空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

ワンカップ大関静岡仕立て&サッポロ静岡麦酒

 全国すべての都道府県で発売されているわけではないと思うが。
 大手の酒造メーカーやビールメーカーが、各都道府県でオリジナルの商品を出している。
 その中で、ワンカップ大関静岡仕立てサッポロ静岡麦酒を、通常の商品とどれだけ違うのか試しに飲んでみた。

大関静岡仕立てP1110795

 まずは、ワンカップ大関静岡仕立てから。
 静岡の新鮮な魚介類に合わせて、通常のワンカップ大関よりスッキリ辛口にキレ良く仕上げていると言うが。
 蓋を開けてみると香りは薄く、僅かに甘い匂いはあるものの、それ以上にアルコール臭をしっかり感じてしまう。
 日本酒度+7で「すっきり辛口でキレが良い」とメーカーは言うが、冷蔵庫に入れておいて冷やで飲むと「薄味でキリキリ辛い」という印象。

 まず辛さを強く感じるが、味にふくらみや奥行きが乏しいので、その辛さが酒本来のものなのか、添加されている醸造用アルコールによるものか、判別しにくい。
 どちらにしろ、舌がビリビリするような刺激的な辛さで、決して心地の良い辛さではない。

 ぬるくなり常温に近くなると、甘さや渋みなどのいろいろな味が出てきて、問題の刺激的な辛さが薄まる。
 冷蔵庫から出した直後は薄味でキリキリ辛いだけだが、常温に近くなると味にふくらみが出てきて飲みやすくなる。
 それでもまだ、スッキリ薄味という印象は続く。

 筆者も含めて、日本酒は冷蔵庫で冷やしてグラスで飲む者も少なくないが。
 冷やよりも常温や、あるいは燗をつけた方が美味しい日本酒も明らかにあるのだ。
 そしてこのワンカップ大関静岡仕立ても、出来れば冷やし過ぎない方がいい。

 通常のワンカップ大関と同じで、酒の色は無色透明に近く水のようだ。
「純米か、せめて本醸造にしろ!」とは言わないが、精米歩合を上げ、さらに濾過に使う活性炭の使用量を抑えたら、もっと良い酒になった筈だ。
 ただこのワンカップ静岡仕立て、通常の製品よりイヤミが無く飲みやすいので、食事に合わせて飲むには良いと思う。
 筆者は食後にワイングラスでじっくり味わったが、「これはゆっくり味わって飲むのではなく、食中酒として気軽に飲むべきだ」と、つくづくと思った。

 精米歩合と言えば、純米酒など精米歩合の高い酒と違って、辛口でキレは良くても、後味はサッパリせずあまりよろしくない。
 少なくともこれは、外国人に「これが日本の酒だ!」と誇れるような酒ではない。
 通常のワンカップ大関よりはマシだが、やはり所詮はワンカップ大関でしかないといったところか。

 外国人と言えば、このワンカップ大関、ラベルには“One CUP OZEKI”と表記してある。
 いつも不思議に思うのだが、オオゼキのローマ字表記が“OZEKI”ならば、オゼキはどう表記するのだろうか?
 オオゼキは、やはり“OHZEKI”または“OOZEKI”と表記すべきであろう。

 余談だが、同じような疑問をニュースや警察24時などで、大阪府警の警官のジャンパー等の背に“OSAKA POLICE”と書いてあるのを見る度に感じる。
 大阪が“OSAKA”ならば、小坂(おさか)はどうローマ字で書くのだろうか?

 話を戻して、次はサッポロビールが静岡工場で生産した、静岡麦酒を飲んでみた。

サッポロ静岡麦酒P1110666

 これは麦芽とホップのみで造られたビールだが、飲んでみるとまず酸味を感じ、苦味の方は「ほどほど」と言った程度だ。
 麦芽100%でも決して重くなく、冷たいうちはコクも味の深みもまた「ほどほど」だが、喉越しでゴクゴク飲むととても美味い。
 ゆっくり飲むと酸味が少し気になるが、イヤ味は全くない。
 飲んでいる時はさほど苦いと思わないが、飲んだ後に口の中に残るのはホップの心地よい苦味だ。
 少しぬるくなってから飲むと、僅かに甘味も出てくる。

 最初の一杯は冷たいうちに喉越しでゴクゴクと、二杯目からは少しぬるめでゆっくり味わって飲むと良い感じだ。
 冷たいのを喉越しで飲んでも美味いが、少しぬるめになったものをゆっくり飲むと味も複雑で奥深くなり、コクも感じる。
 あらかじめ複数本を冷蔵庫で冷やしておき、同時に二本取り出し、一本をよく冷えた状態で喉越しで飲み、二本目はその後でゆっくり味わって飲むと、違った味わいを感じられて良いのではないか。

 印象としては、同社で造っているヱビスより少し軽い味わいといったところか。
 ただよく冷やして喉越しで飲んでも、適度に冷えたのをゆっくり味わって飲んでも美味い、なかなか良いビールだと思った。
 あえて難点を言うならば、香りは他の麦芽100%のビールに比べてやや弱い。
 特にフルーティーさは全くと言ってよいほど無かった。

 このサッポロ静岡麦酒にしろ、ワンカップ大関静岡仕立てにしろ、どちらもイヤ味の無い軽い味という印象だった。
 静岡県と言えば海産物で有名で、魚の産地ではあっても肉はさほど有名ではない。
 遠州豚というものもあるが、他県でその存在を知っている人は少なかろう。
 だから日本酒もビールも、魚介類中心の食事に合わせたサッパリしたものが好まれるのだろうか。

 筆者は大関株式会社とサッポロビールが、静岡県限定の製品を出しているのを見つけたが。
 他の都道府県では、どのような各県限定の製品があるのだろうか。
 家族に病人と老猫がいる事を口実に出不精を決め込んでいる筆者は、北海道や九州どころか、東北や関西にどんな各県限定の製品があるか、殆ど知らない。
 もしご存知の方がおられたら、お教えいただければありがたい。

 大手メーカーがこうした地元の都道府県限定のお酒を生産するのは、なかなか面白い試みだと思う。
 恥ずかしながら筆者には限定品に弱い傾向があり、「○○限定!」という商品を見ると、つい買いたくなってしまう。
 だがいくら限定品でも、美味くなければ二本目を買う気にはなれない。
 こうした限定品が長く続くかどうかは、やはり物珍しさより「本当に美味しいか?」が決め手だろう。

PageTop

ただ珍しいだけでなく美味しい青いビール、網走ビール流氷DRAFT

 先日、網走市の網走ビール株式会社という醸造所の、流氷DRAFTというビールを手に入れた。
 正確には、ビールではなく発泡酒だが。

網走・流氷ドラフトP1110447

 筆者はビールは、基本的に麦芽とホップだけで造ったものが好きだ。
 ベルギーなどのオレンジピールやコリアンダーシードを副原料に使ったものは好きだが、日本に多い米やコーンやスターチなど糖質副原料を使ったビール類は、うま味が薄く嫌味だけ強く感じられてどうも好きになれないでいる。

 で、この流氷DRAFTも、よく見れば原材料に糖類やナガイモを使用していて、麦芽使用率は25%未満と書かれている。
 だから網走のあまり知られていない醸造所で、「オホーツク海流氷使用」で造られているという物珍しさに興味を引かれ、味にはあまり期待せずに買ってみた。
 何しろこれはビールではなくて、正確には発泡酒である。
 技術指導/東京農業大学生物産業学部とも書いてあったが、「何を大げさなwww」としか思わなかった。

 さて、缶のプルタブを開けてみると、何とも言いようのない独特な癖のある、しかし決して嫌ではない、爽やかな香りが漂ってきた。
 グラスに注ぐと、驚くなかれこのビール、缶のラベルの写真の海のように真っ青なのである。
 そしてその青いビールの上に浮かぶ細かな白い泡は、さながらオホーツク海に浮かぶ流氷だ。

