのくらい滑らかでまろやかな味わいだった。
 ストレートでチェイサー無しで飲んで、アルコールのピリピリした刺激が舌に殆ど残らない。
 なのにそのブラックニッカ・クロスオーバーが何故ブラックニッカ・ブレンダーズスピリットより五百円も安いのか、少し理解に苦しむところだ。

 筆者はまろやかで口当たりが良く、甘く力強くスモーキーなブラックニッカ・クロスオーバーを愛する。
 しかし強いスモーキー香や華やかなシェリー樽の甘さなどの自己主張が苦手な方は、よりバランスの取れたブラックニッカ・ブレンダーズスピリットの方が向いているだろうと思われる。

 筆者はこのブラックニッカ・クロスオーバーを、シーバスリーガル12年やバランタイン12年やジョニー・ウォーカー黒とも飲み比べてみたが。
 まずシーバスリーガル12年だが、これはブラックニッカ・クロスオーバーとは全く違ったハニーな甘さと花の香りが好ましい。ただブラックニッカ・クロスオーバーの方が甘さが強く華やかなせいか、ブラックニッカ・クロスオーバーの方がより滑らかでアルコールの刺激も感じにくい。
 ブラックニッカ・クロスオーバーはスモーキー香だけでなくいろんな面で力強いウイスキーで、シーバスリーガルは優しく品の良いウイスキーという感じ。

 ブラックニッカ・クロスオーバーは、バランタイン12年より甘さもスモーキーさもアフターフレーバーも強い。この個性の強さは、好きな者には魅力的だ。
 しかし同時にバランタイン12年のバランスの良さ、甘くコクがあり後味にほのかなスモーキーさが残る端正さも、改めて「良いな」と思う。
 しかしそれにしても、ブラックニッカ・クロスオーバーの甘さとコクと滑らかさ、長く続くスモーキーフレーバーは圧倒的だ。

 甘くスモーキーという点では、ブラックニッカ・クロスオーバーはジョニ黒にも似ている。
 しかしブラックニッカ・クロスオーバーの甘さの方が、より華やかだ。
 ジョニ黒は甘さとスモーキーさとスパイシーさが同時に来る感じだが、ブラックニッカ・クロスオーバーはまず華やかな甘さが来て、それがスモーキーな余韻に変わる。

 これはあくまでも、筆者の個人的な感想だが。
 シーバスリーガル12年よりバランタイン12年よりジョニ黒より、そしてブラックニッカ・ブレンダーズスピリットより、このブラックニッカ・クロスオーバーが最も華やかで甘く滑らかでスモーキーで余韻も長いように思えた。
 このブラックニッカ・クロスオーバー、割ってハイボール等にしても悪くないようだが。
 筆者はこのブラックニッカ・クロスオーバー、ストレートでしか飲みたくない。勿体なくて、とても何かで割る気になれないでいる。

 筆者は2015年に終売になったニッカG&Gも好きで、数本買い溜めしておいたものを、大事に時折飲んでいるが。
 そのG&Gと飲み比べてみたところ、甘さやスモーキーさなど味わいの傾向は似ていた。
 しかしG&Gは甘さもスモーキーさもブラックニッカ・クロスオーバーより弱い上に、明らかにアルコールの刺激が強く荒っぽく感じた。
 ブラックニッカ・クロスオーバーはチェイサーの必要性を特に感じないが、G&Gをストレートで飲むには欠かせない。で、G&Gをストレートで飲んだ後にチェイサーを飲むと、口の中に甘さとスモーキーさがフワッと広がる。
 あと、G&Gのアフターフレーバーは甘くスモーキーで、ブラックニッカ・クロスオーバーに意外に似ている。
 ある意味、G&Gは「荒さのあるブラックニッカ・クロスオーバー」、言い換えれば「ブラックニッカ・クロスオーバーはG&Gをより甘くスモーキーに、より滑らかで上質にした」という感じだ。

 甘くスモーキーで力強いウイスキーが好きな筆者は、この個性の強いブラックニッカ・クロスオーバーに魅せられてしまった。
 このウイスキーが数量限定販売というのが、非常に残念でたまらない。
 ブラックニッカ・ブレンダーズスピリットと同じ2500円、いやサントリーのローヤルと同じ3000円前後でも良いからずっと販売し続けて貰いたいと思ってしまった。

PageTop

サントリー クラフトセレクト香り彩るビール PALE ALE

 サントリーはプレミアム・モルツに、香るエールという商品も出している。
 そのサントリーが、去年それとはまた別に、クラフトセレクト香り彩るビールPALE ALEという商品もラインナップに加えた。
 で、その同じサントリーのエールビールでどれほど味が違うものか、試しに飲み比べてみた。
 ちなみに、販売価格は今回取り上げる、クラフトセレクト香り彩るビールPALE ALEの方が僅かに安い。

サントリー・クラフト・ペールエールP1110047

 プルタブを開けると、フルーティーで華やかな香りが漂う。プレモル香るエールより薫り高く、「華やかに香る」と缶に書いてある言葉に偽りは無い。
 グラスに注ぐと色はやや濃く、泡も白ではなく僅かに茶色みを帯びている。
 飲んでみると、味わいはこのクラフトセレクト香り彩るビールPALE ALEの方が軽やかだ。プレモル香るエールの方が明らかに苦いし、コクもある。
 と言っても決して薄いわけでも、物足りないわけでもない。このクラフトセレクト香り彩るビールPALE ALEは良い意味で軽やかなのであって、しっかり味わえば確かなコクと味わいがある。

 缶の裏面には、味と香りについての自社評価が書かれている。
 そしてそれは以下の通りだ。
 香り  ●●●●●
 旨み  ●●●
 苦み  ●●●●
 ボディ ●●

 その香り5点の評価には、筆者も同意する。
 しかし筆者には、4点を付けるほど苦いとは思えなかった。
 確かに苦みはあるが程良いくらいで、他のビールと比べて決して苦いわけではない。むしろ、苦みの中に麦の甘みを感じるくらいだ。
 ただ飲んでいる時にはさほど苦さを感じないが、飲んだ後に口の中に残るのはホップの苦みだ。
 ただそれは決して深いな苦さではなく、むしろ心地良い苦みと言っても良い。
 軽やかな中に旨みもしっかりあるし、ボディもそれほど弱いとも思えない。
 筆者が評価するなら、「香り5、旨み4、苦み3、ボディ3」と点数を付けたいところだ。

