空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

ニッカが造ったスコッチ、フォートウィリアム

 ボウモアやラフロイグなど、サントリーが幾つものスコッチの蒸留所を買収して傘下におさめた事は、ウイスキー好きの間では有名である。
 サントリーだけでなく、実はニッカもスコッチの蒸留所を買収している。
 それがベン・ネヴィスである。

 そして近年の日本でのウイスキー(と言うよりハイボール)人気を見てか、ニッカと親会社のアサヒビールが、そのベン・ネヴィスをキーモルトとしたスタンダード・スコッチを売り出した。
 それが今回紹介する、フォートウィリアムである。

フォートウィリアムP1100400

 瓶の裏面のラベルの説明を読んでみると、このフォートウイリアムは品質になかなか自信ありげである。
スコッチの伝統技法で作られた原酒をニッカウヰスキー社ブレンダーにより日本人の繊細な味覚にかなう、甘くやわらかでスムースな味わいに仕上げ」たと書いてある。
 そしてまた、「ストレート、オンザロック、水割り・ハイボール(ウイスキー1:水またはソーダ2の割合)でお楽しみください」と。
 千円程度のスタンダード・スコッチで、まずストレートで飲むことを勧められるスコッチは少ない。
 しかもこのフォートウィリアムは、水割りはともかくハイボールも1:2とかなり濃いめに作ることを勧めているのだ。
 これはニッカが自信を持って作った、よほど良いものに違いない。
 筆者はそう信じて迷わず購入した。

 で、キャップを開けてみるとまずアルコールの匂いが鼻を突く
 グラスに注いで軽く揺すってフレーバーを立ててみても、ただアルコールの刺激が強烈になるだけだった。
 スタンダード・スコッチも含めて筆者は数多くの外国製ウイスキーを飲んできたが、ここまでアルコールの匂いがキツいものはそう多くない。

 それでも匂いはともかくとして、味の方は良いのかも知れない。そう思い、気を取り直して飲んでみたのだが、味の方もまたアルコールが強烈で舌が痺れるほどだ。
 飲むというより僅かに唇を浸す程度にして、チェイサーで舌を潤してもアルコールの刺激が強過ぎて、とても美味しく飲めたものではない。

 裏のラベルには「甘くやわらかでスムース」と書いてあるが、断言するが嘘だ。
 甘さは他の一般的なウイスキーより弱めで、ビターでドライな味わいだと筆者は感じた。
 そして何よりもアルコールの刺激が強烈すぎて、やわらかでスムースどころか熟成の足りない若い原酒の刺々しさしか感じられない。
 これをストレートで楽しんで飲める人がいるとすれば、甲類焼酎をそのままグイグイ飲めてしまうようなかなりの酒豪だろう。

 それでもこのフォートウィリアムも、「英国政府の管理の下にスコットランドにおいて、蒸留、貯蔵、ブレンド及び瓶詰めされた」本物のスコッチだ。
 日本の安価なウイスキーによくある、原材料にはグレーンと表記しつつ所蔵ナシの穀物アルコールで原酒を希釈するような事はしておらず、モルトもグレーンも三年以上樽貯蔵したウイスキーを使用している筈だ。
 それでこんなにアルコールの刺激が強いとは、筆者もかなり驚いてしまった。
 若い。
 断言するが、フォートウィリアムに使われているモルトとグレーンはかなり若く、三年という貯蔵規定をギリギリ満たす程度のものだろう。

 で、その若いアルコールの刺激がキツいフォートウィリアムだが、トワイスアップにしてみてもまだアルコールがツンツンする。
 しかし甘さとなめらかさも少しだけ出てきて、ストレートよりは飲みやすくなった。
 ニッカのブレンダーが手がけたと言うが、スモーキー香は殆どなく、ウッディな樽香が主体のように思える。

 オンザロックも案外に飲みやすい。美味しいとは言えないが、氷で冷やすとアルコールの刺激が少し減る。そして良い意味でも悪い意味でもスッキリした味わいになる。

 ハイボールにすると、アルコールのツンツンする感じが消えてかなり飲みやすくなる。
 ただ裏のラベルでは水割りだけでなくハイボールも1:2で割るように推奨していたが、ハイボールにその割合はいささか濃すぎるのではないか。
 このフォートウィリアムは元々ビターでドライな味わいなので、ハイボールにすると冷やされることで少ない甘味が殆ど無くなり、苦味がより際立つ結果になる。
 推奨されている1:2の割合のハイボールでは、ただドライなだけでなく少し苦すぎる。
 ただこのフォートウィリアムのハイボールはドライで甘くないので、1:3~4に割って食事をしながら飲むには良いだろう。

 あと、1:2の水割りも案外悪くなかった。
 ニッカの創業者である竹鶴政孝氏は、日頃はハイニッカを1:2の水割りで飲んでいたという。
 そのハイニッカの1:2の水割りは、筆者には少しばかり水っぽ過ぎて物足りないように思えた。
 しかしフォートウィリアムの1:2の水割りは、意外なほど薄くなり過ぎずにウイスキーらしい味が残る感じで悪くなかった。
 フォートウイリアムはストレートやオンザロックではもちろん、トワイスアップですらアルコールの刺々しさを感じる。しかし1:2の水割りにするとそのアルコールの刺激が消え、それでいてウイスキーらしさもまだ残るのである。
 ただその1:2の水割りを飲む時には、ストレートやオンザロックやトワイスアップで飲む時のようにチビチビ飲んではいけない。日本酒を飲むような感じで、少し多めに口に含んでスイスイ飲むと良い。
 とは言うものの、この1:2の水割りも「飲みやすい」とは言えるものの、「美味しい」とまでは言えない。

 少し以前、当ブログを読んで下さった方から、美味しくなかったスコッチについて書くよう要望をいただいた。
 ズバリ言って、このフォートウィリアムがその「美味しくなかったスコッチ」だ。
 正直に言うが、コレを飲んだ後でジョニ赤などの定評のあるスタンダード・スコッチを飲むと、その味の違いに愕然としてしまう。
 このアルコールの刺激のキツさばかりが際立つフォートウィリアムが、日本のニッカが手がけているとは、実に残念な話だ。

 ハイボールを好んで飲む者を対象に、キリンがどんなウイスキーを飲むかを調査したところ、次のような答えが返ってきたそうだ。
「すっきりしている」
「飲みやすい」
 それでキリンは、樽香が華やかに香る、スッキリとキレのある味わいに仕上げたオークマスター樽薫るを販売したという。
 そういう意味で、「ニッカのスコッチ」フォートウィリアムも、ハイボールにして飲めば「スッキリとしてキレが良く飲みやすい」と言えるのかも知れない。
 しかし個人的には、じっくり飲むには向かない、及第点以下の二度と買って飲もうとは思わないスコッチに分類したくなってしまう。

 最後に、ウイスキーの評価をする時に気を付けなければならないのは、「開封して飲んですぐ味と香りの良し悪しを決め付けない方がいい」という事だ。
 樽の中で何年も眠っていたウイスキーは、ブレンドされ瓶詰めされてもまだ味と香りが眠っている事が少なくない。
 で、開封してグラスに注いだ直後には、主に香りと、そして味が充分に広がりきらずにまだ縮こまっている事が多いのだ。
 その長年樽の中で眠っていた香りが広がるまでには、それなりの時間を必要とする。

 試してみてほしい、ウイスキーを開封した直後と、それから数日経った後では、香りと味が変わっている筈だ。
 良いウイスキーは最初から味も香りも上等だが、程々の値段のウイスキーの場合、開封してウイスキーが空気と触れ合うことで、数日後には驚くほど華やかな香りになっていることがある。
 また、主に国産のお手頃価格のウイスキーの中には、開封直後には華やかな香りがしたのに、数日後には妙に香りが減ってしまっているものもある。そしてそれは、何らかの手法で香りを後から人工的に付けている証拠だ。

 今回話題にしたフォートウィリアムだが、筆者は「水準以下のあまり出来の良くないスコッチ」と判断した。
 しかし開封して一週間後には相変わらずアルコールの刺激がキツい駄目なウイスキーのままだったが、半月ほど経ってからはそのアルコールの刺激が少し和らいで、メープルシロップに似た甘い香りが漂いマイルドになり、飲みやすくなってきた上にコクも出てきた事も付記しておく。

 皆さんも、もしあまり香りも立たずアルコールの刺激がキツい、不味いウイスキーに出合ってしまったら。
 短気を起こして捨ててしまったりせず、数日放置してみてほしい。
 そして味を見て、まだ不味いようだったらまたキャップをしてさらに数日置いておく。
 これはダメだと諦めて処分してしまう前に、その数日置いておいてはまた味を見てみるプロセスを何度か繰り返してみてほしい。
 今回のフォートウィリアムも、ツンツンした強いアルコールの刺激の下から甘さやコクが出て来るまでに、半月もの時間を必要とした。