 飲んでみると、まず感じるのは酸味だ。
 しかしそれは爽やかな酸味で、ホップの苦味も後から感じるが程良く抑えられている。
 軽やかで爽やかで、そしてあまり苦くないので、「ビールは苦いから」と敬遠している人も抵抗なく飲めるだろう。
 味にコクや深みはあまり感じられないが、とにかくスッキリ爽やかで飲みやすい。
 そして糖質やナガイモなどの副原料を使っていながら、嫌味が全くないのも特筆に値する。
 麦芽の使用料を抑えて米やコーンやスターチなどの副原料を使ったビール類には、金属的な嫌な味を感じるものが少なくない。しかしこの流氷DRAFTには、金属的な味を含めた嫌味が一切感じられず、軽やかで爽やかで美味しいとしか言いようがない。
 さすがは東京農業大学生物産業学部の技術指導と、飲んでみて感心した。

 ちなみにこの流氷DRAFTの綺麗な青い色は、クチナシ色素によるものだ。
 化学的な薬品で青く染めたわけではないから、体への害を心配することはない。

 ただ麦芽使用比率25%未満の発泡酒だけに、麦芽とホップだけで造られたビールに比べるとコクは薄い。
 しかしその分だけ「スッキリ軽やか」とも言え、気持ち良く美味しく飲める。
 ついでに言うが、味も決して薄すぎるわけではなく、飲んで美味しさもちゃんと感じる。
 後味も悪くなく、爽やかな酸味が口の中に長く残る。

 正統派のビールとは少し違った個性的な味わいの発泡酒だが、筆者はこの爽やかな酸味の流氷DRAFTを心から「美味しい!」と思った。
 本格派のビール好きには、やや物足りない点もあるかも知れない。
 しかし嫌味が全く無く、スッキリ爽やかで美味しく飲める。
 しかも苦味が抑え目なので、「苦いから」とビールを敬遠している人にも勧められる。

 製造は網走のブルワリーで、しかもオホーツク海の流氷を使った真っ青なビール(発泡酒)なのだ!
 一度飲んでみれば、話の種にもなるだろう。
 グラスに注ぐと白い流氷が浮かぶ青いオホーツク海のようになるこの網走ビールの流氷DRAFT、もし北海道の道東に行く機会があったら、是非飲んでみるかお土産に買って帰ることをお勧めする。

 筆者(日本の中部地方在住)は北海道ではなく、何故か近所のスーパーのビールのコーナーにこれがあるのを見つけて買ったのだが。
 もし貴方もお住まいの町の酒屋やスーパーのお酒コーナーでこれを見つけたら、まずは試しに一本買って味見してみてほしい。

PageTop

ザ・プレミアムモルツ・マスターズドリーム

 サントリーのザ・プレミアム・モルツのシリーズに、瓶入りのマスターズ・ドリームという製品がある。
 値段も決して安くはないし、容量も305mlと通常の缶よりも少し少ない。
 だから割高なのだが、「醸造家の夢」という売り文句にひかれて買ってみた。

サントリー・プレモル・醸造家の夢P1110493

 栓を開けると、甘い麦の香りが漂う。
 飲むとまず麦の甘みを感じ、続いてホップの適度な苦味が追いかけてくる。

 冷たいうちに喉越しでゴクゴク飲むと、味に深みがありながら軽やかに心地よく飲める。
 一般に糖質副原料を使ったビールは喉越しは良くても薄く痩せた味になりがちで、麦芽とホップだけで造ったビールは味わい深いが喉越しで飲むと重くなりがちだ。
 しかし麦芽とホップだけで造ったこのプレモルのマスターズ・ドリームは、軽やかで重くなく喉越しで気持ち良く飲める上に、しっかりした味わいがある。

 少しぬるくなってからゆっくり味わって飲むと、フルーティーな甘さが前面に出て来て、ホップの苦味が良い感じに減る。
 少しぬるくなると甘みが増して苦味をあまり感じなくなり、しかしホップの残る苦味が後味を爽やかに引き締めている感じだ。

 このビール、よく冷やして喉越しで飲めば甘く苦く味わい深くてコクがあるのに軽やかで美味しく、少しぬるくなってからゆっくり飲むとフルーティーな甘さが主体になり、コクも深みもある上に香りもさらに良くなり、後から来るホップの苦味が後味を良くしてとても美味しい。
 メーカーはこのビールについて「多重奏で、濃密」と言うが、それはキンキンに冷やさずに少しぬるめでゆっくり味わうと良くわかる。
 しかしよく冷やして喉越しで飲んでも、スーパードライなどより何倍も美味しい。

 このビール、嫌味が全く無くて本当に「美味しい」という言葉以外が見つからない。
 IPAとかスタウトのような個性の強いビールでは無いが、香りや甘みや苦味のバランスの取れた本当に良いビールだと思った。
 通常のザ・モルツやザ・プレミアム・モルツより明らかに良い出来で、「醸造家の夢」という売り文句は伊達ではない。
 麦芽とホップだけで造ったプレミアム・ビールの中でも、これは上の部類だ。
 文句の付け所が見つからない。心地良い甘さとそれを引き締めるホップの程良い苦味が後まで口の中に残る。

 筆者はビールは、日本の大手メーカーではサッポロが一番好きだ。
 そのヱビスと飲み比べてみたのだが、ヱビスの方が香りも味も苦味も強い。
 筆者はヱビスも良いと思うのだが、「ビールは苦いから苦手」と言う人が増えている今日では、間違いなくマスターズ・ドリームの方が皆に好かれやすいだろうと思う。
 マスターズ・ドリームを嫌いとか不味いとか言う人は少ないと思うが、ヱビスはビールらしい濃い味としっかりした苦味ゆえに、好き嫌いが分かれそうだ。
 その点、マスターズ・ドリームは誰にでも自信をもって勧められる。
 喉越しで飲んでも決して重くないのにしっかりした味わいがある。
 そして少しぬるくしてゆっくり飲めば、甘さが主体となるので「ビールは苦いから」と敬遠している人にも勧められる。
 欠点の無い、お酒が飲めない人以外には誰にも勧められそうな本当に良いビールだ。

PageTop

二杯目に美味いビール

 毎日新聞の川柳コーナー、『仲畑流万能川柳』の7月29日に、こんな句が選ばれていた。

 二杯目が 美味いビールは ないものか


 作者は熊本のピロリ金太さんだが、この句が選ばれて全国紙に掲載されたということは、選者の仲畑貴志氏や毎日新聞の担当者も、この句に共感しているということだろう。

 また、漫画家の伊藤理佐さんの『あさって朝子さん』という作品のある回に、こんな話が掲載されていたので、ご一読願いたい。

伊藤理佐・朝子さん①P1110476

伊藤理佐・朝子さん②P1110478

 暑い日に忙しく働き、その後でビールを飲み膝を叩いて「うまーい!」と思わず叫び。
 そして飲み過ぎた翌朝、這いずるようにベッドから出て水道の水を飲んで、またシンクを叩いて「うまーい!」と叫ぶ。
 その後出社した朝子さんは、同僚に「ビールと水って、どっちがおいしいと思います?」と問い、「言うな!」と制されるわけだが。

 さて皆さんは、毎日新聞に掲載された川柳や朝子さんの発言に共感するだろうか。
 いや、共感する日本人が多いから、全国紙や単行本として出版されたコミックスに掲載されたのだろうが。
 しかし日本人としてはかなり変わり者の少数派である筆者は、そのどちらにも全く共感できなかった。
 二杯目が美味いビールなど「たくさんある!」と言い切れるし、「良質な本物のビールなら、水より間違いなく美味いわ!」と断言する。

 二杯目のビールを「あまり美味しくない」と感じたり、「ビールと水と、どちらが美味しいか?」と疑問に思ったりするのは、日本人が「ビールはキンキンに冷やして、喉越しで飲むもの」と盲信しているせいだ。
 そしてその喉越し最優先派の日本人に最も合うように作られたビールが、日本で最も売れているビールであるアサヒのスーパードライである。

 ちなみに筆者は、ビールも含めてお酒は食後に、ゆっくり、じっくり味わって飲む人間である。
 食前や食事中にお酒を飲むことは、それほど多くない。
 だから筆者は、スーパードライが大嫌いだ。
 正直、あんな不味いビールは滅多にない、と思っている。