 良い意味で軽やかで味に嫌みも無いので、喉越しで飲んだらスッと一気に飲めてしまうだろうが。
 しかしフルーティーで爽やかで、軽やかでありつつ確かなコクと旨みがあり、ゆっくり、じっくり飲んでとても美味い。
 この香り高くフルーティーで苦みの中に甘さを感じるところなど、ヴァイツェン・ビールにも似ているように思った。
 これは本当に美味いビールだ。
 プレモル香るエールも好きなビールだが、個人的にはこちらの方がより好きだ。
 これまで飲んだサントリーのビールの中で、筆者として一番好きだ。

 ただ、筆者が初めて見た時に「プレモル香るエールと、どう違うのだろう?」と疑問に思ったように、クラフトセレクト香り彩るビールPALE ALEという商品名では、プレモル香るエールとの違いをアピールしにくかったのかも知れない。
 現在はこのクラフトセレクト香り彩るビールPALE ALEは店頭から無くなっていて、代わりに類似したデザインで同じ色の缶の、東京・武蔵野ブルワリーの名前を前面に出した東京クラフトPALE ALEという商品が並んでいる。
 この東京クラフトPALE ALEが、今回飲んでみたクラフトセレクト香り彩るビールPALE ALEの缶のデザインと名称を少し変えた同一のものであるか、またいずれ飲んで確かめてみるつもりだ。

サントリー・クラフトセレクトP1110592

PageTop

キリンが造ったハイネケン

 ハイネケンというビールが存在する事だけは、筆者もかなり以前から知っていた。
 そして海外のビールとしては名前がよく知られているだけに、「あえて飲もう」という気持ちにはあまりなれないできた。
 ちなみにハイネケンは、オランダ最大で世界第二位の地位を占める超巨大メーカーである。
 で、他のもっと珍しいか、新しいビールばかり飲んできた。
 が、さる店のPOPに「香り高い」と書いてあるのを見て、今回そのハイネケンを飲んでみることにした。

ハイネケンP1100608

 まず缶を手に取って細かい字までよく読んでみると、原材料は麦芽とホップだけだ。
 他の多くの国産ビールのように、米やコーンやスターチ等の糖質副原料は使われていない。
 それは実に良いことだ。
 ただ原産国はオランダではなく、よく見ると販売はハイネケン・キリン株式会社ではあるものの、製造は麒麟麦酒株式会社とあった。
 ブランドは海外メーカーだが、実質はキリン製の国産ビールなのであった。

 それで「海外有名メーカーの皮を被った国産ビールかよwww」と、少しガッカリした気分で飲んでみた。
 プルタブを開けグラスに注ぐと、甘い果実と爽やかなホップの香りが漂う。
 これは想像以上に、キリン一番搾り以上に良いかも知れないと思いつつ飲んでみると、期待以上に美味かった。
 ホップの適度な苦みの奥にフルーティーな甘さがあり、とても美味しい。糖質副原料を使い麦芽の使用量を抑えたビールにありがちな、金属的な味や嫌みが全く無い。

 決して苦すぎず重すぎず軽やかな味わいで、喉越しで飲んでもスッキリ美味しい。
 しかし糖質副原料入りの製品のような、喉越しだけのただ軽いビールと違い、ちゃんと味わえばコクと深い味わいを確かに感じる。
 さすがは麦芽とホップだけで造られた本物のビールだと、心から感心した。

 冷蔵庫から出して10分ほど経ち、少しぬるくなると甘い果実香が立ち、味も深みと甘みが増してくる。麦の甘さとホップの適度な苦みのバランスがとても良い。
 よく冷やして喉越しで飲んでも良いが、少しぬるくしてじっくり味わって飲むともっと美味くなる。

 日本人は、ビールと言うとよくキンキンに冷やすのを良しとするが。
 しかし冷やし過ぎると香りが沈み、味も、特に甘みを感じられなくなるものだ。
 だから味と香りを堪能するブランデーでは、氷は入れず常温で飲むのが常識だ。
 ワインだって、冷やす適温というものがある。
 断言するが、キンキンに冷やして飲むべきビール類は、副原料入りの不味いビールと発泡酒や新ジャンル酒だけだ。
 不味いビール類はぬるくなると嫌な味や嫌な香りが目立つようになって、はっきり言ってもっと不味くなる。だから糖質副原料入りのビールや発泡酒や新ジャンル酒は、キンキンに冷やしてその嫌な味と香りを目立たなくした上で、喉越しで一気に飲む必要があるのだ。
 そのビールが本当に美味いかどうかは、少しぬるくして、ゆっくり、じっくり飲んで初めてわかる……というのが、筆者の私的な持論だ。

 ただ筆者が好きな「少しぬるくして、ゆっくり、じっくり飲んで美味しいビール」には、喉越しで一気に飲むと重く感じて旨さがよくわからなくなるものがある。
 しかしこの麒麟麦酒製造のハイネケンは冷やして喉越しでゴクゴク飲んでも軽やかで美味しく、少しぬるくなったところでゆっくりじっくり飲めばもっと味わい深く香り高く美味くなる。
 どう飲んでも美味い、本当に良く出来た文句なしのビールだ。

 これはラガービールだが、エールビールに負けない味の深みとコクがある。
 後味もとても良く、爽やかな苦みとほのかな甘さが口の中に残る。
 同じ麒麟麦酒の製品でも、キリンのどごし〈生〉などとは出来がまるで違う。
 暑く喉が渇いている時に喉越しで一気に飲んだらその差をあまり感じないかも知れないが、少しぬるくしてゆっくりじっくり飲むと、価格の差以上に味と品質の差を感じる。
 ハイネケンの価格は、同じキリン製ののどごし〈生〉のほぼ倍だが。
 筆者ならばのどごし〈生〉を2本飲むより、ハイネケン1本をゆっくりじっくり味わって飲みたい。