PageTop

出来の良いスタンダード・スコッチ、デュワーズ・ホワイト

 筆者がよく行く酒の量販店に、「多くのバーテンダーに高く評価されている」という趣旨の宣伝文句が書かれているスコッチがある。
 それが今回取り上げる、デュワーズ・ホワイトだ。

デュワーズ・ホワイトP1100318

 色は明るめの黄金色で、キャップを開けるとハニーで穏やかな甘い香りが漂ってくる。
 スモーキー香はごく僅か。
 値段は酒の量販店で千円ちょっとだが、同価格帯のウイスキーの中ではかなりなめらかで、実際に飲んでみてもアルコールの刺激も少なめだ。

 それはもちろん、12年モノのスコッチや、二千円クラスの国産ウイスキーと比べたら、アルコールのツンツンした感じはある。
 しかし同価格帯のスタンダード・スコッチの中では、明らかにまろやかで飲みやすい。
 ストレートで飲んで充分に甘くおいしい。
 むしろ割ってトワイスアップにしてしまうと、より飲みやすくはなるがやや水っぽく薄く感じてしまうくらいだ。

 このデュワーズ・ホワイトは、スタンダード・スコッチの中ではライトなタイプに属すると思う。
 ライトなタイプのお手頃価格のウイスキーは、味と香りが控え目である為に、アルコールのツンツンする刺激が目立ち、色と香りを付けた甲類のウイスキーに近い味わいになってしまうものが少なくない。
 しかしこのデュワーズ・ホワイトはマイルドで上品で、ストレートで飲んでも口当たりはなめらかだ。

デュワーズ・ホワイトP1100410

 デュワーズ・ホワイトの輸入業者はバカルディジャパンだが、筆者が買ったものはオリジナルの大きなハイボール・タンブラーを付けて売られていた。
 そしてそのハイボール・タンブラーの箱に書かれている内容によれば、ハイボールはデュワーズを世界に広めたトミー・デュワーズが、1905年にアメリカで誕生させたのだという。

デュワーズ・ホワイトP1100413

 あえてそう書いたハイボール・タンブラーを景品に付けて売るという事は、「デュワーズ・ホワイトはハイボールで飲むのがお勧め」と輸入業者は考えている、という事だろう。
 そして造ったジョン・デュワーズ&サンズ社も、デュワーズ・ホワイトは割って飲むことを前提にしているのだろう。

 で、ハイボールにもして飲んでみたのだが、確かにハイボールにすると香りが立ち、ごく僅かだったスモーキー香もちゃんとわかるようになる。
 ただハイボールにすると冷やされるせいか、常温でストレートで飲んでいた時に感じた甘みが引っ込み、代わりにビターさが出てくる。
 そのデュワーズ・ホワイトのオリジナルのハイボール・タンブラーの箱には、ウイスキー1に対して3~4のソーダを入れるように書いてあった。筆者はその濃い方の1:3で作ってみたが、個人的にはそれでも薄めにかんじられた。
 元々がライトな味わいなので、濃い味でじっくり楽しみたい者には、割ってしまうとどうしても薄く感じられてしまう。

 とは言え元々が上品でまろやかなスコッチだから、ハイボールもとてもなめらかで飲みやすく、下手なビールより間違いなく美味い。
 甘くなく、そしてビールほど苦くもない冷たい炭酸飲料としてハイボールを飲む人が多いようだが、その用途にこのデュワーズ・ホワイトは持ってこいだ。「ハイボール=角瓶」などと決め付けずに、ハイボールが好きな方はこのデュワーズ・ホワイトのハイボールも試してみてもらいたいと思う。
 上品で癖が無く、それでいて味と香りもちゃんとあるハイボールを楽しめることを保証する。

 しかし個人的には、このデュワーズ・ホワイトはストレートが最も味わい深くて美味いと思う。
 それはもちろん、ジョニーウォーカーやバランタインやシーバス・リーガルなど12年モノのブレンデッド・スコッチとは比較にならない。
 だが千円ちょっとで手に入るウイスキーの中では、数少ないストレートで美味しく飲める製品の一つだ。
 ハイボールでも悪くない。
 だがハイボールだけでなく、一度は是非ストレートで飲んでみてほしいスコッチだ。
 トミー・デュワーズ氏がハイボールを誕生させたという由来からも、デュワーズ・ホワイトはおそらく割って飲む事を前提にブレンドされているのだろうが。
 しかし筆者自身は、割らずにそのまま飲むのが最も楽しめる。

 このライトで上品で繊細なスタンダード・スコッチは、割るとどうしても薄く感じられてしまう。
 しかしストレートではアルコールの刺激が少しキツく感じるという方は、ロックか、またはウイスキー2に水1で割ってみることをお勧めする。
 1:1のトワイスアップではやや薄くなり過ぎるが、2:1程度に濃いめに割るとアルコールのキツさがかなり消えて、ストレートは苦手な人でもきっと飲めるのではないかと思う。

 このデュワーズには12年モノもあるが、それもいつか必ず飲んでみようと思わせるほど、デュワーズ・ホワイトは出来が良いウイスキーだった。

PageTop

ウイスキーを、貴方はどう飲みますか?

 ウイスキーの飲み方と言うと、今の日本ではまずハイボールや水割り、それにオンザロックが主流だ。そしてストレートやトワイスアップやミストスタイルなどもある。
 それらの優劣について語ると、間違いなく「飲み方など、その人の自由だ!」とお叱りを受ける。

 確かにその通りである。
 十数年熟成させた高価なシングルモルトをハイボールにしてゴクゴク飲もうが、千円前後の安価なブレンデッド・ウイスキーをストレートでチビチビ飲もうが、それはそのウイスキーを買った者の自由である。
 その事もふまえた上で、筆者個人の好みと飲み方について少し語りたい。

 筆者自身は、ウイスキーはストレートかトワイスアップで飲む事が殆どだ。
 そう書いたところ、「トワイスアップはウイスキーの味を壊して不味くするだけの飲み方だ」というご指摘をいただいた。
 確かに正論である。
 そもそもウイスキーは度数60%前後に蒸留したものを、加水して40~46%程度にして出荷されている。
 と言う事は、その瓶詰めにされた状態が完成品と考えるべきで、ストレートでそのまま飲むのが理想なのだろう。

 実際、筆者の好きなタリスカー10年は度数46%で、味わいもスパイシーと言われるが、ストレートで飲んで「美味しい!」と感じる。アルコールの刺激が変にツンツン来たりせず、よく熟成されていて意外なくらいまろやかだ。
 タリスカーだけでなく、10年以上熟成した良いウイスキーは大抵ストレートで美味しく飲める。

 が、お手頃価格で買えるウイスキーとなると、なかなかそうはいかない。
 香りを嗅いでもまずアルコールの強い刺激がツンと鼻を刺すし、口に含めばそのアルコールの刺激が今度は舌と口の中をビリビリ痺れさせる。
 リーズナブルな価格帯のウイスキーにも、ジョニ赤や富士山麓などストレートで美味しく飲めるものもあるにはあるが、アルコールの刺激が強すぎてそのままではウイスキーの美味しさを感じられないものが多い。
 千円ちょっとのウイスキーを、ストレートで普通に飲める方もおられるだろうが、少なくとも筆者はそのアルコールの刺激に閉口してしまう。

 強い酒を長年飲み続けると、喉頭ガンになるリスクが増すと言うが。
 リーズナブルな価格帯のウイスキーには「なるほど、その通りかも」と思わせるような、とにかくアルコールの刺激がキツいものがとても多い。

 で、ストレートではアルコールの刺激がキツ過ぎると感じる、安価で熟成年数の若いウイスキーは、常温の水で1:1で割りトワイスアップにして飲んでいる。
 本来の味のバランスを崩している事はわかっている。
 ただ1:1で水で割ると安価なウイスキーのアルコールのキツさがかなり薄らぎ、華やかな香りが立ち甘さやビターさなどの味も感じられるようになる。

 1:1に水で割るだけでも、本来の味のバランスを崩しているのだろう。
 だが筆者個人は、若いアルコールの刺激が強いリーズナブルなウイスキーを1:1に割った時の味と香りは案外好きだ。アルコールの刺激が適度に薄れ、そしてウイスキーらしい味もそれなりに残っている。
 ニッカの創業者の竹鶴政孝氏は、普段はハイニッカをウイスキー1に水を2の比率で割って飲んでいたという。
 その1:2の水割りだと筆者は水っぽく薄すぎるように感じてしまうが、そこは個人の好みの問題だろう。

 筆者はオンザロックだけでなく、水割りでもハイボールでもウイスキーに氷を入れるのは好まない。
 氷を入れて冷やすと、ウイスキーのせっかくの香りが立ちにくくなってしまうからだ。
 安価なウイスキーはトワイスアップにして香りを立たせるのを好み、ウイスキーに氷は絶対入れないあたりなどを見ても、筆者はウイスキーの香りが好きでたまらないのだろう。