 日本人は、ビールと言えば暑く喉が渇いている時に、暑さと喉の渇きを癒す為にキンキンに冷やしたものを喉越しで飲むものと信じている。
 だから二杯目のビールが美味くなく、「ビールと水と、どちらが美味しいか?」などと思ってしまうのだ。

 暑くて喉が渇いている時には、確かに軽くてドライな味わいで炭酸の刺激も強めなビールを美味く感じる。
 逆に濃いしっかりした味わいのビールを、暑さをしのぎ喉の渇きを癒す為に喉越しで一気に飲んだりすると、重く感じてあまり美味く思えなかったりする。
 だから蒸し暑い国に住む日本人は、スーパードライのようなビールをキンキンに冷やして飲みたがるのだろうが。
 ただ暑さも喉の渇きも、一杯飲めば大体癒える。
 だから二杯目以降にこそ、そのビールの本当の味と美味さがわかる

 例えばスーパードライだが、これは最初の一杯として喉越しで一気に飲めば、意外にスッキリ美味しく飲める。
 しかしこのスーパードライは、「二杯目以降は急に不味くなる」と特に言われる。
 試しにスーパードライを、喉越しで一気にでなく、じっくりゆっくり、少しずつ味わいながら飲んでみてほしい。
 その不味さに、貴方はきっと驚く筈だ。
 じっくりゆっくり味わって飲むスーパードライは、旨味が薄く、そして金属的な嫌な味を強く感じる。そして後味も変に苦く辛くて不快だ。
 喉が渇いている時に一気に飲まなければ、これほど不味いビールは無いと言いたいくらいだ。
 喉越しで一気に飲むか、ゆっくりじっくり味わって飲むかで、スーパードライの味は本当に驚くほど激変する。

 考えてもみてほしい。
 確かに日本は蒸し暑い国だ。
 だから喉越しで飲むタイプの、糖質副原料を使った軽いドライな味わいのビールがウケるのだろうが。
 しかしその日本も熱帯ではないのだから、一年中蒸し暑いわけではない。
 キンキンによく冷やし込んだビールを「美味しい」と感じるのは、せいぜい一年の半分くらいだ。
 また、喉の渇きも最初の一杯をグイッと飲めばまず癒える。
 だから糖質副原料を使用した、軽いタイプの喉越し優先のビールは最初の一杯目は美味くても、二杯目以降は妙に美味くなく感じるのだ。

 喉越し優先のビールをキンキンに冷やして飲んで美味しいと感じられるのは、まだ暑く喉の渇いている最初の一杯目だけだ。
 喉の渇きも癒え暑さも引いた二杯目以降には、同じように喉越しでゴクゴク飲める筈もなくなる。
 そして飲むペースが遅くなる為、結果的にゆっくり味わって飲むことになってしまい、喉越し優先のビールの味の軽さや物足りなさ、さらに嫌味などを感じるようになってしまう。
 付け加えて言うと、飲食物をキンキンに冷やすと香りが弱まり、甘味を感じにくくなる。
 だからキンキンに冷やしたビールは香りが弱く麦の甘さも無く、ただ苦いだけの味気ないものになってしまう。
 それで暑さが引き喉の渇きが癒えた後の二杯目以降に、日本で好かれる喉越し最優先のビールは不味く感じるのだ。

 ちなみに気候が冷涼なドイツやイギリスやベルギーなど欧州のビール産地では、ビールは大きなジョッキに注いでゆっくりじっくり飲む。
 日本のように、味と香りを感じにくくなるくらいキンキンに冷やして喉越しで一気に飲んだりしない。
 だからドイツやイギリスやベルギーなどのビールは、日本流に喉越しで飲むには重いが、香り高く味わい深く、ゆっくりじっくり味わって飲むととても美味い。

 それで筆者は、暑い時期にはビールを飲み分けている。
 最初の一杯は日本人好みの喉越し優先のビールを飲んで喉の渇きを癒し、そして二杯目以降には糖質副原料を使わない、香り高くしっかりした味わいのビールを、ゆっくりじっくりと飲む。
 この飲み分けをすれば、二杯目以降も充分に美味しくビールを飲めるし、「水よりビールの方が間違いなく美味い」と断言できる。

 エールビールやスタウトビールなど、世界にはいろいろなビールがある。
 多くの日本人が「これがビール」と信じ込んでいる、糖質副原料入りの喉越し最優先のものだけがビールではないのだ。
 筆者は「ビールが好き」という日本人には、スーパードライのような喉越し最優先のものだけでなく、いろいろな味と香りのビールがあることと、喉越しだけがビールの飲み方ではないことを知って欲しいと思う。
 キンキンに冷やして喉越しで飲むスーパードライ以外にも、いろいろなビールがこの世界にはあることを知れば、「二杯目が美味いビールはないものか」とか、「ビールと水って、どっちがおいしいと思います?」とか、そんな戯言は言えなくなる筈だ。

 ベルギーのホワイト・エールビールや、インディア・ペールエールビールや、スタウト・ビールや、ヴァイツェン・ビールなど、筆者には好きなビールがいろいろある。
 しかし輸入物やクラフト系の少しお高いビールでなくても、二杯目に飲むのに適したビールは国産の大メーカーにもある。
 筆者は先日、一杯目にまずスーパードライを、二杯目にキリンの一番搾りを飲んでみた。
 前述したように、スーパードライはゆっくり味わって飲んでしまうと、とても不味い。
 しかし暑い時に喉の渇きを癒す為に、よく冷やして喉越しで一気に飲むには向いている。
 その後の二杯目に一番搾りを飲んでみたところ、最初は刺激が少なくおとなしいように感じた。
 しかし嫌味が全く無く、適度なホップの苦味だけでなく麦の甘味もほのかに感じ、そしてフルーティーな心地良い香りもあった。
 一番搾りはキンキンに冷やして喉越しで飲んでも悪くはないが、刺激が少なくやや物足りない。しかしキンキンでなく味や香りを損なわないくらいに適度に冷やし、二杯目以降にゆっくり味わって飲んで「美味い」と言える良いビールだった。

 キンキンに冷やして喉越しで一気に飲むのも、蒸し暑い日本に向いたビールの飲み方の一つだとは思うが。
 しかしそれだけがビールの飲み方だと信じ込んでいると、これからの涼しい時期や二杯目以降に美味しいビールを飲めなくなってしまう。
 ビールには喉越し以外にも飲み方があり、二杯目以降にゆっくりじっくり味わって飲んで美味しいビールが数多くある事を、「ビールはキンキンに冷やして喉越しで飲むもの」と盲信している多くの日本の人に、是非知ってもらいたいと思う。

PageTop

木曽の銘酒『七笑』純米酒

 長野県に行くと、七笑の看板を時々見かける。
 で、気になってかなり以前に一本買って飲んでみたのだが、特にどうと言うことも無い田舎の酒という印象で、それ以来飲んでみることは無かった。
 が、何故か筆者の地元の酒屋で七笑純米酒が売られていたので、以前の記憶による不安と、純米ということへの期待の混ざった気持ちで、久しぶりにまた買って飲んでみた。

七笑P1110677

 買ったのはただの純米酒で、ラベルに吟醸の文字は無かった。
 しかしキャップを開けた途端に、梨か林檎のようなルーティーな香りが漂った。
 ただその吟醸酒に近い香りは穏やかで、決して食事の邪魔になるレベルのものではない。

 味は程良く辛口でキレが良く、サッパリしているのにアル添酒にありがちな薄さは無くて、しっかりした味わいがある。
 甘さは殆ど感じず心地よい辛さが主体で、その下に僅かな渋味がある。
 嫌みや雑味が全く無く、アル添の水っぽさや尖ったアルコールの舌を刺す不快な刺激も無い。そしてしっかりとした旨味と柔らかな果実の香りのある、木曽の誇るべき銘酒だ。
 同じ価格帯の白ワインよりも、個人的にはずっと旨いし香りも良いと思う。

 嵩を増す為にアルコールと水を大量に加えている、いわゆる普通酒は論外だが。
 日本酒好きの人の中には、本醸造酒や吟醸酒や大吟醸酒に一定量のアルコールを加えることについて、「味を調え、吟醸香を引き出す為にやっているのだから、むしろ良い事なのだ」と言う人達がいる。
 確かにそれにも一理あるかも知れない。