 筆者は少年の頃からずっと写真を撮り続けていて、そんな筆者にとってドイツのライカやカール・ツァイスの製品は高嶺の花の憧れの的だった。
 大人になって筆者もライカのカメラと交換レンズを入手したが、その為には節約を重ねた上に手持ちのカメラや価値ある蔵書を売り払うなどして、かなりのお金を出さなければらなかった。
 しかし今世紀に入って、その憧れのライカやカール・ツァイスのレンズを付けたコンデジが、それも僅か2~3万円くらいで売られるようになった。
 実はそれらのレンズは、名こそドイツの名門メーカーのものを冠しているものの、日本のレンズ製造メーカーが造ったものだった。
 性能がそのブランド元が要求する水準に達していさえすれば、製造元はどこでも良いのである。
 カメラやレンズだろうが、ビールだろうが、世界的なブランドとはそういうものである。

 そしてハイネケンも、世界約60カ国に110余の生産拠点を持っているという。
 麒麟麦酒もその一つなのだろうが、その国産のハイネケンも、麒麟麦酒の技術力を十分に発揮したキリンの名に恥じない逸品だ。

PageTop

味もリニューアルされた白角

 このブログを何度か読んでくださっている方はご存知のことと思うが、筆者はサントリーが嫌いだ。

 と言うと、「サントリーのウイスキーは立派な賞を幾つも取っているし、今やサントリーは世界的なウイスキー・メーカーだ」とおっしゃる方もいるだろう。
 賞を取るようなサントリーの高価なウイスキーは、確かに美味い。
 しかし高価なウイスキーは美味くて当然で、高くて不味ければそれはもはや詐欺である。
 筆者が気に入らないのは、コンテストの賞を狙うような高価なウイスキーと、普通の人が普通に飲む手頃な価格のウイスキーを、サントリーが呆れるくらい見事に作り分けている事だ。

 他のメーカーには、お手頃価格のウイスキーもコストの制約の中で精一杯良い製品を造ろうと努力しているところもある。
 しかしサントリーは違う。
 高価なウイスキーで世界的な賞を取り、それを宣伝に利用してサントリーのウイスキーのイメージを上げて。
 そして一般の人に売るお手頃価格の製品は、炭酸や水で薄く割らねばとても飲めないようなシロモノばかり出しているのだから質が悪い。

 正直に言って、普通の人が普通に買えて日常的に飲むようなサントリーのウイスキーは、飲むに値しない不味いものばかりだ。
 特に「日本で一番売れているウイスキー」と言う角瓶など、本当にヒドい味だ。若いアルコールの刺激がキツ過ぎて、宣伝されているようにハイボールにでもして薄く割らねば、とても飲めたものではない。

 角瓶だけでなく、トリスもレッドもホワイトもオールドも、量販店やスーパーの洋酒コーナーなどでよく売られているサントリーのお手頃価格のウイスキーは筆者は大嫌いだ。
 ただ白角だけは違った。
 筆者の大嫌いな角瓶の姉妹品なのだが、白角だけはそれなりに飲める案外悪くないウイスキーだと思っていた。
 しかしその白角も、リニューアルされて価格も上がってしまった。

 筆者にとって、白角は特に好きと言うのではなく、「この値段のサントリーのウイスキーにしては、案外悪くない」という程度の製品だった。
 その価格帯で一番良い出来というわけでなく、同じ値段でもっと旨いウイスキーは他に幾つもあった。
 だから値上げをして名の知れたスタンダード・スコッチより高くなった白角など、「飲む意味もない」と思っていた。
 が、ある量販店で税込み1250円で売っていたのを見て、リニューアルされて変わったのは瓶の形だけかどうか興味を抑えきれなくなって、つい買ってみてしまった。

サントリー・新白角①P1110483

 で、家に買い置きしてあった以前の白角と並べてみると、瓶の形が微妙に角張っただけでなく、ラベルも細部が幾つか変わっている。
 その中で最も目立つのは、古い白角にあった“淡麗辛口”の文字が無くなった事だ。そしてそれに代わって、瓶の上部に“CLEAR&SMOOTH”の文字が入れられた。
 筆者はそれを、とても良い事だと思う。
「日本酒ではあるまいし、ウイスキーに淡麗辛口など変だ」と、以前からずっと思っていた。
 実際、以前の白角はほのかに甘い“淡麗甘口”でこそあれ、決して“辛口”では無かった。
 辛く感じるのは、若いアルコールの刺激だ。
 あと“THE FINEST OLD WHISKY”という、この価格帯のウイスキーにしては大袈裟で嘘くさい一文も無くなっていた。

サントリー・新白角③P1110489

サントリー・新白角②P1110484

 さて、新しい白角のキャップを開けると、グラスに注ぐ前から優しい甘い香りとほのかな果実香が漂ってくる。
 グラスに注いで口に含むとライトで滑らかで、通常の角瓶(黄角)はもちろん、以前の白角よりもアルコールの刺激が少ない。
 香りは控えめで、まろやかだがインパクトはやや弱いし、余韻もあまり長くない。しかしチェイサーを口に含むと、青リンゴの香りとほのかなスモーキーさを感じる。
 以前の白角の“淡麗辛口”という売り文句には違和感があったが、新しい白角の“クリア&スムース”については「まさにその通り!」という感じだ。

 正直に言って味も香りも控えめな、ライトなウイスキーで、本格的なウイスキー好きには物足りないかも知れない。
 しかし果実の香りと心地よい甘さのあり、飲みやすくて決して悪いウイスキーではない。水で割れば、食事にも合いそうだ。

 事実サントリーは、この白角を水割りで飲むよう勧めている。
 実際、水を加えてトワイスアップにしてみると、アルコールのツンとした刺激が殆ど無くなり飲みやすくなるだけでなく、スッキリとしてフルーティーな甘さがより引き立つ上に、香りも損なわれない。
 ウイスキーにはストレートで飲むのが一番美味しくて、トワイスアップにするだけで水っぽく残念な味になってしまうものが少なくないが。
 この新しい白角は、水を加えてトワイスアップにするとむしろ味と香りがよく伸びて引き立つように感じる。

 ついでに言うと、この白角の甘さはあくまでもフルーティーな甘さで、ハニーな甘さとも、チョコやキャラメルの甘さとも違う。
 そしてそのしつこさの無い適度な甘さが、心地よく口の中に残る。