 などと言いながら、筆者は夏の暑い時期には柑橘系の香りのするジンをオンザロックで飲むのが好きだったりもする。
 ジン独特の香りが筆者には常温では少しキツくくどく感じられ、オンザロックで少し冷やしたくらいがちょうど良く感じるのだ。
 それと同じように、オンザロックにして香りを少し控えめにしたくらいがウイスキーも心地良く感じる人もいるのだろう。
 また、氷を入れて冷やした方が、アルコールのキツさを感じにくくなるともいう。
 だから筆者はウイスキーに氷は入れないが、入れる人がいても良いと思う。

 と言うわけで、筆者は十年以上熟成した良いウイスキーはストレートで、そうでないものはトワイスアップで楽しんでいる。
 それにしても、ストレートはウイスキーに厳しい飲み方だ。
 トワイスアップにしてしまえば、あまり美味しいと思えなくても、大抵のウイスキーは飲めてしまう。しかし長期間樽熟成した本当に美味しいウイスキーでなければ、ストレートで飲むのはかなり辛い。

 つい先日、ジョニ黒とスーパーニッカをストレートで飲み比べてみた。
 ジョニ黒は文句なしに美味かった。
 問題なのは、スーパーニッカだ。味の厚みや香りは確かに千円ちょっとのリーズナブルなものよりかなり良い。しかしジョニ黒では全く感じなかった若いアルコールの刺激が舌に確実に残った。
 水や炭酸で割っていたら、この差は感じられなかっただろう。
 ストレートで飲んだからこそ、感じ取れた品質の差だ。
 ちなみに近所の量販店で、ジョニ黒は1890円、スーパーニッカは2200円だ(どちらも税抜きで)。
 そしてより安いジョニ黒の方が、間違いなく上質なウイスキーだ。
 スーパーニッカは、おそらく割って飲む事を想定して造られたウイスキーと思われる。

 ウイスキーに関する本を読んでみると、飲み方についての意見は二通りに分かれている。
 ストレートやロックだけでなく、トワイスアップや水割り、ハイボールにハーフロックにミストスタイルと様々な飲み方を勧める本が多い一方で、ストレートにこだわる本も少数ながらある。
 そのストレートにこだわる本によれば、「度数40~46%のウイスキーは、日本人には強すぎるように感じるかも知れないが、そのうち慣れる」という事だ。

 だが同じ度数40%の製品でも、ウイスキーの品質の差は極めて大きい。
 十年以上樽熟成をした良いものはストレートで飲んでこそ美味しいが、安いウイスキーの舌に刺さり鼻を突くアルコールの刺激は本当に酷い。
 それでも飲み続けていれば舌と口の中が痺れるような安ウイスキーのアルコールのキツさにも慣れるのかも知れないが、少なくとも筆者は喉頭ガンの危険を冒してまで安ウイスキーのアルコールの刺激に慣れたいとは思わない。
 角瓶などでハイボールを盛んに勧めているあのサントリーが、シングルモルト山崎に関しては広告に「まずはストレートで」と書いている通り、角瓶には角瓶に、山崎には山崎にふさわしい飲み方があるのだと思う。
 だから高い良いものでもウイスキーと言えば何でも「ハイボール!」という最近の日本の風潮もおかしいが、「ウイスキーはストレートでなくては!」とこだわるのも頑固すぎるだろう。

 本当は、ストレートで楽しめるようなウイスキーをいつも飲めれば良いのだが。
 残念ながら筆者は貧乏性で、良いウイスキーを本を読んだりテレビを見たりしながら気楽に飲む事が出来ないのだ。
 良いウイスキーを飲む時は、つい背筋を正し鼻と舌に神経を集中して味わう事に専心したくなってしまう。
 本当に貧乏性だと、自分でも呆れている。
 そういうわけで筆者は平日の夜はリーズナブルなウイスキーをトワイスアップにして気楽に飲み、週末の夜には良いものを味わって飲むことにしている。

 筆者の好きなタリスカー10年も、ハイボールにすると美味しいという話はよく聞く。
 それを承知の上であえて言うが、良いウイスキーはやはりストレートが一番美味しいように筆者個人は思う。味わい深いし、余韻も長く続く。
 だがいつも良いウイスキーばかり飲んでいられないし、リーズナブルな価格帯で出来の良いウイスキーをより美味しく飲むにはどうすれば良いか、ここが悩むところである。

PageTop

リニューアルされたホワイトホース

 ティーチャーズだけでなく、日本人に広く愛されてきたホワイトホースもリニューアルされた。
 ティーチャーズが瓶だけでなく中身もかなり変わった事で、「もしや」と不安に思い、ホワイトホースも以前のものと新しいものを両方並べて飲み比べてみた。

ホワイトホースP1090881

 以前の個性ある形の瓶から一般的な形の瓶になった新しいホワイトホースのキャップを開けてみると、まず甘い香りが漂う。
 実際に飲んでみても、甘味が最も強く感じられる。そして千円くらいで買えるウイスキーとしては、意外なくらいなめらかで飲みやすい。
 と言ってもライトな味わいになったというわけではなく、ちゃんと味に奥行きとコクもある。
 はっきり言って、新しいホワイトホースの出来は悪くない。バランスの取れた、良いスタンダード・スコッチと言っても良いだろう。

 しかし以前のホワイトホースを知っている者からすると、新しいホワイトホースは何か物足りないのだ。大事なものが一つ欠けているような気がしてならない。
 それはズバリ、スモーキー香である。

ホワイトホースP1080422

 以前のホワイトホースは、キャップを開けるとアルコールの匂いと甘い香りが広がり、続けて確かなスモーキー香が追いかけて来る。
 飲んでみても、以前のホワイトホースの方が甘さが控えめでスパイシーさがあり、アルコールの刺激もそれなりに感じる。

 新旧二つのホワイトホースを並べて同時に飲み比べてみてはっきり言える事だが、新しいものの方が間違いなくアルコールの刺激が少なくなめらかで飲みやすくなっている。
 しかしその代わり、新しいホワイトホースはスモーキー香がかなり薄くなった。
 角が取れ癖が弱まって飲みやすくなった代わりに、ホワイトホースらしい個性も無くしてしまったというのが、新しいホワイトホースの印象だ。

 この甘くまろやかになったホワイトホースのリニューアル、全体的には好ましく思う人が多いのではないだろうか。
 ただ筆者も含めて以前のホワイトホースを好きだった者にとっては、個性を殺した残念至極なリニューアルに思えているだろう。

 このホワイトホースを輸入し日本で販売しているのはキリンビールだ。
 そしてそのキリンがハイボールを飲む日本人にアンケートをしたところ、ハイボール愛飲者がウイスキーに求めるのは「スッキリしている」、そして「飲みやすい」の二点だったそうだ。
 また、筆者はスモーキー香の漂うハイボールは嫌いではないのだが、プロのバーテンダーさんには「ハイボールにスモーキー香は合わない」とおっしゃる方が少なくない。
 それらの点から考えるに、ティーチャーズだけでなくホワイトホースも、ハイボールなどにして気楽に割って飲むようにリニューアルされたのではないかという気がする。

 ただリニューアル後のティーチャーズはピート香が減った上にアルコールの刺激が強くなったが、ホワイトホースの方は甘味が増しアルコールの刺激が減ってなめらかになった。
 ティーチャーズのリニューアルは「個性を無くした上に悪い点が出てきた」と言えるが、ホワイトホースの方は「個性を無くして総合点を上げた」という印象だ。

 だからティーチャーズのリニューアルは「ただ残念」と思うが、ホワイトホースの方は残念とまでは言い切れない。
 筆者は以前のホワイトホースの方が好きだが、新しいホワイトホースを好ましく思う人もまたいるだろうと思う。
 新しいホワイトホースは、以前のものを好んで飲んでいた者には不評で、しかし初めてホワイトホースを飲む人は「飲みやすくて結構良いね」と思うのではないだろうか。

 スモーキー香は弱めで甘くなめらかなウイスキーを好む人には、今回のリニューアルは歓迎されると思う。
 ただキーモルトにラガヴーリンを使っていた、スモーキーさのある以前のホワイトホースを好んでいた方はこのリニューアルに落胆しただろう。

 それにしても、ホワイトホースと言いティーチャーズと言い、スモーキー香を抑えたブレンドにするのが世界的な潮流なのだろうか。
 それとも日本の輸入業者が、ウイスキーと言うとハイボールにして飲む事が多い日本人に合わせて、日本向けにだけスモーキー香を抑えたものをブレンドして貰っているのだろうか。
 海外に出る機会の無い筆者には、イギリス本国で売られているホワイトホースやティーチャーズもまたスモーキーさを抑えたブレンドになっているのかどうかわからない。
 海外に出る機会の多い、世界のウイスキー事情に詳しい方がいらっしゃったら、スモーキーさを抑えるのが世界的な潮流なのかどうか、ぜひお教え願えれば幸いだ。