 しかしだ、少量とは言え原酒にアルコールを加え、その分だけ多く水も加えて増量しているだけに、酒としての味わいは間違いなく薄くなっている。
 筆者は以前、アルコールを加えた大吟醸酒と純米吟醸酒を飲み比べてみた。
 吟醸香については、確かにアル添の大吟醸酒の方が明らかに華やかだった。
 しかし酒としての味は、間違いなく純米吟醸酒の方が厚みと奥行きがあって旨かった。
 純米吟醸酒だけでなくただの純米酒と比べても、アル添の大吟醸酒は味が薄っぺらい印象が間違いなくある。
 だからアル添の大吟醸酒と本物の純米大吟醸酒では、本当に比較にもならない。

 普通酒と違って、確かに本醸造酒にはそれなりに美味しく飲めるものが少なくない。
 それでも純米酒と比べてしまうと、僅かながら雑味やアルコールのツンとした変な辛さや味の厚みの足りなさが気になってしまう。
 だから筆者は、「飲むならアル添でない純米酒を」と思ってしまう。
 無論、純米酒すべてが文句なしに旨いわけではない。
 中には「これで純米?」と首を傾げたくなるような出来のものもある。
 しかし「これは旨い」という“当たり”の確率は、本醸造酒より純米酒の方が間違いなく高い。

 また、吟醸酒や大吟醸酒にアルコールを加える蔵元は、決まって「これは増量の為でなく、吟醸香を引き出す為にやっているのだ」と言う。
 しかし筆者の知る限り、「アル添の吟醸酒や大吟醸酒の方が、純米の吟醸酒や大吟醸酒より香りが良い」などということは、本当に全く無い!
 そしてアルコールを添加している分だけ加水する量も増えるのだから出来る酒の嵩も増え、その分だけ味が純米系の吟醸酒や大吟醸酒より薄くなるのは事実だ。
 香りは同等でアル添の方が味が薄いのは、飲み比べてみれば間違いなくわかる
 ならば、筆者は純米のお酒を選びたい。

 確かにある程度のアルコールを加えた方が吟醸香を引き出しやすく、味も一定にコントロールしやすいのかも知れない。
 純米酒を一定の味と香りに造るのは、とても難しいと聞く。
 しかし現実に市場に出回っている純米吟醸酒や純米大吟醸酒は香りでアル添の吟醸酒や大吟醸酒に負けてはいないし、味の厚みや奥行きやふくらみの点では間違いなく勝っている。
 純米吟醸酒や純米大吟醸酒を飲めばわかるが、「後からアルコールを加えなければ吟醸香を引き出せない」などという事は、絶対に無い。
 にもかかわらず味を薄く痩せさせてまでアル添にするのは、蔵元の管理技術が未熟なゆえの怠慢か、少しでも多く生産して売りたい強欲さによるものとしか思えない。

 またアルコールと水を余計に加えている分だけ、たとえ吟醸酒や大吟醸酒でもアル添酒には薄味(水っぽい味)で、かつアルコールのツンとした尖った刺激のある辛さが気になるものが少なくない。
 それを「淡麗辛口」と称して売っている、悪質な蔵元やメーカーがあるから腹が立つ。
 本醸造酒や普通酒では、醸造用アルコールと称するサトウキビの搾り滓から作った安物のアルコールと水を加えた結果の、まがい物の「淡麗辛口」が特に多い。

 それにしても、同じ量の米を原料に使って純米酒と比べ約1.5倍の酒が出来るというアル添酒がこの国では“本醸造酒”と呼ばれていて。
 そして大量のアルコールと水のみならず、場合によっては糖類や酸味料まで加えられ、純米酒の2~3倍に嵩増しされた粗悪酒が“普通酒”と呼ばれているのだから恐ろしい。
 日本酒業界、特に“普通酒”とやらを作っている蔵元やメーカーには、「国名を名に付けた伝統ある我が民族の酒を造っている誇りがあるのか?」と問いたい。

 それにしても、七笑純米酒は良い酒だ。
 ただの純米酒なのに、食事の邪魔にならない程度のほのかな吟醸香があって。
 そして辛口でありながら、その辛さが舌を刺さず味に丸みとふくらみがあって。
 それでありながらサッパリしていて、後口も良い。
 手頃な値段の日本酒も本当に旨くなったなと、この七笑純米酒を飲んで心から思った。
 日本酒の主流は今もまだアルコール等で嵩増しした普通酒だが、純米酒や純米吟醸酒などは近年とても質が良くなっていると感じる。

 純米酒の辛さとアル添酒の辛さの違いを、一度飲み比べて確かめてほしい。
 純米酒の辛さには、その不快な刺激が無く、辛さに深みや丸みやふくらみがある。
 しかしアル添酒、特に本醸造酒や普通酒の辛さは、後から混ぜられた安物のアルコールの舌を刺す刺激的な辛さが主体だ。
 さらに醸造用アルコールを混ぜ加水量も増やした酒はただツンツン刺激的に辛いだけでなく、深みや丸みやふくらみの乏しい痩せた味になってしまう。
 その“日本酒”と名乗らせるのは民族の恥と言いたくなるような駄目な酒と、「これぞ日本の酒!」と世界に誇れるような良い酒を区別できるようになる為にも、まず七笑純米酒のようなそれほど高価でもなくて良い酒を、皆に買って飲んでみてほしい。

PageTop

バローVクウォリティ白わいんマスカットと株式会社アルプス

 これを言うと、「文化のわからぬ、野蛮人め!」と罵られてしまいそうだが。
 実は筆者は、ワインの味がよくわからない。
 ウイスキーも日本酒もビールも本格焼酎もブランデーもカルヴァドスもジンも好きだが、ワインの味は今ひとつピンと来ないのだ。

 筆者の親戚に、葡萄とワインの産地である山梨県在住の人がいて。
 それでその親戚に、ワインも何度か頂いた。
 山梨県では名門のワイナリーであるサドヤのそれなりのワインだけでなく、フランスの伝統ある農園のワインも頂いた。
 それでも「不味くはないが、別にそう美味くもないよな」という程度の印象しか持てなかった。
 それどころか、内心「同じ値段の純米吟醸酒の方が、ずっと香り高いし旨いだろうに」と思ってしまったくらい、筆者はワインに対する感性が鈍い人間なのだ。

 そんなワインの味に無知な筆者だが、千五百円以下のお手頃価格のワインの中に、時々「好きだな」と思うものがある。
 それはたいがい国産の、フルーティーさを売りにした飲みやすいワインだ。
 特に長野県塩尻市の株式会社アルプスのワインにはハズレが無く、どれを飲んでも「安いのに美味いな」と思ってしまう。

 その株式会社アルプスが、バローというスーパーの自社ブランド製品として、製造したワインを提供している。
 バローのVクウォリティ白わいんマスカットというのが、それだ。
 バローのブランドで売り出されている、同じ白わいんシャルドネや赤わいんカベルネソーヴィニヨンとコンコードも、製造元は株式会社アルプスだ。
 株式会社アルプスの普通のワインは千円程度で、それでも充分にお手頃価格だが、バローブランドのものは税抜きで498円と激安だ。
 で、何種類かある中で、フルーティーでやや甘口で飲みやすいという、まず白わいんマスカットを買って飲んでみた。

バロー白ワイン・マスカットP1110870

 グラスに注いでみると、甘酸っぱいフルーティーな香りが漂う。
 五百円から千円で買えるワインとしては、香りはかなり豊かな方だ。
 飲んでみると、「やや甘口」という表示の通りに甘さはやや抑えめで、酸味もそれなりに感じる。
 甘味と酸味の他に僅かに苦味や渋味もあり、とてもフルーティーな上にコクや確かな味わいもある。
 飲んでいると、口の中いっぱいにマスカットの味を感じる。
 さすがは株式会社アルプスの製品だけあって、フルーティーで飲みやすく、これが税抜きなら五百円しないとは信じられない品質だ。
 嫌みが全く無く、どんどん飲める。