 筆者はさらに白角を1:2の水割りにしてみた。
 するとさすがに水っぽくなり、さらに甘さが薄くなる代わりにビターさが出てきた。
 だから個人的には、ストレートでゆっくり飲むか、トワイスアップで気楽に飲むかを勧めたい。
 ただ食事と一緒に飲むなら、1:2やもっと薄めに水で割っても良いと思う。

 そして続いて、家に買い置きしてあった以前の白角も開けて、リニューアルしてどれだけ変わったか確かめてみた。
 で、キャップを開けると古いものは、新しい白角より香りがさらに弱い感じだ。
 ただ古いものには、新しいものには無いスモーキーさを感じる。
 しかし甘さやスモーキーさより、まずアルコールの刺激的な臭いが鼻を突く。

 実際に飲んでみても、古い白角はストレートでは甘さよりアルコールの刺激がずっと強く、舌がピリピリして口も曲がりそうだ。
 この薄味でかつアルコールの刺激が強いのを“淡麗辛口”と称していたのだから、サントリーの商法はヒドい。
 しかしその以前の白角も、トワイスアップにするとアルコールの臭いと刺激がかなり引き、甘やかな味と青リンゴのフルーティーな香りが出てきて飲みやすくなる。
 古い白角はストレートで飲むのはキツいものの、少し加水してトワイスアップにするとなかなか良い感じになる。
 ただ、その古い白角のトワイスアップと、新しい白角のトワイスアップを飲み比べてみると、古い白角の方がまだアルコールの刺激が強く、新しい白角の方が明らかに滑らかで美味しい。

 古い白角も1:2の水割りにしてみたが、二倍の水を加えるととにかく薄く水っぽい。こちらの方はビターさも無く、ほのかな甘みを感じるだけ。
 まるで、いいちこなどの減圧蒸留してイオン樹脂濾過もした麦焼酎の水割りでも飲んでいるかのようだ。
 ただいいちこの水割りが別に美味くもないが飲みやすいように、古い白角の薄い水割りも食事と一緒にスイスイ飲める。

 はっきり言うが、新しい白角はただ瓶の形とラベルが少々変わっただけでなく、味も間違いなく良くなった。
 以前の白角には、いかにもサントリーの安いウイスキーにありがちな若いアルコールの強い刺激があり、ストレートで飲むのはつらかった。
 しかし新しい白角は明らかにそのアルコールの刺激が弱まり、ストレートでも楽しんで飲めるようになった。
 フルーティーな心地よい甘さと青リンゴの香り、そして僅かなスモーキー香という従来の白角の味を守りつつ、よりまろやかに飲みやすくなった。

 ただストレートでザ・フェイマス・グラウスと飲み比べてみたところ、香りも味の深みも明らかに物足りなく感じた。
 新しい白角はよりマイルドになり味に磨きがかけられ、ストレートでも飲めるようになった。
 しかし筆者の印象では、ストレートでじっくり味わうより、やはり加水してトワイスアップで気楽に飲むのが一番良いように感じた。
 もちろん、もっと加水して料理と一緒に飲むのも良いだろう。

 この新旧の白角を飲んで、改めて思ったのだが。
 白角はスコッチともアイリッシュともバーボンともカナディアンとも違う、まさしく日本のウイスキーだ。
「是非飲んでみてほしい」と勧めるほど美味いものではない。
 しかしまだ飲んだ事が無く、そしてもし安く売られていたら一度味を見てみて損はないと思う。

サントリー白角とジョニ赤P1110853

 ただ問題なのは、白角の値段だ。
 筆者はある店で、この新しい白角を税込み1250円で買ったが。
 他の酒の量販店では、たいてい1296円(税込み)で売られている。
 そして近所のスーパーでは、この白角と黄角が税込み1491円で売られていた。
 その店ではジョニ赤ですら、税込み1078円だというのに。
 ハイランド・リザーブというスコッチに至っては、税込みで千円を切っている。
 ホワイトホースやジョニ赤などのスコッチが、今では千円前後で買える。
 なのに何故、白角や黄角がそれより三百円から四百円以上も高いのか。その理由が、筆者には全くわからない。
 黄角はともかく、白角は普段に気軽に飲んで美味しい、悪くないウイスキーだと思う。
 しかしジョニ赤などの定番スコッチと比べて、明らかに高すぎる。
 だから「悪くない」と思いつつ、なかなか買って飲む気になれないでいる。
 白角も悪くないけれど、ジョニ赤より何百円も高いなど「あり得ない」と、声を大にして言いたい。

PageTop

意外にイケる、ベルモルト・ゴールド

 暑い。
 まだ5月だというのに、夏日や真夏日が続いている。
 こうなると「ビールは喉越しでゴクゴクではなく、ゆっくり味わって飲みたい」と思っている筆者でも、冷たいビール類を気持ち良くグイッと飲んでみたくなる。

 が、「ビールはゆっくり味わって飲む」のが基本の筆者にとって、夏の暑い時期にどんなビール類を飲むかは意外に難しい。
 日ごろ愛飲している、ゆっくり味わって飲んで美味しいビールは、ただ暑さと喉の渇きを癒す為に「ゴクゴク、プハーッ」と飲んでしまっては、あまりにも勿体ない。
 一気にゴクゴク飲んでしまうなら、麦とホップだけで造られた(そしてお値段もそれなりに高い)本物のビールでなく、発泡酒や新ジャンル酒で充分だと、筆者個人は思っている。
 しかし麦芽の使用率が低く糖質副原料をあれこれ使ったビール類には、喉が渇いている時に喉越しでゴクゴク飲んでも不味いものが、少なからずある。

 香り高く奥深い味とコクのある本物の良いビールは、喉越しで一気にゴクゴク飲み干してしまっては勿体ない。
 それに味のしっかりしたコクのあるビールは、喉越しで飲むと重く感じてあまり美味く思えないのも事実だ。
 暑さと喉の渇きを癒す為に喉越しでゴクゴク飲むなら、むしろ副原料入りの味も香りも軽いビール類の方が良い。
 しかしその種の麦芽が少なく副原料たっぷりのビール類には、ただ軽いだけでなく嫌味のある不味いものが少なからずある。
 いくら新ジャンル酒でも(350mlの缶で)百円かそれ以上するし、「変なビール類を飲むくらいなら、炭酸水を飲んだ方がずっとマシな上に、はるかに安くつく」という話になる。