PageTop

ティーチャーズについて改めて書き直す

 改めて言うまでの事も無いかも知れないが、筆者は頭がオカシイ。
 棚にお気に入りのウイスキーを並べ、それを眺めたり瓶を磨いたりして悦に入り、にやにやしている事がある。
 日本酒や黒糖焼酎やジンやビールなど、ウイスキー以外の酒も好きだ。しかし別に並べて眺めたりしたいとは思わない。
 だが琥珀色のウイスキーだけは、ただ飲むだけでなく眺めて愛でたくなってしまうのだ。

 だから財布にゆとりがあると、ついお気に入りのウイスキーをもう一本、買い足してしまったりする。
 で、お気に入りのウイスキーはいつも複数本、部屋に並んでいたりする。

 その為、先日失敗をしてしまった。
 少し前に、このブログでお気に入りのスタンダード・スコッチ、ティーチャーズについて書いたが。
 その際、新しく買って飲むのではなく、家に数本確保しておいたうちの一本を飲み、それについてコメントを書いてしまった。

 今年になって、ティーチャーズの瓶が少し変わった事は知っていた。
 しかし「変わったのは瓶だけで、味の方は同じだろう」と思っていたのだ。
 ところが当ブログを読んで下さったある方によると、ティーチャーズは瓶だけでなく中身もリニューアルされたとの事である。しかもティーチャーズの特徴の一つだったスモーキーさも、薄れてしまったという。

 考えてみれば、ティーチャーズは会社のオーナーも変わったのだ。
 サントリーがビーム社を買収したのに伴い、ビーム社の傘下であったティーチャーズもまたサントリーのものになったのだ。
 だから味が変わるかも知れないという事も、充分に考えておくべきだった。
 なのにサントリーに買収されリニューアルされた後のティーチャーズの味を見ずに、ストックしておいた古いものの味についてブログに書いてしまったのは、間違いなく著者の手落ちである。

 それで遅ればせながら、ビーム・サントリーによる新しいティーチャーズを買って飲んでみた。

ティーチャーズP1100207

 封を切ると、まず甘い香りが漂う。グラスに注ぐと、スモーキーさが僅かに出て来る。
 甘くなめらかで飲みやすいのは、以前のティーチャーズとあまり変わらない。
 しかし以前のものより、少しライトで軽めな味わいになったような気がする。
 ラベルには“HIGH IN PEATED MALT”とあるが、実際にはスモーキーさも軽く感じる。
 以前のティーチャーズと2本並べて同時に飲み比べてみたが、以前のものの方が明らかに香りも華やかで、味も深みがありよりなめらかだった。

 断言するが、以前のものの方が明らかに甘く深みがありスモーキーで美味しい。
 新しいティーチャーズも甘くなめらかで悪くはないが、特に良いとも思えない。

 以前のティーチャーズは、良くも悪くも個性があった。だからその個性を「苦手だ」という人もいたが、逆に「大好きだ!」という人もいた。
 だがリニューアルされたティーチャーズは、その個性がかなり薄らいだ感じだ。
 取り立てて言うべき特徴も無く、「スタンダード・スコッチとしては中の上の、悪くないが特に良くもない製品」という印象だ。
 新しいティーチャーズは「苦手だ」という人を減らした代わりに、「大好きだ!」という人も減らしたのではないかと思う。

 以前のティーチャーズには味に深みと個性があり、濃いめにしてチビチビゆっくり飲んで「じっくり美味い」と感じた。
 しかし新しいティーチャーズはじっくり味わってもあまり楽しめず、むしろ氷を入れ炭酸か水で薄く割ってグイグイ飲むのに向いているように思えた。
 実際、サントリーのホームページを見てみても、ティーチャーズはハイボールにして飲むように勧めている。

 個性を抑えて万人向けの味と香りにした「サントリーのティーチャーズ」だが。
 世界的な販売戦略としてはそれが正しいのかも知れないが、ハイボールは好きでなくウイスキーは濃いめでチビチビ味わって飲みたい筆者としては「残念至極なリニューアル」としか言えない。
 また、英国やスコットランドのパブでは、ハイボールは「頼まれれば作るが、注文する人は滅多にいない」という。
 現地ではあまり飲まれないハイボール向きの味にリニューアルされた新しいティーチャーズは、本場のスコットランドや英国ではどう評価されるだろうか。

 あと、リニューアル前の製品と後の製品を同時に飲み比べてはっきり言える事だが、リニューアル後のティーチャーズの方が明らかにアルコールの刺激が強く感じる。
 ライトな味にブレンドを変えたから、結果的にアルコールの刺激をより強く感じる結果になってしまったのか。
 それとも、若いグレーン・ウイスキーを以前より多くブレンドするように変えたのか。
 そのあたりの所は、専門家ではない筆者には判断しかねる。
 しかし新しいティーチャーズがよりライトな味になり、同時にアルコールの刺激を強く感じるようになったのは間違いのない事実だ。
 それだけに、新しいティーチャーズは「最初から割って飲むもの」としてブレンドされたように思えてならない。

 で、ハイボールは好きでない筆者だが、炭酸水を買って来て新しいティーチャーズをハイボールにして飲んでみた。
 すると意外なことに、炭酸のせいかピート香をはっきり感じた。味はドライで、濃いめで飲んだ時に舌で感じた甘さは殆ど感じない。
 筆者はハイボールは好まないから、美味しいとは思わなかったが。しかしハイボールが好きな人なら、スイスイ気持ち良く飲めるだろうと思った。
 濃いめでじっくり味わって飲むと何かと不満の出てくるリニューアル後のティーチャーズだが、ハイボールにすれば抵抗なくどんどん飲めるだろう。
 しかも店によっては千円前後で売っていて、あの角瓶より安く買える場合もあるし、そして味は角瓶より上等だ。

 ただ従来のティーチャーズの味を知っていて、ウイスキーは濃いめでチビチビじっくり飲みたい派の筆者としては、ビーム・サントリーの新しいティーチャーズはもう二度と買うまいと思ってしまった。
 決して悪くはないのだが、「薄く割らずに濃いめでじっくり味わって飲むなら、もっと美味いスタンダード・スコッチが他にいろいろある」というのが筆者の感想だ。
 リニューアルされたティーチャーズを飲んでみて、「ストックしてある以前のティーチャーズを大切に飲もう」と心から思った。

PageTop

当ブログが、サントリーから告訴される!?

 ヨーロッパに留学したある若い日本人が、向こうの学生生活でまず驚いたのが、ヨーロッパ人の学生同士の激しい言い合いだった。
 で、その言い合いが収まった後で、日本人の留学生は側にいたヨーロッパ人の学生に話しかけた。
「凄い喧嘩だったね」
 すると相手のヨーロッパ人の学生は、驚いた顔で日本人の留学生にこう言い返したそうだ。
「喧嘩? 何を言ってるんだ、ただ議論していただけじゃないか」

 この日本人とヨーロッパ人の感覚の違いが、筆者には実によくわかる。
 空気を読み、皆と同調することを第一とする日本人の間では、「議論=口喧嘩」ととらえている人が非常に多い
 だから日本人は、議論が下手で同じ考えの人達だけで固まり合い、違う考えの人とまともに議論する事すら出来ない人が非常に多い。
 そして批判や反対意見を自分個人に対する個人攻撃や誹謗中傷ととらえ、感情的になって本当に喧嘩をする愚かな人がとても多い

 考えてもみてほしい。
 人はみな同じなのではなく、人はみな違うのだ。
 AさんとBさんでは、考え方や価値観や好みその他がいろいろ違っていて当然なのだ。
 だからAさんがBさんと違う考えを持ち、Bさんに「いや、自分はそうは思わない。それは違うと思う」と意見を言う自由も当然ある筈である。
 しかし日本ではそこで事実に基づいた冷静な議論にはならず、「AさんがBさんに喧嘩を売った」と理解されるのである。そしてBさんは「Aのヤツに自分を否定された」と怒り出し、議論でなく感情むき出しの罵り合いになるのである。
 下手をすれば本当に手が出て暴力沙汰になる事さえあり、そこまで至らなくとも後々まで遺恨が尾を引き、いい大人が「その後はずっと無視したり、イジメたりする」などといった行為に走る事もある。

 筆者はアスペルガーで空気が読めないからか、感覚が日本人離れしているからか、どうしても理解できない。
 AさんがBさんの意見に反対して批判する事が、どうして「Bさんを否定し、誹謗中傷した」事になるのだろうか。
 なぜ日本人は意見や立場の違う人とまともな議論が出来ず、批判をすればすぐ感情的な反発をするのだろうか。
 同じ意見や好みを持つ者ばかりで固まって、異論は自分に対する悪口と見なして絶対に許さない
 そう、違う意見を正当な批判と理解できず、悪口としか受け止められない愚かな人がこの国には多過ぎるのだ。

 このブログを読んで下さっている方はご存知と思うが、筆者はサントリーに批判的である。
 筆者が「こうあってぼしい」と願う酒造りと、サントリーの酒造りに対する姿勢が、あまりにも違いすぎるからである。
 で、幾度かその事についてブログの記事にしたところ、この7月19日にビリーさんという方から、こんなコメントが届いた。
 そのタイトルは『幼稚な考え』であった。