 ただこのワイン、ゆっくり飲んでいると次第に甘さを強く感じるようになり、室温に近いくらいまでぬるくなると甘ったるく重く感じるようになる。
 甘さは温度によって感じ方がかなり変わり、温度が低いほど甘さを感じず、高くなるほど甘くなるというが。
 これはキリッと冷やしてこそ、美味いワインだ。
 冷蔵庫から出してテーブルに置いておくと、最初の一杯目は良いのだが、二杯目、三杯目と飲むに従って甘ったるさを強く感じるようになる。
 だからこのワインは、常に冷蔵庫に入れておくべきだ。
 グラスに一杯注いだら瓶は冷蔵庫に戻し、二杯目を飲む時にはまた冷蔵庫に注ぎに行く。
 そうすれば、味が甘ったるくなり過ぎず、程良い甘味と適度な酸味とほのかな苦味や渋味のハーモニーが楽しめる。
 冷蔵庫から出してテーブル上に放置して飲み続けるのは、甘味が強くなり過ぎるからくれぐれもやめた方が良い。

 本来ワイン好きではない筆者だからこそ、このフルーティーで飲みやすいワインを美味いと思うのであって、本当のワイン好きはもっと辛口で渋味もあるものが好きなのだろうと思う。
 しかし塩尻市の株式会社アルプスが造った、このバローのVクウォリティ白わいんマスカットは、マスカットの風味がとても生きていてフルーティーで飲みやすく、お酒を飲み慣れていない女性や、ワインの“通”ではない人などには、とても喜ばれるのではないかと思った。
 これで税抜きなら五百円もしないとは、信じられない安さだ。
 マスカットの味を堪能できるフルーティーで良質なワインだが、テーブルワインとして気取らず気楽に飲みたい。

 ちなみに株式会社アルプスがバローのブランドで出している白わいんシャルドネや、赤わいんカベルネソーヴィニヨンとコンコードも同じ値段だ。
 しかしバローのブランドではない、株式会社アルプスの名で出している同等製品は税抜きで千円弱になっている。
 この価格の差は、いったい何なのだろうか。

 バローのオリジナル商品は、安さが第一のVセレクト、味や製法や素材にこだわりつつ“お求めやすい価格”も実現したVクウォリティ、製法・素材を厳選した贅沢な逸品Vプレミアムの三種類に区分されている。
 そしてこの白わいんマスカットはVクウォリティで、贅沢品でこそないものの、ただの廉価品ではない筈だ。
 大手スーパーのオリジナルブランドにし、ただ流通コストをカットしただけで、ここまで安くできるものなのだろうか。

 で、株式会社アルプスの名前で出しているワインと、同社が造ったバローブランドのワインのラベルをよく見比べて気付いたことがある。
 どちらも酸化防止剤無添加を売り文句にしていて、製法そのものはほぼ同じなのだろう。
 ただ株式会社アルプスの名前で出されている物は、長野県のどこそこの農家と契約した葡萄を使い……と書いてあり、原料の産地も明示されている。
 だがバローブランドの方にはそれが無く、さらに「輸入ぶどう果汁使用」と書かれている。
 つまり製造元は同じ株式会社アルプスでも、バローブランドの方は原材料に輸入ぶどう果汁を使うなどの妥協もしてあるということだ。
 ただ飲んですぐ「あ、これは輸入ぶどう果汁も使ってるね」とわかるほどの差は感じなかった。
 ワインの味がよくわかる、こだわりのある方でなければ、バローブランドの方でも良いのではないかと思った。

 ちなみに株式会社アルプスは、バローにVプレミアム信州メルロー&ブラッククイーンを、税抜き1580円で供給している。
 こちらは輸入ぶどう果汁を使用せず、塩尻桔梗ヶ原産のメルローを65%、松本平産のブラッククイーンを35%使用したものを、フレンチオーク樽で13ヶ月熟成させたという逸品だ。

 それにしても。
 このバローに供給されている株式会社アルプス製造のワインを飲んでみて、「やはりこの会社は、安くて良いワインを造る」と改めて感心させられた。
 通好みのワインではないのかも知れないが、株式会社アルプスが造るワインは価格が手頃な上に、ワインがあまり好きでない者も美味しく飲めてとても良いと思う。

PageTop

サントリー 東京クラフト PALE ALE

 少し前まであったサントリークラフトセレクト香り彩るビールPALE ALEが、いつの間にか東京クラフトPALE ALEに変わっていた。
 缶の奇麗な青色や基本的なデザインはそのままに、名称と缶の下部の絵柄を少し変えただけ……というイメージだ。
 が、本当に名前とデザインを少し変えただけかどうか、試しに買って飲んでみた。

サントリー・東京クラフト・ペールエールP1110551

 名前と缶の外観を少し変えただけではないことは、グラスに注いだだけですぐにわかった。
 以前のクラフトセレクト香り彩るPALE ALE(以下クラフトセレクト)は華やかなフルーテれィーな香りが魅力の一つだったが、東京クラフトPALE ALE(以下東京クラフト)はその香りが少し地味になった感じだ。
“香り彩る”という語句が名前から消えた理由が、飲む前によくわかった。
 が、明らかに減ったものの、フルーティーな良い香りは、間違いなくそれなりにある。

 日本流に喉越しでゴクゴク飲むと、苦い。
 が、ゆっくり、じっくり味わって飲んでみると、苦さと同じくらい麦の甘さも感じる。
 喉越しで一気に飲むのではなく、ゆっくり味わって飲むととても旨い。味は決して重くないが、コクも深みも適度にある。
 以前のクラフトセレクトより香りこそ抑えられたものの、ゆっくり味わって飲めば苦いというより甘く美味しいと感じる。

 クラフトセレクトと違って、今の東京クラフトには缶の下部に武蔵野ブルワリーの名が入っているが、クラフトセレクトと全く同じではないことが、飲んでじっくり味わえばわかる。
 味と香りの傾向は似ているが、名前と外観だけでなく中身も少し変えてある。
 クラフトセレクトの香りの良さも魅力だったが、この東京セレクトの味わい深さもなかなか良い。

 日本人は、ビールと言うと「キンキンに冷やして、喉越しで飲むもの」と盲信しているが。
 ビールをゆっくり、じっくり味わって飲む人は、この国にはとても少ない。
 しかしその日本流の「キンキンに冷やして、喉越しで」という飲み方では、少なくともこの東京クラフトの良さはわからないだろう。

 何故なら、キンキンに冷やすと香りが立たなくなり、そして甘さも感じなくなり苦さだけを感じるからだ。
 だからこのビールを日本人好みの「キンキンに冷やして、喉越しでゴクゴク」というやり方で飲んだなら、ただ苦い普通のビールという印象しか残らないだろう。
 だからと言って、ただぬるくして飲めと言うのではない。
 キンキンでなく11~13℃くらいに適度に冷やせば、持ち味のフルーティーな香りも立ってくるし、麦の甘さも感じるようになってくる。
 それをゆっくり、じっくり味わうと、とても美味い。

 不味いビールや発泡酒や新ジャンル酒には、少しぬるくなると嫌みや雑味が出てきて不味くなるものが少なくない。
 だからその種のビール類は、キンキンに冷やして喉越しで一気に飲むしかない。
 しかし本当に味わい深く香り高い良いビールは、程々に冷やしたものを、ゆっくり、じっくり飲んでこそ美味い。
 暑い時に喉の渇き癒す為に、キンキンに冷やして喉越しで一気に飲むだけが、ビールの美味しい飲み方ではない。

 ここで、筆者が信じている「本当に美味い良いビールを見分ける基準」を言おう。
 ズバリそれは、「二杯目以降に飲んで美味いと感じられるかどうか」だ。
 暑くて喉が渇いている時には、乱暴に言ってしまえばどんなビール類でもそれなりに美味い。
 それが本当に美味しいビールかどうかは、暑さも喉の渇きもおさまった状態で、じっくり味わって初めてわかる。
 断言するが、暑く喉が渇いている時にキンキンに冷やして喉越しで飲まなければ美味くないビールは、本当に良いビールではない
 ビールの真価は、二杯目以降に飲んでも美味いかどうかでわかる。