 良いビールを見つけるのは、比較的簡単だ。
 香りの高さや味の深みに差こそあれ、麦芽とホップのみで造られたビールに不味いものは、まず無い。
 ビールは基本的に麦芽とホップのみで造るべきで、副原料として使用して味や香りを良くするのはオレンジピールやコリアンダーくらいだと、筆者は思っている。
 糖質副原料として米やコーンやスターチを入れたものは、味わって飲むと不味いものばかりだ。
 だから美味しいビールを飲みたければ、麦芽とホップだけで造られたものか、副原料にオレンジピールやコリアンダーを加えたベルジャン・ホワイトエールビールを選べばまず間違いない。
 麦芽とホップだけで造られたビールは、喉越しでゴクゴク飲みたい人達には「重い」と思われがちだが、サントリーのモルツやキリンの一番搾りなどは軽快に飲めて味に嫌味も無い上に、値段も副原料入りの他のビールとほぼ同じだ。

 日本という国では、麦芽の使用率が高いほど酒税も高くなるから。
 だから暑さと喉の渇きを癒す為に軽快に飲め、かつ一気に飲み干しても惜しくない値段のビール類を捜すとなると、どうしても発泡酒か新ジャンル酒の中から選ばざるを得なくなる。
 で、そうした発泡酒や新ジャンル酒は糖質副原料を少なからず使用している為、不味いものが少なくない。
 そしてその発泡酒や新ジャンル酒が「まあ飲めるレベル」か、「副原料の嫌な味があって、喉の渇きを癒すなら炭酸水や麦茶の方がずっとマシ」かは、「実際に飲んでみないとわからない」というのが実態だ。

 ただ筆者がいろいろ飲み比べてみた経験から言えば、新ジャンル酒でも副原料やスピリッツに麦を使ったものにはまだマシなものが多かった。
 そして税率の高いビールと同じで、米やコーンやスターチ等を使った新ジャンル酒や発泡酒には嫌味を感じる不味いものが多かった。
 麦芽とホップだけで造ったビールを「重い」と感じる人は、糖質副原料を使うと「味が軽快になる」とも言う。
 しかしその糖質副原料もただ味と香りを軽く(薄く)するだけでなく、原料によってそのビール類の味に影響を与える。
 そして麦芽に最も近い麦を糖質原料として使った新ジャンル酒が、最も嫌味が少なくビールの味に近く仕上がるように思える。

ベルモルト・ゴールド①P1110536ベルモルト・ゴールド②P1110538

 そして筆者は先日、お酒も扱う某ホームセンターで、妙な新ジャンル酒を見つけてしまった。
 その名をベルモルト・ゴールドと言い、ベルギー産で麦100パーセントと謳っている。
 しかもそれで、値段は330mlの缶でたった97円(税抜き)だ。
 当然、味見の為に少し買ってみた。

 缶の裏面に味や香りについての自社評価が、5段階評価で表示されており、それによるとコクと苦みが星4つ、香りが星3つで甘みが星2つになっている。
 が、冷蔵庫で冷やしプルタブを開けてみると、香りは殆ど立たない。そしてグラスに注ぐと、糖質副原料を多く使ったビール類にありがちな金属的な不快な匂いすら漂ってくる。

 これは筆者が苦みの強い、IPA(インディア・ペールエールビール)も好きだからかも知れないが。
 星4つとされている割には、苦みはそれほど強いと思えなかった。
 しかしそれより、喉越しでゴクゴク飲むと、匙を舌に押し当てたような金属的な嫌な味を強く感じた。そして後味もあまり良くなく、暑く喉が渇いた時に喉越しでゴクゴク飲むにはふさわしくないと思った。
 このベルギー産で麦100%のベルモルト・ゴールド、日本人がやりたがる「ゴクゴク、プハーッ」という飲み方では、はっきり言って不味い。

 ところが、だ。
 喉越しでぐいぐい飲まずに、ゆっくり味わって飲むと案外悪くないのだ。
 喉越しでゴクゴク飲むと、金属的な嫌味を感じて不味い。
 しかしゆっくり飲むとその嫌な金属的な味が消え、しっかりとしたコクとほのかで心地よい甘みを感じるのだ。

 このベルモルト・ゴールドは「欧州産最高級ホップを贅沢に使用し飲み応え十分のコクと旨味、爽快なキレ」と謳っている。
 爽快なキレについては疑問があるが、新ジャンル酒にしては確かに十分なコクと旨味を感じる。
 とても97円とは思えない、下手なビールよりしっかりしたコクと旨味を感じる。
 金属的な味と香りや、後味があまり爽やかでないなどの問題点はあるが、少なくともコクと旨味については新ジャンル酒の中では最高と言っても良い。

 新ジャンル酒や発泡酒はまず価格の安さが取り柄で、暑い時に喉の渇きを癒す為に喉越しでゴクゴク飲むのに向いている。
 しかしこのベルギー産の新ジャンル酒のベルモルト・ゴールドは、喉越しで気楽に飲むのには全く向いていない。
 ゆっくり飲めばビールに近い旨味とコクがあるものの、日本人に多い喉越しで「ゴクゴク、プハーッ」という飲み方をすると変に不味いというのが皮肉だ。

 ビールは、その生産国の気候に合った造り方をされる。
 暑い国では、どうしてもキンキンに冷やして喉越しで一気に飲んで美味しいような軽めのビールが好まれる。
 そして暑くない欧州では、ゆっくり味わって飲むのに適した、しっかりした味と香りのビールが好まれる。
 このベルモルト・ゴールドを造ったベルギーの人達は、蒸し暑い日本の気候を全くわかっておらず、ビールを喉越しで一気に飲む事も無いまま、よりビールに近いコクと旨味を出そうと頑張ったのだろう。

 このベルモルト・ゴールドは、大麦を副原料に使った発泡酒を、大麦のスピリッツで割った新ジャンル酒だが。
 その原材料表示を見てみると、発泡酒(大麦・麦芽・ホップ)と書いてある。
 そして原材料の表記は、使われている原料の多い順に書くのが通例だ。
 つまりベルモルト・ゴールドは、麦芽より副原料である大麦の方が多く使われているということだ。
 そのせいで例の金属的な嫌な味と匂いが出てしまったものと思われる。
 コストの問題もあろうが、税制の限度いっぱいまで麦芽を多く使っていれば、もっと良い味の新ジャンル酒になったのではないだろうか。