 ビリーさんはそのコメントを皆が読める公開のメッセージでなく、筆者個人に対するメールとして送ってきたので、その是非を皆さんに判断していただく為に、あえてその全文を公開する。

 まず、サントリーはニッカよりも不正はしていない。
 あなたは、自分の狭い知識の中で、狭いウイスキーの中で話しをしているのではない。ただ、サントリーが嫌いという固定観念があるがゆえにゴタゴタ小言を、書いて。結果サントリーが嫌い。実に幼稚な人だかわいそうだ。
 つけ加えると、今スコットランドの蒸留所は非常に品質が悪い。設備が汚い。スコッチより山崎、白州、響、竹鶴等のウイスキーのほうが、世界で通じる洋酒になっているのは間違いない。あなたの舌が悪いのではなく、世界の味覚が、ジャパニーズウイスキーになじんできている。
 サントリーを誹謗中傷すれば、blogで、さえも訴えられる可能性もある。早く消しなさい。


 確かに筆者はこのブログで、サントリーに対する批判を繰り返してきたが。
 ただ筆者は感情のままに罵詈雑言と悪口を浴びせたのではなく、日本消費者連盟やサントリーの元社員が書いた本などの資料に基づいて批判してきた筈である。
 日本も加盟しているマドリッド協定に明らかに違反するポートワインなる怪しげなものを売り続け、ポルトガル政府から激しい抗議を受けた事も。
 少なくとも1980年代までウイスキーにリキュールや甘味果実酒を混ぜ続け、特にあの角瓶などモルト原酒をグレーンアルコールと称する樽熟成ナシのアルコールで希釈し、リキュールで香りづけして売ってきた事もまた、悪口や誹謗中傷でなく間違いのない事実である。

 筆者は前記のビリーさんに、サントリーを誹謗中傷していると言われた。
 ここで誹謗中傷と批判の意味の違いを確認しておこう。
 辞書によれば、誹謗とは「悪口を言い相手を貶めること」で、中傷は「無実の事を言って他者の名誉を傷つけること」、そして批判は「人物・行為・判断・学説・作品などの価値・能力・正当性・妥当性などを評価すること。否定的内容のものをいう場合が多い」とある。

 繰り返すが筆者は、サントリーの負の側面を批判しただけであって、ありもしないデタラメを言ってけなしたわけではない。
 ビリーさんは、筆者のブログはサントリーに対する誹謗中傷と言うが。ビリーさんはその前に、誹謗中傷の意味をもう一度学び直した方が良い。

 筆者はただ、サントリーが過去にしてきた事実を書いたまでの事である。
 だがビリーさんなどのサントリーびいきの日本人達から見れば、その事実を事実として言うことすら「悪口を言い貶めた、誹謗中傷だ!」という事になるのである。
 そう、日本人とはそういう民族なのだ。
 異常に空気を読み合い、他者には同調圧力をかけ、反対意見を言われると「悪口を言われた、個人攻撃をされた!」とキレる。
 だから日本では、批判や反対意見はすぐに感情的な口喧嘩となり、まともな議論ができる人がとても少ない。

 情けない事だし、「これで考えや価値観の異なる他国の人達とまともに話し合いができるのか?」と不安になってくる。

 筆者は正真正銘の日本人だし、日本という国も愛しているが。
 この「批判や反対意見=自分に対する悪口で誹謗中傷」と感じる人が多く、意見や立場の違いを認めて真っ当な議論ができない事を、心から残念に思う。

 例のビリーさんがただ根っからサントリーが好きな方なのか、それともサントリーのウイスキーを扱う仕事をしている方なのかはわからないが。
 いずれにせよサントリーには都合の良くない事実を書いただけで「誹謗中傷で訴えられる」、だから筆者のブログも上から目線で「すぐに消しなさい」とは、本当に笑わせてくれる。

 人間には、大まかに分けて二通りあって。
「訴えるよ」と脅されると、「コワい、コワい」とビビってしまう人ばかりではなく、逆に「おお良し、訴えるなら受けて立とうじゃないか!」と燃えてしまう者もいるのだ。
 サントリーに都合の悪い事はいろいろ書きまくったが、少なくとも筆者は嘘は書いていない。
 その無名の一ブロガーである筆者のもとに、大サントリー様wwwから告訴状が届くかどうか、今からわくわくしている。

PageTop

ハイニッカを飲みながらウイスキー・ブームについて考える

 当然の事だが、お店の酒コーナーの売り場面積は限られている。
 それは酒の専門店でも同じ事で、いくら酒屋であっても、売り出されているウイスキーのすべてを店頭に並べることは不可能だ。
 だから当然、消費者が店頭で買える酒は、一部の売れ行きの良い商品のみに限られることになる。
 売れ筋ではない、店頭に置かれにくい商品が欲しい場合は、ネットなどの通販に頼らざるを得ない。

 筆者は酒ではウイスキーが一番好きで、ウイスキーの中ではスコッチが特に好きだ。
 日本人には「ウイスキー=サントリー=ハイボール」という人が多いが、筆者はサントリーもハイボールも嫌いだ。
 だから国産のウイスキーを飲む時には、ニッカの製品を常温で、ストレートかトワイスアップで飲む事が多い。

 だがニッカの製品には、「名前は聞くが店頭ではまず見ない」というものがあった。
 ハイニッカニッカG&Gなど実物を見た事など無かったし、ブラックニッカ・スペシャルも見る事はあってもそれは稀だった。

 ところがNHKの連続テレビ小説で『マッサン』が放送されると、筆者の住む市の酒の量販店の、国産ウイスキーコーナーの品揃えが明らかに変わった。
 それまで国産ウイスキーコーナーの大半を占めていたのはサントリー製品だったが、それを押しのけるようにしてニッカのウイスキーが並ぶようになった。
 ブラックニッカ・スペシャルだけでなく、それまで店頭では一度もお目にかかった事も無かったようなハイニッカやニッカG&Gも、目立つ所に並ぶようになった。
 で、筆者も初めてハイニッカとニッカG&Gを飲む事が出来た。

 それにしても、テレビの影響力とは恐ろしいものである。近年ではネットに押されて落ち目と言われつつ、人気のドラマに取り上げれば消費を拡大し、店頭の品揃えまで変えてしまうだけの力が現にあるのだから。
 もし『マッサン』が放送されなければ、ハイニッカやニッカG&Gまで地方の酒屋の店頭に並ぶ事はまず無かっただろう。
 そして『マッサン』のおかげで日本人のウイスキーに対する興味が増し、ウイスキーのブームのようなものまで起きた。

 だが残念ながら、ウイスキーは製品化するまでに何年もの樽熟成を必要とするものだから、ブームに対応した増産は出来ないものなのだ。
 何年も前に将来の消費量を計算して造ったもの以上には、いくら売りたくても売れないものなのだ。
 もしもブームに応じて増産できたウイスキーがあるとすれば、それは熟成年数の若いものをブレンドするなり、輸入した原酒をブレンドするなり、何らかの小細工をしているに違いないのだ。

 例えばスコッチの瓶には、小さな文字でこう書かれている。
 DISTILLED,BLENDED AND BOTTLED IN SCOTLAND
 つまり「蒸留もブレンドも瓶詰めも、すべてスコットランドで行われている」という事だ。
 しかし国産のウイスキーで、同様の表記をしたウイスキーを見る事は少ない。

 例えばニッカの多くのブレンデッド・ウイスキーにはこう書かれている。
 BLENDED AND BOTTLED BY THE NIKKA WHISKY

 さらに「日本で一番売れているウイスキー」であるあのサントリーの角瓶に至っては、ただこうとしか書かれていない。
 FROM THE HOUSE OF SUNTORY

 スコッチにはほぼ必ずあるDISTILLEDの言葉が抜けている意味が、おわかりだろうか。
 ニッカにしてもサントリーにしても、「国産のウイスキーには、自社や国内で生産していない輸入原酒が混ぜられている可能性が大いにある」という事だ。
 だからこそウイスキーのブームに対応して、数年前に予想して造っておいた以上に売れても、どこの店頭にもギッシリ並べられている国産ウイスキーが存在するのだ。

 ウイスキー好きの一人として、『マッサン』の放送でウイスキーに興味を保つ日本人が増えてくれた事は嬉しく思う。
 しかし普通の日本人には、ウイスキーはアルコール度が高過ぎるのだ。
 我々が昔から飲み慣れていた酒のアルコール度数は、日本酒なら15~16%くらいで、ビールに至っては5%くらいだ。本格焼酎だって、25%のものを5:5か6:4くらいに割って飲んでいる。
 それと同じ調子で度数40%はあるウイスキーをゴクリと飲んだ時には酷い目に遭う。