 そしてこの東京クラフトは、その二杯目以降にゆっくり、じっくり飲んで美味しい、本当に良いビールの一つだ。
 個人的には、同じサントリーのモルツやプレミアム・モルツより、この東京クラフトの方が好きだ。
 また、サントリーはプレモルに香るエールというものも出していて、そちらもなかなか美味い。
 ただ、あえて言えばこの東京クラフトの方がやや軽やかでフルーティーだ。

 日本のビールには、「暑い時に最初に飲む一杯としては美味いが、二杯目以降は何故か美味くなくなる」というビールが少なくない。
 そんな中で、この東京クラフトは二杯目以降も美味しく飲める、なかなか出来の良いビールだ。
 キンキンに冷やして喉越しで飲みたい夏にではなく、この後、涼しくなってからゆっくり飲むのに向いたビールだと思った。

PageTop

新ジャふンル酒飲み比べ(頂、のどごしスペシャルタイム、プライムリッチ他)

 東日本では天候不順で曇りや雨の日が多いが、それでも夏は暑い。
 そして暑い夏には、やはりビールを飲む者が多いだろう。
 が、酒税の関係で日本のビールは割高だ。
 筆者はまずウイスキーが好きで、そして日本酒や本格焼酎なども飲んでいるが。
 それでも、アルコール度数と比較してビールは他のお酒より高すぎると思う。

 で、本物のビールの半額かそれ以下の値段で買え、気軽に飲める新ジャンル酒を幾つか飲んでみたので、まとめて紹介したい。

 ただ最初に断っておくが、筆者はビールは食後に、ゆっくり、じっくり味わって飲む派だ。
 日本人はビールと言うと「キンキンに冷やし、暑くて喉が渇いている時に、越しでゴクゴク飲むもの」と信じているが、筆者は違う。
 ビールに限らず飲食物は冷やし過ぎると香りが弱まるし、甘味も感じにくくなる。
 そしてゆっくり味わうことなく喉越しでガブガブ一気に飲み干してしまうのは、筆者には勿体ないように思えてならない。
 だから紹介する新ジャンル酒はどれも、食後の喉も渇いていなければそう暑くもない時に、しっかり味を見させてもらった。
 だから低価格の新ジャンル酒には厳しい評価になったと思うが、その前提で読んでいただきたい。

 まずはこの夏に発売された、サントリーから。

サントリー頂P1110823

「最高峰のコク刺激」を売り文句にしているこの頂だが、アルコール度数は7%と少し高めである。
 原材料は麦芽とホップと大麦と糖類と、そして大麦スピリッツである。
 グラスに注ぐと、香りは弱めだ。ホップと麦の香りをほのかに感じるが、香りそのものは悪くない。
「最高峰のコク刺激」と言うものの、本物のビールと比べると薄味だ。
 しかし薄味のものが多い新ジャンル酒としては、しっかりした味に思える。そして新ジャンル酒や糖質副原料を多く使ったビールにありがちな、金属的な酸っぱい嫌な味が無く、決して悪い味ではない。

 正直に言って、良いビールのように少しずつゆっくり味わって飲んで美味しいタイプではない。
 が、喉越しで一気に飲むと苦味と適度なコクが心地よい。
 それはもちろん、本物のビールには負ける。しかし喉が渇いている時に喉越しでゴクゴク飲むなら充分な味だ。
 新ジャンル酒としてはかなり良い出来で、少し味が薄いが喉越しで一気に飲むなら、充分にビールの代用品になる。
 ただ度数が7%なので、一気に飲むと酔いも一気にくる。

 キレが良く、後味にはホップの適度な苦味だけが残る。
 後口サッパリとも言え、油っこい食事にも合うのではないかと思った。

 銘柄を隠して知人に試し飲みをさせたら、「これ、キリンビール?」と尋ねられた。
 それくらい、新ジャンル酒にしてはしっかりした味だ。
 喉越し派が新ジャンル酒と知らずに飲めば、ビールと思ってしまうかも知れない味。

 同じサントリーの金麦は不味いとまでは言わないが、水っぽい上にどこか金属的な嫌な味を感じる。
 飲み比べれば、金麦よりこの頂の方がずっと良い出来だ。
 サントリーは金麦をよく宣伝しているが、金麦を飲んでいる人はこの頂も一度試しに飲んでみるべきだ。筆者なら、金麦より絶対に頂の方を選ぶ。
 ただ苦味がそれなりにあるので、「ビールは苦いから」と避けている人には、この頂より金麦の方が向いているかも知れない。

 もちろんモルツなどの本物のビールには及ばない。
 しかし新ジャンル酒にしてはなかなか悪くないと、筆者は思った。

キリンのどごし生P1110540

 家族が心臓に持病がある為、筆者は買い物だけでなくゴミ出し等の家事もやっているが。
 で、ビンと缶の収集日に、どこかの七十くらいのお婆さんが、キリンのどごし〈生〉のみぎっしり詰め込まれた大きな袋を、集積場所に二つも抱えて持って来るのを見た。
 抱えきれないほどの大量の空き缶すべてが、キリンのどごし〈生〉だった。
 で、そのキリンのどごし〈生〉がどれほど美味いのか知りたくて、つい買ってみてしまった。

 グラスに注ぐと確かにビールに似た香りもするが、どこか癖のある臭いがある。
 味も苦味が主体でビールに似ているが、同時に変な酸っぱさもある。
 名前の通りに“喉越し”で飲めばすっきりキレは良いが、後味はそれほど良くない。
 ゆっくり、じっくり味わうと、苦味の下に酸っぱさやら僅かな甘みやら、変わった味が混ざり合っているのがわかる。
 喉越しでゴクゴク飲めば“ビール”だが、じっくり味わうと変な味としか言いようがない。

 実はこのキリンのどごし〈生〉、ベースの発泡酒はホップと糖類と大豆たんぱくと酵母エキスで作られていて、麦芽も麦も使われていない。
 だからこれは、正式には“麦酒”ではない。

 そのニセモノの“ビール”としては良く出来ているし、ビールは喉越しで飲む人にはこれで充分か。
 しかしゆっくり味わって飲むと、断言するが水より不味い。
 これは「ビールは味や香りやコクではなく、喉越しで飲むもの」と思っていて、質は二の次でまず安さと量を求める人の為のものだ。
 ただ綺麗な澄んだ金色で泡立ちも良く、見かけはビールそのもの。

キリン濃い味P1100037

 続いて同じキリンの、濃い味糖質0
 グラスに注いでも、ホップや麦の香りを殆ど感じられない。そしてそれらの代わりに、酸っぱい臭いを感じる。
 それだけでなく、金属的な臭いもある。
 その臭いの通りに、味もまず酸っぱい。それを甘味料(アセスルファムK)で補っている。
 ホップの良い苦味を殆ど感じず、喉越しで飲むと金属的な尖った味が際立つ。もちろん、酸っぱい。

 新ジャンル酒にありがちな水っぽさは無いが、旨味があるわけでもなく、酸味と金属の嫌な味が強い。
 ゆっくり、じっくり味わうと、とにかく酸っぱい。そして苦い。ゆっくり味わうと、嫌な味だけ強く感じる。
 後味は、良くも悪くも殆ど無い。

 麦芽とホップの他に、糖類、食物繊維、大豆たんぱく、酵母エキス、甘味料と、とにかく副原料をいろいろ使った発泡酒を大麦スピリッツで割っている。
 そこまで苦労して「糖質ゼロ」、「プリン体60%オフ」、「カロリーオフ」を実現しているものの、結果はただ嫌味が“濃い味”になっただけ。
 味も匂いも酸っぱく金属的で、苦さも心地良いものでなく、喉越しで飲んでも不味いし、ゆっくりじっくり味わうともっと不味い。
 香り高く味わい深いビールを愛する筆者は、これをキリンの駄作と断言する。
 しかし昔からのキリンビールのファンは、こんな味と匂いを好むのだろうか。
 同社ののどごし〈生〉の出来も感心できたものではないと思ったが、それを上回る不味さ。
 これを愛飲している方には申し訳ないが、筆者には不味すぎて、飲んだ後にすぐ口直しに柿の種を大量に食べてしまった。