 もちろん、麦芽とホップだけで造られた本物のビールの方が、味も香りも間違いなく上だが。
 しかしこのベルモルト・ゴールド、97円という値段を考えれば間違いなく美味いのだ。
「ブラウマイスターこだわりのキレとコク」と缶に書いてある通り、欧州のビールのコクと旨味の片鱗を確かに感じる。
 ただ残念ながら、これはゆっくり味わって飲んでこそ旨い酒で、ビール類は夏に「ゴクゴク、プハーッ」とやりたい多くの日本人の飲み方にまるで合ってない。
 筆者個人としては、新ジャンル酒としてはかなり良い出来だと思うが。
 このベルモルト・ゴールドの旨さがわかる日本人のビール飲みがどれだけいるか、甚だ疑問だし心配だ。

 提案だが、このベルモルト・ゴールドは二本目以降に飲むビール類にすると良いだろう。
 まずはサントリーの金麦やキリンののどごし生などを喉越しで飲んで、暑さと喉の渇きを癒して。
 そしてその後でベルモルト・ゴールドをゆっくり飲めば、きっと「案外、悪くないね」と思って貰えるのではないだろうか。

 美味しい良いビールを飲みたければ、麦芽とホップだけで造った本物のビールを飲めば良いのだが。
 しかし懐事情が厳しい人もいるだろうし、そんな人がたくさん飲みたい時に、選択肢の一つとしてこのベルモルト・ゴールドも考慮していただければと思う。

PageTop

グランドキリン十六夜の月

 グランドキリン十六夜の月は、希少なカリプソホップとやらを使った限定醸造のIPAビールだ。

キリン・十六夜の月P1110255

 IPAことインディア・ペール・エール・ビールと言えば、赤道を通過するインドへの過酷な長旅に耐えるよう、ホップを増しアルコール度も高めにして造られたビールだが。
 ただこの十六夜の月の度数は5.5パーセントで、アルコール度はそれほど高くない。
 とは言うものの、ホップの苦味は普通のビールより確かに強い。
 このビールを他の日本のビールのようにキンキンに冷やし喉越しで「ゴクゴク、プハーッ」とやろうとしたら、間違いなく「苦ッ!」と思うだろう。

 が、これは喉越しで飲むべきピルスナータイプの、しかも糖質副原料を入れた薄いビールとは違う、じっくり味わって飲むべきエールビールなのだ。
 まずキンキンに冷やし込むのではなく、10~13℃くらいに程々に冷やして。
 そしてワインや良質な日本酒を味わうように、ゆっくり、じっくり味わってみてほしい。
 そうすればただ苦いだけでなく、その苦味の底にほのかな甘味や、ハーブ感のある爽やかな香りが堪能できる。
 苦いが、このビールの苦味はとても爽やかで心地良く、後味もとても良い。

 同じIPAビールでも、ヤッホープルーイングの“インドの青鬼”の方がより苦いし、ホップのハーブ感も強い。
 しかしその代わり、この十六夜の月にはフルーティーな甘さや爽やかさがある。
 インドの青鬼は「いかにもIPAビール」という感じだが、十六夜の月はIPAビールであるという事を特に意識せずに、少し苦いが甘くてフルーティーな香り高く味わい深いビールとして飲める。

 この十六夜の月は、飲み方によって味と香りが激変する。
 日本流に、キンキンに冷やして喉越しで「ゴクゴク、プハーッ」とやろうとすると、ただ強烈に苦いだけになる。
 しかし程々に冷やして少しずつ味わって飲むと、ほのかな甘さやフルーティーさやハーブ感が混じり合った、豊かな味と香りを楽しむ事ができる。

 このビールを何故キンキンに冷やしてはいけないか。
 それはキンキンに冷やすと、香りが薄れ甘味も感じにくくなってしまうからだ。
 十六夜の月をキンキンに冷やしてゴクゴク飲む人には、このビールの香りや苦味の下の甘味など、永遠に感じることができないだろう。
 この十六夜の月に限らず、香り高く味わい深い上質なビールはキンキンに冷やして喉越しで飲んではいけない。味も香りも台無しになってしまうからだ。
 キンキンに冷やして喉越しで「ゴクゴク、プハーッ」と飲むべきなのは、スーパードライのような味も香りも薄い糖質副原料(米・コーン・スターチ)入りの軽いビールや、発泡酒や新ジャンル酒のようなビール類だけだ。

 さて、この十六夜の月について、メーカーは「甘く熟した果実と柑橘の爽やかな香り」と謳っているが、確かにオレンジの香りと品の良い甘さを感じる。ゆっくり味わって飲むべき、本当に美味しいビールだ。
 確かに苦いが、ただ苦いだけでなく、苦さの中に豊かな香りと深いコクと旨味があり、さらに後味も良い美味しいビールだ。飲んでいて、何と心地良いことか!
 良質なクラフトビールにも負けない出来の良さで、大量生産が中心の大メーカーにもこんなビールが造れるのかと感心させられた。
 限定醸造でなく、ずっと造り続けてほしい良いビールだった。

PageTop

ザ・フェイマス・グラウス

 新星出版社から出されている橋口孝司氏の『ウイスキー銘酒事典』によれば、ザ・フェイマス・グラウスは「その品質の高さから英国王室御用達の名誉を与えられています」と書かれている。
 実際、ザ・フェイマス・グラウスは他のスタンダード・スコッチより明らかに割高である。
 各種のウイスキーを取り揃えている酒店で、およそ千五百円くらいで売られている。

 スコッチと言えば、イギリスのスコットランドのみで生産されている酒だが。
 その本場のスコットランドで最も愛飲されているのが、このザ・フェイマス・グラウスだと言う。

ザ・フェイマス・グラウスP1110395

 確かにこのザ・フェイマス・グラウスは、他のスタンダード・スコッチとはモノが違う。
 キャップを開けただけで、花のような華やかな香りが辺りに漂う。
 飲んでみてもなめらかでクリーミーで、かつコクがあり、他のスタンダード・スコッチより明らかに上質だ。
 濃い甘い花の香りが魅惑的な上、コクがあり味わい深く余韻も長い。
 スモーキーさは、飲んでいる時には殆ど感じない。しかし飲んだ後に余韻の中に僅かにスモーキー香を感じる。