 だから多くの日本人は、サントリーが得意の宣伝の力で流行らせようとしたハイボールに飛びついた。
 今は日本でも、「苦いから」とビールを敬遠する人達が少なくない。そしてそうした人達が、「苦くないし、サッパリして美味しい」と、炭酸で薄く割ったウイスキーをまるでビールでも飲むようにゴクゴク飲んでいる。
 ウイスキーの本場とも言えるイギリスのパブでは、ハイボールは「頼まれれば出すが、注文する人はまず居ない」と言う。そして筆者もウイスキーは濃いのをチビチビ時間をかけて味わって飲むもので、薄く割ってゴクゴク飲むハイボールはウイスキー本来の美味しさを損なってしまっていると考えている。
 炭酸で薄く割って飲んで美味いのは、主に熟成年度の若い安いウイスキーだ。

 そういう意味で、サントリーが角瓶を「ハイボールで飲め」と勧めるのは、正しい事かも知れない。
 角瓶は濃いめで味わって飲もうとすると、若いアルコールの刺激がキツくてとても飲めたものではないが、冷やし込み炭酸で薄く割れば、そのアルコールのイヤな刺激が気にならなくなってゴクゴク飲める。
 だからウイスキーをじっくり味わうのではなく、炭酸で薄く割ってゴクゴク飲む事を選んだ日本人には、あの角瓶が最も売れているのだろう。

 話は戻る。
 ニッカの創業者である竹鶴政孝氏をモデルにした『マッサン』の影響で、店頭の国産ウイスキー売場にニッカ製品の占める割合が増えた。
 しかしサントリーがその宣伝力で仕掛けたハイボールのブームと『マッサン』人気の相乗効果でウイスキーの消費が伸びた結果、ウイスキーの古い原酒がたちまち底をついた。
 前にも触れたように、製品化されるまでに何年もかかるウイスキーは、販売量の急増に耐えられない。いくら「もっと売ってくれ」と言われても、数年前に計画して生産した以上には売り出せないものなのだ。

 まあ、某社お得意の「輸入モルトを使い若いグレーンを混ぜて売る」という手もあるが、それにも限度がある。
 それでサントリーもニッカも多くの製品を値上げを余儀なくされ、ニッカはさらに製品のラインナップを整理した。一部のファンには強く支持されていたニッカG&Gも、とうとう終売になってしまった。
 そしてハイニッカも4リットルなど大容量の製品の生産が中止されて720ml瓶のみになり、その残った720mlの製品も、990円から1200円に希望小売り価格が引き上げられた。

ハイニッカLUMIX FX9 393

 そのハイニッカを、久しぶりに飲んでみた。
 竹鶴政孝氏も愛飲していたと言うが、晩酌ウイスキーとして間違いなく「美味い」と思う。
 角瓶のような若いアルコールのツンツン来るイヤな刺激が無く、濃いめにして飲んでもマイルドでかつ充分にウイスキーらしい味わいがある。
 ほのかなスモーキー香があり、スッキリした中に甘さとコクがあり、談笑しながら、テレビを見ながら心地よく飲める。

 ブラックニッカ・クリアなどより何倍も美味いと思うし、個人的にはブラックニッカ・リッチブレンドより好きなくらいだ。
 ブラックニッカ・リッチブレンドには確かに華やかさはあるが、ウイスキーらしい味わいという点ではハイニッカの方が上回っているように筆者には思える。

 が、ハイニッカがいくら「美味い」と言っても、それは「千円以下のウイスキーとしては」という意味でだ。
 今では、酒の量販店に行けばジョニ赤ホワイトホース、それにバランタイン・ファイネストなどが税抜きなら千円以下で買える。
 なのにハイニッカが千二百円というのは、どう考えても割に合わない。
 ハイニッカは千円以下の晩酌ウイスキーとしては優秀だが、定評ある定番のスタンダード・スコッチには味も香りも及ばない。
「ジョニ赤などが千円で買えるのに、わざわざ千二百円出してハイニッカを選ぶ人がどれだけいるだろうか?」と心から疑問に思った。

チラシP1090316

 ハイニッカは歴史はあるが、今では店頭で殆ど見る事の無い、言わば日陰の存在である。
 ハイニッカを飲めば、メーカーがどれだけ真面目に造っているかがよくわかる。晩酌ウイスキーながら、ブラックニッカ・クリアなどよりはるかにウイスキーらしい味わいがある。
 キャップひとつ見てみても、他の多く製品は文字をプリントしているが、ハイニッカは丁寧に浮き彫りにしてあった。
 正直に言って、ハイニッカは値段に比べてコストがかかり過ぎているのではないか。ニッカとしてその価格帯で売りたいのはブラックニッカ・クリアで、本音ではハイニッカはあまり売りたくないのではないかと疑いたくなってくる。
 で、値上げと共にラベル等もリニューアルされ、現在のハイニッカはキャップの文字の浮き彫りを止め、他の製品と同様にプリントに変更したようである。

 ハイニッカはそこまでコストダウンに努めた上に値上げもされ、徳用の大容量の製品は終売になった。それで売り上げが落ち、結局は残る720mlのハイニッカも終売にされてしまう事を筆者は恐れる。
 そう言えば『マッサン』の放送が終了して、ハイニッカもいつの間にか店頭に並ばなくなり、ニッカ製のウイスキーが売場に占める割合も以前と同じになった。

ハイニッカLUMIX FX9 022

 ウイスキーの魅力が広く知られるようになるのは、喜ばしい事ではある。
 しかしウイスキーは、ブームを巻き起こして大量に売る性質のものではない。
 売れなくて市場が縮小しても困るが、計画して生産した以上に売れてしまうのも困るのだ。
 サントリーが仕掛けたハイボールのブームと『マッサン』の人気が重なった結果、元からのウイスキーの愛好者に残されたのは、幾つかの製品の終売と多くの製品の値上げでしかなかった
 ウイスキーは決して一時的なブームで大量に売るものでは無いと、ハイニッカを飲みながらしみじみと思った。

PageTop

意外に美味しい、ホワイトオークあかし

 兵庫県明石市に、江井ヶ嶋酒造という会社がある。
 この江井ヶ嶋酒造は従業員数も四十人ちょっとで、とても大手メーカーとは言えないが、日本酒だけでなくウイスキーや焼酎などいろいろな酒を造っている。
 そしてウイスキーは、その四十数人のうちの三人が造っているという。
 たった三人で造っているウイスキーと言われれば、ウイスキー好きとしては興味を引かれてしまう。

 だがその江井ヶ嶋酒造のウイスキーは、分類が少しばかりややこしい。
 まず一番の上級品はシングルモルトのあかしだ。これは緑の文字であかしと書いてあるが、限定品でいつも売られているとは限らない。
 で、実質的に主力商品と思われるのが、ブレンデッドのホワイトオークあかしだ。これはWhite Oakと金文字で、そして黒文字であかしと書いてある。
 それより少し安い値段で、赤い文字であかしとだけ書いてあるものがある。
 さらにもっと安い値段で、ホワイトオーク・ゴールドホワイトオーク・レッドがある。これはどちらもモルト原酒をスピリッツ(樽貯蔵ナシのただのアルコール)で希釈しただけという、ウイスキーとはとても言い難い恐ろしいシロモノだ。
 で、ホワイトオークのレッドの方は度数37%で、ゴールドの方はただ度数が40%であるだけでなく、モルト原酒の使用割合も少し多いように思われる。

 以前にもこのブログで書いたが、そのモルト原酒をスピリッツで希釈しただけの最も安いホワイトオーク・レッドが、アルコールの刺激がツンツンするのを我慢しさえすれば案外飲めたりするのだ。
 だから江井ヶ嶋酒造のウイスキーは、モルト原酒はなかなか悪くないと思われる。

 ただスピリッツでなくモルトとグレーンで造られたちゃんとしたウイスキーである筈の赤文字のあかしは、飲んで不味とまでは言わないが、全体的に薄味で物足りなく感じられた。
 で、今回はその赤文字のあかしよりさらに上の、ホワイトオークあかしを飲んでみた。

あかしブラックDSCN3644

 封を切ってグラスに注ぐと、甘い香りとアルコールの匂いが漂う。
 しかしアルコールの刺激は飲んでみると思ったより強くなく、特にトワイスアップにするとアルコールの刺激は殆ど無くなり、甘さがより際立って来る。
 スモーキーさやピート香は、全くと言ってよいほど無い。しかし甘く滑らかで、さらに味にも深みがある。

 封を切ってから一週間ほど置いておき、空気と触れ合いモルト原酒の香りが広がるのを待ってから再び味わってみると、甘さと樽の香りが華やかになり、封を切った直後に感じたアルコールの匂いは殆ど無くなっている。
 滑らかで、アルコールのツンツンした刺激は感じない。やはりスモーキー香は無いが、ただ甘いだけでなく味にコクと深みがあり、じっくり飲んで「うまい」と感じる。