 ただ100mlあたり19kcalというのは、驚くべきカロリーの低さだ。
 通常のビール類の半分以下のカロリーで、その点は評価しなければならないだろう。
 それにしても、その数値を達成する為にここまで不味くしたのでは、意味が無いと思うが……。

キリン・のどごしスペシャルタイムP1110579

 さらにまた、キリンのどごしスペシャルタイムを飲んでみた。
 ビール類には、麦芽とホップの他に糖質副原料が使われているものが多くある。そしてその副原料により、風味もかなり変わってくる。
 筆者の経験では糖質副原料を使うなら麦が良く、米やコーンやスターチなどを使ったものに美味しいものは少ないような気がする。
 ついでに言えば、筆者の嫌いなアサヒのスーパードライも麦芽の使用率を限度近くまで低くして、糖質副原料に米とコーンとスターチを使っている。

 で、こののどごしスペシャルタイムは、麦芽とホップに大麦を加えた発泡酒を、大麦のスピリッツで割っている。
 麦とホップだけでつくられているのだから美味いのではないかと、期待して飲んでみた。

 グラスに注ぐと香りは殆ど無く、僅かに酸っぱい匂いを感じる。
 が、味は同社の濃い味と違って酸っぱくなく、苦さも程々でほのかに甘い。嫌みがない。
 喉越しで飲めば美味しい。
 ただ本物のビールと違って、ゆっくりじっくり飲むと味に深みもコクもなく、ただ苦いだけになる。

 嫌みがなく喉越しでなら気持ち良く飲めるが、麦芽とホップだけで造られた本物のビールとのコクや深い味わいは感じられず。味わって飲むビールの代用にはならない。
 それでも同社ののどごし〈生〉や濃い味よりずっと良い。
 キリンの新ジャンル酒なら、これを飲むべき。
 別に美味しくもないが、嫌みが無いのが良い。
 名前の通り「喉越し」で飲むもので、じっくり「味わう」ものではない。

 ただ口の中に苦味と僅かな甘さが残って、後味はあまり良くない。
 で、口直しにと千円ちょっとで買った、スタンダード・スコッチのエンシェント・クランを、ストレートで時間をかけてゆっくりじっくり飲んでみた。
 このスコッチ、のどごしスペシャルタイムと飲み比べてみたらとても美味かった!
 原材料はほぼ同じ麦芽と麦なのに、香りの高さも味の深みもコクも、段違いにこのスコッチの方が良かった。
 アルコール分で換算したら、千円前後のスコッチの方が新ジャンル酒よりずっと安い。
 しかし良いスタンダード・スコッチの方が、下手な新ジャンル酒より間違いなく美味いのだ。
 筆者はハイボールはあまり好まないが、それでもハイボールの方が新ジャンル酒より美味しい場合が多いと思う。
 新ジャンル酒は各社でいろいろ出しているが、良い出来のものは少ないように思う。

アサヒ・プライムリッチP1120044

 最後に、アサヒプライムリッチを飲んでみた。
 アサヒはビール類に糖質副原料を入れることが多いので、筆者は正直に言ってアサヒのビール類は好きではない。
 日本で一番売れているビールのスーパードライも、筆者は嫌いだ。
 しかし「最高級のコク、最高級の香り」と缶に大書してあり、国際味覚審査機構優秀味覚賞三ツ星獲得とも書いてあったので、騙されてみるつもりで一缶買ってみた。

 さて、「最高級のコク、最高級の香り」とは言うものの、グラスに注いでみると香りはとても弱い。
 味は苦味が主体で、麦芽とホップの他にアサヒらしく大麦とコーンとスターチを副原料に使っているが、金属的な嫌みは感じない。
 少しぬるくなると、甘みが出て来る。
 新ジャンル酒の中では濃い味で水っぽさが少なく、キリンの濃い味より味が濃い。
 香りの方はともかく、新ジャンル酒としては「最高級のコク」というのはハッタリではない。
 ただ、しっかりした苦味は好みが分かれそう。筆者はこのくらいの苦味は全く気にならないが、女性には「苦くて嫌い」という人もいた。

 しかしただ苦いだけでなく、少しの酸味と僅かな甘みもある。
 あと、後味も悪くない。

 筆者はアサヒのビール類は好きではないが、これは値段の割に良く出来ていると思った。
 缶に「国産ゴールデン麦芽増量」とも書いてあるが、そのせいかも知れない。
 ただ、本物の良いビールには及ばない。
 しかしゆっくり味わって飲んでも不味くないし、下手なビールの代用になる。
 キリンの新ジャンル酒と違って、これは飲んだ後に口直しが欲しいとは思わなかった。

 これまで筆者は、「ビール類に米やコーンやスターチなどの糖質副原料を加えると不味くなり、使用するなら麦のみにすべき」と思ってきたのだが。
 麦だけで作ったキリンのどごしスペシャルタイムより、コーンやスターチも加えたアサヒプライムリッチの方が良い出来だったのが意外だった。
 原材料だけでなく、作り方の影響も大きいということか。

 新ジャンル酒では、個人的にはサッポロ麦とホップ、特に麦とホップ魅惑のホップセッションが一番の出来だと思っているが。
 アサヒのプライムリッチとサントリーの頂も値段の割には良い出来だった。
 そしてキリン派には、のどごしスペシャルタイムを勧めておこう。
 安い新ジャンル酒にもいろいろあって、問題外の不味いものから値段の割に良いものまでいろいろあることが、飲み比べてみてよくわかった。
 皆さんもいろいろ飲み比べて、自分好みの新ジャンル酒を見つけてみてほしい。

PageTop

アサヒ The Dream

 まだアサヒのスーパードライも、サントリーのモルツも無かった昔、日本のビールについてはこう言われていた。
 キリン、サッポロ、水、アサヒ。

 まあ、平たく言えばアサヒのビールは水より不味く、サントリーのビールなど問題外、ということだ。
 で、スーパードライが出て、さらにモルツに加えてプレミアム・モルツも出て、日本人の各メーカーに対する評価も激変するわけだが。
 常に業界第四位だったサントリーが、サッポロを抜いて業界第三位に躍進し。
 そして今や、アサヒのスーパードライは日本で一番売れているビールである。

 しかし筆者は、サントリーのビールはともかくとして、アサヒのビールはどうしても好きになれない。
 何しろアサヒのビールには、ドイツのビール純粋令に適合する、麦芽とホップだけで造られた本物のビールが無かった。
 例のスーパードライも含めて、アサヒのビールと言えば麦芽の使用率が低く、米やコーンやスターチなどの糖質副原料を限界いっぱいまで入れた、味も香りも薄く喉越し最優先のビールばかりだったからだ。

 ビールと言えば、日本人は「暑い時期に、暑さと喉の渇きを癒すために、キンキンに冷やしたものを喉越しでゴクゴク飲むもの」と信じている人が殆どだから。
 それゆえ、スーパードライのように薄く軽いビールが日本人にはウケるのだろう。

 そういうビールの飲み方も、筆者は否定はしないが。
 しかし筆者は、ビールは味わい深く香り高いものを、じっくり、ゆっくり飲みたいのである。
「一杯目には美味いが、二杯目以降はどうも……」というビールなど、ビールとして失格だと筆者は思っている。
 だから筆者は、スーパードライを含めてアサヒのビールは嫌いだ。
 とにかく喉越し最優先の造りで、暑く喉が渇いている時に一気に飲む最初の一杯は良いのだが、飲めば飲むほど不味くなるものばかりだからだ。
 ビールはゆっくりじっくり味わって飲んでこそ美味く、そして杯を重ねる毎に美味くなるものだと、筆者は思っている。

 そのスーパードライを売り物にしているアサヒが、麦芽とホップだけで造られた、ビール純粋令にも適合する本物のビールを出した。
 アサヒ The Dreamである。
 で、早速買って飲んでみた。

アサヒ・ザドリームP1110491

 プルタブを開けてグラスに注いでみると、香りは穏やかである。ヴァイツェン・ビールやエールビールのような華やかな香りは無い。
 香りで言えば、サントリーのモルツの方がより華やかなくらいだ。
 味も素直で嫌みが無く、スーパードライに感じるような金属的な嫌な味は全く無い。
 程良く苦く、そしてほのかな甘さもあり、良くバランスが取れている。
 そして少しぬるくなると苦味が減って、甘さが増す。