 スタンダード・スコッチとしては、間違いなく、飛び抜けて良いウイスキーだ。ここまで香り高く味わい深いスタンダード・スコッチは、筆者は他に知らない。
 ただジョニ黒やシーバスリーガルなどの、12年モノのスコッチと比べてしまうと、アルコールの刺激のキツさが気になってしまうし、味の奥深さや余韻の長さも少し劣るのがわかる。

 スタンダード・スコッチは安い物なら量販店では千円程度で、ジョニ黒などの12年モノのブレンデッド・スコッチは二千円程度だ。
 そしてこのザ・フェイマス・グラウスは千五百円程度だが、その価格が全てを物語っている。
 他のスタンダード・スコッチより飛び抜けて良いが、ジョニ黒など12年モノの定番のスコッチには及ばない。
 まさに市場価格相応の味と香りと言えよう。

 ザ・フェイマス・グラウスは、間違いなく良いウイスキーだと思う。
 ただ「惜しいな」と思うのが、アルコールの刺激の強さだ。
 シングルモルトや12年モノのブレンデッド・スコッチなら、ストレートで美味しく飲める。
 しかしザ・フェイマス・グラウスは、その点が少し微妙なのだ。
 体調の良い日はストレートで飲めるが、日によってはアルコールの刺激の強さが気になる時がある。

 ザ・フェイマス・グラウスはもちろん、他のスタンダード・スコッチよりなめらかで、アルコールの刺激は少ない方だ。
 しかし12年モノのスコッチと比べると、飲んだ時に舌を刺すアルコールの刺激が間違いなく強い。
 そしてそこに12年モノとノンエイジ、二千円の品物と千五百円の品物の差を感じてしまう。

 で、ストレートではキツく感じられた日に、ザ・フェイマス・グラウスを試しにトワイスアップにして飲んでみた。
 これがイケるのだ、なかなかに。
 水で割っても、このザ・フェイマス・グラウスは味と香りを保ち、水っぽさをあまり感じさせない。
 トワイスアップにするとアルコールの刺々しさが見事に消え、味と香りも伸びやかになる。
 トワイスアップにすると水っぽく物足りなくなるウイスキーが多くなる中、水で割っても味も香りも薄まらないのは、よほど良い原酒を巧みにブレンドしている証拠と思われる。
 それで筆者はこのザ・フェイマス・グラウス、その日の気分によってストレートかトワイスアップで飲んでいる。

 試しにこのザ・フェイマス・グラウス、ハイボールでも飲んでみたが。
 ハイボールにしても、味にコクはあるし香りも損なわれない。
 ただ味のバランスが崩れ、甘さが失われビターさが妙に突出するように感じられて、正直に言って美味くない。
 一言で表現すれば、重くて苦いハイボールになってしまう。
 例えばジョニ赤のハイボールは、本来の甘さやスモーキーさを保ったまま爽やかな味のハイボールになるが、ザ・フェイマス・グラウスは本来の味の良さが損なわれてしまうように感じられる。

 ジョニ赤は、「ジョニーウォーカーの中で唯一、割って飲む事も考慮してブレンドされている」という。
 それに対しザ・フェイマス・グラウスは、割ってハイボールなどにして飲む事を考慮されていないのではないかと思われる。
 何しろ英国のパブやバーでは、ハイボールは「頼まれれば作るが、頼む人はまずいない」といわれる。
 その英国のスコットランドで一番人気のザ・フェイマス・グラウスだけに、炭酸で割られてハイボールで飲まれる事など考慮せずにブレンドしてあるのだろう。

 ザ・フェイマス・グラウスは良いウイスキーだと思うが、同時にとても惜しく感じる。
 他のスタンダード・スコッチより華やかで香り高く、コクもあり味わい深いだけに、どうしても12年モノの定番スコッチ達と比べたくなってしまう。
 そしてジョニ黒やシーバスリーガルなどと比べてしまうと、アルコールの刺激の強さなどの粗が気になってしまうのだ。
 ここまで味も香りも良いスコッチなのだ、どうせならジョニ黒と同じくらいにまで値段を上げてでも、もう少し熟成年数の長い原酒を使ったなら本当に美味しい、文句の無いスコッチになっただろうと思われる。
 その事が、とても残念でならない。

PageTop

純米白川郷にごり酒

 一部の酒造メーカーが、日本酒を“清酒”と呼び換えようと動いた。
 日本酒と言えば、日本で、日本の原材料を使って作らなければならないが。
 だから人件費の安い海外で、コストの安い中国産米や米国産米を使って安い酒を大量生産したいメーカーが、「日本酒でなく、清酒と呼ぶようにしよう!」と企んだのである。
 清酒ならば、別に海外産でも構わないからね。

 しかしこの一部の腹黒いメーカーの、「日本酒を清酒と呼び換えれば、日本酒を海外で安く作れる」という魂胆には無理がある。
 それはそもそも、清酒は日本酒の一種だからである。

 日本酒は、元は砂糖を入れないあまり甘くない甘酒のような、白濁した濁り酒だった。
 が、室町時代になってからそのもろみの状態の濁った酒を濾過して澄んだものも作られるようになり、それが清酒と呼ばれるようになったのである。
 だから濁り酒(どぶろく)と清酒を併せて日本酒と言うのであり、「清酒なら、海外産でも問題ないよね?」と言い張りたい一部メーカーの言い抜けは、とんでもない屁理屈なのだ。

 話は戻るが、日本酒は元は白濁した濁り酒だった。今のような透明な酒(清酒)が当たり前に飲まれるようになったのは、江戸時代になってからである。
 五世紀頃に大陸から醸造技術が伝わって以来、日本では酒と言えば古代から中世までずっと濁り酒のことであった。
 で、日本人はその濁り酒を愛飲してきて、奈良時代の歌人として有名な大伴旅人も、酒を讃むる歌を十三首も詠んでいる。
 ウイスキーも好きだが日本酒にも興味のある筆者としては、その日本酒の原点とも言える濁り酒を、是非飲んでみたいものだと以前から思っていた。

