空と虹と恋と

 大好きな写真のこと、そしてゲームやコミックスの話から歴史&時事問題まで、思いつくまま雑多に語ってみたいと思っております。さらに筆者の度重なるイタい失恋話についても、どうぞ憫笑しつつお読み下さいまし。

羊の毛?

fx30-090827-350.jpg

 空一面に、羊の毛のような不思議な雲が浮かんでいました。

PageTop

画面右上に太陽がありマス

fx30-090827-347.jpg

 またもや、太陽を画面に入れて撮ってみました。

 フィルムのカメラで撮っていた時は、こんな無茶は殆どしなかったのですが。
 デジカメが意外に逆光に強いので、ついこんな撮り方をしてしまいます。

PageTop

夕焼け空

fx30-090822-344.jpg

 夕焼け空です。
 夕焼けを見られる事は案外多くないので、夕焼けに出会えると嬉しくなってしまいます。

PageTop

空は見飽きません

fx30-090821-336.jpg

 青空と白い雲は、どれだけ見ても、見飽きるという事がありません。

 それにじっと見ていたり写真に撮ったりしても、怪しまれたり通報されたりすることもありませんしね。
 以前はスナップ写真と言って、街を行く見知らぬ人を当たり前のように撮るカメラマン達もいましたが。
 今、見知らぬ他人の写真をいきなり撮ったりしたら、犯罪と言われてしまいますものね。

 その点、空を撮るのは不審者扱いされないので気が楽です。

PageTop

大輪の花

fx30-090818-331.jpg

 黄色は、色としては個人的にあまり好きではないのですが。
 あまりに華やかな色の大輪の花が咲いていたので、つい写真に撮ってしまいました。

PageTop

夕空

fx30-090816-327.jpg

 今年は、桜が満開になるのが例年よりかなり遅れています。
 いつもなら、もう落花盛んか殆ど散ってしまっている頃なのに、まだ満開前です。
 で、満開の頃を待ちながら、今日も空の写真を撮ってます。

PageTop

白い絵の具

fx30-090816-326.jpg

 青い空に、白い絵の具でサッと描いたような雲が浮かんでいました。

PageTop

入り日

fx30-090816-322.jpg

 日の入り、です。
 朝日を見ると元気になりますが、夕日を見るとなぜかしんみりしてしまいます。
 沈んだ日はまた昇るのだと、わかってはいるのですがね。

PageTop

今日は花束を持って

fx30-090815-313.jpg

 私事ですが、今日は初めて我が家の家族にした猫の命日です。
 その猫が死んだのはかなり前のことですが、その日の事は決して忘れないと思います。
 毎年、花束を持って猫の墓地に供養に行っています。
 もちろん、今年も行きます。

PageTop

紫が綺麗でした

fx30-090815-311.jpg

 朝方の庭に、可愛い花が咲いていました。

PageTop