 しかし筆者は、このビールはゆっくり、じっくり味わって飲む種類のビールではなく、よく冷えているうちに喉越しで飲むのに向いたビールだと思う。
 確かにこのビール、スーパードライなどの糖質副原料を多く使ったビールと違って、味に嫌みは全く無い。
 しかし特に香りが良いわけでもないし、エール系のビールなどと違って、ゆっくり、じっくり味わって飲んでも、何も美味しくならないからだ。
 個人的には、同価格帯で同じように麦芽とホップだけで造られたキリンの一番搾りやサントリーのモルツの方が美味しいと思う。
 筆者ならば、同じ金を出すなら間違いなくそちらの方を買う。

 が、このアサヒ The Dream、同社のスーパードライが好きな、「ビールは暑い時に喉越しで飲むもの」と信じている日本の昔からのビール好きは、きっと喜んで飲むと思う。
 それは麦芽100%になったからと言って従来のアサヒの喉越し系のビールと味が大きく変わったわけではなく、想定内のグレードアップだったからだ。
 筆者の私見ではこのアサヒ The Dream、同社のスーパードライの金属的な嫌みを無くし、そしてコクを少し増してやや濃い味にした……という感じだ。
 良くも悪くも、「アサヒのビール」だ。

 だからスーパードライなどの、これまでのアサヒのビールを愛飲してきた人もガッカリさせず、抵抗無く美味しく飲めるだろう。
 同時に、筆者のようにスーパードライが嫌いな者が飲んでみて、「これがあのアサヒのビール? 美味しいね!」と喜ぶようなものでもない。

 繰り返すが、このアサヒ The Dreamは従来のアサヒの路線の延長線上に造られていて、筆者は「同じ値段なら、モルツや一番搾りの方が美味い」と思う。
 しかし「嫌みを無くしコクを増したスーパードライ」とも言え、従来のアサヒのビールのファンには好意的に迎えられるだろうと思う。
 ただコクが増しただけに、スーパードライのファンの中には「重い」と感じる人もいるかも知れない。

 結論だが、アサヒのビールらしく喉越し最優先の姿勢が窺えるものの、香りも地味でフルーティーさも無くじっくり飲みたい旨さがあるわけでもないものの、味に嫌みが無く後味も良いこのビール、「決して悪くはない」といったところだ。

PageTop

麦とホップ 魅惑のホップセッション

 日本人の殆どは、ビール類と言うと「キンキンに冷やして、喉越しででゴクゴク飲むもの」と信じて疑わないが。
 しかしドイツ人など欧州の人は、ビールはキンキンには冷やさず、時間をかけてゆっくり、じっくり飲むという。
 そして筆者も、ヴァイツェンビールやペールエールビールなどを、ゆっくり、じっくり飲むのが好きだ。
 筆者はビールは喉越しで一気に飲むのではなく、鼻と舌で味と香りをしっかり堪能したいのだ。

 とは言うものの、暑い夏には、特に喉が渇いている時や風呂上がりには、やはり日本流によく冷やしたものをゴクゴク飲みたくなる。
 が、酒税のせいで日本のビールは高い。
 その割高なビールを、暑さや喉の渇きを癒す為にろくに味わうことなく一気飲みするのは、貧乏性の筆者にはもったいなく思えてならない。

 だから筆者は、ビール類は「じっくり味わって飲む用」と「ゴクゴク飲み干してしまう用」に飲み分けている。
 で、前者にはエールビールやヴァイツェンビールなどの本物の良質なビールを、後者には新ジャンル酒でまだマシな味のものを選んでいる。

 新ジャル酒もただ安いだけでなく、嫌みの少ないビールに近い味のそう悪くないものもある。
 無論、味の深みやコクは、本物のビールには及ばない。しかしただ新ジャンル酒だからと言って、頭から馬鹿にしてはいけない。
 筆者も新ジャンル酒をいろいろ飲んでみたが、新ジャンル酒の味は副原料に何を使うかで、かなり違ってくるように思える。
 コーンやスターチや米や糖類などを使ったものは、たいてい不味い。
 そして副原料にもスピリッツにも麦のみを使ったものは、意外にマシな味に仕上がっているように感じた。
 筆者の個人的な好みでは、サッポロ麦とホップが新ジャンル酒の中では最も出来が良いように思える。

 その麦とホップに、魅惑のホップセッションという新製品が出た。
 青と緑に光る派手な缶で、売り場でもとても目立っていた。
 で、早速買って味をみてみた。

サッポロ・麦とホップ魅惑の…P1110731

 プルタブを開けてまず感じるのは、甘い香りだ。
 飲んでみると味わいそのものは軽いが、確かなホップの苦みと、そしてほのかな甘さを感じる。
 飲んで口の中に残るのは、ホップの適度な苦み。

 この製品について、メーカーはこう書いている。

 甘い香りのホップと柑橘のように爽やかに香るホップ、2つのフレーバーホップを絶妙にブレンド。ホップが奏でる、清冽な苦みと、驚くほどフルーティーな香りをお楽しみください。


 確かに香りは甘くフルーティーで、ホップの心地よい苦みも感じる。
 ただフルーティーではあるが、“驚くほど”という程ではない。
 本物のビールには、これよりフルーティーなビールはいくらでもある。
 が、「新ジャンル酒としては」という条件を付ければ、確かに「驚くほどフルーティー」と言っても良いだろう。
 このようにフルーティーさを感じさせる新ジャンル酒など、筆者は飲んだことがない。

 あと、新ジャンル酒はキンキンに冷やしてこそ旨いもので、ぬるくなると味に嫌みが出てきて不味くなるものが多いが、これは違う。
 ぬるくなっても決して不味くならないのだ、この麦とホップ魅惑のホップセッションは。
 ぬるくなると、むしろ甘さが出てきて苦みを抑える感じだ。

 飲み応えもあり、喉越しで一気に飲むと少し重く感じるくらいだ。
 新ジャンル酒と言うと、キンキンに冷やし、暑くて喉が渇いている時に喉越しで一気に飲むには良いが、いざじっくり味わいながらゆっくり飲んでみると嫌みが目立つ、不味いものが少なくない。
 しかしこの麦とホップ魅惑のホップセレクションは、ゆっくり、じっくり味わって飲んでも美味しさを感じられた、初体験の新ジャンル酒だ。

 筆者は、下手なビールよりこの麦とホップ魅惑のホップセレクションの方が好きだ。
 アサヒのスーパードライやザ・ドリームなどより、こちらの方が間違いなく好きだ。

 ただそう感じるのは、筆者がビールはゆっくり、じっくり味と香りを楽しみながら飲む派だからだ。
 日本に多い、「ビールはキンキンに冷やして、喉越しで飲むべき」と信じている人には、きっとこの製品の旨さはわからないだろうとも思う。

 とは言うものの、これはあくまでも発泡酒をスピリッツで割った新ジャンル酒だ。
 下手なビールよりマシなくらいではあるが、普通かそれ以上のビールの方が間違いなく旨い。
 ちゃんとしたビールの方が、味に深みもコクも間違いなくある。

 ただ日本のビールは、酒税の関係でとても高いから。
 まともなビールは二百円以上するが、この新ジャンル酒は百円ちょっとで買える。
 そしてその値段の差ほど、味にも差があるとは、とても思えない。
 この麦とホップ魅惑のホップセレクションは飲み応えもそれなりにあり、香りも良く、後味も良い。
 それは味の深みとコクについては本物のビールにはかなわないが、自販機の缶コーヒーや缶ジュースより安い値段で買える新ジャンル酒としては、本当に良い出来だと断言できる。

 良質な、本物のビールには遠く及ばない味と香りだが。
 価格を考えたら実に出来の良い、財布に優しく気軽に飲める実に良い製品と思った。
 この片鱗だけだが本物のビールに近いものを感じさせる新ジャンル酒、店頭で見かけたら是非一本買って、味を見てみて下され。

PageTop