 このホワイトオークあかしは500ml入りの瓶で売られていて、筆者の住む市の酒屋では1080円で売られていた。で、これを一般的な700mlの瓶に換算してみると千五百円を越える値段に相当する事になる。
 このホワイトオークあかしに、筆者はそれだけのお金を出す価値は充分にあると思った。
 二千円クラスのウイスキーの味と香りには、もちろんかなわない。
 しかし千円クラスの他の国産ウイスキーより間違いなくまろやかで味に厚みもある。
 お買い得とまでは言わないが、お値段相当の価値は充分にある。
 何しろ地方の酒蔵で、たった三人で造っているものだけに、店頭で見かける事は少ないだろう。しかしネット等で他のウイスキーを注文する機会があったら、よろしければこのホワイトオークあかしも、ぜひ味見してみていただければと思う。

あかしDSCN3640

 ただ同じ瓶で売られていて割安に見えても、赤文字のあかしの方はお勧めできない。
 筆者は今回、ホワイトオークあかしと、赤文字のただのあかしを実際に飲み比べてみた。
 赤文字のあかしは、このホワイトオークあかしと比べて明らかに味も香りも薄く、味に奥行きや厚みが無く薄っぺらいのだ。
 それだけではなく、赤文字のあかしは同じ度数なのにアルコールの刺激が明らかにキツい。ホワイトオークあかしは滑らかでまろやかだったのに、赤文字のあかしは若いアルコールの刺激がツンツン来る。
 おそらく赤文字のあかしはホワイトオークあかしよりモルトが少なくグレーンの割合が高く、そしてそのグレーンの酒齢が若いのだろう。

 その赤文字のあかしは、ホワイトオークあかしと同じ瓶(500ml)に入れられ似たようなラベルを付けられて、筆者の住む市の酒屋で780円で売られていた。
 これを700mlに換算すると、千百円弱といったところになる。
 はっきり言うがこの赤文字のあかし、そこまでお金を出してまで買う価値はない。少なくとも筆者なら、赤文字のあかしを買うくらいなら、同じくらいの値段で売られているスタンダード・スコッチを買う。その方が余程もマシだ。

あかしDSCN3642

 写真で見比べてみてほしい。
 ホワイトオークあかしと赤文字のあかしは、正面から見ればよく似ていて双子のようだ。
 しかしラベルの裏の方を見ると、かなり違う。
 ホワイトオークあかしの方には「瀬戸内海を望む、兵庫県明石市の小さなウイスキー蒸留所で造ったモルト原酒をオーク樽で貯蔵しブレンドしました」という説明文や、ポットスチルの絵が入れられている。
 だが赤文字のあかしの方にはその絵も説明文も無く、ただ社名と所在地と飲酒上の注意と品名と原材料が買かれているだけだ。
 ホワイトオークあかしと比べて、随分と素っ気ない印象を受ける。

 これは筆者の勝手な解釈だが。
 ホワイトオークあかしと赤文字のあかしの品質の差は、江井ヶ嶋酒造のウイスキーの造り手もわかっているのではないか。
 で、江井ヶ嶋酒造が本当に自信を持って売りたいのはこのホワイトオークあかしで、赤文字のあかしの方は少しでも安いものを求める人達の為に割り切って売り出しているような気がする。

 実際、ホワイトオークあかしを飲んで「美味い!」と思うのは、濃いめにしてじっくり飲んだ場合だけだ。
 ハイボールなどにして薄く割りゴクゴク飲む人には、このホワイトオークあかしと赤文字のあかしの味の差など、まずわからないだろう。
 そして今の日本は、ウイスキーがブームと言いつつハイボールにして飲む人が多数を占めている。

 はっきり言って、筆者は「赤文字のあかしなど要らない」と思う。
 赤文字のあかしを飲むくらいなら、他のスコッチを飲むか、もう少しお金を出してホワイトオークあかしの方を飲む。
 しかし今の日本は「ウイスキー=ハイボール」と思いこんでいる人が多いから、薄く割って飲む為に赤文字のあかしも現実的に必要だったのだろう。

 ただウイスキーとして美味いのは、間違いなくホワイトオークあかしの方だ。
 そしてその商品に対する造り手の自信と自負が、赤文字のあかしのラベルには無い説明文とポットスチルの絵に込められているように感じる。

 筆者は、飲んだウイスキーを大まかに三通りに評価し分けている。
 まずは、またお金を出して買って飲みたいと思うものと。
 お客として行った先で出されたり、店にそれしか無ければ飲むが、進んで飲もうとは思わないものと。
 そしてもう二度と飲みたくないと思うものと。
 今回飲んでみたホワイトオークあかしは、個人的には迷わず「またお金を出して買って飲みたいと思うウイスキー」に分類する。

PageTop

ティーチャーズはやはり美味かった

 最近は焼酎やビールについて書いてきたが、今回はしばらくぶりにウイスキーについて語りたい。

 筆者はいろいろな酒の中でもウイスキーが最も好きで、その中でもスコッチが特に好きである。
 と言っても、「スコッチなら何でも美味い」というわけではなく、大したことの無い、国産ウイスキーと同じかそれ以下のものもある事もわかっている。
 で、その筆者が自信を持って「これは美味い!」と言えるスタンダード・スコッチの一つが、今回紹介したいティーチャーズだ。

ティーチャーズP1090764

 キャップを開けると、まず心地良いスモーキーな香りが漂い、続いて優しい甘い香りが追いかけて来る。
 グラスに注いで味わってみても、スモーキーで甘い印象は変わらない。

 開封して日が経つにつれ、スモーキーさよりもハニーな甘い香りが強くなってくる。
 花のような香りの中に、スモーキーさを感じる。
 口に含むと、やはり甘くスモーキーだ。
 しかし舌の上で転がして味わっていると、僅かだがビターでスパイシーな部分も感じる。そして最初の甘い印象が、次第にドライなものに変わってくる。
 飲み下した後のアフターテイストには、スモーキーさがしっかり残る。

 ティーチャーズは、正確には「ティーチャーズ・ハイランド・クリーム」と言う。
 その名の通り、滑らかでクリーミーで、同価格帯の国産ウイスキーにありがちな熟成不足のアルコールによるツンツンとした舌を刺す不快な刺激を殆ど感じない。
 スタンダード・スコッチの中では最高とは言わないまでも、屈指の出来の良いスコッチと言えよう。

 とは言うものの、ティーチャーズはあくまでも千円ちょっとで買えるスタンダード・スコッチだ。二千円クラスの国産ウイスキーと比べてしまうと、やはりかなわないとは思う。
 それでも食後にお気に入りの本を読んだり映画を見たり、あるいは親しい人と談笑しながら気軽に飲むウイスキーとしてはかなり上出来だと思う。

 このティーチャーズの輸入業者は、あのサントリー酒類だが。
 サントリーが製造販売している同価格帯の角瓶などよりずっと美味く、そして何よりも若いアルコールのツンツンした不快な刺激がはるかに少ない。
 同じサントリーが扱う千円ちょっとのウイスキーを買うなら、「角瓶よりティーチャーズを買え!」と声を大にして言いたい。

 国産の同価格帯のウイスキーでは、筆者はブラックニッカ・スペシャルが一番出来がよいと思っているが。
 で、ティーチャーズをブラックニッカ・スペシャルと飲み比べてみた。
 結果はどちらも良い味で、「どちらを選ぶかはその人の好みによる」というのが正直な感想だ。
 ブラックニッカ・スペシャルも、千円ちょっとで買えるウイスキーにしてはアルコールの刺激が少なく、滑らかな味わいだ。
 ただブラックニッカ・スペシャルはピート香よりシェリー樽で貯蔵した原酒の華やかな香りが際だつ感じだ。
 それに対しティーチャーズはスモーキーさがあるせいか、一口飲んだ瞬間に「ああ、スコッチを飲んでいる」と感じる。
 だからウイスキー好きならブラックニッカ・スペシャルを、スコッチ好きならティーチャーズを選べば良いと思う。

 ティーチャーズは人によって評価が分かれ、ウイスキー好きな人の中にも「ティーチャーズなど美味くないし、好きじゃない」という人がいる。
 筆者が思うに、ティーチャーズを好まない人は、そのいかにもスコッチらしいスモーキーさが苦手なのではないだろうか。
 ティーチャーズは飲む前のトップノートから甘くスモーキーだし、飲んだ後の口の中にもスモーキー香がかなり長く残る。だからスモーキーさが苦手な人には、このティーチャーズは向かないかも知れない。
 だがスコッチが好きで、ピート香の利いたスモーキーなものが好きな筆者としては、この甘くスモーキーで、僅かにビターさやスパイシーさも感じる豊かな味のティーチャーズは、屈指のスタンダード・スコッチとして高く評価したい。