 濁り酒は、今も捜せば売っている。
 しかし店頭で見つかる“濁り酒”と称するものの多くは、いわゆるアル添で、さらに糖類や酸味料まで入れたまがいものばかりである。
 そうした醸造用アルコールと糖類と酸味料で嵩増しした“濁り酒”は、はっきり言って不味すぎて飲むに耐えない。添加されたアルコールの刺激がキツい上に、ベッチャリとした不自然な甘さと妙な酸味が何とも言えない作りモノっぽい嫌な味を生み出している。

純米白川郷にごり酒P1110276

 で、そうしたまがいものの不味い“濁り酒”にうんざりしている時に、ようやく見つけたのだ、混ぜモノの無い本物の濁り酒を。
 それが今回紹介する、純米白川郷にごり酒である。
 純米だから、醸造用アルコールはもちろん糖類も酸味料も全く入っておらず、原材料は米と米麹だけである。

 表示されているマイナス25という日本酒度の通り、飲んでみるととても甘い。どんな甘口の清酒より、かなり甘い。
 しかし米と米麹だけによる甘さだから、その甘みにしつこさやくどさは全く無い。まるで、甘さを抑えた良質な甘酒のようだ。
 そしてただ甘いだけでなく、甘さの中にほのかな酸味も感じる。
 その甘味も酸味もどちらも自然なサラリとした味で、糖類や酸味料を後から加えた作りモノの“濁り酒”のそれとは全くの別物だ。

 また、アル添の自称“濁り酒”と違い、純米だからアルコールのピリピリした刺激が無く、飲み口も優しく滑らかだ。
 そして醸造用アルコールと水で嵩増ししていない為、ただ飲みやすいだけでなくコクがあり味わい深い。
 さすがに純米の濁り酒だ。アル添で糖類と酸味料も加えている自称“濁り酒”と飲み比べれば、本物とまがい物の違いが明らかにわかる。
 アル添で糖類と酸味料も加えられている、市場によく出回っている“濁り酒”は、甘さも酸味も人工的な上に味も薄っぺらい。
 しかしこの純米の濁り酒には、自然な甘さと酸味に食えて奥深い酒の旨味がある。
 コレを飲んでしまうと、アル添で糖類&酸味料入りのニセモノの濁り酒はもちろん、下手な甘酒も飲めなくなってしまう。

 古代には酒を造るのに麹は使わず、米を人が口で噛み、そして米も今のような白米でなく玄米を使っていた。
 だからこの純米白川郷にごり酒も、大伴旅人らが古代に飲んだ濁り酒とは、全く同じものというわけではないのだが。
 それでも純米白川郷にごり酒を味わいながらゆっくり飲むと、酒を愛した古代の歌人の気持ちも伝わってくるような気がする。

 ここで、大伴旅人が詠んだ「酒を讃むる歌」を幾つか紹介しよう。

 験なき 物を思はずは 一坏の 濁れる酒を 飲むべくあるらし


「思っても甲斐の無いことをくよくよ悩むより、一杯の酒を飲んだ方が良さそうだ」って、共感する方は現代も多くいるのではないだろうか。

 その「酒を讃むる歌」には、他にもこんなものがある。

 賢しみと 物いふよりは 酒飲みて 酔ひ泣きするし まさりたるらし


「偉そうな事を言うより酒を飲み、酔って泣く方がましだ」って、大伴旅人さんがいかに酒が好きだったか、よく伝わって来る。
 酔ひ泣きする……という事は、大伴旅人さんは泣き上戸だったのだろうか。
 相手をするのも面倒だろうが、まあ良いデスよ、酔っても絡んだり暴れたりしさえしなければ。

 あな醜 賢しらをすと 酒飲まぬ 人をよく見れば 猿にかも似る


 この酒好きの大伴旅人さんに言わせれば、「酒を飲まずに偉そうなことを言う人は醜くて、よく見れば猿に似ている」のだとか。
 猿に似ているのは、むしろ真っ赤な顔をして酔っぱらっている酒飲みの方ではないかと、言いたくなるのは、筆者だけだろうか。

 この酒飲み歌人の大伴旅人さんは、実は宮廷貴族で中務卿、中納言と歴任し、そして太宰帥にまで昇進するのだが。
 で、赴任した先の九州の太宰府に着くと、何かと理由をつけて酒宴を開いた。
 今で言えば、困ったアルハラ上司といったところだろうか。

 で、度々招かれた歌人で筑前守の山上憶良などは、こんな歌を詠んで大伴旅人の宴席から逃げている。

 憶良らは 今は罷らむ 子泣くらむ 其を負ふ母も 吾を待つらむそ


 こんな酒にまつわる古歌に思いを馳せながら、純米白川郷にごり酒を筆者は心から堪能した。
 アル添で糖類と酸味料を加えたまがいものの濁り酒は全くダメでカスとしか言いようが無いが、米と米麹だけで造った本物の濁り酒は本当に美味しい。

 そのまがいものの濁り酒と本物の濁り酒の見分け方について、最後にふれておこう。
 まがいものの自称“濁り酒”は、アルコールと水で嵩増ししているから薄く、店頭に置いておくと酒と酒粕がすぐに分離してしまう。
 だからまがいものの濁り酒は、瓶の中で殆ど清酒に近い状態になっていて、酒粕は瓶の底に薄く積もった状態になっている。
 で、ラベルにも「よく振ってお飲みください」と注意書きがされている。

桃川にごり酒P1100046

 しかし薄めて嵩増ししていない本物の濁り酒は、酒粕がいっぱい入っているので、わざわざ振らなくても瓶の上までしっかり白濁している。
 自家製の甘酒のように濃いから、もちろん「よく振ってお飲みください」などという注意書きも無い。
 もし本当の濁り酒に関心があるのなら、是非そのような見た目が甘酒に近い、瓶の上まで白濁した濃いものを選んでいただきたい。
 くれぐれも、瓶の中で酒と酒粕が分離して、酒粕が底に溜まってしまっているようなニセモノは買わないでいただきたい。
 濁り酒を称しながら、瓶の中で既に「清酒と酒粕」に分かれてしまっているのは、アルコールと水で嵩増し、味も糖類と酸味料で人工的に付けてある証拠だ。

PageTop