PageTop

ボストンクラブ豊醇原酒の終売が迫る

 この春にキリンがウイスキーのラインナップを変え、富士山麓をリニューアルした他、オークマスター樽薫るを新製品として出した代わりにボストンクラブの終売を決めた。

 そのボストンクラブには淡麗原酒豊醇原酒の二種類があり、初めから食中酒として造られたらしい淡麗原酒の方には、筆者は全く興味が持てなかった。
 そもそもアルコール度数37%って、それだけでもこのボストンクラブ淡麗原酒が「本格的ではない、安売り用のウイスキー」とわかるではないか。
 が、ラガヴーリンタリスカーなど、ピート香の利いたウイスキーが好きな筆者としては、「ヘビーピートモルト由来の豊かなスモーキーフレーバーとしっかりとした飲みごたえ」を謳っている豊醇原酒の方には、以前から興味を持っていた。
 ついでに言えば、こちらの豊醇原酒の方はアルコール度数もちゃんと40%ある。

 で、このボストンクラブ豊醇原酒は、発売されて間もないうちに飲んでみたのだが、その感想は何とも微妙だった。
 最初に飲んだ一本は、「千円未満の安いウイスキーにしては美味い」と思った。キリン独特の、どこかバーボンの風味を感じる部分には違和感はあったものの、しっかりとしたスモーキーフレーバーには充分満足できた。
 それでこのボストンクラブ豊醇原酒を八百円台で売っていた店で、二本ほど追加して買ってしまった。

 ところが、その追加で買った方のボストンクラブ豊醇原酒は、どうしても美味いとは思えなかった。スモーキーフレーバーよりも、何故か熟成不足によるアルコールの刺激がツンツン感じられてしまったのだ。
 それで二本買った追加のボストンクラブ豊醇原酒の残り一本は、手を付けずに今も放置してある。
 しかしそのボストンクラブがこの6月に終売になると聞き、千円未満で買える唯一のヘビーピートモルト使用のウイスキーであるこのボストンクラブ豊醇原酒に、再び興味が湧いてきてしまった。
 一本目で感じたように、値段の割に美味いウイスキーなのか。
 それとも二本目の時に感じたように、お値段なりのアルコールの刺激がキツい安酒なのか。
 そのあたりを、このボストンクラブ豊醇原酒が店頭から無くなってしまう前にじっくり見極めてみようと思った。

ボストンクラブLUMIX FX9 109

 で、例の飲まずに家の貯蔵庫に放置したままにしてあるボストンクラブ豊醇原酒の封を切って飲んでみても良かったのだが。
 店頭でボストンクラブ豊醇原酒を見てみると、家に保存してあるものと色合いがかなり違うのだ。
 同じボストンクラブ豊醇原酒でも、現在の製品は以前の製品より色合いが間違いなく薄い。
 それで今の物と昔の物の違いも確かめてみたくなって、あえて新しい物を買って飲んでみることにした。
 同じボストンクラブ豊醇原酒なのに色合いがどれだけ違うかは、写真でご覧の通りである。

 さて、新しい方のボストンクラブ豊醇原酒の封を切ってみると、まず甘い香りが漂う。売りである筈のヘビーピートモルト由来のスモーキーフレーバーよりも甘さの方が際立っている。
 飲んでみても甘い。ストレートで飲んでもまず甘さを感じる。しかしただ甘いだけでなく、甘さの中にビターさもある。
 スモーキーフレーバーを売りにしているものの、スコッチというよりバーボンに近い風味を感じる。だからピート香の利いたスコッチの好きな方は、あまり味に期待しない方が良い。
 とは言うものの、バーボンそっくりというわけでもなく、バーボンの甘さにスコッチのビターさとピート香を合わせたような、不思議な風味を感じた。
 豊醇原酒と名乗っているが、その名の通りに甘さやビターさやスモーキーさなどのいろいろな味と香りが混ざり合っていて、千円未満のウイスキーにしては豊かな味と香りがある。

 封を切って数日経つと、甘さだけでなくスモーキーフレーバーがそれなりに立ってくる。
 以前の濃い色だった豊醇原酒に比べ、今の豊醇原酒はスモーキーさやバーボンに似た味やアルコールの刺激など、あらゆる面でマイルドになって飲みやすくなった印象がある。
 しかし反面、ボストンクラブ豊醇原酒の売りであったヘビーピートモルト由来のスモーキーフレーバーは間違いなく薄くなった。
 筆者としては、スモーキーさが薄れた事を残念に思う。しかしマッサンこと竹鶴政孝氏が苦労したように、日本人にはスモーキーフレーバーを好まない人も多く、それを考えればボストンクラブ豊醇原酒の「ピート香も抑えて飲みやすくマイルドに」というブレンドの変更は、正しい判断だったのであろう。
 それにピート香を以前より抑えたとは言うものの、飲んだ後のアフターフレーバーにはスモーキーさが確実に残っている。

 筆者はウイスキーはワンショット(30ml)を20~30分くらいかけ、ゆっくり、じっくり飲むのが好きだ。グラスに注いだらまず色と香りを楽しみ、そしてほんの少量舌に乗せて味を楽しみ、飲み込まずにそのまま呼吸して香りも楽しむ。それから飲み込んで、またアフターテイストを堪能する。
 そうした飲み方を愛しているから、近頃の日本でやけに流行しているハイポールという飲み方は、どうしても好きになれないのだ。

 まずいとまでは言わない。
 しかしウイスキーを炭酸で薄く薄く割ってゴクゴク飲むハイボールは、ウイスキーの折角の味と香りの大半を損なってしまっているように感じられるのだ。
 特に豊かな味と香りを持つ良いウイスキーほど、ハイボールにするとその良さが台無しになってしまうように思える。
 逆に、ストレートや濃いめではとても飲む気になれないような安いウイスキーは、ハイボールにすると抵抗無くスイスイ飲めてしまったりする。
 だから筆者は、ハイボールは安いウイスキー限定の飲み方と思っている。まあ、タリスカーのハイボールに挽いた胡椒を振って飲むと美味しい、という話はよく聞くのだが……。
 日本のウイスキーの第一人者である土屋守氏も、その著書の中で「シングルモルトや長期熟成のウイスキーはストレートやトワイスアップに、リーズナブルなウイスキーや熟成年数の短いウイスキーはハイボールに向いている」と書いておられる。例外はあるものの、ハイボールにするにはやはり千円程度のウイスキーが向いているのではないだろうか。

 で、キリンはハイボールを飲む人達の為に、ボストンクラブの終売を決めオークマスター樽薫るを発売したが。
 筆者はボストンクラブ豊醇原酒でハイボールも作ってみたが、意外に悪くないと思った。炭酸で薄く割っても、持ち味の甘さとスモーキーさがちゃんと残っているからだ。
 だから筆者は、「このハイボールで何故ダメなのだ、どうして終売にする必要があるのだろう?」と疑問に思ってしまった。

 だがキリンのHPによると、日本のハイボール飲用者の求めるウイスキーとは、「すっきりしていて、飲みやすい」ものなのだそうだ。
 実際、プロのバーテンダーさんの中にも、スモーキーフレーバーの残るハイボールを嫌う人がいる。

 筆者はハイボールが元々嫌いだから、元のウイスキーの個性がしっかり残る、おそらく「すっきりしていない」ハイボールが好きなのだろう。
 実際、サントリーが売り出している角ハイボール缶も、角瓶をただ炭酸で割っただけの『濃いめ』は「まあ飲める」と思ったが、レモンも入れている通常の角ハイボール缶は一口飲んだだけで「ゲロまずっ!」と思ってしまった。
 ハイボールにレモンを搾って入れる人が少なからずいるが、筆者はウイスキーに酸味は違和感しか抱けない。
 しかしレモンの絞り汁を入れたハイボールを、「サッパリしてより美味しい!」と評価する人が多いのもまた事実である。

 だから思うのだが、少量のウイスキーをちびちび時間をかけて飲む者と、ハイボールにしてゴクゴク飲む者とでは、ウイスキーの好みが真逆なのではないだろうか。
 筆者はハイボールも1:2.5かせいぜい1:3までにして、氷も入れずに元のウイスキーの味を残して濃いめで飲む。しかし日本ではそれは少数派で、1:4くらいに割り氷もたくさん入れレモンも搾って「薄くサッパリ」させて飲むのが普通なのだろう。
 だから筆者が「案外イケる」と感じたボストンクラブ豊醇原酒も、日本のハイボール飲用者には不評だったのだろう。それでキリンも、ハイボールに割って飲む用に新たにオークマスター樽薫るを作らざるを得なかったのだろう。

 そのオークマスター樽薫るの発売で、ボストンクラブは豊醇原酒も淡麗原酒もこの6月に終売と決まったが。
 日本では珍しい千円未満のヘビーピートモルトを使用したウイスキーに興味のある方は、是非今のうちに味見してみてほしい。
 裏のラベルには「ヘビーピートモルト由来の豊かなスモーキーフレーバー」とか書いてあるけれど、実際にはブレンドを変えられて「ほどほどのスモーキーフレーバー」になっているので、ピート香が苦手な方でなければそれほど抵抗なく飲めると思いマス。
 これを終売にして、新たに「ハイボールとしておいしく飲めるブレンド」のオークマスター樽薫るを出さなければならないほど、ボストンクラブ豊醇原酒のハイボールが不味いとは、筆者には思えなかったのだがなぁ……。

PageTop